伝えたい! 歯の疑問:矯正歯科

矯正治療後の歯肉退縮による
ブラックトライアングルは治るのか?

皆様の健康をトータルサポート。

歯肉退縮は歯周病や矯正治療の後に起こったり、歯ぎしりや食いしばりなど強い力が歯にかかり続けると起こります。歯茎が下がると前歯に三角形の黒い隙間、ブラックトライアングルができます。ブラックトライアングルの治療にはヒアルロン酸注入が効果的です。

歯肉退縮によるブラックトライアングル

1

歯肉退縮とは

歯肉退縮によるブラックトライアングル
ブラックトライアングルとは

歯茎が下がると歯と歯の間に黒い三角形の隙間ができます。それが黒く見えるのでブラックトライアングルと呼んでいます。


歯肉退縮とは

歯肉の高さがセメントエナメルジャンクション(歯冠部と歯根部の境目)よりも低くなった状態を歯肉退縮といいます。歯肉退縮は自然には回復することは極めて稀です。


2

ブラックトライアングルが出来る原因

1) 歯周病

① 歯周病の炎症がスケーリングやPMTCといった歯周病の治療によって改善したとき。

② 歯周外科手術後

2) 矯正治療の際に強すぎる矯正力が加わった時

矯正治療の原理は弱い力を歯に持続的に加えることで、徐々に歯を動かすものです。歯に強い力を加えても歯は動かないばかりか歯茎の退縮を起こしてしまいます。

大人の矯正治療の場合、歯列不正のためプラークコントロールが不十分で、歯周病が起こっていることが多くあります。そのため、歯列矯正により歯周病が改善したことでブラックトライアングルが出現したのか、強い力が加わったことが原因でブラックトライアングルが出現したのかを区別することはほとんど不可能です。

3) 不正な噛み合わせの力(歯軋り)

歯ぎしりや食いしばりなどの不正な強い力が歯に加わり続けると歯肉の退縮が起こります。

4) 不適切なブラッシング

ブラッシング時のブラッシング圧が強すぎたり、毛先の開いた歯ブラシを使用することにより角化歯肉を減少させてしまいます。そのため遊離歯肉(セメントエナメルジャンクション辺りの歯肉)は消失して歯肉が下がります。

3

もし、この症例を矯正治療すると歯茎はどうなる?

歯肉退縮によるブラックトライアングル
乱杭歯で初期の歯周病

下の前歯が乱杭歯でプラークコントロールが不十分です。大量の歯垢(プラーク)や僅かですが歯石の沈着も見られます。このケースは初期の歯周病です。


このケースを歯列矯正すると歯肉は?

矯正治療の前に歯周治療が必要です。歯周治療が完了し、患者さん自身のプラークコントロールが十分に行われると歯肉は下がり、小さなブラックトライアングルが出現すると予想されます。


矯正治療が完了し、歯並びが良くなると歯磨きもやりやすくなり、さらに歯周病の改善が見込まれます。するとさらに大きなブラックトライアングルが現れる可能性があると思われます。

4

質問に対する回答

Q

歯肉退縮についての質問です。矯正治療後、下の歯茎が下がっているのがとても気になります。

現在26歳です。最近、下の歯の歯茎が下がっているのがとても気になります。4年程前より歯列矯正を行って(現在はリテーナーを使用中)いるため、矯正治療によりブラックトライアングルかと考えておりました。


しかし、リテーナー期間中になっても改善せず、むしろ悪化している感じがします。矯正歯科の先生やかかりつけの歯科医へ相談しても、「問題ない」「許容範囲内だと思う」といわれてしまいます。

A

矯正歯科の先生やかかりつけの歯科医から「問題ない」「許容範囲内だと思う」ということから判断すると歯周病になっている状態ではなく、単に歯肉が僅かに下がっている状態と想像されます。 したがって、現時点においては病的な状態とは言えず、このままでよいのではと考えます。


しかし、あなたは審美的な事を問題としているのでしょうか?(下の歯としか記述がないので前歯なのか奥歯なのか分かりませんが) 以下に歯肉退縮(歯茎が下がる)理由や対処法について記述しますので参考にしてください。


歯肉退縮の自分で出来る対処方法


1) 歯周病の治療や歯周外科手術後
炎症が無くなり歯肉が引き締まります。そのため歯根が露出したりする場合が多々あります。

対処方法:一般的には何も行いません。


2) 矯正治療後

元々歯並びに不正があったため歯周病があった可能性も考えられます。矯正治療により正常な歯並びになることで 歯周病が改善され歯肉退縮が起こったということも考えられます。 特に成人になってからの矯正治療は歯肉退縮が起こる事がよくありますが、それ以上に患者利益になるからこそ矯正治療を優先させたと言えるのではないでしょうか。

対処方法:一般的には何も行いません。審美的に気になる場合はヒアルロン酸の注入があります。


3) 不正な外力
「歯軋り」「異常な噛み合わせ」等を指します。 不正な外力により歯肉退縮を起こす事があります。

対処法:歯軋り防止の治療(暗示療法や歯軋り防止装置の使用)や噛み合わせの改善のための治療。夜間低血糖の予防。


4) 不適切な歯磨き

対処方法:専門家による適切なブラッシング圧と適切な歯ブラシの選択の指導を受ける。


5

歯肉退縮によるブラックトライアングルの治療法

ヒアルロン酸の歯茎への注入で治る

ヒアルロン酸の歯茎への注入

歯周病や矯正治療の後に歯肉が下がったことは歯茎の健康という視点からは何ら問題がありませんが、審美的な理由で何とかしたいという要望があります。

そこで、歯茎にヒアルロン酸注射を行うことで、ブラックトライアングルの改善が望めます。

処置は3週間おきに3回以上行います。ただしブラックトライアングルが大きな場合には完全に歯茎で埋めることが出来ない場合もあります。

また、ヒアルロン酸はもともと人体が持っているものですが、同時に、自然吸収されてしまいます。

従って、ブラックトライアングルが再び出現した場合には、再度の注入が必要になります。また、歯肉が健康な状態でないと出来ませんから、事前の歯周病の検査や治療が必要です。

ブラックトライアングルのご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師 深沢一
お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

歯列矯正関連コンテンツ

顎関節症で正中を顔の中心ラインに矯正で合わせる必要があるか?

顎関節症で正中を顔の中心ラインに矯正で合わせる必要があるか?

歯が痛くなる原因と自宅ですぐに出来る応急処置法について解説。冷たいもの・熱いものを食べた時の痛み、噛んだ時の痛み、歯茎の腫れなど、様々な視点から自分の痛みがどこから来ているのか判断出来るように…

歯が動く仕組みを知れば大人でも歯列矯正が出来る事が分かる。歯科矯正の流れ

歯が動く仕組みを知れば大人でも歯列矯正が出来る事が分かる。歯科矯正の流れ

歯にワイヤーなどで持続的な弱い力を加えと歯の移動が起こります。従って歯列矯正は子供に限らず、大人になっても十分可能です。ただし、成人矯正では歯周病に注意が必要なこと、治療期間が子供より伸びることなどに留意してください。また、矯正の流れについても説明…

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly