診療メニュー:インプラント関連

【歯をほとんど削らない接着ブリッジ治療】
保険適用の利点・欠点・費用

皆様の健康をトータルサポート。

歯のブリッジは、失った歯を残存歯を土台にして橋を架ける治療法です。

ほとんど歯を削らない接着性ブリッジも保険適用となっています。しかし、各種の条件を満たした場合のみ適用となります。

前歯では金属がやや露出してしまうデメリットがあります。

歯を抜いた後の治療法は様々あります。金属のバネがある保険の入れ歯、金属のバネの無いノンクラスプデンチャー(スマイルデンチャー)、両側の歯を削るブリッジ、両側の歯をあまり削らない接着ブリッジ、インプラントなのです。

保険適用の有無や費用の問題など、それぞれに長所・短所があるので治療法の選択には悩みますよね。

ここでは、歯のブリッジの中で、保険適用の接着ブリッジについて詳しく解説します。

目次


歯を削らない接着ブリッジの治療

1

接着ブリッジのメリット・デメリット

利点・土台となる歯を少し削るか、ほとんど削らない

天然の歯を少し削るか、僅かに削るだけなので歯に与えるダメージを最小に抑えられます。

削るとしても、エナメル質表面を少し削るだけなので、削っても痛みが起こりません。従って、麻酔をかける必要はありません。


欠点・外れやすい

接着剤でブリッジを付けるので強い力が掛かる所では脱離のリスクがあります。また、2歯欠損以上に接着ブリッジを適応すると脱離のリスクがかなり高まり、通常は治療の対象外となります。

脱離のリスクがあるため適応範囲が限定されます。

2

接着ブリッジの治療手順

接着ブリッジの治療手順
奥歯の接着ブリッジの治療手順

1.歯を抜歯した前後の歯を僅かに削ります。

2.型取りと高さ決めを行い、接着性ブリッジを製作します。

3.接着性セメントでブリッジを装着します。


※イラストの様なケースは、インレータイプのもので製作するのでインレーブリッジとも呼びます。イラストは金属で作ることを想定していますが、歯の色と同じ白色のジルコニアでも作成可能です。


インレータイプ接着ブリッジのリスク

天然歯を削る量が少ないと言っても象牙質まで到達する削除量になります。それでも、維持力が極めて弱いため脱離のリスクがあります。最も問題になるのは、ブリッジの1本が脱離して1本は接着されたままの状態になって使用を続けることです。


脱離したインレーの下の隙間に歯垢(プラーク)が溜まりやすく虫歯が発生し、急速に大きくなります。従って、余りお薦め出来る治療法ではありません。接着ブリッジがグラグラしてきたら要注意です。

3

保険適用の接着ブリッジ

保険適用される接着ブリッジの条件

1) 欠損部が1本のみであり、土台となる歯が最低1本は生活歯(神経のある歯)であること。

2) 接着ブリッジの土台となる歯が歯周病に罹患していないこと。

3) 土台となる歯が歯周病になっている場合であっても、歯周基本治療(歯石取りや歯周外科)などが終了し、歯周病検査により歯の動揺及び歯周組織の状態などから土台としての機能を十分に維持出来ると判断されたもの。

4) 生活歯(神経のある歯)のうち少なくとも1本はエナメル質のみに削る部分をとどめること。


保険適用の接着ブリッジのデメリット

1) 前歯に行った時には審美性の点において隣接面の金属が多少露出する可能性があります。金属の露出を少なくしようとすると脱離のリスクが上がります。

2) 前歯・奥歯を問わず強い咬合力が加わる場所では、従来の金属冠のブリッジに比べ脱離のリスクがかなり高まります。

3) 橋の部分(ポンティック)はレジン前装金属なので、色の変色が起こります。

4

保険適用外の接着ブリッジ

ヒューマンブリッジ

接着ブリッジの中で最もお薦め出来るものはヒューマンブリッジです。僅かに歯を削りますが、土台となる歯のアンダーカットを上手く使うことで、脱離のリスクをかなり抑えた設計になっています。3ピースから構成されています。


金属を主体として作るタイプ

金属で作るタイプで設計に柔軟性があります。しかし、前歯には金属が目立つので使用出来ません。


ジルコニア

ジルコニア性の接着ブリッジなので審美的に優れているので前歯のブリッジとして使用出来ます。また、強度があるので臼歯部にも使用可能です。

しかし、適合精度を上げるのが難しく、脱離しにくく作るのが大変困難です。


ファイバー固定ブリッジ

土台となる歯にファイバーを絡めるようにして接着します。前歯の場合には、審美的に十分とは言えないのが欠点です。


ウェルデンツ

全く歯を削らない取り外し式の白いタイプのブリッジ。むしろ入れ歯に近いものです。インプラントが骨に着くまでの期間、仮歯としての使用に適しています。

5

保険適用の接着ブリッジの費用

種類 金額 ※単位:円
前歯の接着ブリッジ 約6,700点、約21,000円
奥歯の接着ブリッジ 約6,000点、約18,000円

※一部負担金が3割のケースです。来院回数が数日かかる接着ブリッジ作製行程の一連の治療費を合算したものです。あくまでも一例を挙げたもので、個人個人で開きがあるので、おおよその費用と考えて下さい。

保険診療ではこの他にレントゲン撮影、歯周病の検査、歯周病の治療、初診料、再診療、各種指導料などが加算されます。

スポンサーリンク

歯のブリッジのご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

日本口腔インプラント学会専門医・指導医の山崎裕が担当

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜19:30 8:00〜18:00 8:00〜17:30

歯のブリッジ関連コンテンツ

歯をほとんど削らないヒューマンブリッジ

歯をほとんど削らないヒューマンブリッジ

ヒューマンブリッジは、前歯・奥歯共に適応出来る接着ブリッジの一種です。欠損した部分はセラミック製の白い歯で作るので審美的に美しく仕上がります。隣接する歯を殆ど削らないブリッジで、インプラントや入れ歯などの欠点を補う優れた治療法です。…

インプラント・入れ歯・ブリッジのデメリットとメリットの比較

インプラント・入れ歯・ブリッジのデメリットとメリットの比較

インプラントは、失ってしまった歯の歯茎部分に人工の歯根を作ることで、自分の歯と同じような機能を持たせる治療法のことです。インプラントにはデメリットもあり、入れ歯やブリッジでの治療といった選択肢の中から自分にあった最良の治療法を選ぶことが重要です。…

奥歯の6番・7番を抜歯後、そのまま放置すると

奥歯の6番・7番を抜歯後、そのまま放置すると

下の奥歯6番を抜歯後、そのまま放置すると下の7番が抜歯した所に傾斜してきます。そして、上の6番は抜歯した所に向け延び出してきます。噛み合わせが崩れると、うまく噛めなくなるばかりか、歯の間に隙間が出来て歯磨きがうまくいかず、歯周病や虫歯、あるいは顎関節症のリスクも上がります。一旦倒れてしまった下の6番を正常に治すには矯正治療が必要です。

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00 ×    
14:30~19:30 ×    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同じ時間で診療。最終受付時間は診療終了時間の30分前。

ブログを見る