診療メニュー:予防歯科関連

ぶくぶくうがいが出来る子供の虫歯予防には
フッ素洗口液・ミラノール顆粒が効果的

皆様の健康をトータルサポート。

子供の虫歯予防に最も効果的なのがフッ素洗口液です。お薦めはミラノール顆粒です。

4歳~5歳ではフッ化ナトリュウム濃度250ppm、6歳以上で450ppm に自分で調整して使います。

毎日1回30秒のぶくぶくうがいとして使いますが、1週間に1回だけ行う方法もあります。…

子供の虫歯予防で“歯磨きをしっかりとする”というのは当たり前として、フッ素を使うことも効果的と考えられます。

フッ素の入った市販品は様々ありますが、その中でも“ぶくぶくうがい”が出来る年齢だとフッ素洗口液が効果的です。

フッ素洗口液は子供の年齢によって使用するフッ素濃度が異なるので注意が必要ですが、フッ素洗口液のミラノール顆粒では年齢によってフッ素濃度を自分で簡単に調節出来るので大変重宝します。

目次


子供の虫歯予防にフッ素洗口液・ミラノール

1

子供に使うフッ素は濃度と使用量が重要

ぶくぶくうがいが出来る子供のフッ素使用法

日本では薬事法により歯磨き粉に入れられるフッ素濃度は1,500ppm以下と決められています。従って安全に使用出来るのですが、ここで注意が必要となるのが幼児や子供に対してです。


ぶくぶくうがいが出来ない赤ちゃんや乳幼児には液体歯磨きのフッ素スプレー・レノビーゴが有効です。レノビーゴはフッ素濃度が100ppmと極めて低く、フッ素を飲み込んでも大丈夫です。


4歳~5歳になるとぶくぶくうがいが出来るようになるのでフッ素濃度を年齢に合わせてコントロール出来るミラノール顆粒が効果的です。

フッ素入り液体歯磨きや洗口液の早見表

商品 対象年齢 フッ素濃度 効果 使いやすさ
レノビーゴ 生後6ヶ月~大人 100ppm 星3 フッ素を飲んでもOK
ミラノール 4歳以上 250~900ppm 星3.5 ブクブクうがいが出来ること
2

子供の時から低濃度フッ素を使うと得られる効果とは

フッ化物の全身応用は極めて有効

水道水にフッ化物を入れて濃度1ppmにすると、60%もの虫歯が減ったという報告が海外から届いています。


子供の頃から低濃度のフッ素を体内に取り込むことで、血液を介して歯胚(歯の卵)にフッ素が取り込まれます。フッ素を十分に含んだ歯は、石灰化が促進され虫歯になりにくい状態の歯として萌出します。


もちろん萌出している歯にもフッ素が作用する事で虫歯になりにくくなっています。


日本では水道水にフッ素を入れる事業はほとんど進んでいません。そのため、各自がフッ素入り液体歯磨きやフッ素洗口液などを使い、微量のフッ素を体内に取り入れることで対応する必要があります。


もちろん、フッ素を飲みなさいという事ではなく、例えばフッ素洗口をした後に残った僅かなフッ素を飲み込むということで十分なのです。

3

お薦めのフッ素洗口液 -ミラノール顆粒

ミラノール顆粒とは

ミラノール顆粒の主要成分にはフッ化ナトリウムが11%含まれています。ミラノール顆粒の特徴は、各自が使用年齢によってフッ素濃度を簡単に調整出来ることです。


逆に誤って調合してしまうと高濃度のフッ素になってしまい危険を伴います。歯科衛生士や歯科医師の指導のもと使用するものです。


低濃度で行う毎日法とやや高めの濃度で行う週1回法があります。

お薦めのフッ素洗口液 -ミラノール顆粒
対象年齢

ブクブクうがいが出来る子供

■ 4歳~5歳児は250ppmのフッ素洗口液で毎日1回うがいを行います。

■ 6歳以上の子供は450ppmのフッ素洗口液を使い毎日1回のうがいを行うか、または900ppmで週1回のうがいを行います。

■ 写真のボトルは付属の溶解瓶です。袋に入ったフッ素顆粒を溶解瓶に入れ、水を入れてフッ素洗口液を自分で作ります。

ミラノール顆粒の購入

ミラノール顆粒は、「医療用医薬品」です。歯科衛生士または歯科医師の指導のもと処方されるものです。しかし、保険適用にはなっていません。購入に際しては当院の受付までお申し出ください。ちなみに楽天やamazonでミラノール顆粒を購入することはできません。

4

ミラノール顆粒の使い方

フッ素洗口前のブラッシング
① ブラッシング
  • ・フッ素洗口する前にしっかりとブラッシングを行い、歯垢(プラーク)を隅々まで除去します。
フッ素洗口液を口に含み、ブクブクうがいをします。
② ブクブクうがい
  • ・フッ素洗口液ミラノール顆粒を使い、1日1回30秒のブクブクうがいをします。
    使用量
    4歳~5歳は5ml
    6歳以上は7~10ml
フッ素洗口液を吐き出し、残った洗口液は飲んでもOK
③ フッ素洗口液を吐き出す
  • ・フッ素洗口後は洗口液を吐き出します。
    口の中に僅かに残った洗口液は飲んでも構いません。
    洗口後約30分は飲食を控えてください。
5

毎日法と週1回法のフッ素洗口液の作り方

毎日法

【4歳~5歳の子供】

ミラノール顆粒11%の1g分包(黄色)に200mlの水を加えるとフッ素濃度が250ppmになります。
1回の使用量…5ml  ※40日分の使用量です。


【6歳以上の子供】

ミラノール顆粒11%の1.8g分包(ピンク色)に200mlの水を加えるとフッ素濃度が450ppmになります。
1回の使用量…7~10ml  ※20~28日分の使用量です。



週1回法

【6歳以上の子供】

ミラノール顆粒11%の1.8g分包(ピンク色)に100mlの水を加えるとフッ素濃度が900ppmになります。
1回の使用量…7~10ml  ※10~14回分の使用量です。


※ 週1回法だと忘れがちなので毎日行う方が良いでしょう。 ここでは対象年齢を"4歳~5歳以上の子供"としていますが、大人の使用も推奨しています。

洗口液の作り方早見表

ミラノール顆粒11% 対象年齢 水の量 フッ素濃度
ミラノール顆粒11% 1g分包黄色 1g分包
(黄色)
4歳~5歳 200ml 250ppm
(毎日法)
ミラノール顆粒11% 1.8g分包ピンク 1.8g分包
(ピンク色)
6歳~大人 200ml 450ppm
(毎日法)
ミラノール顆粒11% 1.8g分包ピンク 1.8g分包
(ピンク色)
6歳~大人 100ml 900ppm
(週1回法)

フッ素洗口液・ミラノール顆粒のご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

予防歯科 関連コンテンツ

赤ちゃんの虫歯予防にはフッ素入り液体歯磨き・レノビーゴ

赤ちゃんの虫歯予防にはフッ素入り液体歯磨き・レノビーゴ

低濃度のフッ素入り液体歯磨き・レノビーゴを赤ちゃんの歯に使うと、乳歯の虫歯予防だけではなく、顎骨内の6歳臼歯や第二大臼歯の歯胚に血液を介してフッ素が供給され石灰化が促進され、萌出後の虫歯予防に繋がります。また、年齢に応じてフッ素濃度には注意が必要です。…

子供用フッ素入り歯磨き粉はチェックアップフォーム、大人用はチェックアップ

子供用フッ素入り歯磨き粉はチェックアップフォーム、大人用はチェックアップ

虫歯予防で簡便な方法にフッ素入り歯磨き粉があります。子供ではフッ素を歯の隙間など隅々まで行き渡らせやすい泡状歯磨き粉のチェックアップフォームが、大人ではフッ素濃度1450ppm のチェックアップがおすすめです。共にミュータンス菌の増殖を抑えるキシリトール配合です。

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly