診療メニュー:予防歯科関連

プラークコントロールの基本は
歯磨きで歯垢(プラーク)の除去から

皆様の健康をトータルサポート。

歯垢(プラーク)は古くなると毒性が強くなります。そこで早期のプラークコントロールが必要になります。機械的方法としてまず歯磨きが重要です。また、化学的方法として様々な薬剤の使用が考えられます・・・

目次


プラークコントロールが必要な理由

1

歯垢(プラーク)を放置すると毒性が強くなる

1-1

磨き残しが歯垢(プラーク)を形成する

歯冠と歯根の間、歯頚部に着いた新しい歯垢(プラーク)
歯冠と歯根の間、歯頚部に着いた新しい歯垢(プラーク)

上顎の歯頚部に選択的に残った歯垢(プラーク)、下顎の歯頚部には、余り歯垢(プラーク)が付いていません。

これは歯磨きの好ましくない習慣によるものです。

プラークコントロールの基本は歯磨き

歯の表面につく、ヌルヌルとした歯垢(プラーク)、この歯垢にはたくさんの細菌が潜んでいて、虫歯や歯周病の最大の原因となります。

虫歯や歯周病を予防するためには、このプラークを除去することが不可欠です。(これをプラークコントロールといいます)

歯磨きはプラークを取り除く基本的な方法ですが、正しく歯磨きをしないと、毎日磨いていてもプラーク(歯垢)が沢山残ってしまいます。

※ プラークコントロールには歯科医院で行うPMTC、エアフローといった方法もあります。

1-2

古くなったプラーク(歯垢)はバイオフィルムを形成する

歯の周りにべったりと付いた歯垢(プラーク)
歯の周りにべったりと付いた歯垢(プラーク)

ほとんど歯磨きの習慣の無い患者さんの口腔内です。歯冠の周りにはべったりと歯垢(プラーク)が付き、様々な細菌が共同で作るバイオフィルムを形成しています。

毒性の強いバイオフィルム

バイオフィルムが形成されると、その中に住む細菌達はバイオフィルムの膜によって保護されています。

そのため、仮に抗生物質を使ってもバイオフィルム内の細菌群を死滅させることはできません。

そして毒性の強い細菌達の温床になっていきます。バイオフィルムが形成される前にしっかりと歯磨きを行うことが重要です。

2

プラークコントロールとは

プラークコントロールの分類

プラークコントロールは、歯ブラシなどの用具を使った物理的(機械的)プラークコントロールと薬剤を使用する化学的プラークコントロールに分れます。


また、部位別には歯肉縁上プラークコントロールと歯肉縁下プラークコントロールに分れます。

2-1

物理的(機械的)プラークコントロールと化学的プラークコントロール

プラークコントロールで使用する機材や薬剤

種類 自分自身で 歯医者で
機械的 歯ブラシ歯間ブラシデンタルフロス PMTCエアフロースケーリング
化学的 フッ素キシリトール次亜塩素酸リカルデント 抗生物質、グルコン酸クロルヘキシジン
3

自分で行うプラークコントロールの実際

3-1

まずは、磨き残しのチェックから

プラークチェッカー(歯垢染色液)

プラーク(歯垢)の染め出しチェック

プラーク(歯垢)は、歯の色と似た白い色をしており、ちょっと見ただけではきちんと磨けているのかわかりません。

そこで、プラーク(歯垢)を赤く染め、歯の色と区別がつきやすくする方法が「染め出し」です。

染め出しをすることによって、普段プラーク(歯垢)を見落としている所を目で確かめることができ、歯磨きの癖(くせ)がわかります。

歯磨きに自信がある方でも意外と磨き残しがあることに気づきびっくりすると思います。ぜひ試してみて下さい。

3-2

プラーク(歯垢)染め出しの手順

step1

綿棒で染め出し液を歯のすみずみまで塗ります。

・染め出しの赤い色は食紅と同じ成分ですので飲み込んでも体に害はありません。

step2

2~3回うがいをして余分な染め出し液を洗い流します。

・赤く残ったところがプラーク(歯垢)が着いているところです。

step3

赤いところがなくなるまで丁寧に歯磨きしましょう。

step4

歯磨きした後、もう一度染め出して確認します。

・歯磨きをしたにもかかわらず赤く染まった所がまだ歯垢(プラーク)が残っている所です。この部分を注意深く歯磨きしてください。磨き残しがなくなるまで歯磨きのテクニックを磨いてください。


プラーク(歯垢)染め出し前の歯の様子
プラーク(歯垢)染め出し前

プラークは、白く透明なためどこに付いているかよく分りません。

プラーク(歯垢)染め出し後
プラーク(歯垢)染め出し後

染め出し後、プラークの場所がくっきりと見えて来ました。



実際のプラーク(歯垢)染め出し前の歯の様子
実際のプラーク染め出し前

一見すると綺麗に磨けてるように見えますが、プラークは、白く透明なためどこに付いているかよく分りません。

実際のプラーク(歯垢)染め出し後
実際のプラーク(歯垢)染め出し後

染め出し後、プラークの場所がくっきりと見えて来ました。特に、歯茎と歯との境界部分に磨き残しがあることがわかります。




歯磨き法

1

自分にあった歯磨き方法を身につけよう

歯茎の状態、歯並びの状態で変わる歯磨き法

歯磨きをしっかりしているのに虫歯や歯周病になってしまう、と悩む人がたくさんいます。なぜでしょう? 実は、歯垢の染め出しを行ってみると、歯垢が取れていないことが多いのです。つまり「磨き残し」です。

自分の口の中の状態に合った効率のよい磨き方を身につけることが大切です。

磨き方によっては、歯茎を痛めたり、磨き過ぎて歯が磨耗(すり減る事)したりします。でも注意さえすればどのような磨き方でも構いません。

歯ブラシの毛先が均等に歯の隅々までゆきとどき、歯に付いた歯垢をきれいに取り除くことが大切です。

下記に歯磨きの様々な方法を提示しますが、、どのような方法を用いるか自分で判断せず、歯肉の状態、歯並びの状態など歯科医師または歯科衛生士に判断して決めてもらうのが良いでしょう。

1-1

スクラッピング法

スクラッピング法は、歯磨き(ブラッシング法)の定番です。歯ブラシの毛先を、歯の面に直角にあてて、小刻みに左右に振動させるように動かす磨き方です。


大きく動かすと毛先が寝てしまうので、毛先を立てたまま細かく動かすようにしましょう。歯ブラシの持ち方を自由にかえ、力を入れすぎないことが重要です。

歯の表面の磨き方、力を入れすぎないように注意して小刻みに磨きましょう。
歯の表面の磨き方
  • ・歯に対して歯ブラシの毛先を直角に当て、力を入れすぎないように左右に小刻みに動かします。
歯ブラシの毛先をできるだけ直角に、奥歯の裏側や噛み合わせの面も毛先を直角に当てて小刻みに磨きましょう
歯ブラシの毛先を直角に
  • ・歯の裏側もできる限り歯に対して直角に毛先を当てます。出来ない場合には角度を多少付けても構いません。
汚れが残りやすい場所
汚れが残りやすい場所
  • ・汚れが残りやすい場所は、歯と歯茎の境や、奥歯の咬合面の溝です。
    ブリッチを装着している場合にはブリッチ直下にも多くの汚れが残りやすいです。
1-2

スクラッピング法の応用

<スクラッピング法の応用

歯ブラシの毛先を上手に使いましょう。

歯垢がたまりやすいのは、歯と歯の間、歯と歯茎の境目です。 そこを上手に磨くには、歯ブラシのつま先・わき・カカトを使い分け、歯ブラシの毛先がいつも歯に直角に当たるように、歯を3つの面(近心面・遠心面・磨面中央)に分割して力を入れず小刻みに動かして磨きます。

こうすると、歯垢がよく取れます。 どうぞ「毛先磨き」効果を実感してください。

1-3

子供に適したフォンズ法

<フォンズ法

「フォンズ法」は歯の表面を磨くのに適しています。その上マッサージの効果も高く清掃能力もあります。歯を軽く噛み合わせ、歯肉をむきだし、歯ブラシの先端を歯肉に当てます。そして歯の面に直角に、円を描くように動かします。ブラシは毛列3~4列の、やや軟らかい毛のものが良いでしょう。

「フォンズ法」は誰でも無理なく簡単に出来るので、子供に向いた歯磨き(ブラッシング方法)です。

1-4

歯周病に適したバス法

<バス法

歯と歯茎の間の溝を歯周ポケットと呼びます。ここには歯垢・歯石がたまりやすく、細菌の巣になり、歯周病、歯肉炎の原因となります。

「バス法」はそれを防ぐのに適した磨き方です。 歯磨きの方法は、歯軸に対し45度の角度で、歯と歯茎の間に毛先を入れ、1mm程度のストロークで左右に細かく歯ブラシを動かします。

毛先が歯と歯茎の境目から離れないようにします。離れるとせっかくの効果がなくなります。

1-5

1日1回丁寧に歯磨きを実践

<1日1回丁寧磨き

現代では「朝シャン」感覚で歯磨きします。ポケットやバッグの片隅に歯ブラシをしのばせ、食べたら気軽にシャカシャカシュッシュッ。いい習慣ですね。

そしてせっかくの歯磨きですから、ぜひ効果的に磨いて下さい。

食後すぐに歯を磨くのはなかなか大変です。最近の研究では、1日3回短時間磨くよりも、1日1回ていねいに磨いたほうが効果的という報告もあります。

1日の最後にご苦労様のいたわりを込め、明日のさわやかな目覚めを期して、あなたの歯とあなた自身を歯磨き(ブラッシング)してあげましょう。

歯医者おすすめの歯ブラシは

1

電動歯ブラシなどは何を基準に選べばいいの?

歯ブラシは、自分の口腔内の状況に合わせて選ぶ

効果的な歯磨き(ブラッシング)のためには、自分に適した歯ブラシで毎日きちんと歯を磨くことが大事です。

歯ブラシの毛の硬さは歯磨き(ブラッシング方法)にもよりますが、歯の表面から汚れを落とすには、毛先の硬い方が軟らかいものよりはるかに効果的です。硬い毛の歯ブラシの欠点は、歯茎を傷つけたり、歯の表面を削り取ったりする恐れがあることです。

逆に軟らかすぎるものは、汚れを落とす能力に欠けるのが欠点です。

歯ブラシの毛先や柄のサイズはできるだけ小さめのもので、口の中全体に毛先が十分に届くことが大切です。

毛の密集したものや動物の毛は乾燥しにくく、不潔になりやすいので、ナイロン毛が良いでしょう。

歯ブラシは1カ月に一度取り替えることをおすすめします。また、毛先が開いてしまった歯ブラシは早く取り替えて下さい。もしも1カ月で毛先が開いたりする人は、歯を磨く時に力が入りすぎています。

<歯ブラシ
5-1

歯ブラシ

シェロ歯ブラシは、各人の口腔内に合わせて毛の硬さだけでなく、植毛デザインまで最適化したブラシを選択できる歯科医院専用歯ブラシです。

アングルドオフセット形状(S字状に僅かに湾曲した柄)を採用したルシェロ歯ブラシは、歯列に沿った自然な角度でブラシが歯面にフィットし、最後臼歯遠心面にも届きます。

<電動歯ブラシ
5-2

電動歯ブラシ

通常の歯ブラシでは上手く磨けない方にはソニッケアー電動歯ブラシがお薦めです。

音波電動歯ブラシの中でもこのソニッケアー電動歯ブラシは歯垢を最も効率よく除去します。

(音波技術)によって生みだされる液体流動力(ダイナミックフルイドアクション)によって歯ブラシの毛先が歯垢から2mm以内であれば(歯垢に毛先が直接接触しなくても)歯垢を除去します。

つまり、磨き残しが極めて少なくなるということです。 このダイナミックフルイドアクションによって発生するキメ細かい力強い水流は、磨き残しが起こり易い歯周ポケット内や歯の間の歯垢も簡単に取り除いてくれます。

ソニッケアのスマホアプリで歯磨きチェック
5-3

ソニッケーのアスマホアプリで歯磨きチェック

電動歯ブラシのソニッケアーダイヤモンドクリーンスマート

ソニッケアーダイヤモンドクリーンスマートと連動するスマホアプリが歯磨きをサポートしてくれます。

患者のニーズによって複数のブラシヘッドが用意されています。ブラシヘッドを装着するとハンドルは自動的に最適なモードと強さに設定されます。

ソニッケアーアプリに接続すればリアルタイムのコーチングを受けることが出来ます。磨くエリアが光って歯磨き(ブラッシングをガイドし磨き残しを防ぎます。

ブラシヘッドを強く押し当て過ぎると加圧防止センサーがお知らせし、歯と歯茎を守ります。動作センサーが動かしすぎを検知し、歯磨き(ブラッシング技術の向上をサポートします。歯磨き(ブラッシング出来ていないエリアをハイライトし、口の中全体が磨けるまでサポートします。

歯磨きの後は舌ブラシ用ヘッドを装着し、口臭予防します。


プラークコントロールのご相談は

歯科医師 深沢一
お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

歯周病・虫歯・口臭のセルフケア 関連コンテンツ

キシリトールの虫歯予防効果は実際どうなの?

キシリトールの虫歯予防効果は実際どうなの?

キシリトールガムを選択する際、100%のキシリトール入りが必要なのか。歯磨き粉にもキシリトールが入っていた方がいいのか?…

フッ素入り歯磨き粉やレノビーゴと歯医者のフッ素塗布濃度の違いに注意

フッ素入り歯磨き粉やレノビーゴと歯医者のフッ素塗布濃度の違いに注意

低濃度のフッ素入り歯磨き粉やフッ素スプレー・レノビーゴなどを子供の頃から使と、乳歯の虫歯予防だけではなく、6歳臼歯や第二大臼歯の虫歯予防につながります。

リカルデントガム(CPP-ACP)やmiペーストで虫歯の再石灰化が促進

リカルデントガム(CPP-ACP)やmiペーストで虫歯の再石灰化が促進

リカルデントガムを噛んだり、miペーストでブラッシングする事で、初期の虫歯になった歯でも再石灰化が起こり、酸に強くなり虫歯になりにくくなります…

口腔ケアをするなら次亜塩素酸水の液体歯磨きポイックウォーターでセルフケア

口腔ケアをするなら次亜塩素酸水の液体歯磨きポイックウォーターでセルフケア

歯周病・虫歯・口臭を家庭で予防するするなら、次亜塩素酸水の液体歯磨き液体歯磨きポイックウォーター【 POIC WATER 】がおすすめです…

3DSセラピーで予防歯科から予防医療へ

3DSセラピーで予防歯科から予防医療へ

口腔バイオフィルムに作用する3DSセラピーで古い歯垢から新しい歯垢へリセット。歯周病菌や虫歯菌、菌体内毒素(LPS)などが血管内への侵入を防ぎ、動脈硬化を予防…

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly