診療メニュー:インプラント関連

【サイナスリフト・ソケットリフト】
上顎の骨量を増やすインプラントの併用手術

皆様の健康をトータルサポート。

サイナスリフトは上顎臼歯部位のインプラント埋入の際、上顎洞までの骨量が不足している時に行う手術です。

術式は上顎洞前面の骨を露出させ窓を形成し、上顎洞粘膜を持ち上げて人工骨やCGFを填入します。

ソケットリフトとの違いは上顎洞までの距離が決めてです。

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)とは

1

上顎奥歯のインプラントに併用するサイナスリフト

サイナスリフト(上顎洞挙上術)の動画
サイナスリフトとは

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)は、上顎の小臼歯から大臼歯にかけてのインプラントを行う際、上顎洞底部までの距離が十分に無いケースに人工的に骨を作る方法です。

術式は、頬粘膜を切開し上顎洞底部の粘膜を押し上げ、そこに出来た空間に自家骨や骨補填材を入れることで不足した骨を補う治療法です。

上顎洞底までの骨の厚みが5㎜以下でインプラントの固定が困難なケースに行われます。

骨の生成には6~12ヶ月の期間が必要ですが、インプラントの適応を大きく拡げることができます。

2

上顎洞と大臼歯・小臼歯の歯根との位置関係

2-1

上顎臼歯部の歯根は上顎洞に接近しているケースが多い

上顎臼歯部の歯根と上顎洞底部の位置関係
上顎臼歯部の歯根と上顎洞底部の位置関係。

このイラストでは小臼歯と大臼歯の歯根が上顎洞と接触している場合を表しています。

■ 歯がある時の上顎洞の位置

上顎骨には、上顎洞(サイナス)という大きな空洞が左右二つあります。蓄膿症はこの部分に起きる病気です。

上顎臼歯部の歯が抜歯されると歯根周りの歯槽骨は吸収され上顎洞との距離が短くなるのが一般的です。



2-2

上顎臼歯の歯を失うと上顎洞との距離が不足する

上顎洞が下に拡大して骨が不足した状態
上顎洞が拡大し、歯槽骨が吸収を受けて骨の高さが不足した状態

上顎第1大臼歯が無くなった状態の模式図です。上顎洞は拡大し、歯槽骨は吸収されて上顎洞との距離が短くなり、インプラントを埋入するための十分な骨がありません。

■ 歯を失った時の上顎洞底の位置

上顎の奥歯を失うと、上顎洞(サイナス)が拡大します。これは、歯があった周りの骨が吸収するからで、インプラントをするための十分な骨が不足しまう場合が少なくありません。  

この様な時に、上顎洞の空洞の粘膜を持ち上げてその中に人工的に骨を作るのがサイナスリフトです。



3

サイナスリフトの術式

上顎洞底部の膜を持ち上げて骨移植⇒インプラント埋入
上顎洞底部の膜を持ち上げて骨移植⇒インプラント埋入
浸潤麻酔

欠損歯の歯根相当部の歯肉頬移行部に浸潤麻酔を行います。

浸潤麻酔の薬液が注入される時の痛みを軽減するために事前に表面麻酔や針の無い麻酔器を使い針の刺入部位周辺に弱い麻酔を掛けておきます。


歯肉切開

歯肉を切開し、上顎洞前面の骨を露出させます。


骨の削除

骨を削る専用の器具を使い上顎洞粘膜(シュナイダー膜)が傷つかないように骨を削除し、上顎洞粘膜を露出させます。


上顎洞粘膜を挙上

上顎洞粘膜を持ち上げて、出来たスペースに人工骨もしくは自家骨を填入(ボーングラフト)します。

その際、血液を遠心分離器にかけて作った。CGFを混ぜて填入すると骨の出来が促進されます。


インプラント埋入

歯槽骨頂部から穴を開けてインプラントフィクスチャーを埋入します。



術後の腫れや痛み

手術直後は麻酔が切れると徐々に痛みが出てきます。2日目以降にやや腫れも出ることがあります。

手術による痛みや腫れ、その対処法については別ページで詳しく解説しています。

その他インプラント手術のリスクについては別ページをご覧下さい。

4

サイナスリフトのインプラントへの応用

4-1

上顎洞までの骨量が不足したケース

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)予定部位に5mmの鉄球を置き、パノラマレントゲン写真を撮影
サイナスリフト(上顎洞底挙上術)予定部位に5mmの鉄球を置き、パノラマレントゲン写真を撮影

直径5ミリの鉄球を参考にすると、インプラント埋入予定部位(上顎第2小臼歯、上顎第1大臼歯)の上顎洞底までの骨の高さは約5mm未満であることがわかります。

この骨量ではインプラントの埋入は不可能なので、上顎洞粘膜(シュナイダー膜)を持ち上げて出来た空間にCGFと人工骨を混ぜたものを填入し、骨を再生誘導します。

4-2

歯肉を切開し人工骨とCGFを混ぜたものを填入

インプラント埋入部位の歯肉を切開
インプラント埋入部位の歯肉を切開

矢印部分の歯肉を浸潤麻酔下で切開し、骨面を露出させ横幅約1~3cm程の骨を削除して窓を作ります。

窓からアクセスして上顎洞粘膜を破らないように注意深く剥がして持ち上げます。上顎洞底との間に出来た空間にCGFと人工骨を混ぜたものを填入します。

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)完了時
サイナスリフト(上顎洞底挙上術)完了時

上顎洞前面の骨を露出させ横長の窓を形成します。上顎洞粘膜を挙上し、出来たスペースにCGFと人工骨(Bio-Oss)を混ぜたものの填入が完了したところです。

白い顆粒状のものは人工骨です。

この症例では、インプラントの初期固定が可能と判断したので、同日にサイナスリフトの手術に加えインプラント埋入手術も行っています。



4-3

上部構造(アッバットメントと人工歯)の装着

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)予定部位に5mmの鉄球を置き、パノラマレントゲン写真を撮影
サイナスリフト部位に骨が再生誘導されインプラントが固定されているパノラマレントゲン写真

パノラマレントゲン写真には、上顎洞底部が上部に持ち上がっている様子が写っています。


インプラントの初期固定化が不可能なほど骨量が不足しているケースでは、サイナスリフト術後、上顎洞に骨が誘導再生されるまでの6ヶ月ほどの期間を待って、インプラント埋入手術を行います。


前症例の様に初期期固定が可能であれば、サイナスリフトと同時に、インプラント埋入手術を行います。


いずれにせよ、骨が再生誘導されてインプラントが完全に固定するまでに約6ヶ月必要です。6ヶ月後に2次オペを行いアバットメント(土台)と人工歯を装着し治療は完了します。


サイナスリフトの成功率

当医院でのサイナスリフトの成功率はほぼ100%です。現在のところ失敗例はありません。

5

サイナスリフトの費用

内容 金額(税抜き・税込み) ※単位:円
サイナスリフト(上顎洞底挙上術) 基本料金  \50,000~\200,000
(税込み \55,000~\220,000)

骨移植(大) \150,000 (税込み \165,000)

骨移植(中) \100,000 (税込み \110,000)

骨移植(小) \50,000 (税込み \55,000)

インプラントの各種手術費用も参照して下さい。

スポンサーリンク

ソケットリフトとは

1

上の奥歯のインプラントにソケットリフト

ソケットリフトはソケットリフターという器具で上顎洞底部の皮質骨とシュナイダー膜を同時に押し上げる

ソケットリフトの適応症は

上顎大臼歯部から小臼歯部へのインプラント埋入手術では、上顎洞底までの骨の高さが8mm以上必要です。

骨の高さが5mm~8mm程の場合にはソケットリフト法により埋入します。

一方、上顎洞底までの骨の高さが5mm未満の場合はサイナスリフト法でインプラントの埋入が行われます。

ソケットリフトの手順

ソケットリフト法の術式は、インプラントを埋入するため上顎洞底部まで開けられた穴からソケットリフターという器具で上顎洞底部の皮質骨とシュナイダー膜を同時に押し上げます。

金槌の様な器具でコンコンと杭打ちする様なイメージです。

そこに作られた空間に人工骨や骨補てん剤を押し込み、インプラントを入れる骨の厚みを確保する方法です。

手術の際シュナイダー膜を破らないようにしなければならないため3mmほどが骨の高さを増やせる限界です。

手術時間は短く、傷口が小さくて済むので術後の腫れや痛みも起こりにくいと言えます。

2

ソケットリフトの費用

内容 金額(税抜き・税込み) ※単位:円
ソケットリフト \60,000 (税込み \66,000)

インプラントの各種手術費用も参照して下さい。

サイナスリフト・ソケットリフトのご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

日本口腔インプラント学会専門医・指導医の山崎裕が担当

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜19:30 8:00〜18:00 8:00〜17:30

インプラント関連コンテンツ

【インプラント手術の流れ】手術中の痛み、手術時間、治療期間

【インプラント手術の流れ】手術中の痛み、手術時間、治療期間

インプラント手術には1回法との2回法(一次手術、二次手術)があります。インプラント手術中の痛みは麻酔によってほぼ起こりません。手術時間はインプラント1本当たり30分が目安です。治療完了までの期間は上顎で4ヶ月~6ヶ月、下顎で2ヶ月~3ヶ月です。…

骨造成(GBR)や骨移植(ボーングラフト)でインプラント適応症例が拡大

骨造成(GBR)や骨移植(ボーングラフト)でインプラント適応症例が拡大

骨造成・骨誘導再生「GBR」、骨移植(ボーングラフト)手術は、骨の厚みや量が少なくインプラントが出来ない場合、不足した部位の骨を人工的に作る治療法です。術式は、骨の不足部位にCGFと人工骨または自家骨を混ぜたものを入れ、人工メンブレン(膜)で覆います。…

【サイナスリフト・ソケットリフト】上顎の骨量を増やすインプラントの併用手術

【サイナスリフト・ソケットリフト】上顎の骨量を増やすインプラントの併用手術

サイナスリフトは上顎臼歯部位のインプラント埋入の際、上顎洞までの骨量が不足している時に行う手術です。術式は上顎洞前面の骨を露出させ窓を形成し、上顎洞粘膜を持ち上げて人工骨やCGFを填入します。ソケットリフトとの違いは上顎洞までの距離で決定します。…

インプラント・入れ歯・ブリッジのデメリットとメリットの比較

インプラント・入れ歯・ブリッジのデメリットとメリットの比較

インプラントは、失ってしまった歯の歯茎部分に人工の歯根を作ることで、自分の歯と同じような機能を持たせる治療法のことです。インプラントにはデメリットもあり、入れ歯やブリッジでの治療といった選択肢の中から自分にあった最良の治療法を選ぶことが重要です。…

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00 ×    
14:30~19:30 ×    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同じ時間で診療。最終受付時間は診療終了時間の30分前。

ブログを見る