診療メニュー:小児歯科関連

赤ちゃんは母乳育児で綺麗な歯並びに。
断乳ではなく自然な卒乳を

皆様の健康をトータルサポート。

赤ちゃんの哺乳とママの授乳をスムーズに行うためのラッチオンとは?母乳育児を2年続けると綺麗な歯並びに。母乳育児ができない時は咀嚼型ニプルを選ぼう。

断乳ではなく自然な卒乳が理想で、卒乳の時期はそれぞれの親子の状況に合わせて必ずしも子供の年齢にこだわる必要はありません。・・・

「母乳」が作る綺麗な歯並び

1

母乳の授乳で赤ちゃんは舌のトレーニングに

母乳育児
1-1

舌と唇の発達が歯並びに影響する

赤ちゃんは母乳をしごき出す動作で舌が発達します。哺乳時の舌を中心とした口腔筋機能の発達が歯並びに影響を与えると考えられています。

歯を綺麗に並べる為には、あごの骨の成長は欠かせません。舌の正しい使い方を習得して初めて顎の骨を押し広げることが出来るからです。

母乳を与える期間が短く、簡単にミルクが飲める人工ニプルを使った哺乳瓶で育った子供は、舌の発達が十分に行われず、あごの骨が開ききらないまま歯が生えてしまうことが考えられます。そんな時、歯並びが悪くなった一因と言えるのかもしれません。

1-2

授乳のやり方・抱き方・姿勢

赤ちゃんを抱っこする時には、赤ちゃんの背骨がC 型(胎児姿勢)に湾曲することが重要です。赤ちゃんの手足を体の真ん中にすると背中が丸くなり、C 型姿勢になります。眉間、首、おへそを結んだラインが真直ぐになるように抱っこする事が重要です。

授乳する時も、赤ちゃんの手が前にあると飲みやすく、片手が落ちていると飲みにくくなります。

赤ちゃんの抱き方・母乳の飲ませ方などの不具合が、乳幼児の口腔周囲筋のバランスを崩す原因になり、歯列不正の原因にもなります。

2

Latch on-ラッチオンとは

ラッチオンで赤ちゃんの哺乳とママの授乳がスムーズに

「ラッチオン」とは、赤ちゃんが乳首に吸いつこうとする動作に合わせて、ママが上手に乳首を赤ちゃんの口にふくませ吸着させることです。ラッチオンがうまくいかないと赤ちゃんの哺乳とママの授乳がスムーズに行われません。

参照:「ピジョン にっこり授乳期研究会」

3

赤ちゃんの口は効率よく母乳を吸えるような構造

母乳を吸うために陰圧を作りやすい構造

赤ちゃんの口の中は母乳を吸いやすくするための様々な組織で成り立っています。傍歯槽堤(ぼうしそうてい)、吸啜窩(きゅうせつか)、ビシャの脂肪床などがそうです。

これらの大人の口の中にはない組織は、母乳を吸うときの口の容積を小さくし、陰圧をかけやすくするためのものです。

舌の蠕動(ぜんどう)運動

赤ちゃんは乳首を引き寄せ上あごと舌ですっぽりと包みます。そして、舌は前後に波のようにうねりポンプの様な役割を果たします。

この舌の蠕動運動は、原始反射で、生後1ヶ月間続きます。2ヶ月を過ぎると次第に自分の意思で舌を動かす随意運動になり、満腹になるまで飲み続けます。

舌を上あごに押し当てる動作によって舌の筋肉が鍛えられます。このトレーニングが後に、舌の正しい使い方の基礎となっていきます。

4

2年は続けよう母乳育児

4-1

母乳育児の期間が二ヶ月以下だと歯並びが悪くなる危険が4倍に

フィンランド トゥルク大学 ユハ・エーリック・バレラ教授の研究

母乳育児の期間が2ヶ月以下の赤ちゃんは、9ヶ月以上母乳で育った赤ちゃんと比べると、上顎前突・八重歯・下の前歯の乱杭歯などになるリスクが4倍も高いことを指摘しています。一方、15ヶ月以上母乳で育った赤ちゃんは、こういった歯列不正が発現しにくいと報告しています。

私も所の統計では、2年以上母乳育児をした赤ちゃんでも稀に歯列不正が発現していることがあります。

4-2

母乳分泌ホルモンは愛情ホルモン

催乳ホルモン・プロラクチンと射乳ホルモン・オキシトシンの分泌
3-2-1

催乳ホルモン・プロラクチン

赤ちゃんが母乳を欲しがり乳首に吸い付くと、その哺乳刺激で脳下垂体から「母乳を作りなさい」という指令を下す催乳ホルモン・プロラクチンの分泌が起こります。赤ちゃんが乳輪までしっかりと咥え「深飲み」すれば更にこのホルモンの分泌は高まります。

3-2-2

射乳ホルモン・オキシトシン

プロラクチンの分泌と同時に起こるのが射乳ホルモンであるオキシトシンの分泌です。オキシトシンは乳腺を収縮させ、「母乳を送り出しなさい」という指令を出すホルモンです。

これら二つのホルモンの分泌によりストレスを抑え、赤ちゃんを慈しむ母性愛が深まります。母乳育児は子育てを楽しく感じさせる最良の方法であり、家族関係を良好にし、親子の絆を強める一助となるはずです。

5

断乳ではなく自然な卒乳が理想

断乳から卒乳へ

近年、子供の意思で自然と母乳を卒業する「自然卒乳」という考え方が一般的になってきました。

以前は、母親の意思で母乳をやめるという言葉が母子健康手帳にも載っていましたが、「卒乳」の方がずっと子供の自然な成長発育に有効であることがわかったため「断乳」は削除されました。

ある4歳まで母乳を飲んでいた子供が、ある日突然、お母さん「僕は今日で母乳をやめる」と言ってお母さんの洋服を自ら下したそうです。その時、お母さんはとても感動して、その日一日眠れなかったそうです。

自然卒乳を提唱し、日本に広めたのは、橋本武夫先生です。彼のプロフィールは、新生児医療の草分けでもある生マリア病院の新生児医療センターで約40年間、新生児医療に従事し、2008年聖マリア学院大学教授、聖マリア医療福祉研究所所長などを務められました。

断乳ではなく自然な卒乳
断乳ではなく自然な卒乳

僕、今日からおっぱい止める。


6

卒乳の時期は?

おっぱいは卒乳
卒乳は各家庭の状況に合わせて

子供の年齢で卒乳を決めるのは余り意味がありません。

近年、子供の栄養状態は高くなりましたが、母親の置かれている社会的な環境が変化し、育児不安や育児虐待といった問題が指摘されるようになりました。

母乳分泌ホルモンは前述した通り、母親の精神を安定させる効果があります。母乳育児は赤ちゃんにとってのメリットだけではなく、母親にとっても良好な母子関係が形成出来き、育児不安の軽減に繋がるはずです。

卒乳は母親が決めるのではなく子供に決めてもらうのが良いのではないでしょうか。


赤ちゃんの虫歯という視点から

以前は、1歳を過ぎても母乳保育をしていると赤ちゃんに虫歯が発生することが問題が指摘されていました。

しかし現在では、様々な予防法が用意されています。例えば、フッ素の使用、キシリトールの使用、リカルデントの使用などです。

7

母乳育児ができない時は?

3-1

咀嚼型ニプルを選ぼう

母乳が無理でも口腔機能を育てるニプルがあります

新生児や赤ちゃんが母乳を飲むときの舌や口の周りの筋肉の動きと極めて近い動きでミルクを飲める人工ニプルがあります。


人工ニプルの乳頭部を赤ちゃんの舌と口蓋(上顎)でしっかり挟み、押しつぶす動作をしないとミルクが出ない仕組みになっています。咀嚼型ニプルは赤ちゃんにとって飲みにくい為、一旦簡単に飲めるニプルを使ってしまうと、咀嚼型ニプルへの切り替えが難しくなります。


そういった時でも1週間ほど根気よく使い続けることが大切です。赤ちゃんもお腹が減れば、飲みにくくても使わざるを得ないからです。

3-2

咀嚼型ニプルの仕組み

上下の形の違いにより、上あごにフィットする形なのでお母さんの母乳を飲むように大きく口を開けて飲めます。赤ちゃんの飲む力に合わせてミルクの量が変わるクロスカットを採用しているので、卒乳までにニプルサイズを変える必要がありません。通気孔によりミルクの流れをスムーズにします。乳頭部のくっつきを防ぐのでリズミカルに飲めます。
3-3

代表的な咀嚼型ニプル

NUK (ヌーク)の咀嚼型ニプル
NUK (ヌーク) の咀嚼型ニプル

NUK (ヌーク)のニプルはドイツのメーカーが長年の研究で作った咀嚼型ニプルです。シリコン製、天然ゴム製、月齢、口の大きさなどにより様々な種類があります。

ビーンスタークの咀嚼型ニプル
ビーンスタークの咀嚼型ニプル

ビーンスターク ニプルは、日本製で大塚製薬から販売されています。母乳を飲むときと同じような筋肉の動きでミルクを飲むことができます。 新生児のときから卒乳まで二プルのサイズは1サイズです。



子供の歯並びのご相談は

歯科医師 深沢一
お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

赤ちゃん・子供の歯並び育成 関連コンテンツ

赤ちゃんの歯ぎしりは成長過程での準備・子供の歯ぎしりの原因は?

赤ちゃんの歯ぎしりは成長過程での準備・子供の歯ぎしりの原因は?

子供・幼児の歯ぎしりの原因は、急激な顎の成長に筋肉が追いつかないストレス、日常生活への不安や心配事などが考えられます…

口を開けたまま寝るのは口呼吸が原因?口呼吸を改善したいが治し方は?

口を開けたまま寝るのは口呼吸が原因?口呼吸を改善したいが治し方は?

口呼吸の主な原因は鼻が詰まること。口呼吸を改善する方法は、鼻づまりの原因・アデノイド肥大、アレルギー性鼻炎、花粉症などの改善です。あいうべ体操、鼻うがい、馬油点鼻、鼻呼吸を促す口閉じテープ…

指しゃぶりや指吸いをやめさせる魔法の方法赤ちゃん・新生児の指しゃぶりはOK

指しゃぶりや指吸いをやめさせる魔法の方法 赤ちゃん・新生児の指しゃぶりはOK

生後2ヶ月~3ヶ月になって指しゃぶりや指吸いが始まります。4歳になっても指しゃぶりが止まらなければ歯並びや発音に悪影響が。指しゃぶり防止目的で指に苦いものを塗るのはNG。…

手づかみ食べが始まるカミカミ期の離乳食スパウトマグ・ストローマグはNG

手づかみ食べが始まるカミカミ期の離乳食スパウトマグ・ストローマグはNG

モグモグ期の離乳食は豆腐やプリンなどの舌でつぶせる硬さを。カミカミ期には「手づかみ食べ」や「遊び食べ」が始まる。パクパク期はじゃがいもや大根などを柔らかく煮たものなどを食べさせる時期です…

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly