診療メニュー:インプラント関連

インプラントのメリット・デメリット、
手術の身体的リスク要因、手術後の食事など

皆様の健康をトータルサポート。

入れ歯やブリッジとの違い、歯を抜けたままに放置すると起こるトラブル、インプラント術中、術後に起こりうるトラブルなどの解説も。

目次


歯科インプラントの基礎知識

日本口腔インプラント学会の指導医が責任を持って治療いたします。私達歯科衛生士に口腔ケアをお任せください。
1

インプラントってなあに

1-1

インプラントの構造

■ 歯冠部と歯根部とから構成

歯科インプラントは自分の歯と大変によく似た構造をしていて、歯冠部と歯根部とから構成されています。

歯周病(歯槽膿漏)で抜け落ちたり、虫歯、外傷などで自分の歯を抜歯した時に、なくした場所のあごの骨に麻酔下において身体になじむ素材(チタン製)で作られた人工歯根の埋入手術を行い、その上に人工歯冠(ジルコニア製、セラミック製など)を装着し、かみ合わせを回復させる治療方法です。

■ インプラントは自費診療

現在は高度先進医療に当たるため保険がききませんので、全額自費診療となっています。

インプラントの構造
1-2

インプラント治療のステップ

インプラント治療は3段階

 ステップ1 
局所麻酔下において骨の中に細いドリルから太いドリルへとサイズを上げていき、所定の深さと径の穴をあけます。 その穴に人工歯根のインプラント体(フィクスチャーという)をねじ込むか、鎚打ちして植え込みます。


 ステップ2 
フィクスチャーが骨と結合(下顎で3ヶ月以上、上顎で6ヶ月以上)したら人工歯冠の支台部(土台となるアバットメント)を装着します。


 ステップ3 
アバットメントに人工歯冠を装着して治療は終了です。



インプラント治療のステップ
1-3

インプラントの特徴 天然歯との違い

■ 天然歯には歯根膜がある

天然歯の構造は歯冠部、歯根部からできています。 歯根部は骨の中に埋まっていて、歯根の周りに存在するセメント質から延び出すシャーピー繊維という結合組織によって骨と結合しています。それを歯根膜と呼んでいます。

歯根膜は50ミクロンほどの厚みがあり、歯根膜を構成するシャーピー繊維によって歯に加わった過剰な力を緩衝するクッションの作用を持っているだけでなく、感覚受容器(神経)が入っているため、噛んだ時、その食物に触れた瞬時に噛む力をコントロールする能力を有しています。

たとえば、食物の中に石が入っていた場合、石を咬んだ瞬間に噛むことを中止することが出来るのは歯根膜のお陰というわけです。

■ インプラントには歯根膜はない

インプラントは骨と完全に結合するので、天然歯にある歯根膜の様な構造物は存在しません。 そのため、人工歯根の噛む力は自分の歯とほとんど同じですが、感受性は1/10 程に低下します。

しかし、感受性の低さを顎骨自体が補っているという研究報告もなされています。

したがって、噛むことに対しては、さほどの不自由さを感じないのが普通です。

インプラントと天然歯との違いは歯根膜の有無
インプラントと天然歯との違い
2

インプラントのメリット・デメリット

2-1

メリット

インプラントのメリット

① 咬合力を支える歯が増えることになるので、残っている自分の歯にかかる負担を分散させることが出来ます。そのため、今ある自分の歯の寿命が延ばすことが出来ます。 (「ブリッジ」や「入れ歯」では咬む力を支える歯を増やしたということにはなりません。 「ブリッジとインプラントの違い」や「入れ歯とインプラントの違い」を参照してください。)

② 天然歯とほぼ同じくらいの咬合力を生み出すことが可能です。

③ ほぼ自分の歯と同じよう機能性を持ち、審美的にも優れているため充実感、満足感を得られ易いという利点があります。

④ ブリッジの治療に必要な天然歯を削るという必要はありません。天然歯を削るとその歯の寿命は確実に短くなってしまいます。

2-2

デメリット

インプラントのデメリット

① インプラントを入れるためには麻酔下において手術が必要です。

② インプラントは天然歯以上に歯周病(歯槽膿漏)にかかり安いとされています。適確で十分なブラッシングがなされなかったり、歯科医院で行う定期的なメインテナンスに通わなかったりした場合にはその周囲の歯肉に炎症が発生してしまします。

③ 感覚器官がないため、感受性は天然歯の約1/10ほどしかありません。

④ 埋入する所に十分な骨がなければできません。(上顎大臼歯や前歯部などの部位は人工的に骨を作ることは可能です。)

⑤ 骨疎しょう症などのように骨がぼそぼその場合には適用できないこともあります。

⑥ 進行した全身疾患(心臓病、高血圧、糖尿病など)を有している場合には外科的侵襲や麻酔のリスクが高いため行えないこともあります。

⑦ 硬いものを咬みすぎたり、強い歯ぎしりがある人は天然歯でも起こりえる外傷性咬合という現象がインプラントの周囲でも起こり、骨が破壊されてしまうことがあります。

⑧ 認知症になった時にプラークコントロールがうまくできずに強い炎症を引き起こす可能性があります。

⑨ インプラントに問題が起こった時に撤去が難しい。

3

歯を抜けたままに放置すると

3-1

下顎第一大臼歯を失うと

■ 咬合の崩壊

歯が抜けたまま放置すると全体の咬み合わせを崩してしまうことになりかねません。  

■ 最も問題になり易い歯は下顎第一大臼歯

最も咬み合わせが壊れやすいのは下顎第一大臼歯を失くした場合です。 下顎第二大臼歯が手前に移動しながら手前に倒れこみ、そこに上顎第一大臼歯が曲がって下りてきます。

■ 口臭、歯周病、虫歯、顎関節症の原因に

歯と歯の隙間が広がり食べ物が詰まりやすくなり、上手に歯ブラシが行えなくなり、口臭、歯周病、虫歯の原因となります。

咬み合わせが壊れることで噛む力が弱まり、顎や顔がゆがみ、顎関節症の原因ともなります。

下顎第一大臼歯の近心傾斜
下顎第一大臼歯が無くなり放置したことで奥の歯が手前に倒れ、上の歯(上顎第一大臼歯)が下に降りてきました。
3-2

傾斜した歯の治療は

矯正治療で倒れた歯を起こす

歯を抜けたままに放置すると咬み合わせは崩れ中途半端な隙間だけが残ります。歯1本分のスペースが不足し、インプラントを入れられません。


また、傾斜が強いと「ブリッジ」や「入れ歯」で治療することさえ出来なくなってしまいます。 そんな場合、動いて傾斜した歯を元の位置に戻すための矯正治療を行ってから「インプラント」、「入れ歯」、「ブリッジ」などの治療をしなければならず、治療期間は長くなり、治療費も高額になってしまいます。(矯正治療は保険の対象外です。)

ミニインプラントとゴム

ミニインプラントを倒れた歯の奥の骨に一時的に埋入して、それをアンカー(固定源)にしてエラスティック(ゴム)の力で倒れた歯を起こします。

アップライトスプリング(ワイヤー)

アップライトスプリング(ワイヤー)の弾性力で倒れた歯を起こします。アンカー(固定源)は手前の3本だけでもOKです。

4

入れ歯との違い

4-1

入れ歯の構造

入れ歯の構造(バネ、人工歯、床、バーなどから構成されている)
入れ歯の構造

■ バネ(クラスプ)

金属製のバネ(クラスプ)によって残存歯に固定します。

■ 床(しょう)

床が歯茎の上に乗っかります。歯茎の色と同じピンク色なので見分けがつきません。

■ 人工歯

床の上に人工歯を並べます。一般的に硬質レジン歯が多く使われます。

■ バー

左右の床を繋ぐ装置です。金属製の物やレジン製の物があります。舌に触れて異物感が起こりやすいです。

入れ歯が出来るまで

ステップ1

歯の一部分をわずかに削るレストシート形成。(入れ歯のバネ(クラスプ)の一部を乗せるための溝を掘る)

ステップ2

入れ歯の型どり、対合歯の型どり。

ステップ3

上下の噛み合わせを決める。咬合採得と言います。

ステップ4

入れ歯が完成し、装着して調整。

4-2

入れ歯のメリット

入れ歯のメリット

① 自分の歯を殆ど削らずに入れ歯を作ることができます。(わずかですがレストシートという部分を削る必要があります。)

② 治療時間が短く、費用が安く抑えられます。簡単に修理や再製作ができます。ただし、顎の骨が痩せた総入れ歯の症例では長期間の調整が必要となることがあります。

4-3

入れ歯のデメリット

入れ歯のデメリット

① 入れ歯を固定するためのバネ(クラスプ)が見えてしまうので審美性に支障をきたします。

② 口の清掃は入れ歯を外して歯磨きをしなければなりませんし、入れ歯自体の汚れもしっかり除去する必要があります。人前で入れ歯を外して清掃するのは抵抗感があります。

③ 作りたての入れ歯(特に総入れ歯)は物を咬むと痛みが出やすいので調整に時間がかかることがあります。

④ 沢山の歯がなくなると大きな入れ歯になりやすく、異物感が強まり慣れるのに時間がかかります。

⑤ バーがある入れ歯だと発音に支障が出ることがあります。(特に「さ」行)

⑥ 餅などの粘着性の食べ物は噛みにくく、入れ歯がはずれてしまうことがあります。

⑦ 咬合力は天然歯の約1/3です。

⑧ バネ(クラスプ)が掛かる天然歯は、側方からの力を受けやすいため負担が増し、歯の寿命が短くなります。

⑨ 比較的異物感の少ない金属床は保険が効きません。

5

ブリッジとの違い

5-1

ブリッジの構造

前歯のブリッジ
前歯のブリッジ

写真は前歯のメタルボンドのブリッジです。

失った歯の両隣の歯を削って型どり(印象採得という)を行い、咬み合わせ(咬合採得という)を決めます。

技工所で作られたブリッジをセメント(接着材)で合着して、咬み合わせの調整を行い治療は完了します。

奥歯のブリッジを作る工程

タービンで土台となる歯をかなり削ります。神経が生きている歯を削ると、削った刺激で歯髄炎を起こすリスクがあります。

5-2

ブリッジのメリット

ブリッジのメリット

① ブリッジの形態は天然歯とほぼ同じなので異物感、違和感がほとんど起こりません。

② ジルコニア、セラミックなどの素材でブリッジを作れば自分の歯と同じように仕上がり、審美性の回復には問題ありません。

③ 土台となる歯にセメント合着するため入れ歯のように外れることがありません。(年月が経つと外れることがあります。)

5-3

ブリッジのデメリット

ブリッジのデメリット

① ブリッジを製作のためには失った歯の隣在歯を土台とします。

健康な歯であっても削る必要があり、土台同士の平行性を確保するため、歯質の削除量が大きくなることがあります。

虫歯のない健康な歯を削ると歯にダメージを与え、歯の寿命は短くなってしまいます。(失った歯の本数が増えると、削らなければならない支台歯も増えます。)

② ブリッジにかかる咬合力を両隣在歯で支えるため負担過重となり、土台となる歯の寿命が短くなるリスクが上がります。

③ 特に前歯において審美性を追求すると、ポーセレンの厚みを多く取る必要があり、天然歯をたくさん削らなくてはなりません。神経に近いところまで削るとブリッジを入れてから歯が凍みるという不快症状が出ることがあります。

そのため、歯の削除量が多いと想定されるケースでは、あらかじめ歯の神経を取る根管治療を行うこともあります。(神経を取ると歯の寿命は短くなります。)

インプラント手術の身体的リスク要因

1

全身的リスクファクター

1-1

高血圧

高血圧

<正常値:収縮期100~140、拡張期60~90>

高血圧では

・術後止血しにくい。
・心臓に負担が大きい。 → 手術中止になることも。
・他の病気を併発している可能性がある。

通常のバイタルサイン (体温・脈拍・血圧)に異状がある場合には内科受診をし、投薬等でコントロールが必要です。

1-2

糖尿病

糖尿病

<正常血糖値:空腹時110mg未満、負荷後120分140mg未満>

<正常HbA1c:4.6~6.2%>

糖尿病では

・インプラント手術後の治癒が遅い。
・インプラント周囲炎になる可能性が高い。

運動療法、薬などで血糖コントロールをしっかり行う必要があります。(内科の受診をお願いするケースも)

1-3

喫煙

喫煙

<20本/1日 要注意>

タバコを吸っていると

・インプラント後の創傷治癒の遅延。
・インプラント周囲の骨新生障害。
・易感染性を引き起こす。

⇒禁煙を少なくとも術前・術後は必ず。

1-4

骨粗鬆症

骨粗鬆症

<骨粗鬆症で脚の付け根の骨を骨折した患者の5年生存率は49%>

骨粗鬆症では

・インプラントと骨との結合が通常の2倍(約6ッ月~1年)を要する。
・ビスホスホネート製剤を使用している場合、インプラント周囲の骨新生障害。
・ビスホスホネート製剤を使用している場合の顎骨壊死のリスクが高まる。

1-5

その他の疾患

・ 免疫疾患(シェーグレン症候群、血小板減少症…) ・血液疾患 ・内分泌疾患 (糖尿病…) ・肝臓、腎臓疾患 ・アレルギー疾患 ・悪性腫瘍 ・年齢 (低年齢は×)

2

局所的リスクファクター

リスクファクター
解剖学的条件 顎骨の状態 (やわらかさ・幅・長さ)、 下歯槽管の位置、上顎洞の状態(蓄膿症は完治後に…)
口腔内清潔状態 ・歯周病治療が終了している。
・口腔内の自己管理(プラークコントロール)の習慣が身に付いている。
・術前にSC(スケーリング)が終わっていること。
(当日は歯石のない状態で/当日のSCは細菌が口腔内に広まってしまうのでNG)
歯周病 歯周病の程度、抜歯の適応の可否。インプラントの歯肉炎下の細菌叢は、歯周病の原因菌と同じです。インプラント周囲炎を起こしやすいので歯周病の治療が必要です。
歯内病変 インプラント埋入部位の両隣接歯の歯内病変(根管内が感染)。根尖病巣が大きいとインプラントが骨と結合しないリスクがあります。
虫歯 多数歯におけるカリエス。
咬合(噛み合わせ) 咬合性外傷、咬合異常(ブラキシズム・クレンチング)があると上部構造(セラミックの歯)が壊れやすい。
顎関節症 顎関節症が増悪することがあります。

インプラント術中、術後に起こりうるトラブル

1

インプラント術中のリスクファクター

リスクファクター
下顎管への穿孔 下歯槽神経が傷つくと知覚麻痺やしびれなどが発生することがあります。軽度の場合は自然治癒しますが、重度の場合は、ビタミン B12などの投与が考えられます。高濃度ビタミンC点滴が有効です。
上顎洞・鼻腔への穿孔 急性の副鼻腔炎を起こしたり、その対応としてインプラントの撤去が必要になることがまれにあります。
止血できない出血 舌下動脈ないしオトガイ下動脈を損傷すると止血できないこともあります。
2

インプラント術後のリスクファクター

リスクファクター
破折・緩み インプラント体・アバットメント・上部構造の破折、スクリューの緩みなどが起こることがあります。インプラント体が破折した場合にはインプラントを撤去し再手術が必要です。アバットメント・上部構造の破折は取り換えで対応出来ます。
チタンアレルギー 金属アレルギーの方は術前検査が必要です。
初期撤去 インプラント体と骨とが結合(オッセオインテグレーションという)しない場合、インプラントを撤去して再手術を行います。
インプラント周囲炎 歯周病の治療に準じた方法で行います。

インプラント手術後の食事について

1

術後1週間~10日間は

通常な食事は困難

複数のインプラントを一度に埋入したような場合、 抜糸までの1週間~10日は義歯の装着ができず、また痛みにより通常の食事では困難が生じます。

1-1

軟食の作り方のポイント

柔らかい食事の作り方

十分な栄養摂取を心掛けよう

・術後の回復期なので、栄養をしっかり摂取すること。

→特にたんぱく質とカルシウムを多めに! (目安は 牛乳・乳製品=1日 800cc、卵=1日 1個)

・1日に必要なカロリー(通常 約2,000~2,500Kcal)がとれるように、1日に何回かに分け、食べたい時・食べられそうな時に積極的に摂取すること。

・食事は全体を薄味にし、香辛料・アルコール・炭酸飲料・極端に熱い物冷たいものなど口腔粘膜を刺激するものを避ける。

・軟食を作る際は、繊維の少ない食品を選び、野菜の皮などは噛み切りにくいのでむいてから調理をする。

・魚は加熱しても柔らかく軟食に適しているが、小骨に注意する。

・市販の介護食の利用も便利です。

1-2

各種栄養素

栄養素
たんぱく質 創傷治癒の過程において、通常の2倍良質たんぱく質が必要です。 …魚介類・肉類・卵類など。
カルシウム ビタミンD・マグネシウムとあわせて摂取することで、効率よく吸収されます。 …乳製品・魚介類など。
ビタミン 粘膜の生成・術後の免疫力の向上に重要です。 …野菜・果物など。インプラント手術の術前・術後に高濃度ビタミンC点滴が大変有効です。
亜鉛 創傷治癒(傷をふさぐコラーゲンの生成に必要なミネラル),免疫機能・味覚・嗅覚を正常に保つのに役立ちます。 …かき・うなぎ・小麦胚芽など。

インプラントによくある質問

Q1

インプラントの種類でどこのメーカーがお勧めでしょうか。?

インプラントをする前にインプラントの会社と種類を知って自分の気に入ったインプラントをおいている病院を探そうと思っています。


その中でプラトン、ノーベル、ストローマンが気になったのですが何が一番お勧めでしょうか。


それとそのインプラント体の種類によって価格は変わるのでしょうか?変わるのであれば一番安いのと高いのを教えてください。 インプラントは骨の少ない前歯と奥歯を考えています。お願いいたします。

A

ノーベルは最も歴史が深く、オッセオインテグレーション(骨とインプラント体との結合)を発見したブローネマルク先生が初めてインプラントなるものを開発したのが始まりです。


ストローマンはノーベルに次いで歴史が深くスイスで開発されたものです。


プラトンは上記に比べ歴史は浅く日本で開発されたものです。


インプラント製造メーカーは世界に数百社もあり、それぞれが開発競争を行いより優れたものへと進化しています。 上記3社の製品もほとんどすべての症例に対応出来るような所まで開発が進んでいます。 また治療予後も3社とも同じような結果となっています。


もちろん3社のそれぞれの製品(数百種類の部品がある)自体の仕入れ単価は異なりますが、 その中でも、ノーベルの製品が全体として最も高く、プラトンがもっとの安いといった印象です。


インプラント製造メーカーを治療選択基準とするのは賢い選択とは言えないでしょう。 歯科治療に全般として言える事ですが、術者の経験や能力によるところが大ということです。


骨の少ない前歯や奥歯とのことですが、骨を造成する技術が治療結果を大きく左右すると考えられます。 参考としてください。

Q2

特に前歯をきれいにしたいのと、インプラントを希望しています。

こんにちは。長期間放っておいた為、虫歯がかなりあります。全部の治療となると、期間・料金が気になります。


特に前歯をきれいにしたいのと、インプラントを希望しています。


細かい治療も必要でしょうが、ラミネートベニヤと、インプラントの料金を教えてください。たとえ高額でも技術に見合った額なら仕方ないと思うのですが・・。

A

ラミネートベニアについてですが、金額は、86,100円です。


インプラントは、約1本30万円です。インプラントの本数が増えれば割引を行っています。 詳しいインプラントの治療費については、 費用についてのページをご覧ください。


虫歯がかなり在るという事で、心配ですね。 是非、お早めに歯科クリニックに通院して下さいね。 これ以上、放っておくと、危険ですよ!


治療期間については、診察してみなければ全く判断出来ませんので残念ながら、お答えは出来ません。 治療の金額についても、その虫歯がどのくらい進行しているかによってかなり変わってきます。


例えば、小さな虫歯の治療で詰め物だけで済む場合。 被せ物をする場合。差し歯にする場合。土台を建てる場合。 抜かなければならない場合など。


又、自費治療なのか、保険治療なのか。等。 参考にしていただければ幸いです。 どうぞ、お大事に!

Q3

インプラントをすると生活に支障がおきますか?

A

治療当日やその後に2~3日の間は多少の違和感が起こることもあります。 例えば多少の痛み、腫れなどです。


ただし、自家骨移植をした場合には、強い腫れや痛みが起こることがあります。


また、多数のインプラントを1度に埋入した場合には手術創を保護するパックを使う場合もあります。 そしてインプラントに人工歯が取り付けられるまでの数カ月間は、仮歯や仮の入れ歯で過ごすことになりますが、その間は不自由を伴うこともあります。

そのようなときには歯科医院で調整してもらうと良いでしょう。 インプラントに人工の歯が入れば、それまで歯がなかったことによる生活上の不自由が逆に解放されることでしょう。

Q4

歯槽膿漏の前歯4本を抜歯してインプラントにしたほうが良いと言われたのですが...

前歯4本の歯槽膿漏がかなり進んでいます。ただし、去年の5月から受け口の歯列矯正を始めていて、まだ、2~3ヶ月ぐらいかかりそうです。


去年の7月ごろに、今歯列矯正をしていただいてる先生に相談したところ、あとで、4本一緒にインプラントにしたほうがよいといわれました。 でも、自分でかなり心配していて、できれば抜歯せずに治る方法がないかと思い、ご知恵を貸していただきたく、ご相談させていただきます。 どうぞ、よろしくお願い致します。

A

抜歯をする必要があるようですが、歯周病がかなり進んでいるようですね。 歯周病の進行は歯の根の周りの骨がどれだけ吸収(溶ける)しているかで決まります。 吸収の起こり方には垂直性の吸収と水平性の吸収とがあります。


垂直性の吸収は根の周りの一部の骨が吸収を受ける場合で、たとえば、歯と歯の間の部分の骨だけが吸収を受けます。そういった場合を1壁性の骨吸収といいます。 この場合ですと歯槽骨再生手術(保険適用のリグロス)が可能です。


仮に歯周外科が適用出来たとしても歯槽骨の回復は、よくて2、3mm です。一方、水平性の吸収の場合には歯の根の周りの骨が水平的に吸収を受ける場合です。 この場合には歯周外科により骨再生を行うことはできません。前歯の場合には、水平的な吸収が起こる事がほとんどですのでかなり難しいかもしれませんね。


したがって、あなたの歯周病の進行の状態(骨の吸収)がどのようになっているかによります。 水平性の骨吸収が進み根を支えている骨がほとんどなくなってしまっている場合には抜歯をする以外の選択肢はありません。 抜歯をしてインプラントを行うのが一番かも知れませんね。


インプラントをする場合にも骨が十分にあることが要求されます。上の前歯の場合、ほっぺた側の骨が吸収されることが多く、インプラントの埋入位置を適正な歯列上に取れないことがあります。その場合には骨移植が必要になることもあります。


十分担当の歯科医師とご相談して決定してください。

Q5

現在、歯周病で通院中です。インプラントを勧められましたが他の方法はないですか?

現在35歳で歯周病で通院中です。 歯茎が下がっており骨が少し溶けている状態ですが、先生からは「歯周病初期です。噛み合せが悪いね」と言われました。子供のころに受け口の矯正をし、各1本ずつ少ない24本しかありません。


2点ご意見をお聞かせ下さい。 1つ目は、2年ほど前に子供の頭が前歯にぶつかり、当時受診したときは「様子を見て」と言われ、以後噛むと少し痛く、1年前のレントゲンも異常はなかったのですが、先日右上1番が折れていることが分かりました。横にスパッと線が入っており、違和感が増したら抜歯してインプラントにと言われました。抜歯は避けたいのですが、折れたら抜くしかないのでしょうか?


2つ目は、もともと下5番が両方生えてこなくて、13年くらい前に顎関節症になりブリッジにしました。自分の歯を失いたくないと言うなら、その5番をインプラントにすると、両側の歯の寿命が元に戻ると言われました。おっしゃることは理解できるのですが、やりたい気持ちとそこまでするのも~という気持ちとあります。


まだ若いし、なるべく自分の歯は残したいのですが、何が一番良い選択なのか悩んでおります。ご意見よろしくお願い致します!

A

根が横にスパッと折れた場合には救いようがありません。抜いてインプラントにするというのは最も妥当な選択肢になります。 というのが通説ですが、割れている所がどこなのかによって残せることもあります。根の先端部分が割れているのであれば、歯茎を切開してそこから割れてる根っこを除去することが考えられますが、そういった割れ方はごくごく稀です。


二番目の質問では、ブリッジにしてしまったのですから、健康な歯をすでに削られています。自分の歯を長く持たせるためには歯を削ると言うことは好ましいことではありません。


ですから、インプラントにする場合はその両隣の歯が削られていないのであれば、インプラントにするのが最も好ましい方法になります。しかし、すでにブリッジにしてからのインプラントは両隣の歯を長持ちさせるということについては、あまり効果がないかもしれません。


とは言いつつ、ブリッジは2本の歯で3本の歯にかかる力を負担するわけですから、2本の歯に負担が強くかかります。そこでインプラントを入れると噛み合せの力をコントロールできるメリットが出るという見方もできます。

TOPICS

歯周病とメタボリックシンドロームの3つの関係

歯周病とメタボリックシンドロームの3つの関係

糖尿病になりやすいメタボリックシンドロームと歯周病は密接に関連があります。歯周病により歯原性菌血症がアテローム性動脈硬化を引き起こすこと。コレステロールの新たな見解、高血圧などの問題を…

「痛くない」歯周病の治療ならペリオウェーブ

「痛くない」歯周病の治療なら。

フォトダイナミックセラピー(光殺菌)による無痛歯周病治療 歯周病菌に特殊な薬剤(バイオジェル)を付着させペリオウェーブからの光で歯周病菌を破壊する方法です。
短時間で無痛的に行うことが出来ます。

歯周病を体内から改善する
高濃度ビタミンC点滴療法とマイヤーズカクテル点滴

歯周病を体内から改善する 高濃度ビタミンC点滴療法とマイヤーズカクテル点滴

歯周病(歯槽膿漏)の原因は、単なる歯周病菌の感染だけではなく歯周組織の細胞環境の問題です。高濃度ビタミンC点滴では、コラーゲンの合成促進や活性酸素による酸化ストレスの軽減、マイヤーズカクテル点滴ではタンパク質の糖化を改善するなど、歯周病を体内から治していこうとする治療法を…

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは約30日間、自宅でマウスピースに薬剤を入れて行うセルフホワイトニングのことで、効果的に歯の黄ばみを白くする方法です。

テトラサイクリン変色歯のホームホワイトニングとポーセンラミネートべニアの併用…

プレオルソ・MFTで子供の歯並び治療

子供の歯並びの治療、出っ歯や受け口の矯正

出っ歯、受け口、八重歯などの悪い歯並びは、「おっぱい」をあまり飲まなかったこと、「指しゃぶり」、「舌突出癖」、「口呼吸」など子供の時の悪習癖が原因となる場合が多いです。 指しゃぶりをやめさせる方法、口呼吸から鼻呼吸へ変える方法、 赤ちゃんの離乳食と幼児のご飯、プレオルソやMFTなどの治療法を…

ドックベストセメント無痛治療(神経保存療法)

虫歯を削らず・麻酔もかけずに、虫歯を痛み無く治療出来ます。従来の方法なら神経を取らなければならない症例でも、神経を残す可能性が高まるドックベストセメントは…

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly