歯科診療メニュー

皆様の健康をトータルサポート。

全身の健康を考えた歯周病、虫歯、小児歯科、予防歯科、ホワイトニング、審美歯科、予防歯科、インプラント、矯正歯科、口腔外科、入れ歯、高齢者歯科などの歯科診療を通して、地域のかかりつけ歯科医として、患者さまのお口の悩みのみならず、お体のトラブルについても親身になって相談をお受けしていきたいと考えています。

我々は、歯をできるだけ削らないことはもとより、歯周病や虫歯にならないための予防を重要なことと考えています。

治療に当たっては限りなく痛みを少なくする方法を取り、治療の選択肢を沢山提示し、その中から納得する治療法を選んでもらいます。

歯周病関連

歯周病(歯槽膿漏)・歯肉炎の進行と症状の変化

歯周病(歯槽膿漏)・歯肉炎の進行と症状の変化

歯周病の初期は歯肉炎という状態です。歯肉炎は歯茎の腫れや出血が僅かにある程度です。重度の歯周病になると歯がグラグラし、歯茎が痩せて歯周ポケットから膿が出たりします。手遅れになる前に歯周病の治療をすると歯茎が下がることもありますが、歯周病の症状は治まります…

歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎の治療 スケーリング・フラップ手術(歯周外科)で歯石除去

周病/歯槽膿漏や歯肉炎の基本治療はスケーリングやルートプレーニングで歯石を除去すること。重度歯周病には歯茎を開いてフラップ手術(歯周外科)で歯石を除去…

歯周病と糖尿病・誤嚥性肺炎・早産・ 骨粗鬆症・女性ホルモン減少・心臓病など全身疾患との関連性

歯周病が糖尿病・誤嚥性肺炎・早産・低出生体重児出産・骨粗鬆症・女性ホルモン減少・心臓病などの全身疾患を増悪させるだけではなく、全身因子の影響で歯周病の悪化を招くことが知られている…

最新知見に基づく歯周病(歯槽膿漏)の原因論とその対策法

最新知見に基づく歯周病(歯槽膿漏)の原因論とその対策法

歯周病(歯槽膿漏)・歯肉炎の成因は、単なる歯周病菌による感染ではなく歯周組織の細胞環境の問題であり、それを全身的な視点(糖質・砂糖の過剰摂取、ブラキシズム/歯ぎしり、マグネシウムの摂取不足、オメガ3系脂肪酸(αリノレン酸)の摂取不足、カルシウムの過剰摂取)で捉え、それぞれの対処法を…

歯周病を体内から改善する
高濃度ビタミンC点滴療法とマイヤーズカクテル点滴

歯周病を体内から改善する 高濃度ビタミンC点滴療法とマイヤーズカクテル点滴

歯周病(歯槽膿漏)の原因は、単なる歯周病菌の感染だけではなく歯周組織の細胞環境の問題です。高濃度ビタミンC点滴では、コラーゲンの合成促進や活性酸素による酸化ストレスの軽減、マイヤーズカクテル点滴ではタンパク質の糖化を改善するなど、歯周病を体内から治していこうとする治療法を…

歯周病とメタボリックシンドロームの3つの関係

歯周病とメタボリックシンドロームの3つの関係

糖尿病になりやすいメタボリックシンドロームと歯周病は密接に関連があります。歯周病により歯原性菌血症がアテローム性動脈硬化を引き起こすこと。コレステロールの新たな見解、高血圧などの問題を…

"光"を用いた無痛歯周病治療

忙しい方に最適!"光"を用いた無痛歯周病治療!最先端の歯周病治療法でレーザー光で歯周病菌を破壊する方法…

タバコ問題の様々な「誤解」と喫煙で歯周病が悪化、熱式タバコ・アイコスの有害性は本当に9割減?

タバコ問題の様々な「誤解」と喫煙で歯周病が悪化

熱式タバコ・アイコスの有害性は本当に9割減?タバコは嗜好品ではなく「死向品」と言った方がよく、本人の健康問題だけではなく、受動喫煙による周りの人々の健康被害まで社会的コストのかかる問題です。

加熱式タバコ・アイコスの有害性は本当に9割減なのか? ニコチン依存症は病気なので保険が適用され、様々な禁煙のメリット…

メール相談に寄せられた歯周病(歯槽膿漏)・歯肉炎のQ&A

メール相談に寄せられた歯周病・歯肉炎のQ&A

歯茎の痛み・出血・腫れ、歯茎が下がって歯と歯の隙間ができるななどの審美的な問題、口臭などの悩み…

虫歯治療関連

虫歯の基礎知識

虫歯の原因はミュータンス菌が作る歯垢(プラーク)が古くなったバイオフィルム

虫歯の原因は、砂糖を餌とするミュータンス菌やラクトバチラス菌などの口腔内細菌が造るバイオフィルムです。サリバテストは虫歯のなりやすさを判定する試験…


PMTC・エアーフローで口腔バイオフィルムの除去

虫歯の原因菌、ミュータンス菌とラクトバチラス菌によるバイオフィルムの形成とPMTC、エアーフローなどによるリセット法…


虫歯の進行と症状

虫歯の進行の度合いは、エナメル質に限局したCOやC1、象牙質に達したC2、歯髄が虫歯菌により痛みや腫れが起こり出す歯髄炎の状態のC3、根っこだけになってしまったC4と進み…

虫歯の治療にドックベストセメント

虫歯の治療にドックベストセメント

虫歯治療の新しい形を提案。削らないから痛くない、麻酔をかけないドックベストセメント治療…

予防歯科関連

口腔ケアをするなら次亜塩素酸水の
ポイックウォーターでセルフケア

口腔ケア|歯周病・虫歯のセルフケア

歯周病・虫歯を自分で予防するポイックウォーター【 POIC WATER 】 、の特性、使用法などを解説。予防歯科を実践、セルフケアの…


キシリトールの虫歯予防効果は実際どうなの?

キシリトールは砂糖が大好きなミュータンス菌を抑制する効果があるのか? キシリトールガムを選択する際、100%のキシリトール入りが必要なのか。歯磨き粉にもキシリトールが入っていた方がいいのかなどを解説…


フッ素入り歯磨き粉やレノビーゴなどと歯医者でのフッ素塗布濃度の違いに注意

低濃度のフッ素入り歯磨き粉やフッ素スプレー・レノビーゴなどを子供の頃から使と、乳歯の虫歯予防だけではなく、6歳臼歯や第二大臼歯の虫歯予防につながります。また、市販の歯磨き粉はフッ素濃度に注意が必要…


リカルデントガム(CPP-ACP)やmiペーストで虫歯の再石灰化が促進

リカルデントガムを噛んだり、miペーストでブラッシングする事で、初期の虫歯になった歯でも再石灰化が起こり、酸に強くなり虫歯になりにくくなります…


プラークコントロールの基本は歯磨きで歯垢(プラーク)の除去から

歯垢(プラーク)は古くなると毒性が強くなります。そこで早期のプラークコントロールが必要になります。機械的方法としてまず歯磨きが重要です。また、化学的方法として様々な薬剤の使用が考えられます…

3DSセラピーにより予防歯科から予防医療へ

3DSセラピーにより予防歯科から予防医療へ

がんこな口腔バイオフィルムに作用する3DSセラピーで古い歯垢から新しい歯垢へリセットします。歯周病や虫歯を予防して、歯周病菌や虫歯菌、菌体内毒素(LPS)などが血管内に入り込むのを防ぎ、動脈硬化を…

小児歯科関連

子供の歯科治療をスムーズに進めるためのご案内

子供の歯科治療をスムーズに進めるためのご案内

子供にとって始めての歯医者は緊張するものです。出来るだけリラックスしてスムーズに診療が行えるようにスタッフ一同万全の体制でお迎えします…


赤ちゃんの乳歯が生える順番と時期、子供の歯並びはすきっ歯の方がいいの?

赤ちゃんの乳歯が生える順番と時期。赤ちゃんの時に良い歯並びの子供はガタガタの歯並びになるの?では子供の歯並びは"すきっ歯"の方がいいの?霊長空隙やリーウェイスペースが多い"すきっ歯"の方が綺麗な歯並びを作るのは事実。乳歯に癒合歯が、どうしたらよい?…


子供にひどい虫歯が!赤ちゃんに虫歯菌はいつ移る? 乳歯の治療にサホライド

子供の乳歯の前歯にひどい虫歯が出来た!赤ちゃんに虫歯菌が移らないようにするにはどうしたら?幼児の虫歯を削る治療に麻酔は出来るの?治療が出来ない子供にはサホライドの塗布が有効。虫歯のなりかけの歯に予防的な処置は何があるの?…


シーラントは生えたての大人の歯・6歳臼歯や子供の歯を虫歯から守る

フィッシャー シーラントは生えたての大人の歯・6歳臼歯や子供の奥歯の溝にプラスチックを埋めることで虫歯になりにさせる方法です。保険が適用されるので費用の負担は少なくて済みます。江戸川区では、一部負担金の補助があるので無料です…


歯医者で行う子供のフッ素塗布は虫歯予防に効果はあるの?

歯医者で行う子供へのフッ素塗布は3歳くらいから始めると良いでしょう。家庭でのフッ素使用と合わせて虫歯予防効果を高められます。フッ素塗布は予防処置で保険診療適用外となり自費診療での費用がかかります…


赤ちゃんの歯ぎしりは成長過程での準備・子供の歯ぎしりの原因は?

赤ちゃんの歯ぎしりは生後6ヶ月~7ヶ月頃から起こり始めます。前歯を擦り合わせることで顎の位置を決める行動だと考えられています。子供・幼児の歯ぎしりの原因は、急激な顎の成長に筋肉が追いつかないストレスや日常生活への不安や心配事などが考えられます…

赤ちゃんは母乳育児で綺麗な歯並びに。断乳ではなく自然な卒乳を

赤ちゃんは母乳育児で綺麗な歯並びに。断乳ではなく自然な卒乳を

赤ちゃんの哺乳とママの授乳をスムーズに行うためのラッチオンとは?母乳育児を2年続けると綺麗な歯並びに。母乳育児ができない時は咀嚼型ニプルを選ぼう。 断乳ではなく自然な卒乳が理想で、卒乳の時期はそれぞれの親子の状況に合わせて必ずしも子供の年齢にこだわる必要はありません。…


口を開けたまま寝るのは口呼吸が原因?口呼吸を改善したいが治し方は?

口呼吸の主な原因は鼻が詰まることです。口を開けて寝るのも鼻が詰まるからです。口呼吸を改善し治す方法は、鼻づまりの原因・アデノイド肥大、アレルギー性鼻炎、花粉症などの改善です。その方法は、あいうべ体操、鼻うがい、馬油点鼻、鼻呼吸を促す口閉じテープなどです。…


指しゃぶりや指吸いをやめさせる魔法の方法 赤ちゃん・新生児の指しゃぶりはOK

新生児はまだ指しゃぶりはしませんが、生後2ヶ月~3ヶ月になって指しゃぶりや指吸いが始まります。赤ちゃんにはどんどん指しゃぶりをさせましょう。4歳になっても指しゃぶりが止まらなければ歯並びや発音に悪影響が。指しゃぶり防止目的で指に苦いものを塗るのはNG。…


手づかみ食べが始まるカミカミ期の離乳食スパウトマグ・ストローマグはNG

モグモグ期の離乳食は豆腐やプリンなどの舌でつぶせる硬さを。カミカミ期には「手づかみ食べ」や「遊び食べ」が始まる。パクパク期はじゃがいもや大根などを柔らかく煮たものなどを食べさせる時期です。手づかみ食べ期でのスパウトマグやストローマグの使用は舌の健全な機能発育に悪影響。…


プレオルソ・MFTで子供の歯並び矯正

プレオルソ矯正は子供の出っ歯、受け口などに、大人には効果なし

プレオルソは子供用の矯正装置で3歳~10歳が適用年齢です。成長が止まった12歳以上の大人に使用しても全く効果がありません。適用症例は出っ歯、受け口、ガタガタの歯など。夜寝る時も使用しますが装置が口の外に出ないようにテープを貼ります。費用は1年ごとに双方で相談して決定します。…

MFT・口腔筋機能療法は舌を中心とした口腔周囲筋の訓練法で歯科矯正の治療法

MFT・口腔筋機能療法は舌や唇中心とした口腔周囲筋の筋機能訓練法です。歯科矯正を行う際に並行して実施されることが多いです。やり方はスポットポジションを覚えるところから始まります。ティップ&スティック、ポッピング、ポスチャーなどの訓練が体系立てて行われます。訓練期間は1ヶ月~2ヶ月です。…

矯正歯科関連

矯正歯科

歯並び矯正

矯正力で歯が動くメカニズム、歯並びが悪いことで起こる様々な問題、ステップごとに異なる矯正装置、治療の流れや費用にについて…


理想的な綺麗な歯並びと悪い歯並び不正咬合の出っ歯、ガタガタの乱杭歯

悪い歯並びの不正咬合の種類には、歯がガタガタの乱杭歯・八重歯、前歯の出っ歯、受け口など。理想的な綺麗な歯並びの第一条件は正中がぴったり合っていること。歯並びが悪いこと歯磨きが難しく虫歯や歯周病の発生が!口呼吸による不正咬合は脳の発育に悪影響し、発音障害と口唇閉鎖不全も。…


歯列矯正で八重歯(犬歯)の抜歯はあり?eライン改善を目的に抜歯も

歯列矯正で抜歯、非抜歯の決定にはフェイシャルタイプ分析とeラインを元に行います。乱杭歯の歯列で犬歯が八重歯でも犬歯を抜くことはありません。通常は小臼歯を抜歯します。親知らずが横に生えているとその萌出力が前歯まで伝わり、歯並びを悪くします。親知らずは抜歯が原則です。…


大人でも確実に歯が動くマルチブラケット装置で歯列のワイヤー矯正

ワイヤー矯正はブラケットを各歯に接着し、ワイヤーの弾力性を使って歯を動かすシステムです。大人でも着実に歯を動かすことが出来る汎用性の高い方法です。ブラケットやワイヤーは白色のものや金属製のものがあります。動的治療期間は約2年で保定期間が約その半分の1年です。…


リンガルアーチ、トランスパラタルアーチ-よく使う固定式矯正装置

固定式矯正装置のリンガルアーチやトランスパラタルアーチは小臼歯の抜歯症例では大臼歯が手前側に動くのを防止するために使用します。さらにリンガルアーチは、乳臼歯の早期喪失時の保隙装置として、また弾腺による弾性力で少数歯の移動を行うことなどを目的として使用されます。…


出っ歯や開口症例の矯正治療に効果絶大の顎間ゴム

顎間ゴムはマルチブラケット装置を使用したワイヤー矯正で多用されます。上顎と下顎との間にゴムを掛けて歯の移動を行います。顎間ゴムは何種類もありケースによって使い分けます。ゴムの交換は必ず毎日1回行います。最初の2、3日は痛みが出ますが、次第に慣れてきます。…


出っ歯や受け口の矯正装置、ヘッドギア・チンキャップ

出っ歯の矯正装置にヘッドギアがあります。首にネックバンドを付けるサービカルヘッドギアと頭にヘッドキャップを被るハイプルヘッドギアの二つのタイプがあります。受け口を治療する矯正装置にチンキャップやフェイシャルマスクの顎外固定装置があります。…


拡大矯正装置には急速拡大装置、クワドヘリックス、拡大床など

拡大装置にはセメントで固定するタイプと患者さん自身が取り外して使用するタイプの二通りがあります。固定タイプには急速拡大装置とクワドヘリックスがあり、歯が傾斜することはなく顎骨自体が拡大します。一方、拡大床では歯が倒れてしまい後戻りのリスクがあります。…


バイオネーターは子供の出っ歯の矯正治療に効果的な機能的矯正装置

バイオネーターは子供の出っ歯の改善に、下あごが成長する時期(6歳~12歳)に使うと効果的です。家にいる時と寝ている時に1日10時間以上使用する必要があります。自分のアゴの力で歯並びをよくする機能的矯正装置なの痛みが起こることはほとんどありません。…


歯列矯正後の後戻りを防ぐ保定装置・リテーナー

保定装置(リテーナー)は矯正で整った歯列の後戻りを防ぐ装置です。トゥースポジショナー、ベッグタイプリテーナー、フィックスドリテーナーなど様々な種類があります。原則、使用期間は動的治療期間と同じです。清潔にリテーナーを使うには義歯ブラシや洗浄剤が有効です。…


歯科矯正の費用

全顎矯正、MTM(部分矯正)の費用。難易度、治療期間ごとに事前に治療費が決定され、定額制です。追加料金は頂きません…

ホワイトニング関連

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは約30日間、自宅でマウスピースに薬剤を入れて行うセルフホワイトニングのことで、効果的に歯の黄ばみを白くする方法です。

テトラサイクリン変色歯のホームホワイトニングとポーセンラミネートべニアの併用…

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯医者で行う歯のホワイトニングです。歯がその日の内に白くなるので結婚式を控えた方にブライダルホワイトニングとして人気があります。

ホームホワイトニングと併用したデュアルホワイトニングは歯の白さの維持に威力を発揮します。歯の内側からウォーキングブリーチは神経の無い変色歯を白くする方法です。…

ホワイトニングの疑問に回答

市販のおすすめ歯のホワイトニング歯磨き粉はシュミテクト、ポリリン酸?

市販の歯のホワイトニング歯磨き粉は、歯本体を白くするものではなく、歯の着色・ステインを除去するものです。従って、歯磨き粉を使っても白くならないと誤解しないように。人気があり、おすすめの歯磨き粉はシュミテクト、ポリリン酸、ルシェロ ホワイト?…


ラミネートベニアは前歯のすきっ歯、変色歯の治療に最適

ラミネートベニアはテトラサイクリン変色歯の治療に適しています。また、前歯のすきっ歯を治す方法としても優れています。ラミネートベニヤでは出っ歯の治療は出来ません。ラミネートベニアよりも薄く出来るルミネアーズは歯をほとんど削らないのが特徴です…


テトラサイクリン変色歯のホワイトニング

テトラサイクリンを永久歯の歯胚形成期頃に服用すると、血液に運ばれて象牙質に沈着し、変色を起こします。これがテトラサイクリンによる変色歯の原因です。ホームホワイトニングを長期間使用するならば、ある程度の効果が期待出来ます…


ホームホワイトニング中、オフィスホワイトニング後の歯や歯茎の痛み

ラホームホワイトニング中の歯の痛みのほとんどは知覚過敏です。虫歯、くさび状欠損、切端のすり減りなどがあると起こりやすい。歯の痛みや浮く症状には、シュミテクト、MIペーストが有効です。オフィスホワイトニング後の歯茎の痛みは薬剤が漏れ出すことが原因です。…


ホワイトニング後の食事制限、飲食できない食事メニューは?

ホームホワイトニング中の食事制限は、カレー、コーヒー、赤ワイン、キムチ、コーラ、紅茶等の色の濃い飲食物は控え、タバコを控える事。オフィスホワイトニング直後から2時間は飲食してはいけない。それ以降24時間以内の食事は有色飲食物を控える…


ホワイトニングの禁忌症に無カタラーゼ症、大きい虫歯、妊婦

ホワイトニングの絶対的禁忌症として無カタラーゼ症があります。また、大きな虫歯は治療してからホワイトニングします。妊婦の場合のホームホワイトニングは適しません。重度歯周病や大量の歯石が付着している場合には、歯石除去後にホワイトニングを行います…


歯を白くするホームホワイトニングジェルの選択は濃度が重要

現在日本で使われているホームホワイトニングジェルはすべて海外からの輸入品です。厚生労働省が認可したのは過酸化尿素濃度が10%の製品のみです。代表的なものにティオンホームプラチナ10%、オパールエッセンス10%など…


前歯のホワイトスポット・ホワイトバンドはホワイトニングで治療可能?

前歯のホワイトスポット・ホワイトバンドの治し方は、範囲が狭く浅ければmiペーストやアイコンで削らずに治す。広範囲で深くなるにつれダイレクトボンディングやラミネートベニアで削って治す。ホワイトニングによるホワイトバンド・ホワイトスポットの出現には、ホワイトニングの継続で周りの色に近づきます…


変色した黒色の歯茎を治す方法。差し歯の歯茎の黒ずみの原因は?

歯茎が黒く変色する原因は長期間の喫煙でメラニン色素が沈着したものです。治療法はフェノールアルコール法が比較的簡単です。差し歯の根元が黒くなるメタルタトゥーは、差し歯に使われる金属の微粒子が歯茎に沈着したものです。子供の歯茎が黒いのは経過観察が良いでしょう。…


歯をぶつけ神経が死んだ変色歯にはウォーキングブリーチ

歯の内部にホワイトニング剤を入れて歯を白くする方法をウォーキングブリーチといいます。歯を強くぶつけると虫歯でもないのに、神経が死んでしまいます。神経の死んだ歯は根管治療が必要で、歯の内側に穴を開けて行います。しかし根管治療した後、歯の色は次第に褐色に変色します …

口腔外科関連

リグロスとフラップ手術

保険適用のリグロスとフラップ手術で歯周組織再生療法

リグロスは、歯周病の進行で歯槽骨の破壊が進んだ場所の骨を再生する歯周組織再生剤です。リグロスをフラップ手術後の同部位に填入することで、歯槽骨の再生を促します。保険適用になったことで、治療費を抑えることが可能になり…


GBRやCGFによるサイナスリフトなど骨の再生療法

GBRは、骨の無い部位に骨を誘導再生させる為の手法です。CGF治療とは、患者さんから採血した血液を遠心分離機にかけて完全自己血液由来の血小板濃縮フィブリン(言わばタンパク質の接着剤)を作製し、それを骨の無い場所に填入し、骨を誘導再生する治療法…

痛くない歯医者の歯科麻酔は
局所麻酔(伝達麻酔・浸潤麻酔)・笑気麻酔の使い方が肝

痛くない歯医者の歯科麻酔は 局所麻酔(伝達麻酔・浸潤麻酔)・笑気麻酔の使い方が肝

歯科麻酔のかけ方次第で痛くない怖くない歯科治療が可能です。虫歯や親知らずの抜歯などの時に無痛的な治療が受けられます。表面麻酔、笑気麻酔などで浸潤麻酔前に行う処置が肝となります。麻酔したのに痛かったり、麻酔した所が痛いと言った原因は?…

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯が必要な時は知歯周囲炎、歯ブラシが的確に出来ない時の虫歯の発生、矯正治療を行う時などです。下顎親知らずの抜歯難易度についてレベル1~レベル8まで…

口腔癌の舌癌・歯肉癌の生存率・死亡率
初期口腔癌と口内炎の見分け方

口腔癌の舌癌・歯肉癌の生存率・死亡率 初期口腔癌と口内炎の見分け方

口腔癌は舌癌が最も多く、次いで歯肉癌。初期の舌癌と口内炎との見分け方は舌の側面が白くなったり、赤くなったら要注意。 歯肉癌は歯周病との鑑別が難しく手遅れになることも。 口腔癌患者数や死亡者数・死亡率など近年増加スピードが止まりません。 特筆すべきは、若い女性の口腔癌患者の増加です…


癌治療薬・ビスフォスフォネート製剤 (bp製剤)による顎骨壊死

癌の骨転移の予防処置として破骨細胞の働きを抑制する骨代謝調整薬としてビスホスホネート系薬剤やデノスマブを使用します。 しかし、同薬の使用後、抜歯や歯周外科などの外科的侵襲の強い処置を行った場合、顎骨壊死や顎骨骨髄炎のリスクが高まることを念頭に置かなければなりません…

江戸川区の無料口腔癌検診

江戸川区の委託事業で江戸川区在住の40歳以上の方なら無料で口腔癌検診を2年に1回受診できます…

粘液嚢胞摘出手術や正中過剰歯の抜歯など口腔外科小手術

水ぶくれの様な唇の腫れは粘液嚢胞?粘液のう胞は市販薬で治る?

唇に水ぶくれの様な腫れが大きくなったり潰れたり、これって粘液嚢胞? 粘液嚢胞は、口内炎に効くチョコラbbの様な市販薬では治せません。粘液嚢胞は小唾液腺の根元が詰まってしまったことが原因です。自然治癒しないので摘出手術が必要…


歯並びを悪くしやすい過剰歯の抜歯手術

過剰歯の中で最も頻度が高いのは、正中過剰歯です。永久歯の歯並びを悪くする原因となるため、子供の時に抜歯する事が望ましいでしょう。奥歯の過剰歯は小臼歯部位に多く発生します。おもに内側に生えますが埋伏したままのものもあります…


大きい歯根嚢胞は保険適用の歯根端切除術での日帰り手術

歯根の先端に膿の袋を作るのが歯根嚢胞です。大きな歯根嚢胞になると根管治療のみでは治癒しないことが多く、歯根嚢胞摘出手術と歯根端切除術で治療します。歯根嚢胞は自然治癒する事はなく、自覚症状が無いまま次第に大きくなります…

インプラント関連

インプラントのメリット・デメリット、入れ歯や差し歯との違いは?

インプラントのメリット・デメリット、入れ歯や差し歯との違いは?

インプラントは、失ってしまった歯の歯茎部分に人工の歯根を作ることで、自分の歯と同じような機能を持たせる治療法のことです。インプラントにはデメリットもあり、入れ歯やブリッジでの治療といった選択肢の中から自分にあった最良の治療法を選ぶことが重要です。…

インプラント治療の流れ、治療期間2ヶ~6ヶ月、保険が利く条件とは

インプラント治療の流れ、治療期間2ヶ~6ヶ月、保険が利く条件とは

インプラントの治療の流れは、インプラントについての説明・問診・診査・資料取り、診断・治療計画説明、インプラント手術 1次オペ・2次オペ、インプラントと骨の結合を待ってジルコニアまたはメタルボンドを装着し治療完了です。インプラントが保険適用となる条件とは?…


インプラントの一次手術・二次手術・手術時間

インプラントの手術には1回法と2回法があります。1回法はインプラント本体と土台が一体化したものを埋入します。2回法はインプラントの本体を骨の中に埋入し、骨との結合を待って土台を結合していく方法です。2回法は一次オペと二次オペの2回の手術が必要です。…


前歯・奥歯のインプラント手術にサイナスリフト、ソケットリフト、骨移植

上の奥歯を失うと上顎洞が広くなりインプラントを固定する骨量が少なくなります。自家骨や人工骨を入れて骨量を増やす手術がサイナスリフトやソケットリフトです。上の前歯で骨の少ない時は骨移植を行います。下の奥歯は骨を広げる治療を行いインプラントを入れます。…


インプラントの費用

手術費用、上部構造(ジルコニアクラウンなど)の費用、保証制度、医療費控除など…

インプラント術後の痛み腫れ・インプラント周囲炎を起こさないために

インプラント術後の痛み腫れ・インプラント周囲炎を起こさないために

インプラント手術中の痛みは麻酔でコントロール出来ます。手術後1~2週間、または数年経ってからの痛みや腫れ、違和感はインプラント周囲炎がほとんどです。術後感染を起こさないようにするために守らなければいけないいくつかのことがあります。…


インプラント治療で重要な上顎洞と下顎神経(下歯槽神経)との距離

インプラントの手術を安全に行うために上顎洞と下顎神経(下歯槽神経)との距離は大変重要です。サージカルステントを装着した状態でパノラマレントゲンやCTを使い各々の距離を測定します。インプラント用サージカルガイドでドリルの方向や深度を正確に操作出来ます。…


インプラント手術中、術後のリスク・副作用やトラブル

インプラントの手術を行う際の全身的リスクとして高血圧、糖尿病、喫煙、骨粗しょう症など、局所的リスクとして口腔内清掃状況、歯周病、噛み合わせなどです。インプラントの手術中や術後に起こるトラブルは下顎管の損傷、上顎洞の穿孔などです。…

奥歯の6番・7番を抜歯後、そのまま放置すると

奥歯の6番・7番を抜歯後、そのまま放置すると

下の奥歯6番を抜歯後、そのまま放置すると下の7番が抜歯した所に傾斜してきます。そして、上の6番は抜歯した所に向け延び出してきます。噛み合わせが崩れると、うまく噛めなくなるばかりか、歯の間に隙間が出来て歯磨きがうまくいかず、歯周病や虫歯、あるいは顎関節症のリスクも上がります。一旦倒れてしまった下の6番を正常に治すには矯正治療が必要です。…


前歯や奥歯をブリッジで治療、歯をほとんど削らない接着ブリッジとは

歯のブリッジは、失った歯を残存歯を土台にして橋を架ける治療法です。前歯はセラミックの白い歯で作れますが、保険は効きません。レジン製なら犬歯~犬歯は保険適用です。ブリッジの欠点は天然歯を沢山削ることですが、ほとんど歯を削らない接着性ブリッジもあります。。…

入れ歯関連

審美的な入れ歯・スマイルデンチャー

目立たない入れ歯ノンクラスプデンチャー でお薦めはスマイルデンチャー

スマイルデンチャーは入れている事が他人からわからない目立たない入れ歯です。弾力性があり薄く作れて装着感も優れているノンクラスプデンチャーの中でも最もおすすめなのがスマイルデンチャーです。保険適用外で、最大15万円ほどの費用がかかります…

入れ歯の種類-部分入れ歯と総入れ歯

初めての部分入れ歯で不安! 目立たない保険適用の入れ歯はあるの?

初めての部分入れ歯には不安が付き物。保険適用の奥歯の入れ歯は噛めるのか?保険で目立たない入れ歯を作ることは出来るのか?部分入れ歯かブリッチにすべきか? など様々な悩みが尽きません! 部分入れ歯の長所欠点は?自費で目立たない入れ歯を作った場合、奥歯の1本当りの費用は?…


総入れ歯 難症例への対策と費用

総入れ歯の問題は、下の総入れ歯だと歯槽骨が吸収して平らになってしまい、痛みを繰り返すことです。上の総入れ歯は食事中や会話中に落ちてくるという問題があります。保険適用の総入れ歯ではこれらの問題の解決に至らない場合もあります。特に下の総入れ歯ではコンフォートデンチャーが力を発揮します…

高齢者歯科関連

オーラルフレールはフレールへの扉。舌のトレーニングで嚥下機能を改善

オーラルフレールはフレールへの扉。舌のトレーニングで嚥下機能を改善

高齢者にとってフレイル状態から要介護状態へ進む負の連鎖を断ち切る事が重要です。 口腔機能改善とフレイル状態から抜け出す事には密接に関係があります。

舌機能を改善する「あいうべ体操」「ペコぱんだ」、嚥下機能を改善する唾液腺マッサージなどでオーラルフレイルを抜け出せば、健康な状態に戻すことも可能です…


無料口腔ケア健診(江戸川歯つらつチェック)

江戸川区では、江戸川歯つらつチェックを実施し、歯科からの健康増進…

歯科全般の治療関連

歯科全般の知識関連 知覚過敏など

知覚過敏

歯ぎしりがひどく、歯茎が下がり楔状欠損ができた時、冷たい水に凍みる知覚過敏を自分で治す方法は、知覚過敏用歯磨き粉シュミテクトの使用がベスト。もちろん歯医者で治す方法も…

口臭

口臭の原因は口腔内細菌が作り出す揮発性硫黄化合物。口腔内細菌を洗い流す唾液分泌量低下で唾液が臭くなり、舌が臭くなる。 口臭対策には、唾液を出すこと、そのためにはよく水を飲み、舌を動かすこと。生理的口臭に比べ歯周病による口臭が強い理由とは?…

スポーツ マウスピース

ラグビー、ボクシング、格闘技、バスケ、アメフトなどで使用される歯医者が個人に合わせて作るもオーダーメイドのマウスピースや市販のマウスピース、作成費用など…

歯が痛く腫れた時の原因と対処法

歯が痛くなる原因と自宅ですぐに出来る対処法について解説。 冷たいもの・熱いものを食べた時の痛み、噛んだ時の痛み、歯茎の腫れなど、様々な視点から自分の痛みがどこから来ているのか判断出来るようになって…

全身の健康関連

ココナッツオイルがアルツハイマー病を劇的改善

ココナッツオイルがアルツハイマー病を劇的改善

ココナツオイルに豊富に含まれる。中鎖脂肪酸が体内でケトン体を合成し、グルコース(ブドウ糖)を取り込めなくなったアルツハイマー病の脳に働き活性化…

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly