診療メニュー:矯正歯科関連

子供の出っ歯(上顎前突)の
矯正治療に効果的なヘッドギア

皆様の健康をトータルサポート。

出っ歯の矯正装置にヘッドギアがあります。首にネックバンドを付けるサービカルヘッドギアと頭にヘッドキャップを被るハイプルヘッドギアの二つのタイプです。

ヘッドギアの効果は上顎骨の前方成長の抑制と上顎大臼歯を奥に移動することです。

子供の出っ歯の矯正で効果的なヘッドギア

顎外固定装置とは

顎外固定装置にはヘッドギア、チンキャップフェイシャルマスクなどがあります。ヘッドギアは上顎前突(出っ歯)に、チンキャップ、フェイシャルマスクは反対咬合(受け口)に使用します。


今日では、治療に対する抵抗感は薄れつつありますが、頭を固定源とする装置をつけることには、まだまだ「恥ずかしい」という意識があります。歯の大切さを理解し、気にせず暮らせるように周囲が環境を作ってあげましょう。


1

ヘッドギア矯正装置の種類と目的

サービカルヘッドギア

■ 上顎第1大臼歯の遠心移動

上顎第1大臼歯を奥側に移動させる(遠心移動)ことで出っ歯を治療します。

サービカルヘッドギアが使用出来るのは顔の骨格がブレーキフェイシャル傾向にある症例です。


■ 上顎骨の遠心移動

上顎骨自体を奥側に動かします。 これはオーソペディックなアプローチ(“整形外科的”という意味)で骨の位置そのものを変える手法です。


上記の上顎第1大臼歯を奥側に移動させる力よりももっと大きな力をかけます。


ハイプルヘッドギア

■ 上顎第1大臼歯のアンカレッジ(固定源)の強化と圧下

顔の骨格がドルリコフェイシャル傾向にある症例で小臼歯を抜歯して出っ歯を治療すると上顎第1大臼歯が手前側に移動しやすくなります。

また、上顎第1大臼歯の挺出(伸びだしてくること)が起こりやすく下顎が後下方へと回転してします。出っ歯が治らないばかりか、前歯がオープンバイト(開咬)になってしまいます。


そこでハイプルヘッドギアにより上顎第1大臼歯を圧下(歯茎の中に押し込む)させる力を働かせると同時に手前側に動かないようにします。

サービカルヘッドギア
サービカルヘッドギア

ネックバンドを首に付けゴムの力でほぼ水平に上顎第1大臼歯を後方に引きます。

やや上顎第1大臼歯の挺出傾向を伴うので噛み込む力が強いブレーキフェイシャルの症例でないと使えません。

ハイプルヘッドギア
ハイプルヘッドギア

ヘッドキャップを頭に付け、フェイスボウのアウターボウを斜め上方に取り付けます。

上顎第1大臼歯を後方に引く力は弱いですが、挺出することはありません。

噛み込む力の弱いドリコフェイシャル傾向にある出っ歯の症例に使います。

2

ヘッドギアとワイヤー矯正、バイオネーターとの併用

ヘッドギアとワイヤー矯正、バイオネーターとの併用

ヘッドギアとワイヤー矯正の併用

ヘッドギアは単独で用いることはほとんどなく、ワイヤー矯正(マルチブラケット装置)と併用して使われることが多いです。

ワイヤー矯正は一本一本の歯を目的の場所に動かすのに向いている装置です。

ヘッドギアとバイオネーターとの併用

ヘッドギアはバイオネーターと併用されることもあります。バイオネーターも出っ歯を治す取り外し式の矯正装置ですが、噛み合わせが深い子供の出っ歯で、下顎が後退している症例に向いています。

3

ヘッドギアの使い方

フィスボウの構造 インナーボウとアウターボウ
フィスボウの構造:インナーボウとアウターボウ

フェイスボウは口の中に入る部分のインナーボウと口の外に出るアウターボウから出来ています。

インナーボウの先端を上顎第1大臼歯に取り付けたスロットに自分で挿入します。

アウターボウは、先端のフック部分にゴムを引っかけ、後方に引く力を引き出します。

自分で行うインナーボウの挿入
自分で行うインナーボウの挿入

ヘッドギアは取り外し式の装置です。インナーボウの先端を第1大臼歯に取り付けたバンドのスロットに自分で挿入します。最初のうちは慣れないので難しいですが、慣れてくればすんなり入ります。

4

ヘッドギアの1日の使用時間

使用時間

■ 1日12時間以上を目標に

長時間使えば使うほど効果が出ます。学校にいる時や食事中、運動中などは外して、家にいる時、寝ている時も付けます。1日の使用時間は12時間以上を目標に頑張ってください。

5

ヘッドギアの効果のでる年齢と使用期間

ヘッドギアの開始時期は7、8歳から、遅くとも10歳

ヘッドギアの主な目的は上顎骨の前方への成長を抑制することです。上顎骨の成長が盛んな小学校2年生から3年生かけてヘッドギアを使うことで、さらに上顎骨自体が突出するのを抑え、出っ歯の前歯を後方へ移動するスペースの獲得が可能になります。

しかし、小学校六年生くらいになると上顎骨の成長は次第に小さくなりヘッドギアの効果は弱くなってきてしまいます。

個人差はあるものの出っ歯の原因が上顎骨が前方に過成長する骨格性のものであれば、治療開始のタイミングは非常に重要ということが出来ます。

ヘッドギアの使用期間

出っ歯の程度によりますが8ヶ月~1年半の装着期間が必要です。

6

ヘッドギア装着時の痛み

装着後数日間の痛み

治療開始時は痛みが出にくいように弱めの力で調整してあります。しかし、ヘッドギアを装着した日や矯正力を調整したから3日~4日間は、少し歯に痛みを感じることがありますが、その後はすぐに慣れます。ちょっとの間我慢して下さい。

7

大人のヘッドギアの使用

奥歯が前に動くのを防止

大人のヘッドギアの使用は、子供の時とは目的が根本的に異なります。成長が止まった大人では上顎骨自体を後方に動かすことはできません。そこで小臼歯を抜歯してスペースを作り、前歯と犬歯を後ろに引っ込めます。

その際に固定源になるのが第1大臼歯です。前歯と大臼歯の引っ張り合いによって歯を動かしますが、第1大臼歯が前の方に動いてしまえば、せっかく作ったスペースが不足してしまいます。

そのため、前歯を適切な分だけ引っ込めることが出来なくなってしまいます。そこでヘッドギアを使い第1大臼歯が前に動かないようにします。

ヘッドギアのご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

日本矯正歯科学会認定医の堀内洋輔が担当

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

矯正歯科関連コンテンツ

歯列矯正後の後戻りを防ぐ保定装置・リテーナー

歯列矯正後の後戻りを防ぐ保定装置・リテーナー

保定装置(リテーナー)は矯正で整った歯列の後戻りを防ぐ装置です。トゥースポジショナー、ベッグタイプリテーナー、フィックスドリテーナーなど様々な種類があります。原則、使用期間は動的治療期間と同じです。清潔にリテーナーを使うには義歯ブラシや洗浄剤が有効です…

出っ歯や開口症例の矯正治療に効果絶大の顎間ゴム

出っ歯や開咬症例の矯正治療に効果絶大の顎間ゴム

顎間ゴムはマルチブラケット装置を使用したワイヤー矯正で多用されます。上顎と下顎との間にゴムを掛けて歯の移動を行います。顎間ゴムは何種類もありケースによって使い分けます。ゴムの交換は必ず毎日1回行います。最初の2、3日は痛みが出ますが、次第に慣れてきます…

リンガルアーチ、トランスパラタルアーチ-よく使う固定式矯正装置

リンガルアーチ、トランスパラタルアーチ-よく使う固定式矯正装置

固定式矯正装置のリンガルアーチやトランスパラタルアーチは小臼歯の抜歯症例では大臼歯が手前側に動くのを防止するために使用します。さらにリンガルアーチは、乳臼歯の早期喪失時の保隙装置として、また弾腺による弾性力で少数歯の移動を行うことなどを目的として使用されます…

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly