診療メニュー:小児歯科関連

子供が歯医者嫌いにならず
歯科治療をスムーズに進めるために

皆様の健康をトータルサポート。

子供にとって始めての歯医者は緊張するものです。出来るだけリラックスしてスムーズに診療が行えるようにスタッフ一同万全の体制でお迎えします・・・

虫歯を放置していたら、突然歯が欠け、ズキズキ痛み出したという経験のある方は多いと思います。それは虫歯菌が歯の神経まで侵入し歯髄炎を起こしたからです。

歯髄炎の末期になると上下の歯が触れただけでも激痛が走る場合もあります。そんな症状の歯髄炎についてまとめてみました。

目次


子供を歯医者嫌いにさせないために

1

初めての歯医者

お母さんが子供に「痛くないよ」は禁句
ステップ 1

子供の治療で「痛くないよ」は禁句です

虫歯で治療が必要になるのは4歳から5歳くらいにかけてです。この時期はお母さんや歯医者の話を聞くことが出来き、理解できる年齢です。しかし、歯医者に行く事を拒んだり、歯医者に行ったものの、泣いて暴れて治療が出来ないという事もよくあります。

まず、ご両親が子供に話すとき「痛くないよ」というのは禁句です。子供の頭の中で「痛い」というイメージが駆け巡ってしまうからです。

泣かずに自信が持てるように手助けします
ステップ 2

泣かずに自信が持てるように手助けします

泣いている場合、お子さんなりの理由があります。その理由を見つけて解決する所から始めます。特に、お子さんはどんな器具を使うのか心配しています。治療の内容を分りやすく説明してお子さんが納得してから治療に入ります。その為、治療が早く進まないこともあります。

しかし、それでも口を開けず治療させない子供もいます。そんな時は治療に入る前にお子さんの性格や発達について注意深く観察することがあります。治療を受け入れるまでに発達していない場合は、発達に合わせた対応をします。

少しでも治療が出来たら頑張れたことを褒めます
ステップ 3

少しでも治療が出来たら頑張れたことを褒めます

少しでも治療が出来たら「よく頑張ったね。」と褒めます。治療の回数を重ねるごとに自信が付き、治療が格段に進みます。 1日の治療が終わった時によく出来たご褒美におもちゃを差し上げています。また、メンテナンス(フッ素塗布やシーラント等)の時にスタンプ1個、 四つ溜まると更にすてきなプレゼントがあります。

定期的なメンテナンスで虫歯にならない歯を
ステップ 4

定期的なメンテナンスで虫歯にならない歯を

定期的に歯磨きチェック、フッ素塗布、シーラントなどを行うことで虫歯の無い口腔内(カリエスフリー)が実現出来ます。

磨き残しが多く、歯肉炎になっている場合にはクリーニングを行う必要もあります。 同時に、不正咬合を未然に防ぐ為に最小限度の関与で済むように歯列管理も必要となります。

子供の時の口腔管理が大人になってからの健康な口腔環境を作り出す最も重要な習慣と考えてよいでしょう。

カリエスフリーで歯周病の無い口腔環境は、糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞、骨粗しょう症といった全身疾患の発症を起こさせない要因の一つになっています。

コラム

歯科医院での親子分離

子供にとってのメリット

治療から逃げたい、親に助けて欲しいといった甘えを断つことで自立心が芽生え、歯科医師や歯科衛生士などそれまでにない人間関係の中で社会性を育み、様々な適用能力を育てる一つのチャンスにもなります。

親にとってのメリット

3歳を過ぎると様々な違う環境に適用できる能力が身についてきます。そういった子供の成長を客観的に観察できるいいチャンスになります。

「母子分離の完成は子供の心の中にお母さんとのきずなが出来た時」だと言われています。母子関係が確立されていない時期の母子分離は害となる場合もありますが、親子関係の確立に伴い自律的に診療を受けるようになるのが普通です。

2

子供がリラックス出来る環境の工夫

小児歯科専用治療室
小児歯科専用治療室

子供がリラックスできるようキャラクターグッズが置かれ、壁には、遊び心のある色とりどりの模様が施されています。

保育士在中のプレイルーム
保育士在中のプレイルーム

子供が遊べるプレイルームですが、赤ちゃんをお育てのお母様にも安心して治療が出来る環境になっています。



3

小児歯科専用治療室

プレイルームと直結した小児歯科専用治療室があります。ここは、防音室になっているので、お子さんが大きな声で泣いても周りの患者さんに迷惑にならないので、ご両親にとって肩身の狭い思いをしなくても済みます。

4

保育士在中のプレイルーム

プレイルームは、お子様の為の待合室で、12畳の広々としたチャイルドルームです。子供診療室及び親診療室と隣接しているので行き来が自由にできます。 たくさんの玩具や絵本、漫画本・TV・アニメビデオやゲームなどもご用意していますので、お子様1人で遊ぶことも可能です。平日の9:00〜13:00は専属の保育士がお世話させていただきます。

  • ※注意事項

  • ①キッズルームのご利用時は、いずれの場合も御利用規約をお読み頂き、同意書を頂きます。

  • ②保育士による託児
    保育士による託児は、《ご予約制》でございます。安全を第一に考え、少人数制とさせて頂いておりますので、ご了承下さいませ。

  • ③保護者様同伴
    保育士不在の時間帯でも、保護者の方と同伴であれば、お部屋を御利用になれます。その際、保護者の方の治療は、キッズルーム直結診療室で診察をさせて頂きます(要予約)。

  • ④お子様のみ
    保育士や保護者同伴を必要とせずに問題なく一人遊びの出来る小学生以上のお子様は、保護者の方の合意の元、保育士不在の時間帯に同伴者なしでも御利用になれます。

子供の歯科治療のご相談は

歯科医師 深沢一
お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

TOPICS

プレオルソ・MFTで子供の歯並び治療

プレオルソ・MFTで子供の歯並び治療

プレオルソ・MFTで舌の正しい使い方を学んで子供の出っ歯、受け口、八重歯などの悪い歯並びを矯正する方法です。子供の成長発育(年齢)に合わせたアプローチが可能で、取り外しが出来ること、経済的であることなど負担が少ない矯正方法…

子供の歯並びの治療、出っ歯や受け口、八重歯の小児矯正歯科

子供の歯並び治療、出っ歯や受け口の小児矯正

出っ歯、受け口、八重歯などの悪い歯並びは、「おっぱい」をあまり飲まなかったこと、「指しゃぶり」、「舌突出癖」、「口呼吸」など子供の時の悪習癖が原因となる場合が多いです。 指しゃぶりをやめさせる方法、口呼吸から鼻呼吸へ変える方法、 赤ちゃんの離乳食と幼児のご飯、プレオルソやMFTなどの治療法を…

診療メニュー

 

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly