伝えたい! 歯の疑問:虫歯

治療した歯がまた虫歯に!
二次カリエスの原因と予防法や発見法

皆様の健康をトータルサポート。

2次カリエスは一度治療した歯が再び虫歯になってしまうことをいいます。2次カリエスには様々な原因がありますが、予防や事前に発見することも可能です。

治療した歯が再発する2次カリエス

1

2次カリエスとは

2次カリエスのイメージ

虫歯を治した歯が再び虫歯になってしまうことを2次カリエス(虫歯)と呼んでいます。

歯医者の間では"2次う蝕"と呼ぶことも多いです。

イラストは矢印で示したメタルインレー(銀歯)の脇に2次カリエスが発生したものです。

2

2次カリエスのC2症例(1)

メタルインレーの中に大きな2次カリエスC2が発生
メタルインレーの中に大きな2次カリエスが発生

矢印で示し溝の部分が黒く変色し、その周囲が白く不透明に見えます。2次カリエスが発生していると判断し、メタルインレーを外してみると中は大きな2次カリエス(右写真)になっていました。

このケースでは自覚症状が無いので歯科医師でないと判断が難しい2次カリエスです。

3

2次カリエスのC3症例(2)

歯と歯の間に亀裂が発生し、メタルインレーの中にC3の2次カリエスが発生
歯と歯の間に亀裂が発生

左写真は矢印で示した第1大臼歯の歯の間に亀裂が発生したためメタルインレーを除去した所です。破折部分を除去すると象牙質内部に大きな虫歯が広がっていました。虫歯を完全に除去すると神経まで到達しているC3でした。

メタルインレーを外した直下にも僅かではあるものの、虫歯の発生が認められます。

4

2次カリエスのC4症例(3)

差し歯の土台となっていた残根(C4)
差し歯の土台となっていた残根(C4)

神経の無い歯は痛みが起こらない

大臼歯の差し歯が取れたケースです。土台となる歯根は神経は除去(抜髄)されているため、虫歯が大きくなっても痛みなどの自覚症状は起こりません。


抜歯になる場合も

歯根の中の虫歯を完全に除去すると、深いところで穴が開いてしまいました。

このケースは残念ながら抜歯することになりましたが、もう少し早く発見出来れば残すことが出来たかもしれません。

5

2次カリエスの局所的四つの原因

原因1)咬合面の溝から虫歯菌が内部に侵入

矢印の溝の部分から虫歯菌が象牙質内部に侵入し、メタルインレー直下周辺を広範囲に虫歯にした。


原因2)歯医者の技量不足

メタルインレーの治療の際、十分に虫歯を除去していなかった。取り残した虫歯が原発となり周囲に2次カリエスを発生させた。


原因3)辺縁漏洩

メタルインレーを装着する時に使うセメント(接着剤)の劣化による辺縁漏洩。セメントが劣化するとメタルインレーと歯との間に僅かな隙間が出来ます。その隙間を通して虫歯菌が内部に侵入した。


原因4)治療部位以外の所から新たに虫歯が発生

症例(2)に見られるように治療部位ではなく、歯と歯の間から新たに虫歯が発生。

6

2次カリエスの全身的四つの原因

原因1)ミュータンス菌の感染

ミュータンス菌が赤ちゃんの頃、強く感染すると虫歯発生リスクが高まります。



原因2)唾液の性状、分泌量の低下

唾液の中に含まれる緩衝作用が弱い場合、ネバネバした唾液の場合、唾液の分泌量が少ない場合。



原因3)プラークコントロール不良によるラクトバチラス菌の増殖

プラークコントロールが悪いと虫歯菌の代表・ラクトバチラス菌が増殖します。



原因4)フッ素の不使用

フッ素の不使用による石灰化不十分。


7

2次カリエスの発見法

鏡で日頃からチェック

鏡で見えるところに限られますが、詰め物(コンポジットレジン)の色の変色をチェックします。

写真の様にコンポジットレジンが茶色に変色している場合、その周辺で2次カリエスが発生している可能性があります。

また、黒くなっている場所は2次カリエスが発生している所です。

よく見ると、歯の間が白く不透明になっている箇所があります。これも虫歯です。


冷たいものが凍みたら早めに歯医者へ

2次カリエスになっても直ぐに自覚症状が出るわけではありません。虫歯が深くなり神経近くまで進行すると冷たいものに凍みるようになります。

この時点で直ちに歯医者へ行けば神経を取る治療(根管治療)をしなくても済む可能性が高まります。つまり、虫歯部分だけを除去して前と同じように詰め物で処置することが可能です。

熱いものに凍みるようになってしまうと抜髄(神経を取る治療)をしなければならない確率が高まります。

冷たいものや熱いものに凍みる場合、知覚過敏の可能性もあるので鑑別が必要です。

随所に2次カリエスが発生
随所に2次カリエスが発生

真ん中の歯の変色している所はコンポジットレジンの変色です。

白く不透明になっている箇所は新たに出来た虫歯です。

8

2次カリエスの進行スピード

[C1]から[C2]の虫歯になる期間

エナメル質の虫歯[C1]から象牙質の虫歯[C2]に進行する期間は、かなり長いのが特徴です。

[C2]から[C3]の虫歯になる期間

象牙質の虫歯[C2]から歯髄炎[C3]に進行する期間は、短いのが特徴です。

9

2次カリエスを予防するには

2次カリエスを予防するには虫歯予防の方法に準じます。

2次カリエスのご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

虫歯関連コンテンツ

歯石怖っ!歯周病を劇的に改善するスケーリング・歯石除去の方法とは

歯石怖っ!歯周病を劇的に改善するスケーリング・歯石除去の方法とは

歯石除去をスケーリングといい、超音波スケーラーやハンドスケーラー等の器具を使います。歯石は歯周病の原因ではありませんが、歯周病菌が繁殖する住み家となり、定期的な除去が必要です。歯石除去は保険適用で、治療時の痛みに対しては麻酔を使います。…

口臭の種類は様々。歯周病が原因の口臭対策・予防には唾液を出せ!

口臭の種類は様々。歯周病が原因の口臭対策・予防には唾液を出せ!

口臭の原因は口腔内細菌が作り出す揮発性硫黄化合物。口腔内細菌を洗い流す唾液分泌量低下で唾液が臭くなり、舌が臭くなる。口臭対策には、唾液を出すこと、そのためにはよく水を飲み、舌を動かすこと。生理的口臭に比べ歯周病による口臭が強い理由とは?…

カテゴリ

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly