診療メニュー:インプラント関連

インプラント・入れ歯・ブリッジの
デメリットとメリットの比較

皆様の健康をトータルサポート。

インプラントは、失ってしまった歯の歯茎部分に人工の歯根を作ることで、自分の歯と同じような機能を持たせる治療法のことです。

インプラントにはデメリットもあり、入れ歯やブリッジでの治療といった選択肢の中から自分にあった最良の治療法を選ぶことが重要です。

歯科インプラントのデメリットとメリット

日本口腔インプラント学会の指導医が責任を持って治療いたします。私達歯科衛生士に口腔ケアをお任せください。
1

インプラントの治療手順

インプラントの治療手順
インプラントとは

歯科インプラントは、歯が無くなった歯茎の所に人工の歯根を作り、その上に人工歯冠をかぶせます。

■ インプラントの治療手順

ステップ1

浸潤麻酔を行い、欠損した部分の歯茎を切開し歯槽骨面を露出させます。

ステップ2

歯槽骨にドリルで穴を掘ってインプラント体を埋入します。

ステップ3

数ヶ月待つとインプラント体と歯槽骨は完全に結合します。浸潤麻酔下で歯肉を切開し、インプラント体の表面を露出さ、アバットメントを装着します。

ステップ4

人工歯冠をアバットメントに装着し治療は完了です。

2

インプラントのデメリット

インプラントのメリット
1

奥歯では下顎神経の損傷、上顎洞穿孔などのリスク

インプラントを入れるためには麻酔下において手術が必要です。

手術の際、下顎の奥歯であれば下顎神経の損傷、上顎の奥歯であれば上顎洞穿孔やインプラント体の上顎洞迷入などの手術時のリスクがあるため、術前の十分な解剖学的診査が必要となります。

2

インプラントが歯周病になりやすい

インプラントは天然歯以上に歯周病(歯槽膿漏)にかかり安いと言われています。適確で十分なブラッシングがなされなかったり、歯科医院で行う定期的なメインテナンスに通わなかったりした場合、インプラント周囲の歯肉に炎症が発生してしまします。これをインプラント周囲炎と呼びます。

3

感覚器官がない

感覚器官がないため、咬合力に対する感受性は天然歯の約1/10ほどしかありません。天然歯では歯根膜がこの役割を担っていますが、インプラントでは顎骨全体で補っているものと考えられています。

4

骨の量が十分にないと出来ない

インプラントを埋入する所に十分な骨がなければできません。

ただし、上顎大臼歯の埋入に際し、上顎洞との距離が十分にない場合にはサイナスリフトにより上顎洞の中に骨を作ったり、ソケットリフトにより上顎洞底部を持ち上げる手術で対応する事が可能です。

また、前歯部で骨の厚みが無い場合には骨移植を行い、十分な量の骨を確保することも可能です。

下顎の大臼歯部位で骨の厚みが無い場合にはリッジエクスパンジョン法(スプリットクレスト法)により骨を機械的に広げる方法も取られます。

5

骨疎しょう症では施術不可

骨疎しょう症などのように骨がぼそぼその場合には適用できないこともあります。

6

重度の全身疾患では施術不可

進行した全身疾患(心臓病、高血圧、糖尿病など)を有している場合には外科的侵襲や麻酔のリスクが高いため行えないこともあります。

7

強い歯ぎしりで骨が破壊

硬いものを咬みすぎたり、強い歯ぎしりがある人は天然歯でも起こりえる咬合性外傷という現象がインプラントの周囲でも起こり、インプラントの周りの骨が破壊されてしまうことがあります。

8

老後、認知症になったらどうする?

老後、認知症になってしまった時、歯磨きがうまく出来ないとインプラント周囲に強い炎症を引き起こす可能性があります。

インプラントの撤去が必要になる場合もありますが、認知症のため治療が困難となることもあります。

さらに、インプラントと骨の結合が十分にあれば簡単に撤去することができません。

3

インプラントのメリット

インプラントのメリット
1

残っている天然歯の負担軽減

咬合力(噛む力)を支える歯が増えることになるので、残っている自分の歯にかかる負担が分散し、軽減させることが出来ます。

そのため、今ある自分の歯の寿命を延ばすことが出来ます。

※「歯のブリッジ」や「入れ歯」では咬む力を支える歯を増やしたということにはなりません。もっとも、歯を抜けたまま放置する事の方がもっと害がありますから、インプラントでなくても何らかの方法で失った部分の歯を補う必要があります。

下記の「ブリッジとインプラントの違い」や「入れ歯とインプラントの違い」を参照してください。

2

天然歯とほぼ同等の咬合力を発揮

インプラントは骨と完全に結合するため天然歯とほぼ同じくらいの咬合力を生み出すことが可能です。

しかし、天然歯に存在する歯根膜の中には咬合圧を感知するセンサーが入っていますが、インプラントにはその機能がありません。そのため顎骨全体で咬合圧の調整を行っていると考えられます。

3

歯を失った喪失感からの解放

ほぼ自分の歯と同じような形態と機能性を持ち、審美的にも優れているため歯を失ったという喪失感から解放され、充実感、満足感を得られ易いという利点があります。

4

天然歯を削る必要が無い

ブリッジの治療では土台となる天然歯を削る必要がありますが、インプラントでは単独で植立するため、両隣在歯を削る必要がありません。

天然歯を削るとその歯の寿命は確実に短くなってしまいます。

天然歯を削った後に行う詰め物や被せ物は材質の劣化や適合精度に問題が生じやすく、2次カリエスや脱離のトラブルが起こりやすい欠点があります。

入れ歯とインプラントの違い

1

入れ歯の構造

入れ歯の構造(バネ、人工歯、床、バーなどから構成されている)
入れ歯の構造

入れ歯は下記の様に様々な部位によって構成されています。


■ バネ(クラスプ)

金属製のバネ(クラスプ)によって残存歯に固定します。

■ 床(しょう)

床が歯茎の上に乗っかります。歯茎の色と同じピンク色なので見分けがつきません。

■ 人工歯

床の上に人工歯を並べます。一般的に硬質レジン歯が多く使われます。

■ バー

左右の床を繋ぐ装置です。金属製の物やレジン製の物があります。舌に触れて異物感が起こりやすい欠点を持ちます。

入れ歯が出来るまで

ステップ1

歯の一部分をわずかに削るレストシート形成。(入れ歯のバネ(クラスプ)の一部を乗せるための溝を掘る)

ステップ2

入れ歯の型どり、対合歯の型どり。

ステップ3

上下の噛み合わせを決める。咬合採得と言います。

ステップ4

入れ歯が完成し、装着して噛み合わせの調整をします。

食事中の痛みや違和感が起こった時には来院して調整します。

2

入れ歯のメリット

入れ歯のメリット
1

天然歯を殆ど削らない

自分の歯を殆ど削らずに入れ歯を作ることができます。

入れ歯の沈下を防止するためにクラスプを支える部分(レストシートという)を僅かに削る必要があります。

2

来院回数が少なく費用が安く抑えられる

治療時間が短く、来院回数も少なくて済みます。保険が効くので費用を安く抑えられます。入れ歯が壊れても簡単に修理や再製作ができます。

ただし、顎の骨が痩せた総入れ歯の症例では、食事をした時の痛みが起こりやすいため、長期間(何度も来院する事が必要)の調整が必要となることがあります。

3

入れ歯のデメリット

入れ歯のデメリット
1

見た目が悪い

入れ歯を固定するための金属製のバネ(クラスプ)が見えてしまう場合には審美性に支障をきたします。

※ 保険適用にはなりませんが、金属製のクラスプを使わない目立たない入れ歯(スマイルデンチャー)もあります。


2

入れ歯を外して掃除する

口の清掃は入れ歯を外して歯磨きをしなければなりません。

食事後、入れ歯を外して付着した汚れをしっかり除去する必要があります。

人前では入れ歯を外して清掃するのは抵抗感があります。


3

入れ歯の調整に時間と回数が掛かる

作りたての入れ歯(特に総入れ歯)では食事の時、咬むと歯茎に痛みが出やすいので調整に時間や回数がかかることがあります。

4

異物感が出る

複数の歯を喪失すると大きな入れ歯になりやすく、異物感が強まり慣れるのに時間がかかります。

5

発音に問題が出やすい

上顎の口蓋を覆う床であったり、左右の床を連結するバーがある入れ歯だと舌の動きが阻害され発音に支障が出ることがあります。(特に「さ」行)

6

入れ歯が外れる

餅などの粘着性の食べ物は噛みにくく、入れ歯がはずれてしまうことがあります。

また、クラスプの掛かる歯のアンダーカットが少ないと十分な維持力が発揮出来ないため、外れやすい入れ歯になってしまうことがあります。

7

十分な噛む力が出ない

咬合力は天然歯の約1/3です。

総入れ歯に近づくほど、噛み合わせの力は減少する傾向にあります。

8

維持歯が負担過重になりやすい

バネ(クラスプ)が掛かる天然歯(維持歯という)は、側方からの力を受けやすく、絶えず横に揺さぶられる力が掛かります。

そのため、負担過重となった維持歯は歯槽骨の吸収を受け歯のグラグラが始まると、歯の寿命は短くなります。


9

保険が利かない入れ歯もある

比較的異物感の少ない金属床や審美的に優れたノンクラスプデンチャーなどは保険が効きません。

4

入れ歯とインプラントの併用

費用的なメリット

インプラントと入れ歯を比較すると圧倒的にインプラントの方が費用が高くなります。

金銭的にゆとりが無い場合には、部分的にインプラントにして、残りは取り外しの入れ歯で治療するという選択肢もあります。


解剖学的なメリット

インプラントをするには十分な骨の量がない場合には、様々な方法で骨の量を増やす手術が可能ですが、それでも対応出来ない場合があります。そのような部位には、部分的に入れ歯で治療することも可能です。 

例えば、下顎の奥歯にインプラントをしたくても下顎管(下顎神経)との距離が十分にない場合などがこれに相当します。

5

入れ歯とインプラントはどっちがいいの?

お薦めはインプラント

入れ歯とインプラントを比較した場合、圧倒的にインプラントの方が良いと言えます。

費用的な問題が解決されて、高齢者でも全身的疾患(軽症なら大丈夫)を持っていな方で85歳未満ならインプラントをする価値は十分あると考えられます。

差し歯・ブリッジとインプラントの違い

1

差し歯は歯根が残っているのが大前提

差し歯は歯根にコアを装着し、その上に被せ物をセメントでセットします。
差し歯

差し歯を作るには、歯根が残っている必要があります。

従って、歯茎の所に差し歯をすることは出来ません。

■ 差し歯には歯根が必要

差し歯を作るためには天然歯の歯根が残っていることが前提です。

虫歯で大きく崩壊した歯であっても抜髄や根管治療を行い、歯根を細菌感染から防ぎます。

次いでメタルコアやファイバーコアといった歯の土台となる部分を作り歯根に装着します。

コアの上に被せ物(メタルボンドやジルコニアクラウンなど)を行って治療が終わります。


■ インプラントは人工歯根を作る

インプラントは歯根が無くなってしまった歯茎の部分に人工の歯根を作ることです。

2

ブリッジは両隣の歯を削る必要がある

子供のひどい虫歯の治療は虫歯の炎を鎮火させることから
ブリッジの治療手順

ステップ1

浸潤麻酔下で歯を台形状に削ります。※ 神経の無い歯の場合、土台を歯根に装着して形態修正します。


ステップ2

印象採得を行い、同時に上下の噛み合わせ(咬合採得)を行います。石膏模型を作り、技工所に送りりブリッジを作成します。


ステップ3

保険が効くブリッジの場合は金属製ですが、保険適用外の場合はセラミックやジルコニア製の白い歯になります。完成したブリッジを接着剤で装着し、高さの調整や研磨を行い治療完了です。


ブリッジの欠点は両隣の歯を削ること

ブリッジの治療をするには健康な歯であっても麻酔をかけて沢山削らなければなりません。歯を削れば削るほど歯の寿命は短くなると考えても差し支えありません。これがブリッジが抱える最大の欠点と言えます。


ただし、歯を余り削らない接着性ブリッジ(ヒューマンブリッジ)という方法もあります。

3

インプラントにブリッジを装着することも

インプラントは単独植立が基本

歯の喪失本数とインプラントの埋入本数は一致させるのが基本です。つまり、1本の欠損歯に対して1本のインプラントを埋入するということになります。

しかし、解剖的理由でインプラントの埋入が困難な場合(下顎のオトガイ孔など)、1本分の歯をブリッジとして処理することがあります。

つまり、二本のインプラントを土台として3本分の歯(ブリッジ)を製作するということです。

4

ブリッジとインプラントはどっちがいいの?

機能的にはインプラントがお薦め

インプラントは両隣在歯を削る必要が無く、単独で植立できるメリットがあります。

もし、歯を失った所の両隣の歯が虫歯や歯周病が無く健康な歯であれば、削らなくても良いインプラントの方が圧倒的に有利です。

ただし、両隣の歯がすでに神経を取っていて、被せ物がされている場合には必ずしもインプラントの方がお薦めということにはなりません。

費用的にはブリッジがお薦め

費用の点においては、ブリッジが保険適用になる場合(保険適用にならないブリッジもあり)には安く済みますが、インプラントは、自費診療なので高額となります。

ただし、メタルボンドやジルコニアクラウンなどの自費診療のブリッジになるとインプラントとさほど費用的な差は生まれません。

ブリッジとインプラントの組み合わせ

例えば、前歯で1本だけ欠損の場合、両隣の歯が健康であればインプラントがお薦めですが、同じ人で奥歯に欠損があった場合で、両隣の歯の神経が取られていれば、保険のブリッジを選択することも考えられます。

従って、ケースバイケースでインプラントとブリッジの併用を熟考されれば良いと思います。

装着された補綴物の割合

1

ブリッジ・部分入れ歯・総入れ歯・インプラントの装着割合

子供のひどい虫歯の治療は虫歯の炎を鎮火させることから
厚生労働省平成28年 歯科疾患実態調査結果の概要から

※ 複数の種類の補綴物を装着している者がいるため、補綴物装着者の割合を合計すると100%以上となる年齢階級があります。

インプラントの装着率は各年代とも5%以下

装着された補綴物の内訳は、85歳未満では各年代ともブ リッジ装着者が最も多く、部分入れ歯、総入れ歯、インプラントの順になっています。

ブリッジを装着している患者のピークは65歳~69歳代で、約50%に見られます。一方、部分入れ歯は年齢が上昇し高齢者になるほどその割合が増し、50歳で5%、60歳で20%近くになり、75歳を過ぎると40%以上になります。

インプラントは35歳くらいから装着者が現れ、年齢を追うごとに徐々に装着率が上昇するものの、最も装着率の高い年代である65歳~69歳代であっても5%以下と比較的低い割合になっています。

85歳を過ぎるとインプラントをしている人は殆どいなくなり、部分入れ歯または総入れ歯の人がほぼ同数の46%ほどになります。

インプラントのご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

日本口腔インプラント学会専門医・指導医の山崎裕が担当

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜19:30 8:00〜18:00 8:00〜17:30

インプラント関連コンテンツ

インプラント手術の流れ|手術の痛みや手術時間-東京江戸川区篠崎の歯科

インプラント手術の流れ|手術の痛みや手術時間-東京江戸川区篠崎の歯科

インプラント手術には1回法との2回法(一次手術、二次手術)があります。インプラント手術中の痛みは麻酔によってほぼ起こりません。手術時間はインプラント1本当たり30分が目安です。治療完了までの期間は上顎で4ヶ月~6ヶ月、下顎で2ヶ月~3ヶ月です。…

【歯のインプラントとは】歯周病(インプラント周囲炎)になり易い!

【歯のインプラントとは】歯周病(インプラント周囲炎)になり易い!

歯のインプラントとは歯茎を切開してチタン製の人工歯根を骨の中に入れ、人工歯冠を装着する治療法です。インプラントは天然歯以上に歯周病(インプラント周囲炎)になりやすいので歯周病菌のPCR検査でリスク診断を。保険適用になる場合などのご相談は東京江戸川区篠崎のふかさわ歯科まで。

【サイナスリフト・ソケットリフト】上顎の骨量を増やすインプラントの併用手術

【サイナスリフト・ソケットリフト】上顎の骨量を増やすインプラントの併用手術

サイナスリフトは上顎臼歯部位のインプラント埋入の際、上顎洞までの骨量が不足している時に行う手術です。術式は上顎洞前面の骨を露出させ窓を形成し、上顎洞粘膜を持ち上げて人工骨やCGFを填入します。ソケットリフトとの違いは上顎洞までの距離で決定します。…

インプラント手術後の痛み腫れが続く期間と痛み止めが効かない時の対処法

インプラント手術後の痛み腫れが続く期間と痛み止めが効かない時の対処法

インプラント術後の痛みや腫れが続く期間は約1週間、ピークは2日後に来ます。なかなか腫れが引かない場合は、自家骨移植や上顎洞底挙上術などの治療で起こりやすく、消退するまでの期間も延長します。痛み止めが効かない時の対処法や術後の痛みや腫れが起こりにくい生活習慣とは。

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00 ×    
14:30~19:30 ×    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同じ時間で診療。最終受付時間は診療終了時間の30分前。

ブログを見る