診療メニュー:ホワイトニング関連

前歯をぶつけ神経が死んだ変色歯の
ホワイトニンはウォーキングブリーチ

皆様の健康をトータルサポート。

歯根に漂白剤を入れてホワイトニングする方法をウォーキングブリーチといいます。

歯を強くぶつけると虫歯でなくても神経が死んでしまいます。神経が死んだ歯は変色します。

ウォーキングブリーチの欠点である歯根破折を回避する方法にインターナルブリーチ法があります…

ウォーキングブリーチ

1

前歯をぶつけ神経が死んだ失活歯は抜髄

前歯をぶつけて神経が死んだ歯は変色する

神経の死んだ歯は変色する

歯の歯髄を除去することを抜髄と言います。また、根の中を薬で消毒することを根管治療と呼んでいます。

前歯を強く打つと、多くのケースで一時的な痛みの後、症状が緩和します。治ったと思って、そのまま放置すると数ヶ月~数年後に歯が変色してきます。

歯の色が変色した歯髄は死んでいいるので細菌感染を伴い根尖病巣を作り、歯茎にフィステルが出来ることがあります。そのため、抜髄や根管治療が必要となります。

外傷により変色した歯の本体には損傷(虫歯による実質欠損)が無いため、抜髄は歯の裏側に穴を開けて行い、根管治療が完了したら裏側の穴をコンポジットレジンで充填して終了します。

しかし、治療が完了してから数ヶ月~数年経つと歯が変色してきます。この時、変色した失活歯をホワイトニングするのにウォーキングブリーチやインターナルブリーチなどの治療法が有効となります。

2

神経の死んだ歯のホワイトニングはウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチの治療法

ウォーキングブリーチの術式

強くぶつけた歯の神経は死に、次第に黒っぽく変色します。

痛みが起これば根管治療が必要となり、歯の裏側に穴を開けて感染した歯髄を除去し、根管内を根充剤で封鎖します。

根管治療が終了すれば裏側に開けた穴をコンポジットレジンで塞げば治療は終了します。しかし、変色した歯はそのままです。

そこで、コンポジットレジンを入れる前にホワイトニング剤(漂白剤)を入れて仮に封鎖します。

ウォーキングブリーチの効果が出る回数や期間

漂白剤の成分は象牙細管を通ってエナメル質まで到達し、象牙質及びエナメル質内の色素沈着を漂白します。

漂白剤の効果は8時間ほど持続しますが、1回の処置で十分な結果が得られない場合には、漂白剤を新しいものと取り替える処置を2、3度繰り返すことで変色した歯は綺麗に白くなります。(歯の黒ずみの度合いによって回数は異なります。)

そして、裏側に開けた穴をコンポジットレジンで埋めて治療は完了します。治療期間は概ね、1週間から3週間といったところです。

3

ウォーキングブリーチの術前・術後

神経が死んで変色した歯
神経が死んで変色した歯

下顎の犬歯が強く変色しています。

歯を強打すると神経が死んでしまうことがあります。そういった時には歯の裏側から穴を開けて神経を取り、根管の中には治療薬を詰め神経の治療を完了します。

歯の裏側に空いた穴は、樹脂(コンポジットレジン)を詰めて治療を終了します。

しかし、数年経つと写真の様に変色が起こって来るのが普通です。

ウォーキングブリーチ術後の白くなった歯
ウォーキングブリーチ術後の白くなった歯

ウォーキングブリーチ法によるホワイトニングは神経が死んでしまった歯に対して行うものです。

歯の裏側に詰めた樹脂(コンポジットレジン)を除去し、空洞になった根管内に過酸化水素(漂白剤)を入れ、仮の蓋をして約1週間置きます。

この治療を数回繰り返すことで歯はホワイトニングされていきます。

3

ウォーキングブリーチ法のリスク

歯根が割れるリスクがある

歯の神経を取ると歯質は弱くなります。さらに、コンポジットレジンを除去する際に健全歯質は薄くなります。根管内に入れた過酸化水素が反応して内圧が高まります。その圧力で歯根が破折することがまれにあります。


痛みが起こるリスク

漂白剤の化学反応で内圧力が高まると、処置後2時間ほどで強い痛みが起こることがあります。痛みが起こった場合には直ちに来院してホワイトニング剤を除去する必要があります。

再び変色するリスク

ウォーキングブリーチで綺麗な白い歯になっても何年か経つと再び変色するリスクがあります。

通常のホワイトニング法(オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング)では

神経が死んだ変色歯を通常のホワイトニング法(オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング)で白くする事は可能ですが、神経が死んでしまった変色歯はなかなか白くなりません。

やはり、ウォーキングブリーチと通常のホワイトニングとの併用が必要となります。

4

インターナルブリーチ法

歯根が割れるリスクを避ける

インターナルブリーチとは歯の中に漂白薬を入れてホワイトニングする方法の総称です。 ウォーキングブリーチもその一つといえます。

ウォーキングブリーチは上記の様な歯根破折のリスクがあるので、漂白剤を根管に入れて蓋をするのではなく、歯科医院において薬剤を根管に入れて反応させ、帰宅時には歯根の中には漂白剤を入れない方法を狭義の意味でインターナルブリーチと呼んでいます。

ウォーキングブリーチとインターナルブリーチを併用することも可能で、短期間に効果を期待される方にはお薦めです。

5

費用

治療内容 値段(税別)
ウォーキング
ブリーチ
●変色歯1歯
(神経のある歯はできません)
1回目 ¥13,000
2回目以降 ¥3,000
インターナル
ブリーチ
●変色歯1歯
(神経のある歯はできません)
1回目 ¥15,000
2回目以降 ¥5,000
ウォーキング
インターナル併用
●変色歯1歯(神経のある歯はできません) 1回目¥17,000
2回目以降¥7,000

ウォーキングブリーチのご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

ホワイトニング関連コンテンツ

劇的に歯を白くするホームホワイトニングの効果的なやり方5つの戦略!

劇的に歯を白くするホームホワイトニングの効果的なやり方5つの戦略!

ホームホワイトニングで効果的に歯を白くするには1日の施術時間、期間、定期的に行うタッチアップの頻度、ホームホワイトニングジェルの濃度などがポイントになります。ホワイトニング前に行うクリーニングも効果を高める方法の一つです。…

ラミネートベニアは前歯のすきっ歯、変色歯の治療に最適

ラミネートベニアは前歯のすきっ歯、変色歯の治療に最適

ラミネートベニアはテトラサイクリン変色歯の治療に適しています。また、前歯のすきっ歯を治す方法としても優れています。ラミネートベニヤでは出っ歯の治療は出来ません。ラミネートベニアよりも薄く出来るルミネアーズは歯をほとんど削らないのが特徴です…

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly