診療メニュー:歯科口腔外科関連

歯周組織再生療法のリグロスなら
歯周病で失った歯槽骨を効果的に再生

皆様の健康をトータルサポート。

リグロスは、歯周病の進行で歯槽骨の垂直性骨吸収(破壊)が進んだ骨を再生する歯周組織再生剤です。

フラップ手術後、リグロスを骨欠損部位に填入し骨の再生を効果的に促す歯周組織再生療法です。

リグロス治療が保険でできるので費用を安く抑えるメリットがあります。

リグロスによる歯周組織再生療法

1

保険適用された歯周組織再生剤リグロスとは

リグロスとは

歯周組織再生剤「リグロス」は、2016年9月、日本において、製造販売承認が得られました。そして、同年12月より「リグロス歯科溶液キット」(科研製薬)として販売が開始されました。同時に保険適用され、一般開業医においても、使えるようになりました。

歯周組織再生剤とは

歯周病の進行で歯槽骨の破壊が進んだ場所の骨の再生を可能にするのが歯周組織再生剤です。以前から自由診療でエムドゲインという薬剤が用いられ、相当の治療成績を収めていました。リグロスは、同じ様な機能として、骨欠損した場所の再生が期待できる保険適用の歯周組織再生剤として注目を集めています。

ヒト型リコンビナント成長因子を応用し歯周組織再生を誘導

リグロスの有効成分である成長因子として塩基性線維芽細胞装増殖因子(FGF-2)をフラップ手術時に骨欠損部に填入することで歯周組織の再生を促す効果が期待できます。

2

リグロスの効果は実際のところどのくらい?

リグロスによる骨の再生量は2~3mm
リグロスによる骨の再生量は2~3mm

歯槽骨の回復は、僅かですが、その他の多くのメリットが発生します。

骨の再生量

歯周組織再生療法での歯槽骨の再生量は2~3mm程で、歯槽骨が吸収(破壊)されたすべてを回復する分けではありません。

これは、他の歯周組織再生療法(エムドゲインGTR)などでも同様で、それぞれ大差はありませんが、リグロスの方がやや有効性が高いようです。

骨の増加量の確認のため、術後にレントゲン撮影をしても明瞭に写らないこともあります。


歯周組織の全体的な改善

歯周ポケットが減少し、歯周病の不快症状(出血や痛み)などが少なくなり、再発リスクが減少します。


動揺度の減少

歯の動揺が少なくなり、咬合痛も起こりにくくなります。

3

CGアニメーション リグロスの歯周組織再生のメカニズム

4

フラップ手術にリグロスを応用した術式

ステップ-1

リグロスの調製

リグロスの調製

リグロスは、薬剤と溶解液が一つのシリンジの中に入って、左右のプランジャーロッドを交互に押すことで無菌的に調合することが出来るようになっています。この作業は手術前に行っておきます。

ステップ-2

上顎犬歯の遠心部に深い歯周ポケット

上顎犬歯遠心部に深い歯周ポケット

上顎犬歯遠心部に深い歯周ポケットがあり、スケーリングルートプレーニングなどの歯周基本治療を終了した後、歯周ポケットのディブライトメントを繰り返すメンテナンスに移行しましたが、症状は安定しているものも歯周ポケットが深い状態です。

ステップ-3

犬歯遠心部の歯周ポケットのデンタルエックス線写真

犬歯遠心部の深い歯周ポケットのデンタルエックス線写真

上顎犬歯の奥側に3壁性の深い垂直性の骨吸収(骨欠損)が認められます。同部位のスケーリングやルートプレーニングなどで徹底的な歯石除去を行いました。

歯周ポケット内をエアーフローでディブライトメントしたり、PMTCを繰り返すメンテナンスに移行しましたが、症状は安定しているものも垂直性骨吸収がありプロービング値が大きいのでリグロスを併用したフラップ手術を実施しました。

ステップ-4

フラップ手術-歯肉剥離

歯肉剥離

犬歯歯肉のほぼ中央から縦切開を加え、4番(小臼歯)方向に向けて歯肉を剥離します。プローブにて歯周ポケットの深さを測ると8mmありました。

歯肉切開は口蓋側からも加えています。

ステップ-5

フラップ手術-不良肉芽組織の除去と歯根面の滑沢化

不良肉芽組織の除去と歯根面の滑沢化

不良肉芽組織の徹底した除去と歯根面の滑沢化を行った所です。

歯周基本治療においては、歯根面にある汚染されたセメント質は、可能な限り残すような治療方針です。

汚染はされているものの、壊死はしていないというのがその理由です。しかし、フラップ手術を実施する際、リグロスなどの歯周組織再生剤を併用する場合には汚染されたセメント質は、完全にとってしまっても問題ないと考えています。

ステップ-6

リグロスの投与

リグロスの投与

リグロスの入った投与ホルダーの先に貼薬針を挿入し、吸収した歯槽骨のポケット状になった領内にリグロスを満たします。

リグロスは、粘調性があるとはいうものの、流れ出てしまう懸念が拭えません。そこで、人工骨を併用すれば、より安定的にリグロスがその場にとどまるのではないかという印象です。

ステップ-7

歯肉の縫合

歯肉の縫合

今回は、5番(第二小臼歯)の遠心部にも深い歯周ポケットがあった為、切開範囲は6番(第一大臼歯)の近心部まで行っています。

第二小臼歯遠心部には、リグロスと人工骨の骨補填剤(Bio-oss)を混ぜたものを使用しています。

骨補填剤(人工骨) Bio-Oss
おまけ

骨補填剤(人工骨) Bio-Oss

シャーレには骨補填剤(人工骨)のBio-Ossとリグロスを混ぜたものが入っています。

人工骨を使うと保険適用にはなりませんが、リグロス単体よりも成功率は高まるの可能性が考えられます。

5

リグロスの禁忌症

口腔癌

現在、口腔癌(悪性腫瘍)があるか、過去に口腔癌があり、現在は治癒している患者さんは禁忌です。

リグロスの薬効成分は分化度の低い細胞に作用し、増殖させる効果があります。悪性腫瘍の細胞も未分化細胞が多くあり、リグロスの作用機序と似ているため、癌の進行を早めるリスクがあるからです。

口腔内に局所的に作用するため、全身の悪性腫瘍があっても、問題ありません。

6

リグロスの適用症

リグロスは垂直性骨吸収に適用

歯周病で破壊された歯槽骨の吸収には、骨の一部が垂直方向に吸収を受ける垂直性骨吸収(垂直性骨欠損)と歯槽骨全体が水平的に破壊される水平性骨吸収(水平性骨欠損)の二つのタイプに大別されます。


リグロスなどの歯槽骨再生療法の適用症例となるのは垂直性骨吸収(垂直性骨欠損)のタイプです。


骨欠損の分類

歯槽骨の吸収(欠損)の状態を詳細に分類すると1壁性から4壁性があります。例えば、3壁の骨が残っている場合を3壁性骨吸収と呼びます。歯根の周りに残っている骨の壁が多いほどリグロス歯周組織再生療法の適用になります。

垂直性骨吸収(垂直性骨欠損)にリグロス填入
垂直性骨吸収(垂直性骨欠損)

歯槽骨の一部分だけが垂直方向に吸収(破壊)された歯周病にリグロス歯周組織再生療法は適用可能です。

ポケット状に破壊された歯槽骨内にリグロスが留まりやすいからです。

水平性骨吸収(水平性骨欠損)
水平性骨吸収(水平性骨欠損)

歯根の周りの歯槽骨が水平方向に均等に吸収(破壊)される水平性骨吸収ではリグロス歯周組織再生療法の適用にはなりません。


重度歯周病や歯が無い場所

歯根の周りの歯槽骨がほとんど消失している場合には適用できません。当然ですが、歯周病で歯を失ってしまった場所にも適用不可です。

7

副作用

重要な潜在的リスク

投与部位における悪性腫瘍の増殖及び転移促進

副作用

投与部位における歯周組織の過剰増生、歯肉白色化、歯肉紅斑、歯肉腫脹

8

フラップ手術+リグロスの費用

例)上顎4番5番の二本に対してフラップ手術後、リグロスを応用した場合

フラップ手術も保険適用です。フラップ手術とリグロスを合わせた自己負担分の治療費の合計は約13,000円です。この他にレントゲン撮影費用、投薬費用、指導料、再診料などが加算されます。

歯周組織再生医療リグロスとフラップ手術のご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

日本口腔インプラント学会専門医・指導医の山崎裕が担当

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

再生療法関連コンテンツ

血液から作る骨の再生療法「CGF」をサイナスリフトや歯周病に臨床応用

血液から作る骨の再生療法「CGF」をサイナスリフトや歯周病に臨床応用

CGF治療とは、採血した血液を遠心分離機にかけて完全自己血液由来の血小板濃縮フィブリン(タンパク質の接着剤)を作製し、それを骨の無い場所に填入し、骨を誘導再生する治療法のことです。応用例にインプラントのサイナスリフトや歯周病などの骨の再生があります。…

歯周外科治療のフラップ手術では歯周組織再生は不可能!どうしたら?

歯周外科治療のフラップ手術では歯周組織再生は不可能!どうしたら?

歯周外科治療のフラップ手術は歯肉を切開剥離し不良肉芽組織を除去し歯根面をツルツルにすることです。しかし、フラップ手術では歯根膜や歯槽骨など歯周組織の再生は起こりません。また、重度歯周病には適用出来ません。歯周組織再生には保険適用のリグロスがあります。…

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly