診療メニュー:インプラント関連

【インプラント手術の流れ】
手術中の痛み、手術時間、治療期間

皆様の健康をトータルサポート。

インプラント手術には1回法との2回法(一次手術、二次手術)があります。

インプラント手術中の痛みは麻酔によってほぼ起こりません。

手術時間はインプラント1本当たり30分が目安です。治療完了までの期間は上顎で4ヶ月~6ヶ月、下顎で2ヶ月~3ヶ月です。

インプラント手術の流れ

インプラント手術には1回法と2回法

インプラントとは人工歯根を歯槽骨に埋入して人工の歯を作ることです。


手術は1回法と2回法があります。それぞれには長所欠点があり、症例に合わせて選択します。当院では殆どが2回法で行われています。


ワンピースタイプとツーピースタイプ

インプラントにはインプラント体とアバットメント(歯冠を支える土台)が一体になったワンピースタイプとそれぞれが別々のツーピースタイプがあります。


1回法では、ワンピースタイプとツーピースタイプが適宜使われます。しかし、近年ではワンピースタイプの骨結合の成功率がやや低いため、ツーピースタイプが主流になりつつあります。

1

インプラント手術1回法

1回法のメリット

一回の手術で終わるため患者さんにとっての負担(治療費や外科的侵襲)が軽くて済みます。


1回法のデメリット

一回法はフィクスチャー(インプラント本体)とアバットメント(土台)が一体になっているタイプのものは、2回法に比べ骨と結合する成功率がやや落ちるようです。


また、1回法でツーピースタイプのものでもヒーリングキャップ(暫間的に入れるキャップ)が歯肉から僅かに露出するため、ヒーリングキャップと歯茎の隙間から口腔内細菌がインプラント体まで侵入し感染するリスクがあり、成功率が僅かに下がります。

また、インプラントが骨に結合した後、アバットメント上部が歯肉の上に出てしまうことがあります。

そのため、審美性要求度の低い大臼歯部に使用することが多く、前歯部ではアバットメントの高さを選べる二回手術法が主に選択されます。 

2

1回法の手術の流れ

1回法の動画
1回法の手術手順の概要

1)局所麻酔をして歯肉を切開剥離し、歯槽骨を露出させます。

2)ドリルでインプラントを埋入する穴を所定の深さと太さまで掘ります。

3)インプラントをねじ込むように埋入します。

4)インプラント本体(フィクスチャー)にヒーリングキャップを装着し、剥離した歯肉を縫合します。ヒーリングキャップはインプラント周囲の歯肉の治癒を促すためのもので、歯肉表面すれすれに頭出しをしておきます。

5)インプラントが骨に結合するのに必要な期間、上顎で(4ヵ月~6ヵ月)、下顎では(2ヵ月~3ヵ月)待ちます。

6)インプラントが骨に結合したことを確認した後、ヒーリングキャップを取り外し、アバットメント(土台)を装着します。

7)印象(型どり)を採り、咬合採得(上下の咬み合わせの決定)を行って、ジルコニアクラウンなどの素材で人工歯冠を製作し、アバットメント(土台)に装着して治療完了です。

3

インプラント手術2回法

2回法のメリット

1)インプラントを埋入してから2カ月~6カ月の期間、可能な限りインプラントに外力を与えないことで、骨とインプラント本体が結合(オステオインテグレーション)しやすく、1回法よりも僅かに成功率が上がります。

2)完全にインプラント体を歯茎の中に閉じ込めてしまうため、常在菌による感染リスクを最小限にとどめることが出来ます。

3)アバットメント(土台)の高さを選べるので審美性が要求される前歯に向いています。


2回法のデメリット

2回の手術が必要なので体に負担がかかること、通院する手間がかかること、費用が増すことなどです。

4

2回法の一次手術

2回法の動画
2回法の手術手順の概要

1~3)インプラント体(フィクスチャー)を骨の中に埋入するまでは1回法と同じです。

4)インプラント本体(フィクスチャー)に高さの低いヒーリングキャップを装着し、歯肉の中に埋没させた状態で切開剥離した歯肉を縫合します。

5)インプラント本体が骨と結合をするまでの期間待つのは1回法と同じです。

5

2回法の二次手術

インプラント体と骨の結合を待って行う二次手術

1)浸潤麻酔を行いインプラント本体を埋入した部分の歯肉を切開剥離します。インプラント体を確認したらヒーリングキャップを取り外し、アバットメント(土台)を装着し歯肉を縫合します。

2)印象(型どり)を採り、咬合採得(上下の咬み合わせの決定)を行って、ジルコニアなどの素材で人工歯冠を製作し、アバットメント(土台)に装着して治療完了です。

6

インプラントの治療完了までのスケジュール(期間)

インプラント治療完了(治療期間)までの早見表
インプラント治療完了までの早見表
7

インプラント手術中の痛み

プラトンインプラント
1

奥歯では下顎神経の損傷、上顎洞穿孔などのリスク

インプラント手術を行う前に浸潤麻酔を行いますが、浸潤麻酔の痛みを軽減するために表面麻酔や針の無い麻酔器(シリジェット)を使います。

また、インプラント手術中において麻酔が効かないことはほぼありません。仮に、麻酔が効かない時でも追加の麻酔で効果が出ます。従って、インプラント手術中の痛みはないと言っても良いでしょう。

麻酔が切れる術後3時間以降に痛みが出る場合がありますが、痛み止めを飲んでもらいます。

術後の痛みについては、専用ページを用意しています。また、手術中や術後の痛み、注意点などは親知らずの抜歯に準じるので、そちらを参照してください。

8

手術時間

インプラントの手術時間
Time

1本のインプラント埋入時間は約30分

インプラントを1本埋めるのにかかる時間は約30分です。

ただし、術前に麻酔をかける時間や術後の歯茎を縫う時間などを合わせるので1時間のアポイントをお取りします。

実際、患者さんが口を開けている時間は10分~20分です。

骨量が足らない場合に行うサイナスリフト骨造成(GBR)や骨移植(ボーングラフト)などの処置が必要な症例ではプラス30分くらいを目安にしてください。

本数が増えると1本当たり20分加算と考えてください。

インプラントのご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

日本口腔インプラント学会専門医・指導医の山崎裕が担当

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜19:30 8:00〜18:00 8:00〜17:30

インプラント関連コンテンツ

【サイナスリフト・ソケットリフト】上顎の骨量を増やすインプラントの併用手術

【サイナスリフト・ソケットリフト】上顎の骨量を増やすインプラントの併用手術

サイナスリフトは上顎臼歯部位のインプラント埋入の際、上顎洞までの骨量が不足している時に行う手術です。術式は上顎洞前面の骨を露出させ窓を形成し、上顎洞粘膜を持ち上げて人工骨やCGFを填入します。ソケットリフトとの違いは上顎洞までの距離で決定します。…

上下奥歯の6番・7番を抜歯後そのまま放置する影響と治療法

上下奥歯の6番・7番を抜歯後そのまま放置する影響と治療法

下の奥歯6番を抜歯後、そのまま放置すると下の7番が傾斜移動します。上の6番は抜歯部位に挺出します。噛み合わせの崩壊は、噛めなくなるばかりか、適切に歯磨きができないので歯周病や虫歯、顎関節症のリスクが上がります。倒れた6番を治すには矯正が必要です。

インプラント手術後の痛み腫れが続く期間と痛み止めが効かない時の対処法

インプラント手術後の痛み腫れが続く期間と痛み止めが効かない時の対処法

インプラント術後の痛みや腫れが続く期間は約1週間、ピークは2日後に来ます。なかなか腫れが引かない場合は、自家骨移植や上顎洞底挙上術などの治療で起こりやすく、消退するまでの期間も延長します。痛み止めが効かない時の対処法や術後の痛みや腫れが起こりにくい生活習慣とは。

【歯を削らない接着ブリッジ治療】ブリッジの利点・欠点・費用

【歯を削らない接着ブリッジ治療】ブリッジの利点・欠点・費用

歯のブリッジは、失った歯を残存歯を土台にして橋を架ける治療法です。前歯はセラミックの白い歯で作れますが、保険は効きません。レジン製なら犬歯~犬歯は保険適用です。ブリッジの欠点は天然歯を沢山削ることですが、ほとんど歯を削らない接着性ブリッジもあります。…

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00 ×    
14:30~19:30 ×    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同じ時間で診療。最終受付時間は診療終了時間の30分前。

ブログを見る