診療メニュー:インプラント関連

インプラント手術後の痛み腫れが続く期間と
痛み止めが効かない時の対処法

皆様の健康をトータルサポート。

インプラント術後の痛みや腫れが続く期間は約1週間、ピークは2日後に来ます。

なかなか腫れが引かない場合は、自家骨移植や上顎洞底挙上術などの治療で起こりやすく、消退するまでの期間も延長します。痛み止めが効かない時の対処法や術後の痛みや腫れが起こりにくい生活習慣とは。

インプラント手術後の痛み腫れが続く期間

1

インプラント術後2日目が腫れのピーク

インプラント手術後の痛みや腫れが続く期間とピーク
インプラント手術後の腫れの経過

インプラント手術当日から僅かな腫れが出現し、24時間後にはかなり腫れます。そして、2日目から3日目がピークになります。

その後、腫れは徐々に消退していき約1週間で消失するのが一般的です。腫れの程度は骨をどれだけ削ったかなど、外科的侵襲が強くなるほどより大きくなります。


痛みの程度は、腫れに半日~1日先行する

痛みは、腫れの程度に半日~1日先行する様に変化します。「手術当日にやや痛みが出たので痛み止めを飲んだが次の日には痛みは殆ど無くなった」という人が多いです。

頻度は少ないですが、3日間ほど痛み止めを飲み続けたという人もいます。

2

骨を作る手術で痛みや腫れが起こり易い

インプラント手術後の痛み腫れや違和感は骨を作る手術で痛みや腫れが起こり易い

自家骨移植やサイナスリフトで痛みや腫れが起こり易い

2本くらいまでの小範囲のインプラント埋入手術なら腫れや痛みが強く出ることは稀で、違和感程度で終わることが殆どです。

埋入インプラントが3本以上の場合や、自家骨移植サイナスリフト(上顎洞底挙上術)などの骨を増やす(作る)治療を行った時に強い痛みや腫れがなかなか引かないことがあり、解消するまでの期間は伸びる傾向にあります。

自家骨移植やサイナスリフトの術後は、真横に生えた下顎親知らず(水平埋伏智歯)の抜歯と同じような痛みや腫れ方をします。

腫れや痛みは生理的な反応なので、心配する必要はありません。また、投薬された抗生物質や痛み止めを飲むことで、症状の改善が図られます。

3

手術中の痛み

インプラント手術中は、局所麻酔で痛みはありません

局所麻酔の効果で痛みは起こりません

局所麻酔を掛けるのでインプラントの手術中に痛みが起こることはほとんどありません。

また、注射の痛みも表面麻酔や針の無い麻酔器を使うので殆ど痛みなく行うことが出ます。

自分は「麻酔が効きにくい」と話す患者さんもいますが、話を良く聞くとほとんどのケースで、炎症がある場所の治療を行った時です。炎症があると組織が酸性に傾き、麻酔が効きにくいことがあるからです。

インプラント手術は、炎症が無い所に行いますから麻酔が効きやすく痛みが起こりにくいと言えます。

痛み止めが効かない場合の対処法

1

痛み止めの種類の変更や増量

痛み止めを変更する

痛み止めは、ボルタレンかロキソニンが処方されます。一般的にボルタレンの方が効きが良いとされていますが、人によってロキソニンの方が効果が高い場合もあります。


通常、インプラント手術をした次の日に消毒するため来院してもらいますが、痛みがまだ続くようなら、痛み止めの処方を変える場合もあります。


痛み止めを増量する

痛み止めは、痛みの程度に合わせて増量することが可能です。下記に1回に飲んでも良い量を記載します。

インプラント手術後の痛み止めが効かない場合の対処法

ボルタレン(25mg)を飲んでも良い1回量と1日量

ボルタレン1錠には25mgの主成分が含まれます。年齢・症状により適宜増減してかまいませんが、成人では痛い時に飲む飲み方(頓用)の場合、1回2錠(50mg)を上限として服用します。

痛みが止まらない時は、6時間開けて2錠飲みます。原則として1日2回まで1日最大4錠(100mg)が限度です。

これ以上飲むと副作用が強く出る場合があります。また、可能な限り空腹時の服用は避けてください。

ロキソニン(60mg)を飲んでも良い1回量と1日量

ロキソニン1錠には60mgの主成分が含まれます。年齢・症状により適宜増減してかまいませんが、成人では頓用の場合、1回2錠(120mg)を上限として服用します。

痛みが止まらない時は、5~6時間開けて飲みますが、原則として1日2回まで1日最大3錠(180mg)が限度です。

これ以上飲むと副作用が強く出る場合があります。また、可能な限り空腹時の服用は避けてください。

アスピリン喘息のある人、または過去にアスピリン喘息になったことがある人は強い副作用が出るため禁忌です。

2

湿布薬(冷えピタ)の使用

インプラント手術後の腫れや痛みを和らげる冷えピタ
ポイント

術後24時間以内なら湿布薬の使用は可能

インプラント手術後、2日目以降に腫れたほっぺたを氷で冷やしたり、熱いタオルで暖めたりするのは基本的にNGです。

24時間以内なら「冷えピタ」のような湿布薬を使うか、水で濡らしたタオルで冷やす程度なら多少の効果があります。

ただし、血液循環を阻害し、治癒を遅らせるする可能性があるため24時間を超えてからは行わないようにしてください。

術後の痛みや腫れを起こりにくくする方法

1

インプラント術前と当日の注意事項

インプラント手術前日と当日の注意事項

1) 十分な睡眠

前日は睡眠を充分とり、体調を整えてください。体調不良で手術を行うと術後の痛みが起こりやすくなります。

2) 禁酒

手術日前後(2週間前から2週間後まで)の飲酒は控えてください。術後感染を起こしやすい為です。

3) 禁煙

術後感染を起こしやすいので手術前後の喫煙は控えてください。(理想的には手術前の2週間と術後の2週間は禁煙)

喫煙は毛細血管を収縮させるため免疫力が低下します。

4) 術前の注意

爪は短く、マニキュア、口紅はつけないでください。義歯や装飾品はお外しください。

2

インプラント術後の注意事項

インプラント手術後の注意点

1) うがい

手術後24時間はうがいをできるだけしないでください。出血が起こる危険があります。

2) 薬(痛み止めと抗生物質)

お薬は指示通りにお飲みください。直後に鎮痛剤を飲んでいただきますが、痛むときは5~6時間以上あけて鎮痛剤をお飲みください。 お渡しした抗生物質は、完全に服用してください。

※ 痛みや腫れが無いからといって抗生物質を途中で服用をやめると術後感染を起こすリスクが上がります。

3) 麻酔

麻酔が効いている間は食事をしないでください。(通常は2時間ほどで切れます。) 誤って舌や頬、唇を咬んでしまいますので。

4) 歯磨き

術後当日は、歯磨きはしないでください。翌日からは、腫れや痛みがある部位を避けて磨いてください。 直接指で触れたり縫合糸をひっぱったりしないでください。

5) 食事

2~3日はスープやおかゆなど柔らかいものを食べてください。反対側で噛むようにして食事をしましょう。下記に食事の仕方の詳細を記しています。

6) アザの出現

術後、頬、顎、クビなどに内出血のアザができることがあります。数日で自然に消えるのでご安心ください。

7) 風呂・酒・喫煙・運動

手術後のその日は、シャワー程度にしてください。 2週間は、飲酒や喫煙などは控えて体調を整えてください。 過激な運動も24時間は避けましょう。 術後1~2週間で抜糸します。

インプラント術後数年後の痛みや違和感

1

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎で歯槽骨が溶ける

インプラントの周囲に歯周病の様な症状が出る

インプラントを埋入してから1~2週間後、あるいは数年経つと違和感や痛みが起こることがあります。そのほとんどがインプラント周囲炎です。

インプラント周囲炎は、歯周病と非常に似ていて、インプラントの周囲の骨が溶けていくのが特徴です。同時にインプラント周囲から出血したりもします。

骨の溶ける量が増えるとインプラントがグラグラし、噛んだ時の痛みや違和感といったものが強く出ます。インプラント周囲炎を防ぐには、歯周病の予防と同じ口腔ケアが必要です。

スポンサーリンク

インプラント手術後の食事について

1

術後1週間~10日間の食事

通常の食事は困難です

複数のインプラントを一度に埋入したり、骨の移植などをした場合など外科的侵襲が強ければ強いほど、抜糸までの1週間~10日は義歯の装着が出来ません。


また、痛みにより通常の食事を摂ることに困難が生じる事があります。

2

軟食の作り方のポイント

インプラント後の柔らかい食事の作り方

術後は十分な栄養摂取を心掛けよう

1) 術後の回復期なので、栄養をしっかり摂取することが重要です。

→特にたんぱく質とカルシウムを多めに! (目安は 牛乳・乳製品=1日 800cc、卵=1日 1個)

2) 1日に必要なカロリー(通常 約2,000~2,500Kcal)がとれるように、1日に何回かに分け、食べたい時・食べられそうな時に積極的に摂取すること。

3) 食事は全体を薄味にし、香辛料・アルコール・炭酸飲料・極端に熱い物冷たいものなど口腔粘膜を刺激するものを避ける。

4) 軟食を作る際は、繊維の少ない食品を選び、野菜の皮などは噛み切りにくいのでむいてから調理をする。

5) 魚は加熱しても柔らかく軟食に適しているが、小骨に注意する。

6) 市販の介護食の利用も便利です。

3

各種栄養素

栄養素 効能・効果
たんぱく質 創傷治癒の過程において、通常の2倍良質たんぱく質が必要です。 …魚介類・肉類・卵類など。
カルシウム ビタミンD・マグネシウムとあわせて摂取することで、効率よく吸収されます。 …乳製品・魚介類など。
ビタミン 粘膜の生成・術後の免疫力の向上に重要です。 …野菜・果物など。インプラント手術の術前・術後に高濃度ビタミンC点滴が大変有効です。
亜鉛 創傷治癒(傷をふさぐコラーゲンの生成に必要なミネラル),免疫機能・味覚・嗅覚を正常に保つのに役立ちます。 …かき・うなぎ・小麦胚芽など。

インプラントのご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

日本口腔インプラント学会専門医・指導医の山崎裕が担当

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜19:30 8:00〜18:00 8:00〜17:30

インプラント関連コンテンツ

【サイナスリフト・ソケットリフト】上顎の骨量を増やすインプラントの併用手術

【サイナスリフト・ソケットリフト】上顎の骨量を増やすインプラントの併用手術

サイナスリフトは上顎臼歯部位のインプラント埋入の際、上顎洞までの骨量が不足している時に行う手術です。術式は上顎洞前面の骨を露出させ窓を形成し、上顎洞粘膜を持ち上げて人工骨やCGFを填入します。ソケットリフトとの違いは上顎洞までの距離で決定します。…

骨造成(GBR)や骨移植(ボーングラフト)でインプラント適応症例が拡大

骨造成(GBR)や骨移植(ボーングラフト)でインプラント適応症例が拡大

骨造成・骨誘導再生「GBR」、骨移植(ボーングラフト)手術は、骨の厚みや量が少なくインプラントが出来ない場合、不足した部位の骨を人工的に作る治療法です。術式は、骨の不足部位にCGFと人工骨または自家骨を混ぜたものを入れ、人工メンブレン(膜)で覆います。…

インプラント手術のリスクや副作用を熟知した上で安全に行う方法

インプラント手術のリスクや副作用を熟知した上で安全に行う方法

インプラント手術のリスクは下顎神経(下歯槽神経)の穿孔や貫通、オトガイ下動脈・舌下動脈の断裂による出血での窒息事故。上顎洞の穿孔やインプラント体の迷入(落ちる)などです。安全に行うには、上顎洞や下顎管の距離をCTで測定しサージカルガイドの使用が有効。

インプラント手術の流れ|手術の痛みや手術時間-東京江戸川区篠崎の歯科

インプラント手術の流れ|手術の痛みや手術時間-東京江戸川区篠崎の歯科

インプラント手術には1回法との2回法(一次手術、二次手術)があります。インプラント手術中の痛みは麻酔によってほぼ起こりません。手術時間はインプラント1本当たり30分が目安です。治療完了までの期間は上顎で4ヶ月~6ヶ月、下顎で2ヶ月~3ヶ月です。…

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00 ×    
14:30~19:30 ×    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同じ時間で診療。最終受付時間は診療終了時間の30分前。

ブログを見る