診療メニュー:ホワイトニング関連

ホワイトニングの禁忌症に
無カタラーゼ症、大きい虫歯、妊婦

皆様の健康をトータルサポート。

ホワイトニングの絶対的禁忌症として無カタラーゼ症があります。また、大きな虫歯は治療してからホワイトニングします。妊婦の場合のホームホワイトニングは適しません。重度歯周病や大量の歯石が付着している場合には、歯石除去後にホワイトニングを行います…

目次


ホワイトニングに適さない禁忌症

1

無カタラーゼ症

無カタラーゼ症(無カタラーゼ血症)とは

無カタラーゼ症(無カタラーゼ血症)は、ホワイトニングの主要薬剤である過酸化水素を分解し、無毒化出来る酵素「カタラーゼ」が先天的に欠損している病気です。


思い起こしてください。怪我をした時、オキシドールで消毒しても泡が出なかった体験がある場合には無カタラーゼ症が疑われます。無カタラーゼ症の発現頻度は低いとは言え、施術前の問診は必要です。


無カタラーゼ症の患者は、幼少期より歯肉炎を発症しやすく、進行すると壊疽性潰瘍を伴うこともあります。


ホワイトニングでは過酸化尿素や過酸化水素を含有したジェルを使います。過酸化尿素は分解され、過酸化水素を発生させます。その為、無カタラーゼ症の患者にホームホワイトニングを行うと、マウスピースから僅かにこぼれ出たジェルにより口腔内に壊疽性潰瘍を作る恐れがあります。


その為、無カタラーゼ症はホワイトニングの絶対的禁忌ということができます。


簡易検査は、オキシドールを歯肉溝に垂らして行いますが、必ずしも発泡しません。確定診断は、針で指先に傷をつけ出血させて、オキシドールを垂らしてみればはっきりします。

1-1

無カタラーゼ症の簡易検査

■ 検査法はオキシドールを歯肉溝に垂らす

無カタラーゼ症は、先天的にカタラーゼが血液中に欠損している遺伝子病です。

簡易検査として写真の様に過酸化水素(オキシドール)を歯肉溝に垂らしてみて泡が出れば正常です。

無カタラーゼ症と診断された場合、ホワイトニングは絶対的禁忌です。

無カタラーゼ症患者の簡易検査
無カタラーゼ症の簡易検査

歯茎から泡が出ている。

2

虫歯

虫歯がある時のホワイトニング
神経スレスレの深い虫歯

このままではホワイトニングは出来ません。

深い虫歯

写真の様に象牙質や歯髄に達する虫歯がある場合、「凍みる」「ズキズキとした痛みが起こる」といった知覚過敏のリスクが増します。

そのため、ホワイトニングは虫歯治療後に行います。エナメル質に限局する小さい虫歯の場合には、この限りではありません。

小さい虫歯の場合には、グラスアイオノマーセメントで仮詰めをしてホワイトニングする場合があります。ホワイトニング完了後、白くなった歯の色に合わせてコンポジットレジンで最終的な修復を行います。

3

妊婦

妊婦や授乳中の赤ちゃんがいる時

妊婦や授乳中の赤ちゃんがいる場合のホームホワイトニングは避けた方が良いとされています。

就寝中に行うホームホワイトニングではマウスピースからジェルがこぼれ出し、体内に入る可能性があるからです。

歯医者で行う オフィス ホワイトニングはホワイトニングのジェルが体内に入ることはないので必ずしも禁忌ではありません。

ただ、臨床試験によって危険性・安全性が確定したということではありません。

胎児や授乳中の赤ちゃんのいる妊婦のホワイトニングは?
妊娠中または授乳中のホワイトニング
4

歯周病・大量の歯石

大量の歯石沈着したホワイトニングは
大量の歯石沈着

上記写真の様に大量の歯石沈着が認められる場合には、歯石除去後に行うのが良いでしょう。

ただし、歯石を除去(スケーリング)すると歯根部が露出し、知覚過敏を起こしやすくなります。そこで、ホワイトニングの施術は、歯石除去の約2週間後から始めるとよいでしょう。

重度の歯周病患者のホームホワイトニングは
重度の歯周病

写真の矢印の箇所には歯周病による強い炎症が起こっています。ホワイトニング剤の過酸化水素は歯周病による炎症を緩和する作用があることが分かっています。

このようなケースにホワイトニングを行うと歯根の露出に伴い、強い知覚過敏を誘発する恐れがあります。

歯周病の治療を優先して、症状が安定してから施術することが最良と考えられます。



5

歯ぎしり

歯ぎしりがある時のホワイトニングは
歯ぎしりによる歯のすり減り

噛み合わせの部分が磨り減っています。

歯ぎしりで歯が磨り減った時のホワイトニング

歯ぎしりを日ごろからする人は、写真の様に歯がすり減って象牙質がむき出しになっている場合があります。

また、「楔状欠損」といって歯頚部(歯の根元)がすり減っていることもあります。このような場合、凍みる可能性が高まります。ただし、状態による為、絶対的禁忌ではありません。

ホームホワイトニングを行う場合、歯ぎしりによるマウスピースのすり減りがあるため、マウスピースには通常よりも厚い2mmを使用することがあります。

6

ホワイトニングが胎児へ与える影響

Q

胎児に影響がありますか?

妊娠を望んでいるのですが、もし施術の間に妊娠したら、ホワイトニングによって胎児に影響がありますか?妊娠中は駄目な理由を教えて下さい。

A

「妊娠した方にホワイトニングをした場合、胎児に影響あるか」とのご質問ですが、厳密には分かりません。


歯をホワイトニングする主要薬剤である 過酸化水素が体内に取り込まれ分解されていくのか、あるいは、局所(歯)にだけ作用して分解するのか、よく分かりません。私見ですが、ホームホワイトニングの場合には薬剤がマウスピースから漏れて体内に入る危険はあります。一方で、オフィスホワイトニングの場合には局所だけに作用するように思われます。いずれにしても、重大な問題を引き起こす事は無いと考えてよいのではと思います。


ですが、世の中の殆どの薬剤は、妊娠中に使用することは禁忌になっています。 何故ならば、人体実験を行う事が出来ないからです。


しかし、すべての薬剤で言えることですが「それを使用する事で使用しない時よりもメリットがある」と判断される場合は、たとえ妊娠中でも使う事はあります。


ですが、ホワイトニングは急がなければならないものではないでしょう。施術を希望されるのであれば、妊娠していないことを確認の上、ホワイトニング期間中の妊娠を回避されるほうが宜しいかと思います。



ホワイトニングのご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師 深沢一
お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

ホワイトニング関連コンテンツ

歯を白くするホームホワイトニングは自宅で行うセルフホワイトニング

歯を白くするホームホワイトニングは自宅で行うセルフホワイトニング

ホームホワイトニングは、マウスピースにホワイトニングジェルを入れて自宅で行う歯のホワイトニング法です。約1日2時間、2週間で歯を白くすることが出来ます。ティオンホームプラチナはおすすめ…

オフィスホワイトニングは歯の黄ばみを白くする歯医者でのホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯の黄ばみを白くする歯医者でのホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯医者で行う歯のホワイトニングです。その日の内に歯が白くなるので結婚式を控えた方にブライダルホワイトニングとして人気があります。ホームホワイトニングと併用したデュアルホワイトニングは歯の白さの維持に威力を発揮…

歯をぶつけ神経が死んだ変色歯にはウォーキングブリーチ

歯をぶつけ神経が死んだ変色歯にはウォーキングブリーチ

歯の内部にホワイトニング剤を入れて歯を白くする方法をウォーキングブリーチといいます。歯を強くぶつけると虫歯でもないのに、神経が死んでしまいます。神経の死んだ歯は根管治療が必要で、歯の内側に穴を開けて行います。しかし根管治療した後、歯の色は次第に褐色に変色します

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly