診療メニュー:予防歯科関連

3DSセラピーにより予防歯科から予防医療へ

皆様の健康をトータルサポート。

目次

口腔内の悪玉菌を善玉菌へリセット

1

「3DSセラピー」とは

1-1

3DSセラピーは安全かつ確実に抗菌薬を歯面に塗布する方法

3DSとは、安全かつ確実に抗菌薬を歯面に塗布する方法です。 2,000年に国立感染症研究所の花田信弘部長(現 鶴見大学歯学部)等によって開発された、Dental Drug Delivery System(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)の略です。

この方法により、歯周病・虫歯及び歯原性菌血症を効果的に予防する事が出来ます。 個人の歯列に適合したリテーナーを使用します。 リテーナーは、歯の型をとって、薄い樹脂で作り、中に「歯周病菌・虫歯菌などの悪玉菌を除菌する薬剤」を入れて、口腔内に装着して使用します。

クロルヘキシジン(0.2%)配合ジェルをリテナーに注入
クロルヘキシジン(0.2%)配合ジェルをリテナーに注入

Plak-Outジェル(医療機関でのみ使用出来るクロルヘキシジン(0.2%)配合ジェル)をリテーナーに注入します。

Plak-Outジェルを入れたリテーナーを上下の歯列に挿入
Plak-Outジェルを入れたリテーナーを上下の歯列に挿入

口腔バイオフィルムを事前に機械的・化学的に破壊した後に3DSセラピー施術することで効果が高まります。



1-2

がんこな口腔バイオフィルムに作用する3DSセラピー

3DSセラピーは歯周病菌・虫歯菌の除菌

歯周病を引き起こす細菌は複数あり、その代表がアクチノバチルス・アクチノマイセテムコミタンス(A.A菌)と呼ばれる細菌です。また、虫歯の原因となるのは主にミュータンス菌(MS菌)という細菌です。

A.A菌やMS菌などの悪玉菌は、歯周ポケットや歯の表面に生息し、まるでテントのような膜に守られて活動しています。この膜を口腔バイオフォルムと呼び、汚れや細菌を引き寄せる作用があるうえ、通常のブラッシングやクリーニングでは除去できないものです。仮に、一度除去できたとしてもしばらくたつとまた作られるという、とてもがんこな存在なのです。


抗菌薬はこのテントの様な膜にじゃまされて、口腔バイオフィルム内に作用させることが困難です。 そこで、薬剤の効果を最大限に発揮させ、細菌を除去するためには、この膜を事前にフォトダイナミックセラピー(光殺菌)、エアーフローやPMTC、レーザーなどで機械的・科学的に破壊し、口腔バイオフィルムが再形成される前に抗菌薬剤をしっかり送り込むことが重要です。

エアーフロー
エアーフロー
  • エアーフローは歯面に炭酸水素ナトリウム(重曹)やグリシン(アミノ酸の一種)などの粒子をウォータースプレーで吹きつけ、歯の表面に付着したしつこいバイオフィルム(歯垢・プラーク)やタバコのヤニ、コーヒーなどの汚れを吹き飛ばしていきます。
フォトダイナミックセラピー(光殺菌)
フォトダイナミックセラピー(光殺菌)
超音波スケーラー
超音波スケーラー
  • ・超音波スケーラーに付属されたバイオフィルム破壊用のチップを歯周ポケット内に挿入して器械的にバイオフィルムの膜を破壊しています。
2

プロバイオティクス機能

2-1

乳酸菌LS1で歯周病予防

悪玉菌を減らして善玉菌を増やす菌の置換

3DSセラピーは、口腔内の細菌を全部除去すると言うのではなく、[悪玉菌を減らして善玉菌を増やす]というものです。言い換えれば、古い歯垢から新しい歯垢にリセットすることです。

口腔内の細菌数の総量は常にほぼ一定です。悪玉菌と善玉菌のバランスを改善させる口内フローラコントロールということになります。この考え方に近いものに、プロバイオティクス(乳酸菌LS1)による悪玉菌の善玉菌への置換という方法も研究が進んでいます。

バクシネーターメカニズムの模式図

乳酸菌LS1のプロバイオティクス作用により悪玉菌が減り、善玉菌が増えるイメージの模式図

2-2

乳酸菌LS1のプロバイオティクス作用

プロバイオティクス作用とアンチバイオティクス

プロバイオティクスとは、「口や腸の中に生存している多種多様な細菌の群のバランスを改善し、人間に有益な作用をもたらす微生物と、それらの増殖促進を促す物質」のことと定義されています。


つまりプロバイオティクス機能を持つ微生物(ここでは乳酸菌LS1)を食べると、口の中や腸の中に生存している多種多様な細菌の群に作用して、細菌の群のバランスに変化を起こさせ、健常化をはかりながら、病(ここでは歯周病)の予防、改善を行う、というものです。


プロバイオティクスと対極にあるのがアンチバイオティクス(抗生物質)です。 抗生物質は即効性がある一方で、抗生物質が効かない耐性菌を作り出してしまうことや副作用といった問題があります。 抗生物質は善玉菌も悪玉菌も同時に死滅させます。 悪玉菌の中にさらに抗生物質に強い性質を備えたものが登場します。 これが耐性菌と呼ばれています。


一方、プロバイオティクス機能を持つ乳酸菌LS1を食べることで口の中の細菌(常在菌という)の総数は変化しませんが、歯周病菌の数が減ります。 善玉菌である乳酸菌LS1と悪玉菌である歯周病菌の数のバランスに変化が起こるだけで、耐性菌は出現しません。

乳酸菌LS1とは
東海大学医学部感染症研究室 古賀泰裕教授により健康な人間の口の中からから分離された乳酸菌です。 歯周病菌(ジンジバリス菌)を死滅させ、口腔内細菌叢(多種多様な細菌の群)を健常化する善玉菌としての働きを持ちます。
※古賀泰裕教授による乳酸菌LS1の歯周病菌に対する効果についての研究報告は2004年度日本歯周病学会会誌賞を受賞しています。

2-3

乳酸菌LS1の摂り方

乳酸菌LS1はずっと摂り続けなければならないか?
乳酸菌LS1は摂取をやめると次第にその数を減らしていきます。 歯周病の治療を行っている間(症状にもよりますが1ヶ月~3ヶ月)は乳酸菌LS1の摂取が好ましいと思われます。

歯周病は慢性疾患なので歯科医院での定期的なメインテナンスが必要です。 上手にコントロールされていれば問題ありませんが、部分的に歯周病の再発もあり得ます。 そういった時にも服用されるとよいと思います

1回1粒で1日3粒を目安に口の中で溶かして召し上がってください。 それ以上食べても問題はありませんがソルビトールという甘味料の影響でお腹が緩くなる人がいますので食べすぎには注意しましょう。

4週間続けると歯周病菌(ジンジバリス菌)の数は1/20に減り、2/3の方の口臭が明らかになくなったと報告されています。

乳酸菌LS1

乳酸菌LS1は酸を作り虫歯の原因とならないか?
乳酸菌LS1は糖を分解して乳酸を作ります。 しかし口の中の乳酸の濃度が上がると、それにより自ら分解して死滅する性質を持っています。 そのため、際限なく口の中を酸性にして虫歯ができやすいような環境になることはありません。 むしろ反対に、虫歯菌に対して抑制的に働く事が分かっています。

虫歯予防効果は?
乳酸菌LS1によって虫歯菌(ミュータンス菌)自体の数を減らすことはできませんが、乳酸菌LS1が虫歯菌の周りを取り囲み、その増殖を抑える作用があります。また、 虫歯菌が作り出す不溶性グルカン(粘着性の物質で歯の表面にくっつく作用がある物質)の産生を顕著に抑制する作用があることなどにより虫歯予防効果は期待出来ます。

3

歯原性菌血症とは

歯周病・虫歯菌の本体や菌体内毒素(LPS)が大量に血管内に入り込むと

歯原性菌血症とは、簡単に言うと口の中の細菌が血管の中に入り込むことをいます。 具体的な侵入経路は、歯周病菌(グラム陰性桿菌)の菌体及び内毒素(LPS:リポポリサッカライド)が、炎症を起こした歯肉の血管の中に侵入します。もう一つは、大きくなったう蝕に生息する虫歯菌が象牙質内の細い管を伝わって歯髄内の血管の中に侵入します。


う蝕や歯周病が重症化すると、菌の本体や菌体内毒素(LPS)が大量に血管内に入り込むことになります。歯周病や虫歯を治療せずに放置すると血管(特に動脈)は障害を受け続け、アテローム性動脈硬化を引き起こしてきます。


抜歯やルートプレーニングといった出血を伴う歯科治療においても同様に一時的な菌血症が起こります。歯周病が重症化した口腔内では更にそのリスクは増大します。

内毒素(LPS:リポポリサッカライド)
内毒素(LPS:リポポリサッカライド)

LPSは、歯周病菌が持つ毒素で、歯槽骨の破壊に関与し、歯周病の進行を早めると言われています。 LPSは血管の内壁に取り付き、血管の内皮細胞に障害を加え、動脈硬化に関わっていることがわかって来ました。

歯周病菌や内毒素(LPS)が血管の中に入り、動脈硬化を起こす模式図
歯周病菌や内毒素(LPS)が血管の中に入り、動脈硬化を起こす模式図

歯周ポケット内で増殖した歯周病菌や内毒素(LPS) が動脈に入り内皮細胞に炎症を起こし、そこからアテローム性動脈硬化が起きている状態を示して います。



4

歯原性菌血症と動脈硬化の関連性

4-1

メタボリックシンドロームの病態の核心は

メタボリックシンドロームの病態の核心は、血管の損傷ということに尽きます。「人は血管と共に老いる」という言葉があるように、血管の損傷は、様々な病気を発症させる要因となります。歯原性菌血症が起こるとメタボリックシンドロームによって起こった血管の損傷を更に増悪させる事になります。

5

動脈硬化の起こるメカニズム

三層構造の動脈

動脈の断面を見ると、三層構造で出来ています。内側から内膜、中膜、外膜です。内膜の表面を内皮細胞が覆っています。内皮細胞は血液が固まるのを防いだり、動脈を拡張させたりする役割を持っています。

動脈硬化ステップ1

血管内皮細胞の損傷

高血糖(糖尿病)によるグルコーススパイクや口腔細菌が血管内に侵入する事により起こる歯原性菌血症によって内皮細胞は傷付けられます。

① 糖質(炭水化物)過剰の食生活や運動不足⇒血糖値の上昇⇒グルコーススパイク⇒血管内皮細胞の損傷

② 歯周病や虫歯の重症化⇒血管内へ口腔細菌の進入⇒細菌が血管内皮細胞に定着⇒血管内皮細胞の損傷

歯周病菌やブドウ糖などで内皮細胞が傷つく
動脈硬化ステップ2

血管内膜の炎症

炎症の起こった内膜へ悪玉コレステロール(LDL)が侵入し、酸化されて毒性化します。酸化LDLを処理するために、単球(白血球の一つ)が内膜へ入りマクロファージに変化し凝集します。

白血球の一種(単球)が内膜に入りマクロファージに変換
動脈硬化ステップ3

アテローム性プラークの増大

マクロファージは悪玉コレステロールを取り込んで死んでいきます。その結果、内膜にコレステロールが大量に蓄積されコブ状に膨らんだ状態になります。この柔らかいぶよぶよの状態をアテローム性プラーク(血管内プラーク)と呼びます。そしてこの様になった血管をアテローム性動脈硬化と呼び、高血圧症を引き起こします。

毒性化した悪玉コレステロールをマクロファージが取り組んで自壊し、コレステロールだけが残る
動脈硬化ステップ4

アテローム性動脈硬化

アテローム性プラークが大きくなると血管の伸縮性が失われると共に高血圧症を引き起こします。この様な状態が長く続くと血流が止まり、心筋梗塞や脳梗塞などを発症させます。

又、内膜が破れるとそこに血の塊(血栓)が出来て完全に血流を停止させます。又、血栓は血流に乗って脳の細い血管などに運ばれ、血管を塞ぎ、脳の一部が壊死する脳梗塞に至るのです。

アテローム性プラークが大きくなって血管をふさいだり、破れて出血し血栓が出来る
6

アテローム性プラークからコレステロールを除く方法

アテローム性プラークからコレステロールを除去する事が出来れば動脈硬化を防ぐことが出来ます。悪玉コレステロールが上昇するのはメタボリックシンドロームの1形態です。血糖値の上昇、高脂血症、高血圧などの膵臓のβ細胞から分泌されるインシュリンを核として一連のメカニズムの異常によって引き起こされる疾患です。内臓脂肪を減らしたり、オメガ3系の脂肪酸を摂取するなど方法があります。詳しくは歯周病とメタボリックシンドロームの関係のページをご覧ください。

7

歯原性菌血症が起こす様々な疾患

急性心筋梗塞、脳卒中
7-1

急性心筋梗塞、脳卒中

歯周病菌の菌体内毒素(LPS:リポポリサッカライド)は血管内に侵入して、免疫細胞を刺激し、サイトカインという物質を発生させます。それにより、各臓器に広範囲に慢性の炎症や障害を引き起こします。その一つが、前述した血管の内皮細胞にダメージを与え、急性心筋梗塞、脳卒中などの増悪要因となっています。

糖尿病
7-2

糖尿病

糖尿病は血糖値(血管内のブドウ糖の量)が異常なほど上昇し、グルコーススパイクにより血管内皮細胞が損傷を受ける病態です。血糖値を下げる働きのインシュリンの効きが悪くなってインシュリン抵抗性が増している状態です。

血液中のLPS:リポポリサッカライドはインシュリン抵抗性を更に増大させ、塘代謝を阻害します。逆に、糖尿病が重症化し血液中のブドウ糖が増えると、血管内の細菌が増加し、歯原性菌血症が悪化するという負のスパイラルに入ります。

早産、低体重児出産
7-3

早産、低体重児出産

重度の歯周病(歯槽膿漏)にかかっている母親から生まれた子供は、健康な歯肉の母親に比べて、約7倍以上の確率で低出生体重児を出産しています。歯周病以外にも喫煙・過度の飲酒なども関係していると考えられています。

早産、低体重児出産のメカニズム歯周病菌の菌体内毒素(LPS:リポポリサッカライド) が血中に入り、血液中にサイトカインが発生します。それが羊水内に入って胎児の成長に影響を及ぼすと考えられています。

サイトカインが異常に増えると、子宮筋を収縮させます。 又、妊娠するとプロスタグランジンが分泌され、胎児が成長すると共にその量を増します。基準を超えた時点で子宮収縮を起し、出産が開始されます。しかし、重度歯周病で血液中に細菌が侵入すると、プロスタグランジンの量が異常に増え、早期に出産が始まってしまいます。

低出生体重児の特徴下記の理由により新生児死亡の原因となったり、新生児の健康を妨げたりします。
① 肺がふくらみにくいため、呼吸がうまく出来ずに酸素欠乏症になりやすい。
② 低体温になりやすい。
③ 感染に対する抵抗力が弱い為、病気になりやすい。
④ 栄養を取ることが難しい(乳を吸う力が弱く、吸いついてもすぐ疲れて眠ってしまう。)

脳梗塞・心筋梗塞を防ぐ筈の降圧剤が反って動脈硬化を促進する矛盾

1

「歯肉増殖症」と降圧剤との関連

1-1

カルシウム(Ca)拮抗薬(降圧剤)が歯肉増殖症を招く悲劇

高血圧の治療薬としてカルシウム拮抗薬(商品名:ニフェジピン、アダラート、アムロジンなど)がしばしば使用されます。

しかし、この薬剤は歯肉肥大を起こすことがあり、若い人ほど、また服用量が多いほど重症になる傾向があります。

降圧剤のカルシウム拮抗薬の副作用による歯肉増殖症
降圧剤のカルシウム拮抗薬の副作用による歯肉増殖症

降圧剤のカルシウム拮抗薬(ニフェジピン)を長期間服用した為、上顎の歯肉に歯肉増殖が起こり、出血が認められます。

通常の歯周用の治療を行っても歯肉増殖が改善しない為、担当医師にカルシウム拮抗薬以外の降圧剤を処方するように依頼しました。

歯肉増殖部位のレントゲン写真
歯肉増殖部位のレントゲン写真

歯肉増殖が起こっている部位のレントゲン写真では、歯槽骨の吸収はあまり顕著に起こっていません。

歯肉増殖が治癒すれば、歯周病のコントロールは比較的簡単に行うことが出来ると思われる症例です。

1-2

カルシウム(Ca)拮抗薬(降圧剤)の使用を中止

カルシウム(Ca)拮抗薬(降圧剤)の使用を中止し、他の降圧剤に変更して約3ヵ月も経たない内に歯肉の増殖は改善しました。

歯肉の腫脹が収まりプラークコントロールが良好になった為、歯周病の症状は安定しています。

カルシウム(Ca)拮抗薬(降圧剤)の使用を中止し、歯肉増殖症の改善が見られる
1-3

コラム

血圧を下げる薬の目的は脳梗塞や心筋梗塞の発症を予防する為です。しかし、その処方を誤れば、歯周病を増悪させる事になりかねません。そして、歯周病菌やLPS(菌体内毒素)が大量に歯肉の毛細血管から動脈に入り、アテローム性プラークの形成(動脈硬化)を促進させ、かえって脳梗塞や心筋梗塞の発症リスクを高めているのではと懸念されます。

TOPICS

再生医療を応用した歯周病・インプラント周囲の骨再生

再生医療を応用した歯周病・インプラント周囲の骨再生

保険適用されたリグロスで歯周組織の再生医療、自分の血液から作ったCGFと人工骨を混ぜてたものを応用し、インプラントや歯周病、根尖病巣の骨の再生療法…

ペリオウェーブ

「痛くない」歯周病の治療なら。

フォトダイナミックセラピー(光殺菌)による無痛歯周病治療 歯周病菌に特殊な薬剤(バイオジェル)を付着させペリオウェーブからの光で歯周病菌を破壊する方法です。
短時間で無痛的に行うことが出来ます。

歯周病・虫歯の口腔ケア・セルフケア

歯周病・虫歯の口腔ケア・セルフケア

歯周病・虫歯をセルフケア・口腔ケアするポイックウォーター【 POIC WATER 】 、キシリトール、フッ素の特性、使用法を…

歯医者の麻酔について

虫歯の基礎知識

虫歯の原因菌、ミュータンス菌とラクトバチラス菌によるバイオフィルムの形成とそのリセット法。虫歯の進行の各ステージを…

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly