診療メニュー:インプラント関連

インプラントの一次手術・二次手術・手術時間

皆様の健康をトータルサポート。

インプラントの手術には1回法と2回法があります。

1回法はインプラント本体と土台が一体化したものを埋入します。

2回法はインプラントの本体を骨の中に埋入し、骨との結合を待って土台を結合していく方法です。2回法は一次オペと二次オペの2回の手術が必要です。

インプラント手術

1

インプラント手術1回法

1-1

1回法のメリット・デメリット

メリット

・一回の手術で終わるため患者さんにとっての負担(治療費や外科的侵襲)が軽くて済みます。


デメリット

・一回法はフィクスチャー(インプラント本体)とアバットメント(土台)が一体になっています。

インプラントが骨に結合した後、アバットメント上部が歯肉の上に出てしまうことがあります。

そのため、審美性要求度の低い大臼歯部に使用することが多く、前歯部ではアバットメントの高さを選べる二回手術法が主に選択されます。 

1-2

1回法の手術の流れ

1. 局所麻酔をして歯肉を切開、剥離し歯槽骨を露出させます。

2. ドリルでインプラントを埋入する穴を所定の深さと太さまで掘ります。

3. インプラントをねじ込むように埋入します。

4. インプラント本体(フィクスチャー)にヒーリングキャップを装着し、剥離した歯肉を縫合します。ヒーリングキャップはインプラント周囲の歯肉の治癒を促すためのもので、歯肉表面すれすれに頭出しをしておきます。

5. インプラントが骨に結合するのに必要な期間、上顎で(4ヵ月~6ヵ月)、下顎では(2ヵ月~3ヵ月)待ちます。

6. インプラントが骨に結合したことを確認した後、ヒーリングキャップを取り外し、アバットメント(土台)を装着します。

7. 印象(型どり)を採り、咬合採得(上下の咬み合わせの決定)を行って、ジルコニアなどの素材で人工歯冠を製作し、アバットメント(土台)に装着して治療完了です。

一回法の手順
2

インプラント手術2回法

2-1

2回法のメリット・デメリット

メリット

1.インプラントを埋入してから2カ月~6カ月の期間、可能な限りインプラントに外力を与えないことで、骨とインプラント本体が結合(オステオインテグレーション)しやすいこと。

2.感染リスクを最小限にとどめることが出来ること。

3.アバットメント(土台)の高さを選べるので審美性が要求される前歯に向いています。


デメリット

2回の手術が必要なので体に負担がかかること、通院する手間がかかること、費用が増すことなど。

2-2

2回法 一次手術

1~3. 一回法と同じ。

4. インプラント本体(フィクスチャー)に高さの低いヒーリングキャップを装着し、歯肉の中に埋没させた状態で切開剥離した歯肉を縫合します。

5. 一回法と同じ。

二回法の手順
2-3

2回法 二次手術

1. インプラント本体を埋入した直上部分の歯肉を切開剥離し、ヒーリングキャップを取り外し、アバットメント(土台)を装着し、歯肉を縫合します。

2. 印象(型どり)を採り、咬合採得(上下の咬み合わせの決定)を行って、ジルコニアなどの素材で人工歯冠を製作し、アバットメント(土台)に装着して治療完了です。

3

使用インプラント

プラトンインプラント

日本製のインプラントを使用

「プラトンインプラント」は、現場の歯医者が、実際に治療することを前提に、患者の要望や負担も考慮に入れた上で作られています。

日本人向けに開発された低コストでシンプルな「プラトンインプラント」(プラトンジャパン社)は純チタン製で、様々なケースに合わせて多様なタイプが開発され、歯や顎の状態によって、使い分けることができます。

4

手術時間

インプラントの手術時間

1本のインプラント埋入に約30分

インプラントを1本埋めるのにかかる時間は約30分です。

ただし、術前に麻酔をかける時間や術後の歯茎を縫う時間などを合わせるので1時間のアポイントをお取りします。

実際、患者さんが口を開けている時間は10分~20分です。

骨量が足らない場合に行うサイナスリフトや人工骨などを入れる処置はプラス30分くらいを目安にしてください。

本数が増えると1本当たり20分加算と考えてください。

インプラント手術のご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

日本口腔インプラント学会専門医・指導医の山崎裕が担当

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

インプラント関連コンテンツ

前歯・奥歯のインプラント手術にサイナスリフト、ソケットリフト、骨移植

前歯・奥歯のインプラント手術にサイナスリフト、ソケットリフト、骨移植

上の奥歯を失うと上顎洞が広くなりインプラントを固定する骨量が少なくなります。自家骨や人工骨を入れて骨量を増やす手術がサイナスリフトやソケットリフトです。上の前歯で骨の少ない時は骨移植を行います。下の奥歯は骨を広げる治療を行い、インプラントを入れます。…

インプラント治療の流れ、治療期間2ヶ~6ヶ月、保険が利く条件とは

インプラント治療の流れ、治療期間2ヶ~6ヶ月、保険が利く条件とは

インプラントの治療の流れは、インプラントについての説明・問診・診査・資料取り、診断・治療計画説明、インプラント手術 1次オペ・2次オペ、インプラントと骨の結合を待ってジルコニアまたはメタルボンドを装着し治療完了です。インプラントが保険適用となる条件とは?…

インプラント術後の痛み腫れ・インプラント周囲炎を起こさないために

インプラント術後の痛み腫れ・インプラント周囲炎を起こさないために

インプラント手術中の痛みは麻酔でコントロール出来ます。手術後1~2週間、または数年経ってからの痛みや腫れ、違和感はインプラント周囲炎がほとんどです。 術後感染を起こさないようにするために守らなければいけないいくつかのことがあります。

インプラント手術中、術後のリスク・副作用やトラブル

インプラント手術中、術後のリスク・副作用やトラブル

インプラントの手術を行う際の全身的リスクとして高血圧、糖尿病、喫煙、骨粗しょう症など、局所的リスクとして口腔内清掃状況、歯周病、噛み合わせなどです。インプラントの手術中や術後に起こるトラブルは下顎管の損傷、上顎洞の穿孔などです。

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly