伝えたい! 歯の疑問:予防歯科

デンタルフロスのおすすめは?
糸ようじの使い方と選び方

皆様の健康をトータルサポート。

上級者におすすめのデンタルフロスならリーチデンタルフロスノーワックス巻型タイプ。中級者はリーチデンタルフロスワックス巻型タイプ。初心者はホルダータイプY型・F形の

歯科医おすすめのデンタルフロス(糸ようじ)

デンタルフロス(糸ようじ)とは

虫歯は、お口の中の歯垢(プラーク)に棲んでいる細菌が原因でおきます。プラークがたまる歯間部は、歯ブラシの毛先が届きにくく、特に磨き残しができやすい要注意箇所。 そこで活躍するのが「糸ようじ」デンタルフロス(糸ようじ)です。


デンタルフロス(糸ようじ)は歯と歯の間を清掃するための専門用具で、ふつうは40センチぐらいの長さに切って両手の中指か人差し指に巻きつけて使います。


デンタルフロス(糸ようじ)を歯間部に滑らせるように入れ、両側の歯の側面に沿わせて動かしプラークを除去します。


デンタルフロス(糸ようじ)と歯間ブラシとの違い

歯間ブラシは、ある程度歯茎が下がった場合に使用します。一方、デンタルフロス(糸ようじ)は健康な歯茎に使用します。

1

意外と多い歯の間の磨き残し! そこでデンタルフロス

1-1

磨けていると思ったのに・・アレ?

歯垢(プラーク)が残りやすい歯の間
歯垢(プラーク)が残りやすい場所

プラーク(歯垢)が残りやすいのは歯の隙間と歯茎との境目です。

歯の間の歯垢は歯ブラシでは取りにくく、デンタルフロス(糸ようじ)が有効です。

知らぬ間に前歯の間に虫歯発生
知らぬ間に前歯の間に虫歯発生

矢印で示した歯の間の黄色い部分に虫歯が発生しています。磨き残しがあると気づかない内に虫歯が出来ています。

虫歯は歯の中で大きく広がり、表面から見える大きさの約3倍ほどになっています。



2

デンタルフロス(糸ようじ)の使い方

デンタルフロス(糸ようじ)の使用時の注意点

デンタルフロス(糸ようじ)を歯間部に無理に入れたり、力を入れ過ぎると、歯肉を傷つけてしまうこともあるので注意しましょう。また、デンタルフロス(糸ようじ)は小さいお子さんが一人で使うのは難しく、小さい方にはお母さんが仕上げ磨きに使うと効果的です。


歯間部に入れやすいようワックスのついたものや、ホルダー付きの持ちやすいものもあります。 デンタルフロス(糸ようじ)を上手に活用して、お口の中を隅々まできれいにしましょう。


2-1

巻型タイプを指に巻くやり方

① 約40cmの長さに切り、それぞれの端を中指に2~3回巻き付けます。

① 約40cmの長さに切り、それぞれの端を中指に2~3回巻き付けます。

② 人差し指の先端に絡めるようにします。

② 人差し指の先端に絡めるようにします。

③ 人差し指と親指で持ってデンタルフロス(糸ようじ)の間隔が1~2cmくらいになるようにし、ピンと張ります。

③ 人差し指と親指とで持ってデンタルフロス(糸ようじ)の間隔が1~2cmくらいになるようにし、ピンと張ります。

④ 片方の人差し指先を奥に、もう片方は手前にして歯の間にデンタルフロス(糸ようじ)を挿入します。

④ 片方の人差し指先を奥に、もう片方は手前にして歯の間にデンタルフロス(糸ようじ)を挿入します。

歯冠部を通過したら上下前後方向に動かして清掃します。

2-2

巻型タイプを輪を作って使う方法

① デンタルフロス(糸ようじ)を約40cmの長さに切り、輪を作ります。

① デンタルフロス(糸ようじ)を約40cmの長さに切り、輪を作ります。

② 使った部分を徐々にずらしながら使うと大変便利です。

② 使った部分を徐々にずらしながら使えるので経済的でもあり大変便利です。

③ 人差し指の先端部で伸ばし、デンタルフロス(糸ようじ)の間隔が1~2cmくらいになるようにし、ピンと張ります。

③ 人差し指の先端部で伸ばし、デンタルフロス(糸ようじ)の間隔が1~2cmくらいになるようにし、ピンと張ります。

④ 片方の人差し指先を奥に、もう片方は手前にして歯の間にデンタルフロス(糸ようじ)を挿入します。

④ 歯の間にゆっくりと押し込みます。フロスをくの字に曲げて隣接面をこすりながら上に引き上げます。

1箇所の歯間部で歯垢の付着する面は2面あるので、両面とも磨きます。

3

デンタルフロス(糸ようじ)の選び方

3-1

形状で選ぶ

ホルダータイプF型
ホルダータイプF型
  • ・前歯に適したF型。
クリニカアドバンテージ デンタルフロス  ホルダータイプY型
ホルダータイプY型
  • ・奥歯に適したY型。
ガム・デンタルフロス(糸ようじ)巻型
デンタルフロス(糸ようじ)巻型
  • ・ガム・デンタルフロス
    コストパフォーマンスの高い巻型。

3-2

ワックス付きかノーワックスかで選ぶ

リーチデンタルフロス ワックス巻型タイプのデンタルフロス(糸ようじ)
リーチデンタルフロス ワックス巻型タイプ

糸がワックス加工されて滑らかです。初心者の型でも歯の間に挿入するのがスムーズに出来ます。

リーチデンタルフロス ノーワックス巻型タイプのデンタルフロス(糸ようじ)
リーチデンタルフロス ノーワックス巻型タイプ

歯間部へ挿入することに馴れたフロス上級者向けです。プラーク除去効率が高くなります。



3-3

で、おすすめはどのタイプ?

初心者におすすめ

まず、ホルダータイプY型を使い、奥歯だけではなく前歯にも試してみる。前歯がうまく出来なければF形も併用します。


中級者におすすめ

ワックスタイプ巻型にチャレンジしてください。 選ぶならリーチデンタルフロス ワックス巻型タイプ、ガム・デンタルフロス巻型


上級者におすすめ

リーチデンタルフロスノーワックス巻型タイプ

3-4

値段はいくらで、どこで買えばいいの?

近くのドラッグストアで

メーカーによらず、価格はどのタイプも300〜700円ほどです。歯科医院でも販売していますが、お近くのドラッグストアでお買い求めください。

4

デンタルフロス(糸ようじ)のメンテナンスと交換時期

デンタルフロス(糸ようじ)のメンテナンスと交換時期
メンテナンス

ホルダータイプのデンタルフロス(糸ようじ)は使い捨てではありません。しっかりと流水下で洗い、風通しの良い場所に保管し清潔に保ってください。

交換時期

毛が引っかかったり毛羽立ってきたら交換しましょう。

使用頻度

普通の歯ブラシを使うときに併用してください。特に歯の間に物が詰まる方は、食後や水以外のものを食べた後は必修です。

5

デンタルフロス(糸ようじ)の使用時のトラブル

デンタルフロス(糸ようじ)の使用時のトラブル
歯の間で切れたら

別のデンタルフロス(糸ようじ)を使い、切れた毛を取り出してください。頻繁に切れるようなら虫歯があったり、詰め物にトラブルがある危険性があります。速やかに歯医者を受診してください。

歯茎が下がったと感じたら

中等度から重度歯周病のケースでは、デンタルフロス(糸ようじ)の使用により、歯茎が下がる事があります。これは、炎症で腫れた歯茎が正常に戻ろうとする反応です。

歯茎が下がる現象は、臨床的には好ましい反応ですが、審美的な問題が残ります。

歯茎からの出血が止まらない

歯肉縁下に歯石が大量に付着している場合などは、デンタルフロス(糸ようじ)をすると出血が続いてしまうことがあります。

多くの場合、二週間ほどデンタルフロス(糸ようじ)を続ければ、出血はしなくなります。ただし、このようなケースは歯周病が進行していますから歯科医院での治療が必要です。

6

その他の歯ブラシ用品

デンタルフロス(糸ようじ)
デンタルフロス(糸ようじ)
  • ・歯の間には、磨き残しが多いのが普通です。そこから歯周病が発生し、深い歯周ポケットが形成されやすくなります。歯ブラシでは歯の間の奥深い部分まで毛先が届かないので、歯垢を除去するにはデンタルフロス(糸ようじ)が有効です。
歯ブラシ
歯ブラシ
  • ・歯ブラシの選択は重要です。磨き残しがないようにするには毛先が細く弾力のあるものを選ぶと良いでしょう。また、どうしてもうまく磨けない方には電動音波歯ブラシの使用も良いでしょう。
歯間ブラシ
歯間ブラシ
  • ・歯間ブラシを選択する場合には、サイズが重要です。歯と歯の間のスペースには個人差があるからです。歯茎が下がってスペースが大きい場合には、大きいサイズ(太いサイズ)を、健康な方は、小さいサイズ(細いサイズ)を選ぶと良いでしょう。

デンタルフロス(糸ようじ)などの歯磨き用品のご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師 深沢一
お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

口腔ケア用品 関連コンテンツ

歯間ブラシのおすすめは? 使い方と選び方

歯間ブラシのおすすめは? 使い方と選び方

歯の隙間やブリッジ下の歯垢(プラーク)除去におすすめなのが歯間ブラシです。歯間ブラシの使い方や選び方では、初心者にはやわらか歯間ブラシゴムタイプが、慣れてきたらワイヤー植毛タイプのSSSサイズから順次サイズアップ…

ポリリン酸配合のおすすめ歯磨き粉

ポリリン酸配合のおすすめ歯磨き粉

ポリリン酸配合のオーラループフォープラスは、歯の表面をコーティングし、歯石や歯垢などが付きにくくなります。また、ステイン除去及び沈着防止作用があり、歯のホワイトニング効果も期待出来ます…

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly