診療メニュー:矯正歯科関連

歯列矯正の流れ|費用や治療中の痛み、
抜歯または非抜歯など治療計画の説明

皆様の健康をトータルサポート。

矯正治療の流れは、初診カウンセリング、精密検査(セファロレントゲンによる骨格の診断など)の後、治療計画の説明を行い、実際の治療に入ります。

動的治療の完了後、後戻りを防ぐためのリテーナーを入れます。

歯列矯正の流れ

1

1日目 初診カウンセリング

初診カウンセリング

初日はカウンセリングのみ

気になる歯並びなど矯正治療についてご相談下さい。

お口の中を拝見して、おおよその治療費、治療期間をお答えいたします。

※ただし、難症例と判断した場合や正確な治療費、治療期間については、精密検査分析後の説明となります。

治療の同意を得られた方は次の精密検査の為の資料取りに進みます。

相談料:3,000円 (税別)治療を実施する場合には治療費に充当します。

2

2日目 精密検査のための資料取り

レントゲン撮影
レントゲン撮影
  • ・セファロレントゲンとパントモレントゲンの2枚を撮影。
口腔内写真撮影 顔の写真撮影
口腔内・顔の写真撮影
  • ・5枚の口腔内写真と前方と側方の顔写真撮影。
歯列模型の作成
歯列模型の作成
  • ・印象採得(口腔内の型を取る)を行い、石膏で歯列模型を作ります。
3

3日目 精密検査の結果説明

抜歯、非抜歯かの治療計画提示

セファロレントゲンの結果分析によりフェイシャルタイプを診断します。フェイシャルタイプは抜歯または非抜歯での治療を判断するために重要な指標です。抜歯をすることでより良い顔貌(eラインの改善)が得られる場合があります。

精密検査の結果説明
精密検査の結果説明
  • ・歯列の石膏模型、セファロレントゲンの分析の結果、口腔内写真などを用いて治療計画、治療期間、治療費などの説明を行います。
セファロレントゲン写真の分析説明
セファロレントゲンの分析
  • フェイシャルタイプを診断
    頭骸骨を横から撮影したセファロレントゲン写真を用いて骨格の分析を行います。
    骨格は大きく分けると次の
    ①ブレーキーフェシャルタイプ 
    ②メジオフェイシャルタイプ 
    ③ドリコフェイシャルタイプ
    の三つに分類されます。
    それぞれのフェイシャルタイプごとに治療方針が異なってきます。
口腔内写真の説明
口腔内写真の説明
  • ・前方、側方2枚、上下歯列の合計5枚を撮影します。
    口腔内写真を使って説明を受けることで自分ではわからない部分も理解出来ると思います。
    口腔内写真は治療のステップごとに撮影します。治療の経過や治療の前後の比較が容易です。


3-1

費用

精密検査の費用:30,000円(税別)。 矯正治療を開始する場合には治療費に充当します。

歯列矯正の費用の平均は約60万円~80万円です。

4

4日目以降 動的治療開始とリテンション(保定)

矯正治療開始
矯正治療開始
  • ・歯を動かす動的治療のスタートです。およそ来院間隔は1ヶ月に1回です。
動的治療期間の中間
動的治療の中間
  • ・写真の様な顎間ゴムは、食事前に外し、食事が終わったら自分自身で装着するものです。
りテンション(保定)期間
リテンション(保定)期間
  • ・動的期間が終了すると歯に固定していた器具をすべて外します。
    歯が元に戻らないようにリテーナーを装着します。
    リテーナーの装着期間は動的治療期間と同じだけの期間を目安とします。
5

矯正期間中の痛みや注意事項の説明

矯正中の痛みについて

ワイヤー矯正とマウスピース矯正(インビザラインなど)など、矯正装置を入れるとほとんどの場合、痛みが起こります。それぞれ装置の種類によって痛みの出方がまちまちなので、ケースバイケースで説明します。


概ね下記の様な場合に痛みが起こります。


1) 装置を装着したり、交換したりすると起こる痛みは24時間経過するとかなり弱くなり、2、3日で消失します。


2) 上下の歯を噛み合わせた時の痛みも上記の場合と同様です。


3) ワイヤーが外れたり、装置の一部分が歯茎やほっぺたに当たって口内炎が出来た場合の痛みは、その都度、来院してください。


鼻呼吸、正しい姿勢、咀嚼・嚥下に注意

歯科矯正で歯並びがきれいになっても必ず多少の後戻りがあります。これを最小限にくい止めるには、歯と舌と口唇のバランスを良くすることが大切です。 そのためには、以下のことが無意識にできるようになることが必要です。

鼻呼吸を意識
1 鼻呼吸を意識
  • ・鼻の病気のある人は、まずそれを直しましょう。口を開いて呼吸(口呼吸)していると舌が口蓋につきません。
    上顎が狭くなろうとしてきます。すなわち歯が内側に動いてきます。すると下顎もそれに対応する動きが出てきます。
    MFT・口腔筋機能療法という方法があります。
良い姿勢を意識
2 良い姿勢を意識
  • ・鼻呼吸ができても姿勢が悪いと舌が口蓋につきません。
    猫背にしてみてください、舌が口蓋から離れて行くのが分かります。良い姿勢で生活しましょう。
    「良い姿勢」とは、深呼吸をして息をはき終わったときの姿です。
正しい咀嚼と嚥下を意識
3 正しい咀嚼と嚥下を意識
  • ・正常な嚥下では、舌の尖がまず上アゴに付いてそれから舌の後ろが持ち上がり上アゴに付いて飲み込みます。
    その時必ず咬筋(アゴを閉じる時に使う筋肉)がプックンと動きます。
    良くかむ習慣が必要です。目安として、必ず一口30回は噛みましょう。

歯列矯正のご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

日本矯正歯科学会認定医の堀内洋輔が担当

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

矯正歯科関連コンテンツ

大人でも確実に歯が動くマルチブラケット装置で歯列のワイヤー矯正

大人でも確実に歯が動くマルチブラケット装置で歯列のワイヤー矯正

ワイヤー矯正はブラケットを各歯に接着し、ワイヤーの弾力性を使って歯を動かすシステムです。大人でも着実に歯を動かすことが出来る汎用性の高い方法です。ブラケットやワイヤーは白色のものや金属製のものがあります。動的治療期間は約2年で保定期間も同じ2年です…

歯列矯正で八重歯(犬歯)の抜歯はあり?eライン改善を目的に抜歯も

歯列矯正で八重歯(犬歯)の抜歯はあり?eライン改善を目的に抜歯も

歯列矯正で抜歯、非抜歯の決定にはフェイシャルタイプ分析とeラインを元に行います。乱杭歯の歯列で犬歯が八重歯でも犬歯を抜くことはありません。通常は小臼歯を抜歯します。親知らずが横に生えているとその萌出力が前歯まで伝わり、歯並びを悪くします。親知らずは抜歯が原則です。

歯列矯正後の後戻りを防ぐ保定装置・リテーナー

歯列矯正後の後戻りを防ぐ保定装置・リテーナー

保定装置(リテーナー)は矯正で整った歯列の後戻りを防ぐ装置です。トゥースポジショナー、ベッグタイプリテーナー、フィックスドリテーナーなど様々な種類があります。原則、使用期間は動的治療期間と同じです。清潔にリテーナーを使うには義歯ブラシや洗浄剤が有効です…

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly