伝えたい! 歯の疑問:歯科全般

首や肩のコリ、頭痛はTCH(歯牙接触癖)が原因?
顎関節症の治療で分かったTCHとは

皆様の健康をトータルサポート。

歯牙接触癖をTCH (Tooth Contacting Habit)といい、食いしばりの様に強い力で噛みしめるのではなく、日中弱い力で常時上下の歯を接触させている状態を・・

TCH (歯牙接触癖)

1

TCH (歯牙接触癖)とは

1-1

首や肩のコリ、頭痛はTCH(歯牙接触癖)が原因かも

歯牙接触癖をTCH (Tooth Contacting Habit)といい、東京医科歯科大学で顎関節症の原因を追究する研究において見いだされた概念です。

食いしばりの様に強い力で噛みしめるのではなく、日中弱い力で常時上下の歯を接触させている状態を指しています。

安静位空隙のところで記述したようにリラックスした状態では上下の歯は僅かに浮いています。

しかし、TCHがある人では咬筋・側頭筋・胸鎖乳突筋など咬む筋肉が僅かではあるものの常に緊張した状態にあります。この状態が長く続くと、これらの筋肉は血流障害を起こし疲労してしまいます。

口腔周囲の筋肉の緊張が持続すると肩や首あるいは頭の筋肉の緊張に波及します。それが首や肩こり、頭痛の原因になるのです。

1-2

顎関節症の原因はTCHと判明

東京医科歯科大学では顎関節症の原因を突き止めるべく、数百人に及ぶ顎関節症患者に対し膨大な質問を実施しました。統計学的処理をした結果、顎関節症の原因はTCHであると結論づけました。

現在、東京医科歯科大学で行っている顎関節症治療では従来行われていたようなスプリント治療や外科治療は一切行わず、開口訓練とTCH除去の2本立てで治療が進められています。

1-3

現代人に多い集中や緊張がTCHの引き金に

TCHが起こる時とは

パソコンや携帯電話、楽器演奏、交通量の多い道や高速道路での運転など緊張や集中が必要な時にTCHが誘発される事が多いといえます。

一旦起こったTCHがそのまま継続され、習慣化されることが問題です。

口腔の緊張は、全身の緊張をリードすると考えても良いのです。

パソコンなどの作業で集中し緊張するとTCHが起こりやすい
パソコンなどの作業で集中・緊張すると起こるTCH
1-4

歯ぎしりとの関連性

このTCHが軽減されると夜間の歯ぎしりの減少にもつながる可能性も考えられることから、まずはTCHを防止する取り組みを行ってみましょう。

2

TCH (歯牙接触癖)のセルフチェック法

TCH(歯牙接触癖)のセルフチェック法
step-1

背筋を真直ぐに

背筋を真直ぐにして正面を向き、肩の力を抜き目を閉じます。

step-2

上下の歯を僅かに離す

唇は閉じたまま、奥歯に意識を向け上下の歯を僅かに離します。この状態で10秒間何の違和感もなく離し続けることができれば、あなたはTCHではありません。

一方、すぐに上下の歯が接触してしまったり、極めて強い違和感を覚えながら離し続けることができたとするならばTCHであるの可能性が高いと言えます。

3

TCH (歯牙接触癖)の改善法

3-1

歯を離すと書いた紙を家中に貼る

「歯を離す」と書いた紙
「歯を離す」と書いた紙

■ 常に歯を離すことを意識させる

B5用紙に太く大きく「歯を離す」と書いた紙を最低でも家の中に10ヶ所位貼ります。

そして、その紙が目に入ったら、下記の行動を取ります。

3-2

TCH除去のため反応訓練

■「歯を離す」と書かれた紙を見たら

① 肩を思いっきり上げて首をすくめるようにします。

② 歯を食いしばって鼻から大きく息を吸います。

③ 一気に口から息を吐きながら大きな声で「はぁ」といい言いながら、肩を落として大きく脱力します。

この一連の行動をとることによって上下の顎や顎関節だけでなく全身を緊張状態から解放させることが出来ると考えられています。

そして、これを3ヶ月間ほど続けるとTCHが改善されると報告されています。

このやり方は東京医科歯科大学が試行錯誤の上、考え出した方法です。

TCHを除去するための反応訓練
反応訓練

TCH(歯牙接触癖)がご心配の時のご相談は

歯科医師 深沢一
お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

あわせて読みたい

あいうべ体操、唾液腺マッサージで舌・嚥下機能を改善し、オーラルフレイル/要介護状態から脱出

あいうべ体操、唾液腺マッサージで舌・嚥下機能を改善し、オーラルフレイル/要介護状態から脱出

高齢者にとってフレイル状態から要介護状態へ進む負の連鎖を断ち切る事が重要です。 口腔機能改善とフレイル状態から抜け出す事には密接に関係があります。

舌機能を改善する「あいうべ体操」「ペコぱんだ」、嚥下機能を改善する唾液腺マッサージなどでオーラルフレイルを抜け出せば、健康な状態に戻すことも可能です。江戸川区では、江戸川歯つらつチェックを実施し、歯科からの健康増進…

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly