診療メニュー:小児歯科関連

赤ちゃんの歯が生える時期で順番は
第1乳臼歯が乳犬歯より早いってホント?

皆様の健康をトータルサポート。

乳歯の生える時期は、まず下の乳中切歯が生後6ヶ月から8ヶ月頃生えてきます。そして乳側切歯が生えた後に第1乳臼歯が生え、乳犬歯の順番になります。

乳歯の生える順番や時期には個人差が大きいので、標準から外れても余り心配する必要はありません。

初めての赤ちゃんが生まれたお母さんにとって、きちっと乳歯が生えてくるか不安なものです。乳歯の生える時期と順番、そしてそれぞれの乳歯の役割をまとめてみました。

目次


赤ちゃんの歯が生える順番と時期

1

乳歯の生える時期と順番の早見表

乳歯の生える順番に注意

赤ちゃんの歯の生える順番は前歯から奥歯にかけて順に生えるのではなく、第1乳臼歯の方が乳犬歯よりも早く生えるのが特徴です。

早見表

名称 乳歯の生える時期 乳歯の生える順番
下顎乳中切歯-A 生後6ヶ月~8ヶ月 1番目
上顎乳中切歯-A 生後10ヶ月 2番目
乳側切歯-B 12ヶ月前後 3番目
乳犬歯-C 1歳6ヶ月~1歳7ヶ月 5番目
第1乳臼歯-D 1歳4ヶ月~1歳5ヶ月 4番目
下顎第2乳臼歯-E 2歳3ヶ月 6番目
上顎第2乳臼歯-E 2歳5ヶ月 7番目
2

乳中切歯-Aの生える時期と役割や特徴

赤ちゃんの歯・乳中切歯の萌出時期
乳中切歯の萌出時期 生後6ヶ~8ヶ月

赤ちゃんの口の中に初めて生えるのが乳中切歯です。生後6ヶ月~8ヶ月頃にまず、下の乳中切歯が生えてきます。そして、生後10ヶ月頃になると上の乳中切歯が生えてきます。

萌出の時期は子供により2ヶ月ほどのばらつきがあります。しかし、2ヶ月以内に萌出したり、1年経っても生えてこなければ歯医者を受診してください。

乳中切歯の役割

それまで無歯顎だった赤ちゃんの口腔内に初めて下あごに可愛らしい乳中切歯が生えてきた時は、驚きと喜びが湧き上がるものです。

それまでおっぱいだけで生活していた赤ちゃんが、食物を噛み切る、噛み潰すといった咀嚼機能を獲得するための準備期間に入ったともいえるでしょう。

徐々に乳歯と舌の動きと連動させる事を覚えるようになってきます。

3

乳側切歯-Bの生える時期と役割や特徴

赤ちゃんの歯・乳側切歯の萌出時期
乳側切歯の萌出時期 生後1歳前後

生後1歳前後になると上下の乳側切歯が生えてきます。

前歯が全部で8本になり噛み切る準備が出来上がりました。

乳側切歯の役割

乳歯の前歯が生えそろう時期と重なるように哺乳から咀嚼へと移行する様になってきます。

前歯だけで食べるのではなく、臼歯部の歯茎が盛り上がって奥歯の歯茎ですり潰すような行動がみられます。

4

第1乳臼歯-Dの生える時期と役割や特徴

赤ちゃんの歯・第1乳臼歯の萌出時期
第1乳臼歯の萌出時期 1歳4ヶ月~1歳5ヶ月

乳犬歯が生える前に第1乳臼歯が生えてきます。従って1本分の空隙が存在した状態です。

第1乳臼歯の役割

第1乳臼歯が生えて噛む力が向上します。そろそろ離乳をしてもよい時期です。第1乳臼歯の噛む面は臼状になっていて、すり潰すのに適した形態です。今まで歯茎では潰せなかった野菜を煮たものなども噛めるようになります。

5

乳犬歯-Cの生える時期と役割や特徴

赤ちゃんの歯・乳犬歯の萌出時期
乳犬歯の萌出時期 1歳6ヶ月~1歳7ヶ月

乳側切歯と第1乳臼歯との隙間に乳犬歯が生えてきます。

乳犬歯の役割

離乳食もすでに始まっている時期です。乳犬歯は先が尖っているので噛み切る力が一気に向上します。

6

第2乳臼歯-Eの生える時期と役割や特徴

赤ちゃんの歯・第2乳臼歯の萌出時期
第2乳臼歯の萌出時期 2歳3ヶ月~2歳5ヶ月

下の第2乳臼歯が2歳3ヶ月頃に生え、ついで上の第二乳臼歯が2歳5ヶ月頃に生えてきます。

第2乳臼歯が生えて、上下で20本の乳歯列が完成します。

第2乳臼歯の役割

第二乳臼歯が生えてくると咀嚼筋群と巧みに協調した咀嚼運動が可能になり、成人と同じような咀嚼力になります。

第二乳臼歯が上下噛み合うようになると噛み合わせが安定します。この段階で乳歯列が適正かどうか判断出来るようになります。

7

乳歯の生える順番や時期には個人差が大きい

乳歯の一生

歯の始まりは、お母さんのおなかの中からです。妊娠2~3カ月で総ての乳歯の芽(歯胚)ができ、4~6カ月で石灰化し始めます。これが生まれて5~10カ月すると、乳歯として生えてくるのです。


生える順番や時期は上表のとおりです。全部で20本ですが、それぞれに時期にはかなりの幅があります。お子さんの成長ペースが順調なら、早い遅いと心配することはありません。


同じ月ごろの歯の生えた子を見て、「うちの子はまだなのに」と不安になるお母さんがいます。赤ちゃんの歯は、6カ月から生え始め、ほぼ2歳ごろまでに生えそろいます。個人差がありますのであまり不安がらず、ゆったり構えて様子を観察しましょう。



小児歯科のご相談は

歯科医師 深沢一
お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

赤ちゃんや子供の虫歯関連コンテンツ

子供にひどい虫歯が!赤ちゃんに虫歯菌はいつ移る?乳歯の治療にサホライド

子供にひどい虫歯が!赤ちゃんに虫歯菌はいつ移る?乳歯の治療にサホライド

子供の乳歯の前歯にひどい虫歯が出来た!赤ちゃんに虫歯菌が移らないようにするにはどうしたら?幼児の虫歯を削る治療に麻酔は出来るの?治療が出来ない子供にはサホライドの塗布が有効。虫歯のなりかけの歯に予防的な処置は何があるの?…

シーラントは生えたての大人の歯・6歳臼歯や子供の歯を虫歯から守る

シーラントは生えたての大人の歯・6歳臼歯や子供の歯を虫歯から守る

フィッシャー シーラントは生えたての大人の歯・6歳臼歯や子供の奥歯の溝にプラスチックを埋めることで虫歯になりにさせる方法です。保険が適用されるので費用の負担は少なくて済みます。江戸川区では、一部負担金の補助があるので無料です…

歯医者で行う子供のフッ素塗布は虫歯予防に効果はあるの?

歯医者で行う子供のフッ素塗布は虫歯予防に効果はあるの?

歯医者で行う子供へのフッ素塗布は3歳くらいから始めると良いでしょう。家庭でのフッ素使用と合わせて虫歯予防効果を高められます。フッ素塗布は予防処置で保険診療適用外となり自費診療での費用がかかります…

診療メニュー

 

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly