診療メニュー:インプラント関連

前歯・奥歯のインプラント手術に
サイナスリフト、ソケットリフト、骨移植

皆様の健康をトータルサポート。

上の奥歯を失うと上顎洞が広くなりインプラントを固定する骨量が少なくなります。

自家骨や人工骨を入れて骨量を増やす手術がサイナスリフトやソケットリフトです。

上の前歯で骨の少ない時は骨移植を行います。下の奥歯は骨を広げる治療を行いインプラントを入れます。

目次


奥歯のインプラントにサイナスリフトとソケットリフト

1

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)とは

1-1

サイナスリフトの動画

上顎洞底部の粘膜を押し上げ、そこに出来た空間に自家骨や骨補填材を入れることで不足した骨を補う治療法が「サイナスリフト(上顎洞底挙上術)」です。

上顎洞底までの骨の厚みが5㎜以下でインプラントの固定が困難なケースに行われます。

骨の生成には6~12ヶ月の期間が必要ですが、インプラントの適応を大きく拡げることができます。

サイナスリフト(上顎洞挙上術)
2

上の奥歯のインプラントにサイナスリフト

■ 歯がある時の上顎洞の位置

上顎骨には、上顎洞(サイナス)という大きな空洞が左右二つあります。蓄膿症はこの部分に起きる病気です。  

上顎臼歯部の歯根と上顎洞底部の位置関係
上顎臼歯部の歯根と上顎洞底部の位置関係。


■ 歯を失った時の上顎洞底の位置

上の奥歯を失うと、上顎洞(サイナス)が拡大します。これは、歯があった周りの骨が吸収するからで、インプラントをするための十分な骨が不足しまう場合が少なくありません。  

上顎洞が下に拡大して骨が不足した状態
上顎洞が下に拡大して骨が不足した状態。


■ サイナスリフト+骨移植⇒インプラント埋入

サイナスリフトで持ち上げた上顎洞底部のシュナイダー膜の下に自家骨あるいは人工骨を填入(ボーングラフト)して骨を作ります。  

骨が出来たところにインプラントを埋入します。


上顎洞底部の膜を持ち上げて骨移植⇒インプラント埋入
上顎洞底部の膜を持ち上げて骨移植⇒インプラント埋入
3

上の奥歯のインプラントにソケットリフト

ソケットリフト

上顎洞底部の皮質骨とシュナイダー膜を同時に押し上げる

上顎大臼歯部へインプラントを埋入するのに上顎洞底までの骨の高さは8mm以上必要です。 骨の高さが5mm~8mm位の場合にはソケットリフト法により埋入します。

ソケットリフト法はインプラントを埋入するための上顎洞底部まで開けた穴からソケットリフターという器具で上顎洞底部の皮質骨とシュナイダー膜を同時に押し上げ、そこに作られた空間に人工骨や骨補てん剤を押し込み、インプラントを入れる骨の厚みを確保します。

手術の際シュナイダー膜を破らないようにしなければならないため3mmほどが骨の高さを得られる限界です。

手術時間は短く、傷口が小さくて済みますので術後の腫れや痛みも起こりにくいと言えます。 一方、上顎洞底までの骨の高さが5mm未満の場合はサイナスリフト法によりインプラントの埋入が行われます。

4

骨移植(ボーングラフト)とGBR

骨移植(ボーングラフト)とは

歯が抜けて数年が経過すると、顎の骨がやせて、インプラントを入れるスペースが不足し、インプラントを固定することができないことがあります。


特に下顎の奥歯や上下前歯の骨がやせてインプラントができないケースが多々ありました。しかし、ボーングラフト(骨移植)でインプラントが可能になりました。


移植する骨は、下顎親知らず近くの骨や下顎前歯下のオトガイ部から取って来ます。 自家骨以外にも骨補填材が使用され、自家骨と併用して使用することもあリます。


GBRとは

Guided Bone Regenerationの略。骨再生誘導法とも言い、歯肉と骨の間に膜を張りスペースを作ることで骨の再生を誘導する方法です。

骨移植(ボーングラフト)同様、骨の量が足りずインプラントの固定が困難なケースで行われます。


非吸収性膜

骨ができるまでの期間(6ヵ月以上)設置することで確実に骨の再生を期待することができます。非吸収性膜なので手術後6~8ヵ月後撤去します。


吸収性膜

GBR用に6カ月以上の吸収期間をうたった吸収性膜も販売されていますが、骨ができる前に吸収することもあり、十分な効果が期待できないこともしばしば経験します。


また、膜が潰れた状態で設置されると骨再生量が少なくなってしまいます。そこで、非吸収性膜に薄いチタンを組み合わせることで、スペースの確保が確実に行えるようにしたものもあります。


また、骨が不足している部分に、膜を用いて骨を作るスペースを確保し、その中に、骨のもとになるもの(自家骨や骨補填材)を詰めて骨の再生を促すこともされています。 CGFを混ぜて使用されることもあります。


前歯のインプラント

1

上の前歯に骨移植をしてインプラント

■ 歯を失うと骨が次第に溶ける

上顎前歯を喪失すると唇側の骨が次第に溶けていき、骨の厚みが不足してきます。

このままではインプラントはできません。

そこで、自分の骨を採取し、骨移植(ボーングラフト)とGBRを併用して骨を作ります。

 
上顎前歯が無くなると骨の厚みが不足した状態になる
上顎前歯が無くなると骨の厚みが不足した状態になる。
自家骨+骨補填剤+CGFを混ぜる
自家骨+骨補填剤+CGFを混ぜる

① 粉砕した自家骨あるいは自家骨と骨補填材とを混ぜたものにCGFを入れます。

② < 骨を採取する部位 >
* オトガイ部(下顎の前歯の下)
* 下顎枝(下顎骨の親知らずの奥の部分)
* 腸骨(おへその斜め下にある出っ張った腰骨の部分):大量に骨が必要な場合には全身麻酔下において行います。
* 脛骨(足の骨) 

CGFに骨移植(ボーングラフト)とGBR
バリヤー用の膜
バリヤー用の膜
  • ・バリヤー用の膜(ゴアテックスなどの膜)を適当な形に切ります。
自家骨+骨補填剤+CGF
自家骨+骨補填剤+CGF
  • ・前歯の唇側に吸収が起こっている所に、自家骨のブロックを移植し、周囲の隙間に事前に用意した粉砕した自家骨+骨補填剤+CGFを混ぜたものを詰め、膜で覆います。骨移植のブロックは、動かないようチタン製のスクリューで固定します。
インプラントの埋入
インプラントの埋入
  • ・骨の移植をして約6ヶ月後位で骨移植した骨と前歯の骨とが一体化します。スクリューを除去し、インプラントを埋入します。


下の奥歯のインプラント

1

下の奥歯にインプラントするためのリッジエキスパンジョン

細いボーンスプレッダーから順次太いもので骨を拡大します
ボーンスプレッダー

インプラントを埋入する際、その部位の骨の高さは十分でも幅が不足していることがよくあります。特に下の奥歯で骨が薄くてインプラントを入れられないことがあります。

このような症例に対して行われる手法に「リッジエキスパンジョン」というものがあります。

細いボーンスプレッダーから順次太いもので骨を拡大します。

ボーンスプレダーによる骨の幅の拡大
ボーンスプレダーによる骨の幅の拡大

ボーンスプレダーという器具を使って、手指によるインプラント窩を段階的な圧縮・拡大・形成します。

骨が不足している症例に対して行われるGBR(骨の不足しているところに特殊な膜を貼る)より確実にインプラントを成功させます。



2

下の奥歯のインプラントと下顎神経や血管の走行

上・下顎骨模型 : 下顎管の中を走る(白:神経 赤:動脈 青:静脈) オトガイ孔 上顎洞底までの骨量
上・下顎骨模型 : 下顎管の中を走る(白:神経 赤:動脈 青:静脈) オトガイ孔
下顎管(太い神経)

・下顎骨の中を太い下歯槽神経が走ります。神経を傷付けないようにインプラントを埋入する必要があり、下顎管までの距離の把握が重要です。

・骨の高さが十分になければインプラントを埋入出来ないこともあります。

・下顎小臼歯近くに神経が下顎骨から唇側に出る穴「オトガイ孔」があります。ここも付けないように十分な注意が必要な場所です。


サイナスリフトのご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師 深沢一
お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

インプラント関連コンテンツ

インプラントの一次手術・二次手術・手術時間

インプラントの一次手術・二次手術・手術時間

インプラントの手術には1回法と2回法があります。1回法はインプラント本体と土台が一体化したものを埋入します。 2回法はインプラントの本体を骨の中に埋入し、骨との結合を待って土台を結合していく方法です。2回法は一次オペと二次オペの2回の手術が必要です。…

インプラント治療の流れ、治療期間2ヶ~6ヶ月、保険が利く条件とは

インプラント治療の流れ、治療期間2ヶ~6ヶ月、保険が利く条件とは

インプラントの治療の流れは、インプラントについての説明・問診・診査・資料取り、診断・治療計画説明、インプラント手術 1次オペ・2次オペ、インプラントと骨の結合を待ってジルコニアまたはメタルボンドを装着し治療完了です。インプラントが保険適用となる条件とは?…

前歯や奥歯をブリッジで治療、歯をほとんど削らない接着ブリッジとは

前歯や奥歯をブリッジで治療、歯をほとんど削らない接着ブリッジとは

歯のブリッジは、失った歯を残存歯を土台にして橋を架ける治療法です。前歯はセラミックの白い歯で作れますが、保険は効きません。レジン製なら犬歯~犬歯は保険適用です。ブリッジの欠点は天然歯を沢山削ることですが、ほとんど歯を削らない接着性ブリッジもあります。…

インプラントのメリット・デメリット、入れ歯や差し歯との違いは?

インプラントのメリット・デメリット、入れ歯や差し歯との違いは?

インプラントは、失ってしまった歯の歯茎部分に人工の歯根を作ることで、自分の歯と同じような機能を持たせる治療法のことです。インプラントにはデメリットもあり、入れ歯やブリッジでの治療といった選択肢の中から自分にあった最良の治療法を選ぶことが重要です。…

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly