診療メニュー:歯周病関連

歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎の治療
スケーリング・フラップ手術(歯周外科)で歯石除去

皆様の健康をトータルサポート。

歯周病/歯槽膿漏や歯肉炎の基本治療はスケーリングやルートプレーニングで歯石を除去すること。重度歯周病には歯茎を開いてフラップ手術(歯周外科)で歯石を除去…

目次


歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎の基本治療は歯石除去

1

スケーリング・ルートプレーニング

1-1

スケーリング

下顎前歯部の舌側の歯周ポケットに大量に付着した歯石をスケーラーで除去します

歯周病の基本治療・スケーリング

歯面や歯の根っこに付着した歯石を除去することをスケーリングと言います。歯石はそれ自体では歯周病を起こすことはありませんが、歯周病菌の住まいになっているため除去することが必要です。

専門家の手によるプラークコントロールの第1ステップは、スケーリングです。特殊な器具(超音波スケーラーや、ハンドスケーラー)を使い、目に見える範囲のプラークや歯石(プラークが石灰化したもの)を除去します。 術後、しばらくは歯と歯の間に隙間ができたり、歯が長くなったように感じますが、これは今まで付いていた歯石が取れ、良くなった証です。

1-2

歯石除去の術前と術後

下顎前歯部に大量に沈着した歯石
下顎前歯部に大量に沈着した歯石

黄色に石灰化した歯石が歯の裏側にびっしり付いています。下顎前歯部の裏側は、舌の下に舌下腺の開口部がある為、大変歯石のつきやすい場所です。

下顎前歯部の裏側の歯石を除去した状態
下顎前歯部の裏側の歯石を除去した状態

超音波スケーラーで歯石を除去することで歯肉の炎症が治まってきます。ただし、深い歯周ポケットが存在する場合には、ハンドスケーラーによる歯周ポケット内の歯石除去やフラップ手術などの歯周治療が必要になります。


1-3

スケーリング・ルートプレーニングに用いる治療器具

スケーリングに使う歯科用超音波治療器「スプラソンP-MAX2」
歯科用超音波治療器「スプラソンP-MAX2」

スプラソンP-MAX2は チップに負荷を与えなくても(チップを歯面や根面に押さえつける) 指定されたパワー(振幅とトルク)が出るように設計されています。その為、セメント質を可及的に傷つけることなく、ほとんど痛みも起こすことなく歯石の除去が可能です。

歯石取りに使うハンドスケーラー
スケーラー

写真は、ハンドスケーラーの一種・グレーシーのキュレットです。金属の先端に刃が付いています。前歯、小臼歯、大臼歯などの様々な部位に対してデザインの異なる刃先が用意されています。

深い歯周ポケットの深部に付着した歯石を除去するのに使用します。少し痛みが発生するため、麻酔の使用が必要な場合があります。

1-4

歯石

下顎前歯部の舌側に大量に付着した歯石

歯石のでき方

口腔内に生息する細菌によって作り出されたプラーク(歯垢)は不溶性グルカンというネバネバしたものを作り出し、それが接着剤の役目を果たし、歯面や歯の根っこにプラーク(歯垢)を強固に付着させます。そしてバイオフィルムを形成していきます。

特に、磨き残しのある所には大量のプラーク(歯垢)があり、唾液中のカルシウムやリン酸を取り組み、石灰化を起こしていきます。これが歯石です。

時間の経過とともに歯石は石灰化が進み、固さを増していきます。同時に歯面や歯の根っこに強固に付着して、歯ブラシでは除去出来ないようになります。

歯石が多く付きやすい場所は、下の前歯の裏側と上の奥歯の外側です。これはともに大唾液腺が開口する所にあたり、常に大量のカルシウムやリン酸が供給されている所だからです。

歯石除去の頻度

歯石の付き方には個人差があります。それにはいろんな要因があると思いますが、最も大きな理由は、的確なブラッシングを行うと、プラーク(歯垢)の付着はほとんど起こりません。そのような清潔な口腔環境ではあまり歯石は付かないと言ってよいでしょう。

一方、歯磨きがうまくいかず、不衛生な状態では、一度歯石を除去しても、1ヶ月~3ヶ月で再び歯石の沈着が起こります。

歯石は1回の治療で全部取れるのか

歯石の付着状況によって来院回数は異なると思います。強固に付着した歯石が大量にある場合には、4回以上かかるケースもあります。

一方、あまり歯石が付いていないケースでは1回の来院で全部取る事は可能でしょうが、保険の制度上、最低2回は必要になっています。

保険の制度は頻繁に変更が行われ、我々歯科医も大変困惑するところですが、それがルールなら致し方ないところです。また、同時に歯周組織検査を実施しなければ歯石除去が出来ないルールになっています。

歯石除去時の痛み

歯周病の進行状態によって歯石除去の時の痛みは変わってきます。歯肉炎程度の軽度の歯周病で、歯石の付着が少ない場合にはほとんど痛みは起こりません。しかし、重度の歯周病でまだ治療を一度も受けていないような場合には、治療中に痛みが起こることはあり得ます。

なぜならば、歯周ポケットが深く形成され、歯茎に炎症が起こった状態で、器具を挿入し頑固に付着した歯石を取るわけですから当然のことと言えるかもしれません。

もし、治療中に痛みが起こる場合には、歯科麻酔をかけることで痛みなく治療が出来ます。

歯石除去後の痛み

知覚過敏
歯茎の痛み

①、②ともに中等度~重度の歯周病の方に起こりやすいことですが、根の部分に付着した歯石を取れば、歯根が露出し、歯がしみるといった症状が現れます。これを知覚過敏といい、歯根表面まで神経が来ているため、一時的に起こる現象です。数日で良くなる場合もありますが、2~3週間かかる場合もあります。

処置としては知覚過敏を防ぐ歯磨き剤を使用したり、歯根表面にコーティング剤やフッ素などを塗布することで改善していきます。

歯茎が痛む時は 歯茎が炎症を起こしている場合に起こりやすく、抗生剤・痛み止めなどの投与、うがい薬で口腔内を洗浄してもらう等で対処します。

1-5

ルートプレーニング

スケーリング・ルートプレーニングの模式図
ルートプレーニング(SRP)の問題点

ルートプレーニングとは、歯根面に付着した歯石をスケーラーを使い綺麗に掻き取ることを言います。

現在日本において、深い歯周ポケット内の歯根面(セメント質面)に歯石が付着した場合、そのセメント質は細菌に汚染され、壊死しているものと理解されています。その為、ルートプレーニング時には歯石除去と同時にセメント質も削り取り、根面を滑沢化するという治療が当たり前の様に行われています。

しかし、スゥエーデンのエイテボリ大学の歯周病科から、セメント質は壊死していないという研究論文が出ています。エイテボリ大学よると、可能な限りセメント質を残して歯石だけを取ることが推奨されていまます。セメント質を除去してしまうと失われた歯周組織は、再生しないからです。

そして、歯周ポケット内に残存しているプラークやバイオフィルムの除去(デブライドメントと言う)が歯周治療の主たる目的と考えられるようになってきています。

上記の超音波治療器「スプラソンP-MAX2」はスケーラーの先端の様な刃はなく、セメント質を傷つける危険性がかなり軽減されています。

また、初期から中等度の歯周ポケットでは歯周ポケット内のデブライドメントに有効なエアフローマスターという器械が使用されるようになりました。

1-6

エアフロー

エアフロー

エアーフローマスター(歯面清掃器)

エアフローマスターには歯周ポケット内に増殖したバイオフィルム(古い歯垢)やインプラント周囲のメンテナンスに使用するペリオフローハンドピースと歯肉縁上の歯面清掃に使うエアフローハンドピースの2種類があります。ハンドピースの先端からは、細かい粒子の粉が噴出して、プラークやバイオフィルムを除去します。

ペリオフローノズルは、深さ5 mm以上の歯周ポケットを清掃できるよう設計されています。ただし、以下の条件を満たす歯周ポケットのみに使用可能です。

・根尖から歯槽骨頂までの高さが3mm以上の歯周ポケット
・根尖から歯肉溝底までが3mm以上の歯周ポケット
・歯周病が原因で生じた歯周ポケット

フラップ手術・歯周外科治療

1

フラップオペレーション(フラップ手術)

フラップ手術前のフィステル形成時のデンタルX線診断
ステップ1

フィステル形成時のデンタルX線診断

左写真は、上顎2番(側切歯)の歯肉にフィステル(膿が出る場所)が形成されたので、問題の部位を特定する為に、フィステルからガッタパーチーポイントを入れてデンタルレントゲンを撮影したものです。

フィステル形成の原因が根尖病巣か歯周病かの鑑別は、ガッタパーチーポイントの先端が赤丸で示されたところで止まっている為、歯周病が原因と特定されます。

麻酔をかけて歯肉剥離掻爬を行っている写真
ステップ2

歯肉剥離掻爬

浸潤麻酔をして上顎1番中央部から3番の遠心部にかけて歯肉を剥離し、骨面を露出させます。上顎2番(側切歯)の近心及び遠心に大量の不良肉芽(ふりょうにくげ)組織が認められます。

フラップ手術(歯肉剥離掻爬手術)の術中写真。不良肉芽組織の除去と歯根面の滑沢化
ステップ3

不良肉芽組織の除去と歯根面の滑沢化

不良肉芽組織の除去と同時に、超音波スケーラーとハンドスケーラー(グレーシー・キュレット)を用い、歯根面の滑沢化を行った所です。この手術のことをフラップ手術(歯肉剥離掻爬手術)と言います。

レントゲン写真で確認したように、上顎2番の近心側に深い垂直性の歯周ポケットが存在している事が分ります。

しかし、このフラップ手術では歯槽骨や歯根膜、セメント質などの歯周組織は再生されません。現在では、2016年に保険適用されたリグロス(歯周組織再生剤)やCGFと人工骨を混ぜたものなどを垂直性骨吸収部位に適用しています。この治療では破壊された歯周組織が再生され、歯の動揺や咬合力の改善を促すことが出来ます。

フラップ手術が完了し、剥離したを歯肉の縫合している写真
ステップ4

歯肉の縫合

剥離した歯肉を元に戻し、縫合します。症例によりコーパックなどの歯周包帯剤の使用も行います。

約1週間後に縫合した糸を抜きます。

フラップオペレーションの問題点

フラップオペレーションは、歯肉を剥離することで、直歯下での不良芽組織の除去とルートプレーニングが可能ということがメリットと考えられます。

しかし、前述の「ルートプレーニング(SRP)の問題点」の所でも言及したよう、歯根表面の汚染されたセメント質もすべて掻き取ってしまうため、そこには、骨や歯根膜、セメント質などの歯周組織は再生されません。

また、フラップオペレーションを行った多くの症例で歯肉が下がるという問題点も指摘されています。

そこで最近では、フラップオペレーションと併用して歯周組織の再生を促す薬剤を使うことが多くなってきています。

歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎のご相談は

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

TOPICS

3DSセラピーにより予防歯科から予防医療へ

3DSセラピー・プロバイオティクスにより予防歯科から予防医療へ

がんこな口腔バイオフィルムに作用する3DSセラピー・プロバイオティクスで古い歯垢から新しい歯垢へリセットします。虫歯・歯周病に「なりにくい体質」にして、歯周病菌や虫歯菌、菌体内毒素(LPS)などが血管内に入り込むのを防ぎ、動脈硬化を…

歯周病がメタボリックシンドロームを悪化させる?

歯周病がメタボリックシンドロームを悪化させる?

メタボリックシンドロームの本当の怖さは、高血糖、高血圧、高脂血症が血管にダメージを与え、動脈硬化を促進させ、心筋梗塞や脳卒中の発症させることです。 歯周病菌は容易に血管内に入り込み血管を痛めつけることがはっきりとしてきました。歯周病は…

ペリオウェーブ

「痛くない」歯周病の治療なら。

フォトダイナミックセラピー(光殺菌)による無痛歯周病治療 歯周病菌に特殊な薬剤(バイオジェル)を付着させペリオウェーブからの光で歯周病菌を破壊する方法です。
短時間で無痛的に行うことが出来ます。

歯周病・虫歯の口腔ケア・セルフケア

歯周病・虫歯の口腔ケア・セルフケア

歯周病・虫歯をセルフケア・口腔ケアするポイックウォーター【 POIC WATER 】 、キシリトール、フッ素の特性、使用法を…

虫歯の基礎知識

虫歯の基礎知識

虫歯の原因菌、ミュータンス菌とラクトバチラス菌によるバイオフィルムの形成とそのリセット法。虫歯の進行の各ステージを…

歯周病を体内から改善する
高濃度ビタミンC点滴療法とマイヤーズカクテル点滴

歯周病を体内から改善する 高濃度ビタミンC点滴療法とマイヤーズカクテル点滴

歯周病(歯槽膿漏)の原因は、単なる歯周病菌の感染だけではなく歯周組織の細胞環境の問題です。高濃度ビタミンC点滴では、コラーゲンの合成促進や活性酸素による酸化ストレスの軽減、マイヤーズカクテル点滴ではタンパク質の糖化を改善するなど、歯周病を体内から治していこうとする治療法を…

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは約30日間、自宅でマウスピースに薬剤を入れて行うセルフホワイトニングのことで、効果的に歯の黄ばみを白くする方法です。

テトラサイクリン変色歯のホームホワイトニングとポーセンラミネートべニアの併用…

虫歯・歯周病に「なりにくい体質」に。

悪玉菌(虫歯菌や歯周病菌)の量を減らして、善玉菌の量を増やす3DSセラピー 除菌療法

虫歯も歯周病も細菌によって引き起こされる病気です。3DS 除菌療法とは悪玉菌(虫歯菌や歯周病菌)の量を減らして、善玉菌の量を増やす治療です。

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly