目次

歯を失う一番の原因は歯周病です。歯周病は自覚症状がなく進行するため軽度歯周病も含めると、およそ80%の成人が罹患していると言われています。国民病といっていい歯周病は、歯を喪失するだけでなく、重篤な全身疾患(糖尿病・骨粗鬆症・誤嚥性肺炎・心臓病)などと深い関係があることが近年大学の研究で明らかになっています。

ふかさわ歯科クリニック篠崎では、口腔や身体の健康に悪影響を及ぼす歯周病に対して、早期治療で症状の維持改善を心がけ、様々な対策に力を入れて取り組んでおります。以下では、当院が実施する歯周病予防・改善対策をまとめています。詳細は各リンクで確認してください。

歯周病の原因

歯周病は病原因菌の感染症

歯周病の原因菌

歯周病菌は複数存在

歯周病の原因は、 最も毒性の強いレッドコンプレックスと呼ばれる歯周病菌群を頂点とする歯周病原因菌の感染症です。

歯周病菌群はOrange complex(オレンジコンプレックス)と呼ばれる中リスクのグループとBiue、Purple、Green、 Yellow complexなどの低リスクのグループに分類されます。

また、生活習慣(ストレス、病気、タバコ、歯ぎしり、糖質の過剰摂取、マグネシウム・オメガ3系脂肪酸の摂取不足、カルシウムの過剰摂取)なども歯周病の発症原因となっています。

歯周ポケットとは

歯周ポケット検査

歯周ポケット検査

歯周ポケットとは、歯と歯茎との間にある歯肉溝という溝のことを言います。

その溝は、歯の全周にわたって存在して、正常な歯周ポケットの深さは1mm~2mmで、場合により3mmまでを正常値として許容します。

歯周ポケット検査は歯周病の進行度合いを診断するために非常に重要な指標となります。

また、年齢の増加とともに歯周ポケットが深くなることも統計的に分かっています。

正常な歯周ポケット→仮性ポケット→真性ポケットへ進行

歯肉炎では歯茎が腫れているため仮性ポケットの状態になり、 歯周病に発展した場合には歯槽骨の破壊が起こっているため真正ポケットが形成されます。

歯茎が下がった症例では短絡的に歯周ポケットの深さだけを論じるのは不都合が生じるため、真正ポケットに対してはプロービングデプスとアタッチメントレベルの数値で評価します。

歯周病の症状

歯周病の手遅れ症状

歯茎の腫れと歯茎からの出血

歯周病が重度になった時の手遅れ症状の代表的なものに歯茎の腫れと歯茎からの出血があります。

写真は右上顎の1番から3番にかけて歯茎が大きく腫脹しています。この部位のレントゲンを撮ると歯槽骨の破壊は根尖部まで進んでいました。

歯茎の腫れと歯茎からの出血

大量の黒い歯石沈着

下顎の前歯に大量の黒い歯石が付着しています。歯石自体には病原性がありませんが、歯周病菌の棲み処となるため歯周組織の破壊が進みます。

また、プラークコントロールが不良のため多数の歯にわたって虫歯が発生しています。

大量の黒い歯石の沈着とプラークコントロール不良

重度歯周病になる理由

若くても重度歯周病に!

30代、40代で重度歯周病になる理由

歯周病は初期の段階では自覚症状がほとんど出ません。そのため歯周病であることに気付かずに重度歯周病に進行することがほとんどです。

また、普段からプラークコントロールが不良であることを自覚していないのも原因の一つです。 つまり歯周病が重症化する人の多くが自分はしっかり磨けていると思い込んでいると錯覚しています。

歯茎の腫れと歯茎からの出血

10代、20代の若さで重度歯周病になる理由

10代や20代で、歯磨きの状態は良好で歯石の沈着はないにも関わらず歯周病が重症化する理由は、侵襲性歯周炎(若年性歯周炎)の可能性が考えられます。

宿主側の因子として遺伝による好中球(白血球の一種)の走化能低下が原因と考えられています。

また、病原性の強い歯周病菌の感染が原因ではないかという説がありますが、解明には至っていません。

侵襲性歯周炎(若年性歯周炎)

ふかさわ歯科クリニック篠崎が実施する歯周病治療

歯周治療の流れ

当院で実施する初診からの歯周治療の流れをご案内します。

歯石取り

歯石取りとは、歯に付着した細菌や汚れが固まった歯石を除去することです。歯石は歯周病や歯肉炎の原因になるので、定期的に歯科医院で取り除くことがおすすめです。

歯石取りで歯周ポケットの改善が見込めます。

STEP
1

【フラップ手術】歯肉剥離掻爬術

中等度以上の歯周病では、歯石取りをしても部分的に深い歯周ポケットが残ることがあります。フラップ手術は、歯周ポケットが深く、歯石除去がむずかしい場合や深い歯周ポケットが残っている場合、歯茎を切開剥離して、直接歯根面を見ながら歯石を除去する外科的治療のことです。

STEP
2

歯茎再生治療

深い歯周ポケットがあり、垂直性の骨吸収がある場合に行う外科治療です。

STEP
3

メインレナンス

1ヶ月~3ヶ月間隔で行います。一度歯周病を発症すると、完全に治療するのは難しいため、適切なメンテナンスによって進行を予防し、健康な状態を維持する必要があります。

当歯科ではエアフローという器械を使用しています。

STEP
4

STEP 1 歯石取り

めちゃくちゃ痛い歯石取りは麻酔で解決!

めちゃくちゃ痛い歯石取りは麻酔で解決!

浸潤麻酔を行って歯肉縁下の歯石を除去します。

浸潤麻酔をかける前に表面麻酔、次に針のない麻酔器で浸潤麻酔をかける部位に部分的な麻酔を掛けておきます。

すると、浸潤麻酔の針の刺入時の痛みや麻酔液の注入時の痛みを軽減することができます。

深い歯周ポケット内の歯石取りは痛みが起こり易い

歯茎の中、つまり歯周ポケット内に存在している黒い歯石を除去する時は麻酔をかけないと滅茶苦茶痛みます。

黒い歯石が存在しているということ自体、歯周病がかなり進行した状態です。そのため歯茎に炎症が起こっているので痛いだけではなく出血も伴います。

深い歯周ポケットの中に歯石除去用の器具(ハンドスケーラーや超音波スケーラーのチップ)を強引に差し込んで歯石除去するので痛みが起こるのは当然と言えば当然です。

歯肉縁上歯石は麻酔なしでも痛みはほぼ無い

歯茎よりも上に付いた歯石は麻酔をかけなくても痛みは起こりません。

ただし、歯根が露出してしまった場合には、歯石除去用の器具が歯根に触るため、チクッとした知覚過敏様の痛みが起こるかもしれません。 この時は浸潤麻酔が必要です。

歯石取りの頻度

歯石除去の間隔

軽度歯周病なら3ヶ月に一回

歯石取りの頻度

軽度歯周病の歯石取りの間隔

軽度の歯周病であれば 3ヶ月に1度の歯石取りで十分でしょう。

ただ勘違いしてはいけないのは、歯周病のメンテナンスは歯石を取っているだけではないということです。

歯周ポケット内に増殖し古くなった歯周病菌のバイオフィルムを破壊することが最も重要な目的だからです。

重度歯周病の歯石取りの間隔

重度の歯周病であればメインテナンスの間隔は1ヶ月に一度は必要でしょう。 特に糖尿病の患者さんでは、4 mm 以上の歯周ポケットが残ることがあるので歯周病の重症化を予防するためにも歯周ポケット内の掃除をエアフローで行うのは重要なことです。

歯石取りのデメリット

歯石取りで歯根が削れる

歯石取りで歯根が削れる

イラストのようにハンドスケーラーを使って繰り返し繰り返し歯石取りを行うと歯根が削れてどんどん細くなってしまいます。

従って当歯科クリニックでは特別な事情がない限りハンドスケーラーを使った歯石取りは行なっておりません。それに代わって超音波スケーラーで歯根や歯根膜を傷つけないように注意深く歯石取りを行っています。

ハンドスケーラーの問題点

イラストのようにハンドスケーラーを使って繰り返し繰り返し歯石取りを行うと歯根が削れてどんどん細くなってしまいます。

従って当歯科クリニックでは特別な事情がない限りハンドスケーラーを使った歯石取りは行なっておりません。それに代わって超音波スケーラーで歯根や歯根膜を傷つけないように注意深く歯石取りを行っています。

歯原性菌血症のリスク

重度歯周病の症例では歯石とりを行うと出血を伴うことがあります。この時、歯茎の毛細血管から動脈に歯周病菌やLPS と言った毒素が入り込みます。これを歯原性菌血症と言います。

出血を伴う歯石除去は、動脈硬化が誘発され脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まります。従って、可能な限り歯茎の炎症を取ってから歯石除去の治療に入るのが理想的です。


STEP 2【フラップ手術】歯肉剥離掻爬術

【フラップ手術】歯肉剥離掻爬術

フラップ手術(歯肉剥離掻爬術)の目的

歯周病の基本的な治療に歯石除去がありますが、歯周ポケット内の深くに付着した歯石を確実に取るのは困難です。

そこで、歯茎を切開剥離して直視下で歯石除去を行うのが【フラップ手術】歯肉剥離掻爬術です。

その際、同時に感染した歯茎をメスで切開切除します。

フラップ手術(歯肉剥離掻爬術)のデメリット

フラップ手術(歯肉剥離掻爬術)を施術しても、歯周病によって破壊された歯槽骨や歯根膜などは再生されません。

また、歯茎を切開するため歯茎が下がるリスクがあります。歯根露出して知覚過敏症が起こったり、審美的な問題が発生し後悔する方も中にはいます。

STEP 3 リグロスで歯茎再生治療

歯茎再生治療は保険適用のリグロスで

歯周組織再生療法とは

歯周組織再生療法とは歯周病で破壊された歯槽骨を健全な状態に回復させる治療法です。リグロスは、歯周外科治療におけるバイオ・リジェネレーション法の一つです。

リグロスをフラップ手術(歯肉剥離掻把術)に併用することで歯周病によって破壊された垂直性の骨吸収部位や大臼歯の根分岐部病変に適用することで歯槽骨の再生をはかることができます。

歯周組織再生療法にはリグロス以外にGTR法やエムドゲイン法などがありますが、リグロスのみが保険適応となっています。

STEP 4 メインテナンス

エアフローでのメインテナンス
エアフローでのメインテナンス

歯周病は慢性疾患です

一連の治療により歯周病の症状は改善しますが、 放置すると再発してしまいます。 特に重度歯周病の方は所々に深い歯周ポケットが残ることがあります。

歯周ポケット内で歯周病菌が増殖し歯周病の重症化を防ぐ目的で定期的に行うのがメンテナンスです。

当院では歯科衛生士が歯周ポケット内の歯周病菌のコントロールにエアフローという機械を使って管理しています。

メインテナンスの間隔

メンテナンスの間隔は概ね3ヶ月に1度というのが普通ですが、深い歯周ポケットが残ってしまっている場合には1ヶ月に一度というのが理想的になります。

歯周内科とは

ジスロマック
ジスロマック

歯周内科とは、歯周病治療の術前に抗生物質のアジスロマイシン(商品名ジスロマック)と抗真菌薬のアムホテリシンBを投与を行うことをさしています。

歯周内科は、国際歯周内科学研究会がかねてから推奨している治療法で、研究会の仲間内では好成績が出ているという発表があります。

確かに患者様ご自身がびっくりするほど、短期間で症状が改善されるのが特徴ですが、歯周病が完治するわけではなく、抗生剤などの薬を使うだけで歯周病が治ったと早合点してはいけません。

歯周病の治療は歯周ポケット内の細菌を機械的にコントロールする必要があるからです。

日本歯周病学会・日本臨床歯周病学会の歯周内科に対する見解

歯周病の二大学会(日本歯周病学会・日本臨床歯周病学会)では、「歯周病菌検査(リアルタイムPCR検査)を行わず、顕微鏡検査だけで歯周治療に抗生物質を使用することは、抗生物質の効かない耐性菌が増加するリスクがあるので避けるべきである」との見解が主流となっています。

歯周内科は保険適用外です

歯周内科は保険適用にはなりません。

抗生物質の投与が歯周病治療で保険適用になる条件は、歯茎が腫れて切開排膿する外科処置を行った場合のみです。つまり、歯周病という病名だけでは抗生物質の投与は保険適用にはなりません。

したがって、 歯周内科が推奨している抗生剤の術前投与を行うと、その後の歯周病治療(歯石取りや歯周外科、術後のメインテナンスなど)がすべて保険適用外となります。

ちなみに歯周病に対する抗真菌薬の投与は、いかなる場合においても保険適用外です。

当院ではこういった事情も踏まえ、患者様の要望がない限り、歯周内科を積極的に薦めておりません。

歯周病はセルフケアが重要です

市販薬を使わず歯茎の腫れを自分で治す

歯肉炎なら歯茎の腫れは自分で治せます

歯肉炎なら歯茎の腫れは自分で治せます

矢印で示した歯茎が丸くぷくっと膨れています。 歯周病の初期症状である歯肉炎によって歯茎が腫れた典型的な症例です。

歯肉炎は歯垢の磨き残しが原因なので歯医者に行かずとも自宅にいながら自分で治すことができます。

歯肉炎に効くという市販薬を使う必要はありません。 普段から使っている歯磨き粉だけで十分です。

歯肉炎が治る期間は?

歯肉炎なら約10日間で治ります

歯肉炎なら約10日間で治ります

上の写真は下の前歯の歯茎が歯肉炎によって少し腫れています。歯茎の形はぷくっと丸くなっていますね。

染め出し液を使った歯磨きの練習だけで、歯科医院における治療は行なっておりません。

「自分自身はよく歯磨きができている」と思い込んでいる方が多いのが実態です。しかし実際には磨き残しがあり、本人が気が付かないうちに歯肉炎や歯周病が発症していることが多いです。

患者者自身の頑張りで、約10日間、自宅で徹底した歯磨きを実践してもらいました。すると、下の写真のように歯茎が引き締まり歯肉炎が治っています。

歯周病に発展する前の歯肉炎は歯槽骨の破壊が起こっていないため、可逆的な疾患ということができます。

歯周治療後に残った4mm~6mmの歯周ポケットは?

真正ポケット

矢印部が垂直性骨吸収のために出来た真正ポケットです。

真正ポケットのメインテナンス

真正ポケットのメインテナンス

歯医者で歯周治療により6mm、7mm、8mm、9mm、10mmの深い歯周ポケットを4mm以下まで回復させても、所々に深い歯周ポケットが残ることがあります。

特にイラストのように深い垂直性の骨吸収がある場合には真正ポケットが残りやすい傾向にあります。

4mm、5mm、6mmなど改善されず残った歯周ポケットは、歯科医院における定期的なメインテナンスとセルフケアが重要です。

4 mm以上の歯周ポケットをそのまま放置すると歯周ポケット内で歯周病菌の増殖が起こり、さらに深い歯周ポケットが形成されてしまうリスクがあるからです。

歯周ポケットのセルフケア法

歯周ポケットの掃除にお薦めの歯ブラシ
歯周ポケットの掃除にお薦めの歯ブラシ

深い歯周ポケットのセルフケアにおすすめな歯ブラシはライオンのシステマハブラシです。

毛先の先端が超極細に形成されているため、歯周ポケット内に差し込んで行うバス法に最適だからです。

また、歯と歯の間の磨き残しにはつまようじ法が有効です。

歯周ポケット掃除にお薦めジェットウォッシャー
歯周ポケット掃除にお薦めジェットウォッシャー

歯ブラシによる歯磨きだけでは歯周ポケットのお掃除が不十分な場合、ジェットウォッシャーを使うことをお勧めします。

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツは、超音波水流により気泡が弾ける際の衝撃波が歯周ポケット内のバイオフィルムを破壊することが可能だからです。

自分で歯石を取ることは出来るのか?

白い歯石なら自分で取れる!
白い歯石なら自分で取れる

黒い歯石は歯垢(プラーク)が石灰化され歯に固くこびりついたもので、歯ブラシなどでは簡単に除去することができません。

ただし、出来立ての白い歯石はまだ柔らかく、歯に固くこびりついていないので歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスなどで自分で取ることができます。

通販のスケーラーで自分で歯石が取れる?
通販のスケーラーで自分で歯石が取れる?

ネット通販で購入したスケーラーを使って自分で歯石を完全に取りきることはほぼ不可能です。

自分で歯石を取るリスクは取り残しを大量に発生させることで、歯周病の重症化を助長しかねません。

黒い歯石が勝手に取れてきたら危険信号 !

黒い歯石が勝手に取れた!

黒い歯石ができる場所は歯周ポケット内ですが、写真は黒い歯石が歯の表面に現れたものです。

黒い歯石が自然と取れるということはかなりの量が付着している事を意味します。

実際にこの症例では歯茎が腫れ重度歯周病になっています。

白い歯石が勝手に取れた!

白い歯石が勝手に取れた!

この写真は下顎の前歯の裏側に付いた白い歯石です。

この部位には顎下腺や耳下腺の開口部があるため歯の表面に歯石が付きやすいです。

このままにしておくと次第に歯茎の炎症が進み歯周病が重症化してしまいます。このくらい大量に白い歯石が付着すると自分で簡単に取れそうですね。

歯周病はうつります

キスで歯周病はうつります

キスで歯周病はうつります

大人同士のキスで歯周病菌の感染が!

歯周病菌は唾液を介して感染していきます。例えば親子間、 彼氏と彼女間、配偶者間などの機種によってうつっていきます。

子供の頃に親から感染する歯周病菌は比較的毒性の低いものが中心となります。そのため子供の時に重度歯周病になることはほとんどありません。(例外として侵襲性歯周炎があります)

大人になると比較的毒性の強い歯周病菌が口腔内に定着している可能性があります。そのため大人同士のキスによって歯周病菌の感染が十分に考えられます。

歯周病特有の口臭であるドブ臭が発生している相手とのキスは要注意です。

相手に歯周病菌を感染させないようにするためには、口腔内の歯周病菌を徹底的に排除する必要があります。

毒性の強い歯周病菌・Red complex

歯周病菌のピラミッド

歯周病菌は三層に分類

歯周病菌のピラミッド

Red complex、Orange complex、Biue、Purple、Green、 Yellow compleなど

口腔内細菌の中で歯周病の原因菌となるものを毒性の強い順から低い順へとピラミッド状の3段階に分類します。(Socranskyの分類)

最上位に位置する最も毒性の強いものがRed complex(レッドコンプレックス)、次の中リスクの階層がOrange complex(オレンジコンプレックス)、 最下層の低リスクのものがBiue、Purple、Green、 Yellow complexの三層に分類されています。

歯周病菌の感染経路と感染時期

歯周病菌の感染の流れ

小学校低学年頃に感染
小学校低学年
中学生~高校生頃に感染
中学生~高校生頃
大学生(18歳)頃に感染
大学生(18歳)頃
小学校低学年頃に感染

低リスクの歯周病菌群が感染

低リスクの歯周病菌(Biue、Purple、Green、 Yellow complex)は小学校低学年の頃に感染します。

感染経路は両親だったりペットの犬であったりします。

したがってこの時期の歯周病菌の感染では歯茎に限局した歯肉炎であることがほとんどです。

中学生~高校生頃に感染

中リスクの歯周病菌群が感染

Prevotella intermedia(プレボテラ・インターメディア)に代表されるOrange complex(オレンジコンプレックス)に属する歯周病菌群は、中学生から高校生頃に感染し、中リスクの毒性で、中間コロニー形成病原体として知られています。

感染経路は両親や家族間であったり、友達同士で行うペットボトルの回し飲みなどやペットの犬がペロペロすることでペットに一旦感染し、ついで人間に感染します。

大学生(18歳)頃に感染

高リスクの歯周病菌群が感染

最も高リスクの歯周病菌群は、Red complex(レッドコンプレックス)で、大学生(18歳)の頃に感染します。後期コロニー形成病原体と呼ばれています。

そして、20歳代前半から30歳代前半にかけて成熟した歯周病原因菌によるバイオフィルムが形成され、歯周組織を容易に破壊する毒素を生み出します。

感染経路は主に夫婦間であったり、彼氏・彼女間などのキスによることがほとんどで、一旦ん感染するとなかなか口腔内から歯周病菌を排除するのが困難であることが問題となります。

歯周病に効果的な歯磨き粉

歯周病に効く市販の歯磨き粉は?

歯周病に効く市販の歯磨き粉は?

歯磨き粉の有効成分

歯周病に効果があるとされる市販薬には、第3類医薬品の認可を受けた歯磨き粉などの商品が数多く販売されています。

有効成分とし歯周病菌の殺菌作用を有するもの、歯周組織を修復・改善するものなどです。


歯周病菌に対する有効性に疑問

しかし、これらの商品の有効性はあまり期待できないと言えます。

なぜならば、歯周病を発症させる主体は歯周ポケット内の歯周病菌群が作るバイオフィルムだからです。

バイオフィルムはある種のバリアー膜を作り抗菌剤などからの攻撃を防御しているからです。

つまり、バイオフィルムを破壊してからでないと、いかなる抗菌作用があるものを作用させても歯周病菌には届かないということになります。

ポイックウォーター【 POIC WATER 】

タンパク分解型除菌水

次亜塩素酸水のポイックウォーター 【 POIC WATER 】は、まず、バイオフィルムなどのタンパク汚れを次亜塩素酸イオン(OCl–)により分解洗浄し、次いでバラバラになった細菌に対して次亜塩素酸(HOCL)により除菌力を発揮する様に設計されています。

歯科医院専用の取り扱いです。薬局での市販や楽天や Amazon などの通販での販売は行なっておりません。

ふかさわ歯科クリニック篠崎では、患者様の大切な歯を1本でも延命するため、軽度歯周病から重度歯周病に至るまで様々な対策を行い、歯周病予防をはじめ、早期発見・早期治療で症状の改善・維持を行い、抜歯回避に努めております。江戸川区篠崎で歯周病予防・歯周病治療をご希望の方は、ぜひ一度当院までお気軽にご相談下さい。

歯周病記事一覧

歯周病
歯周病の原因菌
歯周病の原因は歯周病菌の感染症
歯周病
歯周ポケット
20代、30代、40代、50代の歯周ポケットの平均値
歯周病
歯周病の手遅れ症状
歯周病の手遅れ症状
歯周病
P急発-歯周病の急性発作
P急発-歯周病の急性発作
歯周病
暫間固定・T-Fix
暫間固定・T-Fix
歯周病
歯周病原因菌のリアルタイムPCR検査
歯周病菌のリアルタイムPCR検査
歯周病
黒い歯石取り
めちゃくちゃ痛い歯石取り?
歯周病
歯石取りの頻度と回数
歯石取りの頻度と回数
歯周病
歯石取りのデメリットとメリット
歯石取りのデメリットとメリット
歯周病
【フラップ手術】歯肉剥離掻爬術
フラップ手術・歯肉剥離掻爬術の デメリットと費用
歯周病
歯茎再生治療のリグロス
歯茎再生治療のリグロス
歯周病
自宅で実践|歯肉炎の治し方
自宅で実践|歯肉炎の治し方
歯周病
歯肉炎と歯周病の違い
歯肉炎と歯周病の違い
歯周病
4mm,5mm,6mm歯周ポケットのセルフケア法
4mm,5mm,6mm歯周ポケットのセルフケア法
歯周病
自分で歯石を取る簡単な方法はある?
歯石は自分で取れる?
歯周病
歯周病の彼氏・彼女とのキスで口臭はうつる?
歯周病の彼氏・彼女とのキスで口臭はうつる?
歯周病
SRP・ルートプレーニングのデメリット
ルートプレーニング・SRPのデメリット
歯周病
薬物性歯肉増殖症(歯肉肥厚)
薬物性歯肉増殖症(歯肉肥厚)
歯周病
骨粗鬆症と歯周病の関係
骨粗鬆症と歯周病の関係
歯周病
心臓病と歯周病の関係
心臓病と歯周病の関係
歯周病
誤嚥性肺炎と歯周病の関係
誤嚥性肺炎と歯周病の関係
歯周病
歯周病の進行度をセルフチェック
歯周病の進行度をセルフチェック
歯周病
歯槽膿漏・歯周病・歯肉炎の違い
歯槽膿漏・歯周病・歯肉炎の違い
歯周病
乳酸菌LS1
乳酸菌LS1のプロバイオティクス効果で歯周病予防
歯周病
GTR法(歯周組織再生療法)
GTR法(歯周組織再生療法)
歯周病
エムドゲイン法(歯周組織再生療法)
エムドゲイン法(歯周組織再生療法)
歯周病
タバコと歯周病
タバコと歯周病
歯周病
歯がグラグラする原因と治し方
歯がグラグラする原因と治し方
歯周病
歯周病と糖尿病の関係
歯周病と糖尿病の関係
歯周病
歯周病と高血圧の関係
歯周病と高血圧の関係
歯周病
歯茎が“ペロン”とめくれる
歯茎が“ペロン”とめくれる
歯周病
歯茎を切開した後の激痛
歯茎を切開した後の激痛
歯周病
糖尿病で歯周病で歯茎から出血と小さな腫れがある
糖尿病で歯周病の歯茎から出血と小さな腫れがある
歯周病
根分岐部病変
治療困難な根分岐部病変
歯周病
歯槽膿漏
近くの歯医者で歯槽膿漏と診断されました
歯周病
歯槽膿漏の手術後7ヶ月から痛くなり、歯ぐきも腫れてきたのですが...
歯槽膿漏手術7ヶ月後から痛くなり歯茎が腫れる
歯周病
歯茎に痛痒い感じが1~2週間続くことがある
歯茎に痛痒い感じが1~2週間続くことがある
歯周病
歯肉が痛いので歯磨きをしたら一気に血がでました。歯茎も少しヌルヌルします。
歯肉が痛いので歯磨きをしたら一気に出血
歯周病
歯茎が腫れて痛くて食事が出来ない
歯茎が腫れて痛くて食事が出来ない
歯周病
下がった歯茎をマッサージや歯磨き粉で自力で戻す方法?
下がった歯茎をマッサージや歯磨き粉で自力で戻す方法?
歯周病
上皮性付着と新付着(結合性付着)
上皮性付着と新付着(結合性付着)

筆者・院長

篠崎ふかさわ歯科クリニック院長

深沢 一


Hajime FULASAWA

  • 登山
  • ヨガ

メッセージ

日々進化する歯科医療に対応するため、毎月必ず各種セミナーへの受講を心がけております。

私達は、日々刻々と進歩する医学を、より良い形で患者様に御提供したいと考え、「各種 歯科学会」に所属すると共に、定期的に「院内勉強会」を行う等、常に現状に甘んずる事のないよう精進致しております。 又、医療で一番大切な事は、”心のある診療”と考え、スタッフと共に「患者様の立場に立った診療」を、心がけております。