診療メニュー:インプラント関連

【歯のインプラント治療とは】
歯周病(インプラント周囲炎)になり易いのでPCR検査を

皆様の健康をトータルサポート。

歯のインプラントとは歯茎を切開してチタン製の人工歯根を骨の中に入れ、人工歯冠を装着する治療法です。

インプラントは天然歯以上に歯周病(インプラント周囲炎)になり易いので、術前の歯周病菌のPCR検査はリスク診断に有効です。

インプラントが保険適用になる場合もあるのでご相談下さい。

歯のインプラント治療とは

1

歯科インプラントの構造

歯科インプラントの構造
顎の骨に人工歯根を手術して埋入し、人工歯を装着

イラストは前歯にインプラントを埋入し人工歯冠を装着した状態です。

■ インプラントは人工歯部と人工歯根部で構成

歯科インプラントは自分の歯と大変によく似た構造をしていて、歯冠部と歯根部とから構成されています。

インプラントとは、重度の歯周病(歯槽膿漏)で抜け落ちたり、大きな虫歯・残根(C4)外傷などで自分の歯を抜歯した時に、無くなった場所の顎の骨に麻酔下で身体になじむ素材(チタン製)で作られた人工歯根の埋入手術を行います。

多くの場合、人工歯根と骨の結合を待って、その上に人工歯冠(ジルコニア製、セラミック製など)を装着し、かみ合わせを回復させる治療方法です。


■ 歯科インプラントは保険が効かず自費診療

現在は高度先進医療に当たるため保険適応外で、全額自費診療となっています。

ただし、特殊な条件が揃えば保険適用となります。下記を参照。

2

インプラント治療のステップ

インプラント治療は3段階

■ ステップ1 手術

局所麻酔下において歯茎を切開し、骨面を露出させます。細いドリルから太いドリルへとサイズを上げていき、骨の中に所定の深さと径の穴を開けます。 その穴に人工歯根のインプラント体(フィクスチャーと言う)をねじ込むか、鎚打ちして植え込みます。


■ ステップ 2 アバットメントの装着

フィクスチャーが骨と結合(下顎で3ヶ月以上、上顎で6ヶ月以上)したら人工歯冠の支台部(人工歯冠の土台となるパーツで、アバットメントと言う)を装着します。


■ ステップ 3 人工歯の装着

アバットメントに人工歯冠を装着(ネジを回して固定、またはセメント接着)して治療は終了です。


ネジが緩むことがあります。また、インプラントも歯周病になるため定期的(少なくとも、3ヶ月に一度)なメンテナンスが必要です。



インプラント治療のステップ
3

インプラントと天然歯との違い

インプラントと天然歯との違いは歯根膜の有無
インプラントと天然歯との違い

イラストは、インプラント(フィクスチャー)が骨と完全に結合した状態を示しています。

一方、天然歯は歯根の周りに歯根膜があることを示しています。

■ 天然歯には歯根膜がある

天然歯の構造は歯冠部、歯根部からできています。 歯根部は骨の中に埋まっていて、歯根の周りに存在するセメント質から延び出すシャーピー繊維という結合組織によって骨と結合しています。その構造全体を歯根膜と呼んでいます。

歯根膜は50ミクロンほどの厚みがあり、歯根膜を構成するシャーピー繊維によって歯に加わった過剰な力を緩衝するクッションの作用を持っているだけでなく、感覚受容器(神経)が入っているため、噛んだ時、その食物に触れた瞬間に噛む力をコントロールする能力を有しています。

たとえば、食物の中に石が入っていた場合、石を咬んだ瞬間に噛むことを中止することが出来るのは歯根膜のお陰というわけです。


■ インプラントには歯根膜はない

インプラントは骨と完全に結合するので、天然歯にある歯根膜の様な構造物は存在しません。 そのため、人工歯根の噛む力は自分の歯とほとんど同じですが、感受性は1/10 程に低下します。

しかし、感受性の低さを顎骨自体が補っているという研究報告もなされています。

したがって、噛むことに対しては、さほどの不自由さを感じないのが普通です。

インプラントも歯周病(インプラント周囲炎)になります

1

インプラント周囲炎のリスク診断・PCR検査

インプラントの歯周病(インプラント周囲炎)のレントゲン画像
1

インプラントの歯周病(インプラント周囲炎)とは

レントゲン写真はインプラント周囲炎によりインプラント周囲の骨が3分の1程溶けてしまった状態です。

インプラントも天然歯と同じようにインプラント周囲に炎症が起こります。これをインプラントの歯周病なのでインプラント周囲炎と呼びます。

歯周病では歯周ポケット内で増殖した歯周病菌が歯周組織を破壊していきます。特に、レッドコンプレックスと呼ばれる歯周病菌群が大量に感染している人の場合には歯周病が重症化しやすいことが分かっています。

この様に歯周病菌を大量に持っている方がインプラントの治療をすればインプラント周囲炎になりやすいと言えます。

インプラントも天然歯同様に歯茎との接合部から細菌が侵入し、インプラント周囲炎を起こします。

インプラント周囲炎の初期症状は歯肉の炎症や出血ですが、自覚症状が無いため放置しがちで、気づかない内にインプラントを支えてる骨が溶け始めます。3分の2以上の骨が溶けるとインプラントが動揺を起こします。

さらに症状が進行するとインプラントの撤去が必要となります。

2

歯周病菌のPCR検査

インプラントをする前に歯周病菌のPCR検査でインプラント周囲炎のリスク判定が可能です。

PCR検査で重度歯周病を引き起こす細菌群が検出されれば、インプラント周囲炎を引き起こす確率が高まります。

そのような方は、インプラント治療前に除菌・殺菌を行うことをお薦めします。

3

インプラント周囲炎が起こる原因

重度歯周病を引き起こす歯周病菌を大量に保有しているとインプラント周囲炎になりやすいことは説明しましたが、それ以上にインプラントの治療後、歯磨き不足や歯科クリニックでのメンテナンスが十分になされないことが最大の原因です。

インプラントは歯根膜が無いため天然歯以上に歯周病になりやすい欠点を有しています。

従って、歯周病のメンテナンス以上に念入りな歯科医院における定期管理(最低でも3ヶ月に1回)が必要です。

インプラント周囲炎の治療法

歯周病の治療法に準じます。基本的にはインプラント体の研磨と歯石除去3DSセラピー次亜塩素酸水による除菌、抗生物質による殺菌などが主な方法になります。

歯のインプラントのご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

日本口腔インプラント学会専門医・指導医の山崎裕が担当

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜19:30 8:00〜18:00 8:00〜17:30

インプラント関連コンテンツ

【サイナスリフト・ソケットリフト】上顎の骨量を増やすインプラントの併用手術

【サイナスリフト・ソケットリフト】上顎の骨量を増やすインプラントの併用手術

サイナスリフトは上顎臼歯部位のインプラント埋入の際、上顎洞までの骨量が不足している時に行う手術です。術式は上顎洞前面の骨を露出させ窓を形成し、上顎洞粘膜を持ち上げて人工骨やCGFを填入します。ソケットリフトとの違いは上顎洞までの距離で決定します。…

【インプラント治療の流れ】治療期間や保険適用となる条件は?

【インプラント治療の流れ】治療期間や保険適用となる条件は?

インプラント治療は、まず相談・説明を行います。治療を行うと決めたら問診・診査・資料取りと進み、診断・治療計画・治療費の説明を行います。手術は 1次オペと2次オペの2回で、骨との結合を待ってジルコニアまたはメタルボンドなどを装着し治療終了です。また、インプラントが保険適用となる条件とは?…

インプラント手術後の痛み腫れが続く期間と痛み止めが効かない時の対処法

インプラント手術後の痛み腫れが続く期間と痛み止めが効かない時の対処法

インプラント術後の痛みや腫れが続く期間は約1週間、ピークは2日後に来ます。なかなか腫れが引かない場合は、自家骨移植や上顎洞底挙上術などの治療で起こりやすく、消退するまでの期間も延長します。痛み止めが効かない時の対処法や術後の痛みや腫れが起こりにくい生活習慣とは。

インプラント手術のリスクや副作用を熟知した上で安全に行う方法

インプラント手術のリスクや副作用を熟知した上で安全に行う方法

インプラント手術のリスクは下顎神経(下歯槽神経)の穿孔や貫通、オトガイ下動脈・舌下動脈の断裂による出血での窒息事故。上顎洞の穿孔やインプラント体の迷入(落ちる)などです。安全に行うには、上顎洞や下顎管の距離をCTで測定しサージカルガイドの使用が有効。

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00 ×    
14:30~19:30 ×    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同じ時間で診療。最終受付時間は診療終了時間の30分前。

ブログを見る