伝えたい! 歯の疑問: 虫歯

ナノバブル洗浄殺菌と歯髄幹細胞の
培養・移植で虫歯への再生医療

皆様の健康をトータルサポート。

ナノバブルは、直径約100~300nmの泡で、ナノ多孔質フィルムに加圧気圧を通過させて発生させます。無菌化した根管内に自家歯髄幹細胞を培養移植し、歯髄・象牙質を再生。

ナノバブル洗浄殺菌と歯髄幹細胞の培養・移植

1

歯髄幹細胞の培養移植で歯髄・象牙質再生治療法

虫歯が深く、神経を抜いた歯の歯髄を再生する研究が進んでいます。長寿医療研究センターでは、世界初の歯髄再生治療に成功しています。


国立長寿医療研究センター再生医療研究部の中島美砂子先生は、5症例の歯髄再生の成功例を提出しています。


以下は、簡単にまとめた治療の流れです。
※下記根管の模型は1本の単純な形をしていますが、実際の根管は木の幹と枝のように複雑になっています。

2

虫歯により細菌感染した歯髄を除去

虫歯により細菌感染した歯髄を除去

虫歯が神経まで達すると「抜髄」と言って神経を取る治療が必要です。通常、ファイルという針のような治療器具を使って細菌感染した象牙質を掻き取る治療を行います。

奥歯になるほど根管治療は難しくなります。特に大臼歯では歯根(神経)の数が3~4本あり、更に神経の走行が複雑で根管治療は困難を極めます。その為、完全なる根管の無菌化は不可能で、根尖病巣が出来ることがしばしば起こります。

そこで数年後、痛みが起こり再根管治療が必要となります。これが現在までの根管治療の実情です。そこで、再生医療による歯髄の再生治療に期待がかかるわけです。


3

細菌感染した根管内のナノバブル薬剤導入無菌化法による洗浄殺菌

細菌感染した根管内の洗浄殺菌

ナノバブル薬剤導入無菌化法

ナノバブルは、直径約100~300nmの泡で、ナノ多孔質フィルムに加圧気圧(0.1~0.25Mpa )を通過させて発生させます。

ナノバブルと薬剤(抗生物質)の混合物を根管内に入れると薬剤が象牙細管内に深くまで入り込み除菌します。






4

ナノバブル薬剤導入無菌化法で根管内を完全に除菌

ナノバブル薬剤導入無菌化法で根管内を完全に除菌

ナノバブル薬剤導入システムで犬感染根管歯の歯髄再生に成功しています。ナノバブルと抗生剤を併用した群では3回の導入治療で菌が検出されなくなりました。

一方、抗生剤のみの群(従来の治療法の根管貼薬)では4回の治療でも菌が検出されました。

感染根管治療においては根管内の無菌化が歯髄再生治療の成功のカギを握っていると言っても良いでしょう。






5

自家歯髄幹細胞を培養し、無菌化した根管内に移植

幹細胞膜分取法

幹細胞は遊走性が高いことを利用し、歯髄未分取細胞を膜を通すことで歯髄膜分取幹細胞の培養を行います。

自家歯髄幹細胞の培養と移植

知歯(親知らず)などの不用歯から自家歯髄幹細胞培養を行い、無菌化した根管内に移植します。根管上部はコンポジットレジンなどで密封します。

これにより歯髄内の神経や血管が再生され、歯根に栄養が行き渡るため、強度が復活します。

従来の治療法では、ここでガッタパーチャーポイントで出来るだけ根管を緊密に封鎖し、細菌の生息環境を出来る限り狭くする様に努めます。











6

土台を作り印象採得

土台を作り印象採得F

コンポジットレジンで充填密閉した上部は、強度を取る為に金属製のコア(土台)を立てて、通法に従いプレパレーション(人工の冠を被せる為の土台の形を削る)を行います。

続いて印象採得(石膏模型を作る為の型どり)行います。

従って、虫歯で歯冠が大きく崩壊したケースでは、深いポスト(根っこの中深くに立てる芯棒の様なもの)が作成出来ないので、この治療の対象とはならないでしょう。







7

人工歯冠をセメンティング

人工歯冠をセメンティング

技工士によって作られた冠をセメンティングして治療は終了します。被せ物にはポーセレン、ジルコニア、金属など様々な種類があります。

ステップ6~ステップ7にかけては、通常の治療と同じです。

神経が再生されれば、従来しばし起こっていた歯根破折のリスクから解放されることになります。












ナノバブル洗浄殺菌と歯髄幹細胞のご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

あわせて読みたい

虫歯などで歯が痛い時の原因と応急処置と痛み止め

虫歯などで歯が痛い時の原因と応急処置と痛み止め

歯が痛くなる原因と自宅ですぐに出来る応急処置法について解説。冷たいもの・熱いものを食べた時の痛み、噛んだ時の痛み、歯茎の腫れなど、様々な視点から自分の痛みがどこから来ているのか判断出来るように…

最新知見に基づく歯周病(歯槽膿漏)の原因論とその対策法

最新知見に基づく歯周病(歯槽膿漏)の原因論とその対策法

歯周病(歯槽膿漏)・歯肉炎の成因は、単なる歯周病菌による感染ではなく歯周組織の細胞環境の問題であり、それを全身的な視点(糖質・砂糖の過剰摂取、ブラキシズム/歯ぎしり、マグネシウムの摂取不足、オメガ3系脂肪酸(αリノレン酸)の摂取不足、カルシウムの過剰摂取)で捉え、それぞれの対処法を…

歯周病とメタボリックシンドロームの3つの関係

歯周病とメタボリックシンドロームの3つの関係

糖尿病になりやすいメタボリックシンドロームと歯周病は密接に関連があります。歯周病により歯原性菌血症がアテローム性動脈硬化を引き起こすこと。コレステロールの新たな見解、高血圧などの問題を…

歯周病・虫歯の口腔ケア・セルフケア

歯周病・虫歯の口腔ケア・セルフケア

歯周病・虫歯をセルフケア・口腔ケアするポイックウォーター【 POIC WATER 】 、キシリトール、フッ素の特性、使用法を…

歯周病の基礎知識

歯周病の基礎知識

歯周病(歯槽膿漏)や歯肉炎の進行と症状、原因、脳梗塞や心筋梗塞などの全身疾患との関連性、治療法などを…

歯周病を体内から改善する
高濃度ビタミンC点滴療法とマイヤーズカクテル点滴

歯周病を体内から改善する 高濃度ビタミンC点滴療法とマイヤーズカクテル点滴

歯周病(歯槽膿漏)の原因は、単なる歯周病菌の感染だけではなく歯周組織の細胞環境の問題です。高濃度ビタミンC点滴では、コラーゲンの合成促進や活性酸素による酸化ストレスの軽減、マイヤーズカクテル点滴ではタンパク質の糖化を改善するなど、歯周病を体内から治していこうとする治療法を…

カテゴリ

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly