診療メニュー:子供の歯並び関連

乳歯がグラグラでもなかなか抜けない時や
大人になっても乳歯が抜けない理由は?

皆様の健康をトータルサポート。

6歳~7歳の子供でなかなか前歯の乳歯が抜けず歯列の内側から永久歯がガタガタ状態で生えてきてしまった時の治療手順、

高校生以上の大人になっても奥歯の乳歯が抜けない場合の原因(永久歯胚の先天欠損、癒合歯や癒着歯)、

グラグラした乳歯を自分で抜く時の注意点など。

7歳の子供で「下の前歯の乳歯がグラグラしているのになかなか抜けないなと思っていると内側から永久歯が生えてきている。」とお悩みのお母さんは多いと思います。

また、高校生になっても乳歯が残ったままで、抜けない場合の原因などをまとめてみました。

目次


子供の乳歯が抜けない

1

7歳になっても乳歯の前歯がなかなか抜けなない

乳歯の前歯がなかなか抜けなくて永久歯が内側から生える
永久歯の前歯が内側から生える

一般的に乳中切歯(A)は6歳~7歳頃に永久歯に抜け変わります。このケースでは、なかなか抜けなくて内側から中切歯(永久歯)が生えてきました。

永久歯が内側に生えてガタガタに

乳歯の歯根が正常に吸収されないと、その後に生える永久歯が内側から生えてくることがしばしばあります。特に起こりやすいのは、下の乳歯の前歯4本です。

写真の症例では永久歯の萌出スペースが不足してガタガタになっています。


発育葉

永久歯の中切歯の切端部分がギザギザになっていますが、発育葉と言って健全なものです。萌出が完了し、上下の歯で食物が噛み切れるようになると自然とすり減り平らになっていきます。

2

乳歯が抜けず、永久歯が内側から生えた時の治療

下の乳歯Aを抜歯して左右2本のBの隣接面をスライスカット
下の乳歯Aを抜歯して左右2本のBの隣接面をスライスカット

治療手順 ステップ1

乳中切歯(A)に麻酔をかけて抜歯します。

しかし、歯列の内側にガタガタに生えた2本の永久歯(中切歯)は、スペース不足のためこのままでは正しい位置に並びません。


治療手順 ステップ2

赤線で示した4箇所(2本の乳側切歯(B))をスライスカットします。

スライスカットとは歯の側面部分を1ミリほど削り落とすことです。

すると、2本の乳側切歯(B)は、それぞれ僅かに奥側に移動し、内側に生えた2本の中切歯(永久歯)が並ぶスペースが獲得出来、中切歯は舌の押す力で適正な位置に移動し、ガタガタが改善します。

治療手順 ステップ3

1年ほどすると両隣のBが抜け落ち、そこに側切歯(永久歯)が生えてきます。しかし、同様にスペース不足に陥り、再び内側から生えてきます。

そこで、青線で示した乳犬歯(C)の隣接面4箇所をスライスカットします。

こうすることで下顎永久前歯4本は綺麗に並ぶか僅かのガタガタを残した状態で並びます。この状態は概ね8歳頃です。


治療手順 ステップ4

9歳~12歳頃にかけて側方歯郡(犬歯から第二小臼歯)が生え変わります。

この時期に側方への顎骨成長が著しく起これば問題ないのですが、成長が少ないケースでは同様のスペース不足が生じやすく、犬歯が八重歯になったり、小臼歯が内側から生えてきたりします。

顎骨を側方に成長させる装置としてプレオルソがあります。プレオルソは6歳頃から使用することが望ましく、12歳頃で、その効果はほとんど期待出来なくなります。

また、 MFTという舌やほっぺたの筋肉をトレーニングすることで改善する場合もあります。

3

乳歯がグラグラしても抜けない時は

乳歯のグラグラが始まるのは下から永久歯が生えてきている証拠

下から永久歯が萌出を開始すると乳歯の歯根が吸収されて脱落しやすくなります。本来なら、乳歯の歯根が完全に吸収されて自然脱落するのですが、稀に歯根の一部が吸収されずに残ってしまい、乳歯がなかなか抜けないことがあります。


乳歯がグラグラして痛くて食事が出来ないなら歯医者で抜いてもらってください。

また、永久歯が乳歯の脇から生え出してきても乳歯が脱落しないようなら、やはり歯医者で抜歯してください。


それ以外は自然脱落を待ちましょう。


4

グラグラした乳歯を自分で抜く時の注意点

歯根破折に注意

強引に抜くと歯根が折れて一部が歯茎の中に残ってしまうことがあります。

歯根の一部が歯茎の中に残っても自然と歯茎の外に排出される場合がほとんどですから余り心配は要りません。ただ、残根によって永久歯の萌出に支障が出るようなら歯医者で診てもらいましょう。

自分で抜く際には、舌の先で押すくらいの力が妥当です。汚れた指で強引に引っ張ると感染のリスクを伴います。


大人になっても乳歯が抜けない

1

乳歯が高校生になっても抜けない理由

1) 個人差による乳歯の抜ける時期の違い

乳歯が抜けて永久歯に交換する時期には個人差があります。最も顕著なのが上顎の第二乳臼歯(乳歯)が抜けて第二小臼歯(永久歯)に交換する場合です。男性だと高校二年生(17歳頃)まで乳歯が抜けずに残ることがあります。

交換時期の個人差は各歯によって異なりますが、概ね2年から10年の開きがあると思ってください。

2) 永久歯の歯胚が先天的に欠損

高校生以上の大人になっても乳歯が抜けずに残っていることがあります。その場合の多くが先天的に永久歯の歯胚(永久歯になる元)が欠損しています。

その場合には、乳歯を永久歯の代用として自然脱落するまで使用します。もし、乳歯が抜けてしまったら人工歯(ブリッジ、インプラント、入れ歯など)で治療します。

3) 癒合歯や癒着歯

乳歯に癒合歯や癒着歯がある場合、歯根の吸収が健全に行われずなかなか抜けないことがあります。

癒合歯に続く永久歯が先天的に欠損している場合もあるので、歯医者で十分相談した上で抜歯をしてください。

乳歯が抜けない時のご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

小児矯正関連コンテンツ

子供にひどい虫歯が!赤ちゃんに虫歯菌はいつ移る?乳歯の治療にサホライド

子供にひどい虫歯が!赤ちゃんに虫歯菌はいつ移る?乳歯の治療にサホライド

子供の乳歯の前歯にひどい虫歯が出来た!赤ちゃんに虫歯菌が移らないようにするにはどうしたら?幼児の虫歯を削る治療に麻酔は出来るの?治療が出来ない子供にはサホライドの塗布が有効。虫歯のなりかけの歯に予防的な処置は何があるの?…

シーラントは生えたての大人の歯・6歳臼歯や子供の歯を虫歯から守る

シーラントは生えたての大人の歯・6歳臼歯や子供の歯を虫歯から守る

フィッシャー シーラントは生えたての大人の歯・6歳臼歯や子供の奥歯の溝にプラスチックを埋めることで虫歯になりにさせる方法です。保険が適用されるので費用の負担は少なくて済みます。江戸川区では、一部負担金の補助があるので無料です…

歯医者で行う子供のフッ素塗布は虫歯予防に効果はあるの?

歯医者で行う子供のフッ素塗布は虫歯予防に効果はあるの?

歯医者で行う子供へのフッ素塗布は3歳くらいから始めると良いでしょう。家庭でのフッ素使用と合わせて虫歯予防効果を高められます。フッ素塗布は予防処置で保険診療適用外となり自費診療での費用がかかります…

診療メニュー

 

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly