診療メニュー:矯正歯科関連

出っ歯じゃなく歯並びは良いのに口ゴボ
なのを自力で治す方法と歯科での治療法

皆様の健康をトータルサポート。

歯並びは綺麗で出っ歯じゃないのに口元が出ている口ゴボになる理由は、上顎・下顎歯列両方が頭蓋骨に対して前方に出ていることが原因です。

口ゴボを自力で治し横顔を綺麗にすることは出来るのか? 親知らずの抜歯で口ゴボは治るのか?などの疑問や歯科医院での治し方を解説。

綺麗な歯並びなのに唇が突き出した口ゴボの横顔や、顎の先端に梅ぼしジワができたりと悩んでいる人は多いと思います。

綺麗な歯並びであることと横顔が綺麗であることは必ずしも一致しません。子供の内なら自力で改善することも可能ですが、高校生以上になった場合、第一小臼歯の抜歯矯正で治療するのが一般的です。

目次


歯並びは良いのに口ゴボになるのは何故?

1

出っ歯じゃなく歯並びは良いのに口ゴボになる原因

両顎前突で口ゴボに

歯並びは綺麗なのに唇が突き出して見える口ゴボは、上下の顎骨自体が頭蓋骨に対して前方に出ているケースで多く見られます。もちろん、上の前歯だけが出っ歯のケースでも口ゴボになることはあります。


横顔だけでなく前から見ても唇が出ていることがわかるケースは重度かもしれませんね。


また、口ゴボになる原因は遺伝的要因も否定出来ませんが、その他様々あり、アデノイド顔貌と成因が似ている部分が多々あります。


矯正治療で目標にする綺麗な横顔は、eラインを基準に判断されます。

両顎前突の骨格
両顎前突

上顎骨・下顎骨共に頭骸骨に対して前方に出ている場合、横から見ると、口元が突出して見える口ゴボとなります。

理想的で綺麗な歯並びなのに口ゴボ

綺麗な歯並びで出っ歯でないのに横顔の口元が突出しているように見える人がいます。これは上下の顎骨が共に前方に出ているからです。これを両顎前突と言います。

つまり、綺麗な歯並びの条件は、歯列だけの問題ではなく、上下顎骨の頭骸骨に対する前後的位置関係の問題も絡んでいるということが出来ます。

歯並びだけを見れば綺麗でも横顔に審美的問題があるのであれば矯正治療の対象になります。



2

口ゴボを自力で治す方法

身長が伸びている子供では自力改善が可能

身長が伸びている小学6年生(12歳)ぐらいの年齢までは盛んに顎骨の成長が行われています。この期間までなら骨の成長方向を誘導するような力を自力でかけることで、口ゴボを治すことも不可能ではありません。

特に小学1年生くらいから5年生くらいにかけて高い効果が期待出来る時期です。

残念ながら中校生くらいになり成長が止まると、上下顎の骨が固まり自力で治すことはほとんど不可能になります。

口輪筋を鍛えることで口ゴボを改善す方法は、自力で綺麗なeラインの作り方のページで具体的な器具の使用法を解説しています。

また、歯科医院で口ゴボを治す方法は、MFT、プレオルソ、バイオネーターなどを用いて治療しますが、アデノイド顔貌の治療法のページで詳細に解説しています。※ 口ゴボの治し方はアデノイド顔貌の治し方と基本的に同じです。

3

口ゴボを矯正治療で治す方法

第一小臼歯を抜歯して犬歯を遠心移動
第一小臼歯を抜歯して犬歯をその位置に移動

成長が止まった大人で行う方法です。上顎・下顎の小臼歯(全部で4本)抜歯した後、出来たスペースを使い犬歯を後方移動させます。

次に、犬歯と側切歯(2番)の間にスペースが出来るので、前歯4本を一体として後方に移動させます。

前歯の引っ込む量が多い程、口ゴボはより改善されます。

第1小臼歯の抜歯矯正

前に突き出した唇を引っ込めるための矯正治療は、上下4本の第1小臼歯を抜歯して出来たスペースを使って犬歯を第2小臼歯と接する位置まで移動させます。すると犬歯と側切歯間にスペースが出来ます。このスペースを埋めるように前歯4本を後方に引っ張ります。

この治療には通常、マルチブラケット装置でワイヤー矯正で行われます。インビザラインなどのマウスピース矯正を希望される方がいますが、抜歯ケースでは不向きです。

重度の口ゴボでは、顎の骨を切る外科矯正が必要になることもあります。

4

親知らずを抜歯すれば口ゴボは治る?

親知らずの抜歯と口ゴボとの関係

下の親知らずが横向きに埋まったままの状態の場合、第2大臼歯を押すことで順次前歯に力が伝わり、前歯が突出してくる可能性は十分にありえます。

しかし、親知らずを抜いたからといって、口ゴボが改善する分けではありません。

ただし、矯正治療を行う場合には、親知らずの抜歯は不可欠です。 何故なら、せっかく綺麗に並んだ歯並びが後戻りする可能性があるからです。

理想的な綺麗な歯並びの条件とは

1

歯並びを正面から見た時の綺麗な歯並びの条件

綺麗な歯並びの条件 上下歯列の正中が揃っている
正中がぴったり合っている噛み合わせ

正中が揃い左右に乱れることなく、綺麗に並んでいます。

■ 上顎中切歯と下顎中切歯の中心が揃っている

綺麗な歯並びになるためには正面から見た時に正中がぴったり揃っていることが条件です。

正中が揃うと上下奥歯の前後的位置関係も正しい所に並ぶ前提となるからです。

正中がずれるとその影響は奥歯の方にまで及び、上下の奥歯がビシッと噛み込むことが出来なくなります。

2

歯並びを横から見た時の綺麗な歯並びの条件

上顎の犬歯、第二小臼歯が下の歯列に噛み込んでいることに注目

歯並びを横から見た時の綺麗な歯並びの条件 上顎の犬歯と第二小臼歯の位置に注目
上顎の犬歯と第二小臼歯の位置に注目

白いラインの所に上顎犬歯及び第二小臼歯が噛み込んでいます。犬歯と奥歯の理想的な綺麗な歯並びと言えます。

上顎犬歯が噛み込む位置

上顎の犬歯は下顎の犬歯と第1小臼歯との間に噛み込む必要があります。


上顎第二小臼歯の噛み込む位置

上顎の第2小臼歯は下顎の第2小臼歯と第1大臼歯との間に噛み込む必要があります。

人間の歯の構造は、正中が揃い、上顎犬歯と第二小臼歯の噛み込む位置が前述の様になれば自然と綺麗な噛み合わせになるように出来ています。


スポンサーリンク

口ゴボと歯並びのご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

日本矯正歯科学会認定医の堀内洋輔が担当

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜19:30 8:00〜18:00 8:00〜17:30

矯正歯科関連コンテンツ

大人でも確実に歯が動くマルチブラケット装置で歯列のワイヤー矯正

大人でも確実に歯が動くマルチブラケット装置で歯列のワイヤー矯正

ワイヤー矯正はブラケットを各歯に接着し、ワイヤーの弾力性を使って歯を動かすシステムです。大人でも着実に歯を動かすことが出来る汎用性の高い方法です。ブラケットやワイヤーは白色のものや金属製のものがあります。動的治療期間は約2年で保定期間も同じ2年です…

歯列矯正で八重歯(犬歯)の抜歯はあり?eライン改善を目的に抜歯も

歯列矯正で八重歯(犬歯)の抜歯はあり?eライン改善を目的に抜歯も

歯列矯正で抜歯、非抜歯の決定にはフェイシャルタイプ分析とeラインを元に行います。乱杭歯の歯列で犬歯が八重歯でも犬歯を抜くことはありません。通常は小臼歯を抜歯します。親知らずが横に生えているとその萌出力が前歯まで伝わり、歯並びを悪くします。親知らずは抜歯が原則です。

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00 ×    
14:30~19:30 ×    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同じ時間で診療。最終受付時間は診療終了時間の30分前。

ブログを見る