診療メニュー:インプラント関連

インプラント治療の流れ、治療期間2ヶ~6ヶ月
保険が利く条件とは

皆様の健康をトータルサポート。

インプラントの治療の流れは、インプラントについての説明・問診・診査・資料取り、診断・治療計画説明、インプラント手術 1次オペ・2次オペ、インプラントと骨の結合を待ってジルコニアまたはメタルボンドを装着し治療完了です。

インプラントが保険適用となる条件とは?

インプラント治療の流れ

1

説明・問診・診査・資料取り

インプラント治療の流れ 説明・問診・診査・資料取り

① インプラントの治療説明 入れ歯やブリッジなどと比較し、それぞれの長所・欠点を説明します。

② 問診 インプラント手術の身体的リスク要因(全身的リスク、局所的リスク)の確認をします。

③ 口腔内審査 お口の健康状態をくわしく調べます。 虫歯や歯周病、歯の無い部分の骨の状態などを検査します。レントゲン撮影をすることで、より正確に診断することが可能です。

ご希望の方には、レントゲン撮影をして、詳細にご説明することができます。「保険証」をご持参願います。費用は、約1,500円程度となります。

④ 精密検査用の資料取り 治療の同意を得た方を対象に、上下歯列模型作成のための型取り(印象採得)・口腔内写真・パントモX腺・CTスキャナーなどの資料取りを行います。

2

診断・治療計画説明

インプラント治療の流れ 診断・治療計画説明

① 診断 各種検査結果をもとにインプラント治療の可否を診断します。

② 治療計画説明 精密検査での診断をもとに現在のお口の状態を説明し、いくつかの治療計画について説明と相談をいたします。

治療費は『治療計画書』にて明示しますので、ゆっくりご検討ください。
皆様に安心して治療を受けていただくために、治療に入る前に必ず治療に関する説明を十分に納得いただけるまで行うよう、心がけています。

3

インプラント手術 1次オペ・2次オペ

インプラント治療の流れ インプラント手術

《日本口腔インプラント学会の専門医・指導医が担当》

① インプラント手術 1次手術 正確、安全な手術を行うために医科用CTスキャンを撮影して、インプラント埋入部位、方向、深度などを決定いたし、サージカルステントを作製します。

2次手術 インプラントを埋入して3~4ヶ月ほど骨との結合(オッセオインテグレーションの確立)を待ち、2次手術を行います。

② 型を取り(印象採得) 仮歯(プロビジョナルレストレーション作製)を作ります。


4

上部構造(ジルコニア、メタルボンド)の装着

インプラント治療の流れ 上部構造(ジルコニア、メタルボンド)の装着

①人工歯冠作成 仮歯で問題ないことを確認した後、仮歯を外して、人工歯冠(ジルコニア、メタルボンド、金属など)作成のための型取りを行います。

② 人工歯冠装着 人工歯冠は多くの場合ネジ止めされます。

5

インプラントの治療期間

上顎の場合

インプラントを埋入してから4ヶ月~6ヶ月かかります。上顎の骨は、スポンジの様な柔らかい骨で出来ているので、インプラントと骨が結合するのにこのくらいの期間必要です。

下顎の場合

下顎の骨は硬くしっかりしているので、インプラントと結合する期間は2ヶ月~3ヶ月です。

骨とインプラントが結合出来たことを確認し、人工の歯を入れていきます。

6

インプラント治療に保険が利く条件とは?

保険適用になるケース

1)病気や第三者行為の事故によって、顎骨の3分の1以上が連続的に欠損した場合。

2)生まれつき1/3以上の顎骨が連続して欠損や形成不全がある場合。

3)先天的に上顎の1/3以上が連続して無く、鼻腔や副鼻腔と交通している場合

施設が満たす基準

1)歯科または歯科口腔外科の病床の数が20以上を完備している病院であること。

2)歯科または歯科口腔外科に5年以上の勤務経験がある、または、3年以上のインプラント治療の経験がある常勤歯科医師が2名以上いること。

3)宿直医や日直医が整備され、医療機器保守管理や医薬品の安全管理のための体制が整備されていること。

保険点数

・広範囲顎骨支持型補綴診断料:1,800点

・広範囲顎骨支持型装置埋入手術:二回法による手術: 一次手術:11,500点 二次手術:4,500点

・広範囲顎骨支持型補綴(インプラント義歯): ブリッジ形態のもの:18,000点 床義歯形態のもの:13,000点

※材料費 別

まとめ

大学病院なら施設基準を満たしますが、一般開業医の歯科医院ではこの条件を満たすクリニックはないでしょう。

上部構造(人工歯冠)

1

ジルコニアクラウンとメタルボンド

1-1

人工歯冠の種類

審美的なもの

1. ジルコニア製
2. セラミック製(メタルボンド)
3. ハイブリッドセラミック製
4. 硬質レジン製
5. レジン製

強度はジルコニア製が最も高く、順次下がりレジン製が最も低くなっています。


審美的でないもの

金属製 12%パラジウム合金、金合金など

1-2

ジルコニアクラウンの特徴

インプラントの上部構造ジルコニアクラウン

インプラントの上部構造に適する

ジルコニアクラウンは、 金属を全く使用しない 「 オールセラミッククラウン 」 の1種です。インプラントの上部構造としても使用することができます。

自然な透明感のある歯

ジルコニアは白く透過性があるため、光の透過性が天然歯に近いため、自然で見た目が美しい歯を創りだせます。 金属が溶け出すことによる歯茎の変色も起こりません。

高強度で長持ち

ジルコニア(二酸化ジルコニウム)は、スペースシャトルの断熱保護材、ポルシェのブレーキディスクや人工股関節のベアリングなどに用いられており、高強度の上に過酷な状況下での優れた耐久性、耐腐食性、生体親和性が証明されています。

今までのオールセラミックとは、比較にならないほどの強度を持つジルコニアを用いると長いブリッジにも対応可能で、強い力のかかる臼歯部ブリッジにも使用できるようになりました。

適合精度に優れる

CAD/CAMによりジルコニアのブロックを削りだして作製するため、鋳造歪を起こさず非常に安定した適合が得られます。

軽い

ジルコニアは貴金属の約3分の1と軽量なため、装着感が全然違います。 自然な噛み心地を体感することが可能です。

ジルコニアのブリッジをお口の中に入れたとしても、違和感がなく 自然な噛む力を回復してくれます。

金属アレルギーが起こらない

ジルコニアは金属イオンの溶出が起こらない材質のため 金属アレルギー が起こりません。 そのため、人工関節としても使われるほど、高い生体親和性があり人間の体に優しい材料です。

プラークが付きにくい

表面が滑らかで汚れにくく細菌の付着が少ないため、歯周病になるリスクを軽減できます。 インプラントにおいては最もよい修復法ということができます。

1-3

メタルボンドの特徴

インプラントの上部構造メタルボンドの特徴

メタルボンドの構造

メタルボンドは金属の内張りを作成して、その上にセラミック(陶材)を焼き付けます。 金属色を隠すためのオペークポーセレンを焼きつけ、その上に歯の色になるセラミック(陶材)を2層になるように焼き付けます。

メタルボンドは、自由に色や形を調整できますので、自然の自分の歯そっくりに仕上げることができます。 インプラントの上部構造(人工歯冠)としても使用されています。

メリット

・内側の金属に貴金属を使った場合には金属イオンの流失が少なく腐食しない。

・半永久的な美しさ・透明感がある。

・体への適合、形態にも優れている。

・磨り減らず、フレームが金属なので割れにくく、強度があり、ブリッジとしても使用できる。

デメリット

・銀、コバルトクロム、銅、ニッケルクロムなどの卑金属の含有量が高い金属を内側に使った場合には、金属が溶け出すことによる歯ぐきの黒紫変、金属アレルギーなどを引き起こすこともある。

・ジルコニアクラウンほどの強度がないため破折の危険性がある。

インプラントのご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

日本口腔インプラント学会専門医・指導医の山崎裕が担当

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

インプラント関連コンテンツ

インプラントのメリット・デメリット、入れ歯や差し歯との違いは?

インプラントのメリット・デメリット、入れ歯や差し歯との違いは?

インプラントは、失ってしまった歯の歯茎部分に人工の歯根を作ることで、自分の歯と同じような機能を持たせる治療法のことです。インプラントにはデメリットもあり、入れ歯やブリッジでの治療といった選択肢の中から自分にあった最良の治療法を選ぶことが重要です。…

インプラント手術中、術後のリスク・副作用やトラブル

インプラント手術中、術後のリスク・副作用やトラブル

インプラントの手術を行う際の全身的リスクとして高血圧、糖尿病、喫煙、骨粗しょう症など、局所的リスクとして口腔内清掃状況、歯周病、噛み合わせなどです。インプラントの手術中や術後に起こるトラブルは下顎管の損傷、上顎洞の穿孔などです。

インプラント治療で重要な上顎洞と下顎神経(下歯槽神経)との距離

インプラント治療で重要な上顎洞と下顎神経(下歯槽神経)との距離

インプラントの手術を安全に行うために上顎洞と下顎神経(下歯槽神経)との距離は大変重要です。サージカルステントを装着した状態でパノラマレントゲンやCTを使い各々の距離を測定します。インプラント用サージカルガイドでドリルの方向や深度を正確に操作出来ます。…

奥歯の6番・7番を抜歯後、そのまま放置すると

奥歯の6番・7番を抜歯後、そのまま放置すると

下の奥歯6番を抜歯後、そのまま放置すると下の7番が抜歯した所に傾斜してきます。そして、上の6番は抜歯した所に向け延び出してきます。噛み合わせが崩れると、うまく噛めなくなるばかりか、歯の間に隙間が出来て歯磨きがうまくいかず、歯周病や虫歯、あるいは顎関節症のリスクも上がります。一旦倒れてしまった下の6番を正常に治すには矯正治療が必要です。

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly