診療メニュー:小児歯科関連

子供にひどい虫歯が!赤ちゃんに虫歯菌はいつ移る?
乳歯の治療にサホライド

皆様の健康をトータルサポート。

子供の乳歯の前歯にひどい虫歯が出来た!赤ちゃんに虫歯菌が移らないようにするにはどうしたら?幼児の虫歯を削る治療に麻酔は出来るの?治療が出来ない子供にはサホライドの塗布が有効。虫歯のなりかけの歯に予防的な処置は何があるの?・・・

目次


子供の虫歯治療

1

子供の虫歯治療は虫歯の炎を鎮火することから

子供のひどい虫歯の治療は虫歯の炎を鎮火させることから
3~4歳の子供は泣き叫んで治療をさせない

乳歯が象牙質まで達する虫歯(C2)になると早めの治療が必要です。しかし、3~4歳の子供は口を開けることさえ拒むこともよくあります。

タービンやエンジンなどの虫歯を削る器具を口に近づけだけで泣き叫び、口を固く結んでしまうと治療は益々困難になります。

そこで、幼児期の子供には、虫歯の鎮火を目的とした治療が必要になります。


個人差はありますが、5~6歳になると通常の虫歯治療が出来るようになります。

2

サホライドでひどい虫歯の鎮火

2-1

サホライドとは

虫歯の進行を遅らせ再石灰化作用がある

サホライドはフッ化ジアミン銀を主成分とする溶液で、虫歯の進行を抑え、象牙質の知覚を鈍くすることを目的とした薬です。虫歯になった部分を再石灰化し、固くする効果が期待できます。


難点はサホライドを塗布した虫歯部分が黒くなることです。とはいえ、虫歯が神経まで達するのを遅らせてくれます。

ちょうど、燃え上がった炎を鎮火させてくれるようなものです。虫歯の進行が止まれば、年齢を重なることで治療ができるようになってきます。


サホライドは、以前の虫歯洪水期には虫歯の進行止めとして盛んに使われていましたが、現在では審美的な問題があるとして、余り使われなくなってきています。


2-1

当院のサホライド使用法

当院ではサホライドを塗るだけではなく、再石灰化し硬くなった虫歯部分をスプーンエキスカベーターで段階的に除去する方法をとります。

スプーンエキスカベーターは多くの子供で受け入れてもらえます。 サホライドで黒くなった部分をスプーンエキスカベーターで徐々に除去します。

治療の回数は3~4回ほどかかりますが、虫歯を完全に除去し最終的な詰め物であるコンポジットレジン充填も可能になります。

3

3~5歳の子供の虫歯治療

3-1

乳歯の虫歯を削り取るスプーンエキスカベーター

スプーンエキスカベーター

耳かきの様な形のスプーンエキスカベーター

ハンドインスツルメントで、虫歯を小さなスプーン状の金属の先端で掻き出します。

大小様々な大きさがあり、虫歯の大きさに合わせて使い分けします。

子供にスプーンエキスカベーターを見せても怖がる子供はあまりいません。

3-2

乳歯の虫歯はサホライドとスプーンエキスカベーターのタッグで治療

奥歯の乳歯の虫歯にサホライドを塗布し光照射
ステップ.1

奥歯の乳歯の虫歯にサホライドを塗布し光照射

スプーンエキスカベーターを使い出来る範囲で虫歯を取り除き乾燥させた後、小綿球に浸ませてサホライドを塗布します。

写真はサホライドを塗布し、光を照射したところです。虫歯の部分はこのまま何も詰めずにオープン状態にします。食べ物が詰まりやすいのでよく歯磨きが必要です。

硝酸銀の殺菌作用とフッ素の虫歯抑制作用の両方の効果を期大したものですが、銀の沈着によって、虫歯の色を変化させ、歯が黒くなるという副作用があります。そのため乳幼児の前歯には使いません。

スプーンエキスカベーターで虫歯を除去
ステップ.2

スプーンエキスカベーターで虫歯を除去

写真は、サホライドを塗布した後、スプーンエキスカベーターで虫歯を除去した所です。

通常、サホライドを塗布し、次回来院時には黒くなった虫歯の部分は少し硬くなります。黒く硬くなった虫歯をスプーンエキスカベーターで痛みを与えてない程度に除去します。

再度、サホライドを塗布し、光りを照射して本日の治療は終了です。3回目の来院時にほとんどの虫歯をスプーンエキスカベーターで除去することが出来ます。

虫歯の深さにもよりますが、サホライドの塗布は2~4回程度が普通です。

コンポジットレジン充填
ステップ.3

コンポジットレジン充填

コンポジットレジンで充填して虫歯の治療は終了します。僅かにサホライドの着色部分が残りますが、ほぼ満足できる水準です。

4

もし麻酔と回転式の虫歯を削る器具を使ったら...

上記症例の虫歯に麻酔をかけて回転式の削る器具で虫歯を除去すると、神経まで達していたかもしれません。そうなれば神経(歯髄)を取る治療が必要となり、治療がさらに困難になります。


又、麻酔をかけた場合、少しでも痛みを与えると、その後、治療をさせてくれなくなるリスクもあります。


よほどのことでない限り麻酔や回転式の切削器具の使用は避けたほうが無難です。

ダイヤモンドバー用のタービン
ダイヤモンドバー用のタービン
  • ・エナメル質、象牙質共に切削できるダイヤモンドバー専用の高速で回転するタービンです。バーの表面はダイヤモンドが貼り付けられています。
スチールバー用のエンジン
スチールバー用のエンジン
  • ・象牙質の虫歯を切削する為のスチールバー(鉄製)です。エナメル質は固すぎて削れません。低速で回転し、振動が歯に伝わります。
子供に麻酔
局所麻酔
  • ・子供にとって局所麻酔の「チック」とした痛みや麻酔薬を注入する時に圧力をかけることで起こる痛みで拒絶反応が。


5

6歳臼歯が子供のうちに神経に達する虫歯になると

5-1

根未完成歯のレントゲン(左)

根未完成の第一大臼歯のレントゲン写真
根未完成の第一大臼歯(6歳臼歯)

7歳児の第一大臼歯の根の先端(赤丸)はまだ閉鎖していません。虫歯が神経まで達し、根管治療を行っている所です。根の先端が黒くなっているのは膿が溜まっていることを示しています。

成人の第一大臼歯の根のレントゲン写真
成人の第一大臼歯の根

成人の第一大臼歯の根の先端(赤丸)は、閉じています。左写真の根未完成歯と比べるとはっきりと違いが分ります。



根未完成歯が虫歯になると

第一大臼歯が生えるのは6歳頃です。その為、六歳臼歯というニックネームで呼ばれることもあります。そして、歯根は9歳から10歳頃に完成します。歯根が完成しない時期を根未完成歯と言います。この時期に神経に達する虫歯(C3)になると神経の治療が極めて困難になります。根っこの先端が閉鎖せずラッパ状に開いているからです。

根未完成歯の神経の治療は、乳歯に準じた方法をとり水酸化カルシウム製剤を持ちます。それにより根の先端の閉鎖を期待する分けです。しかし、この方法も完全ではなく、学術的に決定的な治療法が確立している訳ではありません。運良く根の先端が閉鎖してくれば、その時に改めて大人の根管治療と同様な方法でやり替えます。

最悪の場合、根の先端に出来た膿を治すことが出来ずに抜歯をせざるを得ないケースもあります。

赤ちゃんに虫歯菌が移るのはいつ?

1

赤ちゃんにミュータンス菌が感染する時期

1-1

ミュータンス菌の母子感染を防ぐのは生後10ヶ月~2年半が鍵

ミュータンス菌(虫歯菌)が移る時期

赤ちゃんにミュータンス菌が移るのは、前歯が生えそろう生後10ヶ月くらいから乳歯列が完成し硬いものが噛めるようになる生後2年半くらいまでの間に感染します。

この2年半を無事に過ごすことが出来れば、善玉菌が口腔内に定着し、虫歯菌が侵入するのを防いでくれます。

可愛い赤ちゃんに虫歯菌(ミュータンス菌)を移すのは、たいてい家族。その一番手が、お母さんです。口移しで食べさせたり、親の箸で食べさせたり、そ「エッ!そんなこと」と思うようなことで移ってしまいます。

虫歯の無い子に育てるために、赤ちゃんに使う箸やスプーンは赤ちゃんだけのものにしましょう。

1-2

両親の口腔内の虫歯菌量に比例して赤ちゃんへ感染する

両親の口腔内に大量のミュータンス菌(虫歯菌)がいると

ミュータンス菌が両親の口腔内に大量に存在すると効率よく赤ちゃんの口腔内に定着していきます。

つまり、周囲の大人のお口の中がきれいであることが大事です。赤ちゃんが生まれてからでは遅いのです。誕生前から、両親の口の中の細菌を減らす努力をしてください。

虫歯が沢山ある両親の子供は虫歯になりやすいと言うのは遺伝ではありません。

ミュータンス菌を大量に保有した両親の子供は容易にミュータンス菌に感染するからです。

赤ちゃんへミュータンス菌を感染させないようにするには両親の口腔内のミュータンス菌を少なくすることから始める必要があるのです。

1-3

両親の虫歯菌を減らす方法

両親のミュータンス菌(虫歯菌)を減らす方法

1.フッ素を使う

2.キシリトールガムを噛む

3.歯医者でPMTCを行う

1-4

子供の砂糖入りのおやつと虫歯の関係

子供のおやつと虫歯の関係

甘いものは虫歯菌の大好物

砂糖の入った食品は、虫歯菌の大好物です。子供が砂糖を大量に摂取すると、虫歯菌(ミュータンス菌)が大量に口腔内に住み着きます。


よく噛めるものを与えましょう

乳歯は大人の歯と比較すると、表面のエナメル質も象牙質が薄く弱いものです。甘いものを口にする機会が多く、しかもお腹がすいて食べる機会も多くなりがちです。子供のお口の中は、虫歯になる条件がそろっています

・1回の食べる量を決めて食べましょう。
・甘さがいつまでも残るおやつは注意しましょう。
・あごを使ってよく噛むおやつを食べましょう。(脳の発達を促し、バランスのよいきれいな顔をつくります。)
・歯にくっつきやすい食品はできるだけ避けましょう。
・食べたあとは「歯磨きタイム」を忘れずに!

大人は子供の歯や生活の特徴をよく理解して、子供におやつを与えるときは、時間を決めて与えましょう。もちろん「食べたら磨く」ことも忘れず教えてください。 保育園児に虫歯が少ないと言われますが、それは食事やおやつの時間が規則正しく、しかも食後に歯磨きをしているからです。

子供の虫歯治療のご相談は

歯科医師 深沢一
お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

赤ちゃんや子供の虫歯関連コンテンツ

赤ちゃんの乳歯が生える順番と時期、子供の歯並びはすきっ歯の方がいいの?

赤ちゃんの乳歯が生える順番と時期、子供の歯並びはすきっ歯の方がいいの?

赤ちゃんの乳歯が生える順番と時期。赤ちゃんの時に良い歯並びの子供はガタガタの歯並びになるの?では子供の歯並びは"すきっ歯"の方がいいの?霊長空隙やリーウェイスペースが多い"すきっ歯"の方が綺麗な歯並びを作るのは事実。乳歯に癒合歯が、どうしたらよい?…

シーラントは生えたての大人の歯・6歳臼歯や子供の歯を虫歯から守る

シーラントは生えたての大人の歯・6歳臼歯や子供の歯を虫歯から守る

フィッシャー シーラントは生えたての大人の歯・6歳臼歯や子供の奥歯の溝にプラスチックを埋めることで虫歯になりにさせる方法です。保険が適用されるので費用の負担は少なくて済みます。江戸川区では、一部負担金の補助があるので無料です…

歯医者で行う子供のフッ素塗布は虫歯予防に効果はあるの?

歯医者で行う子供のフッ素塗布は虫歯予防に効果はあるの?

歯医者で行う子供へのフッ素塗布は3歳くらいから始めると良いでしょう。家庭でのフッ素使用と合わせて虫歯予防効果を高められます。フッ素塗布は予防処置で保険診療適用外となり自費診療での費用がかかります…

診療メニュー

 

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly