伝えたい! 歯の疑問:歯科全般

唾液の分泌減少で起こるドライマウス
には 人工唾液や唾液腺マッサージ

皆様の健康をトータルサポート。

唾液は虫歯・歯周病・口臭予防などに役立っています。唾液の分泌減少で起こるドライマウスには人工唾液やサプリメント、唾液腺マッサージ、「あいうべ体操」などが有効・・

唾液の役割

様々な役割を持つ唾液

唾液の最大の役割は、食べ物に唾液をまぜて食塊を形成し、嚥下するための潤滑剤としての役割や消化の手助けをすることですが、それ以外にも様々な役割を担っています。

1

酸を中和する緩衝能⇒虫歯予防効果

1-1

虫歯菌が作る酸を中和する能力

唾液検査(サリバテスト)します
唾液を取って検査します

食べ物が入ると、口の中では細菌が砂糖や炭水化物を分解して作り出す酸によって、口の中が酸性に傾きます。酸性の状態が長く続くと、歯の表面からカルシウムやリンが溶け出し虫歯が始まります(脱灰といいます)。

ところが、唾液にはその酸を中和し正常に戻す作用(唾液の緩衝能)があります。唾液がどんどん分泌されることによって、酸性に傾いた口の中のpHは中和され、元の正常な状態に戻ります。

唾液の緩衝能
唾液の緩衝能

唾液には個人固有の緩衝作用の大小があります。この能力は唾液検査(サリバテスト)で判定出来ます。

唾液を付けた試験紙の色で判定出来ます。黄色なら緩衝能が低く、緑色は中間、濃い青色は緩衝能が高いことを示しています。


2

殺菌・抗菌作用/自浄作用⇒虫歯や歯周病の予防

唾液の殺菌・抗菌作用

唾液は口の中の細菌を除去し、唾液中に含まれている免疫物質(リゾチームやラクトフェリン)によって粘膜などの細菌感染を防いでいます。

また、口の中の好気性菌(善玉菌)の健全な育成にも役立っています。


唾液の自浄作用

唾液は、口の中を流れ続けて食べ物の残りカスを洗い流し、口の中をいつも清潔に保つはたらきをしています。


虫歯や歯周病の予防

唾液の殺菌・抗菌作用、自浄作用で虫歯や歯周病の発生を抑えてくれます。

口腔内細菌を殺菌・抗菌
口腔内細菌

嫌気性菌(悪玉菌)の殺菌・抗菌作用。



3

再石灰化⇒唾液は歯にカルシウムを補給します

脱灰と再石灰化
脱灰と再石灰化

■ 唾液の成分による再石灰化

唾液の中には、歯の成分であるカルシウムやリンが含まれています。食後しばらくすると、唾液のもつ酸を中和するはたらきによってお口の中のpHが高まります。

そして、唾液中のカルシウムやリンが歯の表面に付着して、溶け出したエナメル質を補ってくれるのです。これを唾液の『再石灰化』作用といいます。

再石灰化を促進する口腔ケア用品にGC MIペーストがあります。

amazonで購入
GC MIペースト

4

熱い食事・味覚・会話などを健全に

熱い食べ物など各種刺激に対する緩和作用
熱い食べ物
  • ・唾液は温熱刺激、科学的な刺激、機械的な刺激を緩和する作用があります。
味覚を司る味蕾へ味の成分を伝える
味蕾
  • ・唾液にまじった食べ物に含まれた味の成分が、味を感じる味蕾細胞(舌に存在)へ届きやすくなります。
会話をスムーズに
会話
  • ・唾液の存在で舌や頬の筋肉が滑らかに動くことが出来るので、会話がスムーズに行えます。
5

口臭予防

唾液の殺菌・抗菌作用/自浄作用による口臭予防

口臭の最も大きな原因は舌苔です。唾液の分泌により舌苔は洗い流され口臭が起こりにくくなります。

また、殺菌作用により、口臭の原因菌である嫌気性菌の発生を抑えてくれます。

口臭予防
口臭予防


6

入れ歯を安定させる

唾液による入れ歯の安定化
唾液による入れ歯の安定化

■ 唾液で入れ歯の吸着増進と痛みの防止

入れ歯の粘膜面に唾液が介在することで、吸着力が増します。

また、入れ歯と粘膜が擦れる事で起こる痛みの発生を防いでくれます。

唾液の分泌が少なくなる理由

1

ドライマウスの三大理由と対策

薬の副作用
① 薬の副作用
  • ・断薬・減薬を考慮する。
口呼吸
② 口呼吸
  • ・口呼吸から鼻呼吸へ
口腔がんの放射線治療
③ 口腔がんの放射線治療
  • ・人工唾液の使用など。


① 薬による副作用


成人病で代表的な高血圧、高コレステロール、動脈硬化などの薬が唾液の分泌を阻害します。

《対策》

本当に必要な薬なのか検討する必要があります。担当医と相談をして減薬が出来無いか、あるいは断薬が出来無いかの相談をしてみてください。


② 口呼吸


特に子供に多いのですが、口をぽかんと開けて口で呼吸をする口呼吸があります。それが成人になっても持続する様な場合は様々な弊害が発生します。

《対策》

下記リンクを参照してください。

③ 口腔がんの放射線治療


近年になって口腔がんの発生頻度が高まっています。口腔がんの治療で放射線を照射すると大唾液腺(耳下腺、舌下腺、顎下腺)などに唾液の分泌の障害が発生するリスクが高まります。

《対策》

人工唾液を使うなど対症療法になります。


2

ドライマウスになるその他の原因と対策

シェーグレン症候群

シェーグレン症候群とは自己免疫疾患のひとつです。

自分の免疫細胞は、本来、細菌やウイルスなどの外敵から身を守るための免疫機能がありますが、シェーグレン症候群では、誤って唾液腺や涙腺などの全身の外分泌腺を攻撃して壊してしまいます。

ドライアイやドライマウス、関節リュウマチなどの症状が一緒に現れる病気です。

《対策》

シェーグレン症候群は原因は解明されていません。

人工唾液を使うなど対症療法になります。


緊張やストレス

緊張すると口が渇きますが、一時的なものなので心配はありません。ただし、口臭が気になる方は、こまめに舌を動かすことで、唾液の分泌が増します。ガムを噛んでコロコロする方法もあります。


唾液が出にくくなったら行う方法

自分で出来る唾液分泌促進法

人工唾液は対処療法ですが、コエンザイムQ10は唾液分泌そのものを促進する可能性があります。また、運動療法として唾液腺マッサージや「あいうべ体操」も効果的です。

3

人工唾液やサプリメント

サリベート®エアゾール
サリベート®エアゾール
  • ・人工唾液で処方せんが必要です。
    シェーグレン症候群による口腔乾燥症、 頭頸部の放射線照射による唾液腺障害の口腔乾燥症に、通常1回に1〜2秒間口腔内に1日4〜5回噴霧します。
アクアバランス
アクアバランス
  • ・市販されています。
    携帯に便利なスプレータイプなので、外出先などで口の渇きが気になる時にも手軽に使用できます。
コエンザイムQ10
コエンザイムQ10
  • ・還元型CoQ10の抗酸化作用が口腔内の健康の維持・増進に寄与することが期待されます。
    特にドライマウスは老化の原因の一つである酸化ストレスが関与しており、このことから、唾液腺に生じている酸化ストレスを軽減し、唾液分泌量を促進させ、ドライマウス症状を改善させる可能性があります。


4

唾液腺マッサージと「あいうべ体操」

唾液腺マッサージ
唾液腺マッサージ

【耳下腺】
耳の前辺りを後ろから前へ軽くマッサージします。約10回×2回/日
【顎下腺】
下あごの骨の直ぐ内側を親指で軽く押します。五ヶ所×10回×2回/日
【舌下腺】
下顎の先端の内側を親指で軽く押します。10回×2回/日


「あいうべ体操」
「あいうべ体操」

「あいうべ体操」は、口呼吸を鼻呼吸に改善していく事を目的に考案された口の体操のことですが、口の周りの筋肉をしっかり動かすことや、ベロを動かすことで、食事をする為の筋肉のトレーニングに大変有効です。

唾液分泌促進効果もあります。



唾液が少なくなった時のご相談は

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

あわせて読みたい

3DSセラピーにより予防歯科から予防医療へ

3DSセラピー・プロバイオティクスにより予防歯科から予防医療へ

がんこな口腔バイオフィルムに作用する3DSセラピー・プロバイオティクスで古い歯垢から新しい歯垢へリセットします。虫歯・歯周病に「なりにくい体質」にして、歯周病菌や虫歯菌、菌体内毒素(LPS)などが血管内に入り込むのを防ぎ、動脈硬化を…

入れ歯の種類-部分入れ歯と総入れ歯

入れ歯の種類-部分入れ歯と総入れ歯

入れ歯の種類-床の材質、留め具(固定装置)による分類による分類。お手入れの方法。総入れ歯の難症例の対策として生体用シリコーン(コンフォート)義歯。ミニインプラントを使った総入れ歯など…

入れ歯の費用

保険適用外の入れ歯の値段。金属床、スマイルデンチャー、生体シリコーン(コンフォート)デンチャー、ミニインプラントを使った総入れ歯などの治療費…

歯周病とメタボリックシンドロームの3つの関係

歯周病とメタボリックシンドロームの3つの関係

糖尿病になりやすいメタボリックシンドロームと歯周病は密接に関連があります。歯周病により歯原性菌血症がアテローム性動脈硬化を引き起こすこと。コレステロールの新たな見解、高血圧などの問題を…

あいうべ体操、唾液腺マッサージで舌・嚥下機能を改善し、オーラルフレイル/要介護状態から脱出

あいうべ体操、唾液腺マッサージで舌・嚥下機能を改善し、オーラルフレイル/要介護状態から脱出

高齢者にとってフレイル状態から要介護状態へ進む負の連鎖を断ち切る事が重要です。 口腔機能改善とフレイル状態から抜け出す事には密接に関係があります。

舌機能を改善する「あいうべ体操」「ペコぱんだ」、嚥下機能を改善する唾液腺マッサージなどでオーラルフレイルを抜け出せば、健康な状態に戻すことも可能です。江戸川区では、江戸川歯つらつチェックを実施し、歯科からの健康増進…

歯周病の基礎知識

歯周病の基礎知識

歯周病(歯槽膿漏)や歯肉炎の進行と症状、原因、脳梗塞や心筋梗塞などの全身疾患との関連性、治療法などを…

歯周病を体内から改善する
高濃度ビタミンC点滴療法とマイヤーズカクテル点滴

歯周病を体内から改善する 高濃度ビタミンC点滴療法とマイヤーズカクテル点滴

歯周病(歯槽膿漏)の原因は、単なる歯周病菌の感染だけではなく歯周組織の細胞環境の問題です。高濃度ビタミンC点滴では、コラーゲンの合成促進や活性酸素による酸化ストレスの軽減、マイヤーズカクテル点滴ではタンパク質の糖化を改善するなど、歯周病を体内から治していこうとする治療法を…

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly