診療メニュー:インプラント関連

骨造成(GBR)や骨移植(ボーングラフト)で
インプラント適応症例が拡大

皆様の健康をトータルサポート。

骨造成・骨誘導再生「GBR」、骨移植(ボーングラフト)手術は、骨の厚みや量が少なくインプラントが出来ない場合、不足した部位の骨を人工的に作る治療法です。

術式は、骨の不足部位にCGFと人工骨または自家骨を混ぜたものを入れ、人工メンブレン(膜)で覆います。

骨造成・骨誘導再生法「GBR」

1

歯科インプラント治療時に行うGBRとは

GBR(Guided Bone Regeneration)とは

GBRは骨誘導再生と訳され、骨の無い部位に骨を誘導再生させる為の術式です。生体材料でできた人工メンブレン(専用の膜)で骨の無い部位を覆うことで、骨が再生されます。

人工メンブレンの役割は、歯肉など線維性の組織細胞が骨を作りたい場所に早期に侵入することを防ぎ、骨を誘導させる環境を作り出すことです。

人工メンブレンの内側にCGF(患者さん自身の血液から作るタンパク質の接着剤)や人工骨を置くと更に骨の誘導が行われやすくなります。

骨が出来るまでの期間

骨の再生速度には個人差や部位ごとに異なりますが、概ね4~6ヶ月程度で骨が完成します。

2

骨の幅が少ないインプラント症例に骨造成(GBR)を応用

骨が薄くこのままではインプラントが出来ない症例。4番(第一小臼歯)と第一大臼歯相当部位にインプラントを埋入し、骨造成(GBR)を応用した症例。
骨が薄くこのままでは歯科インプラントが出来ない症例。

上記パノラマレントゲン写真は、下顎左側(レントゲン写真では向かって右側)の4番(第一小臼歯)と第一大臼歯相当部位にインプラントを埋入した症例です。

下顎骨の小臼歯部の骨幅が狭く、十分な埋入スペースが無いため骨造成(GBR)を応用した症例です。

3

GBR(骨造成・骨誘導再生)の術式

インプラントスクリュー部が露出
インプラントスクリューが露出
  • ・頬舌的な骨幅が狭い為に下顎4番相当分の埋入したインプラントのスクリュー部が露出しています。
    スクリュー部は細菌感染しやすく、ここが完全に骨で覆われないとインプラントの予後は極めて悪くなります。
CGF+人工骨の混合を填入
CGF+人工骨の混合を填入
  • ・インプラントスクリューの露出部にCGFと人工骨を混ぜたものを填入します。
    更にその上を生体材料で作られた膜(人工メンブレン)で覆います。
人工メンブレンを覆いチタンで押さえる
膜をチタンで固定
  • ・人工メンブレン(膜)は動きやすい為、チタン製の留め具で固定します。
    約半年ほど骨が出来るのを待ち、二次オペを行い人工歯を作成します。
4

術後の痛みや腫れ

骨造成(GBR)術後の腫れや痛みのピークは2日後

骨造成の手術中は麻酔をかけるので痛みはありませんが、術後麻酔が切れた辺りから徐々に痛みが出てきます。痛みのピークは当日から翌日にかけてです。痛みはさほど強いものではなく、痛み止めで落ち着きます。

腫れのピークは、術後2~3日後で、1週間ほどすると消失します。

皮膚表面が内出血により青アザの様になることがあります。二週間ほどで完全に消えますが、人前に出るような予定がある場合を考慮し手術日を決めて下さい。

インプラントの手術など外科的侵襲が加わった場合、痛みや腫れのピークや推移は水平埋伏智歯を抜歯した時とほぼ同じです。

5

GBR(骨造成・骨誘導再生)のリスク

術後の細菌感染に注意

骨造成が上手くいかなかった場合、インプラント周囲の骨がさらに下がるリスクがあり、前歯に行った場合には審美的な問題が発生する事もあります。

術後、プラークコントロールが不良だと細菌感染のリスクがあり、骨が作られないことがあます。

6

費用

CGF+人工骨+メンブレン

10万円(税別)11万円(税込み)

CGF+自家骨+メンブレン-骨移植(ボーングラフト)

15万円(税別)16.5万円(税込み)※口の中の骨から移植片を採取します。

※ 健康保険の適用外です。

骨移植(ボーングラフト)+インプラント

1

骨移植(ボーングラフト)とGBRの違い

骨移植(ボーングラフト)とは

歯が抜けて数年が経過すると、顎の骨がやせて、インプラントを入れるスペースが不足し、インプラントを固定することができないことがあります。


特に下顎の奥歯や上下前歯の骨がやせてインプラントができない症例が多々ありました。しかし、ボーングラフト(骨移植)でインプラントが可能になりました。


移植する骨は、下顎親知らず近くの骨や下顎前歯下のオトガイ部から取って来ます。 自家骨以外にも骨補填材が使用され、自家骨と併用して使用することもあリます。


臨床的には自家骨を移植しただけでは十分な骨が出来ません。そこで、人工メンブレンで移植部位を覆うGBRを併用します。


GBRとは

Guided Bone Regenerationの略。骨再生誘導法とも言い、歯肉と骨の間に膜を張りスペースを作ることで骨の再生を誘導する方法です。

骨移植(ボーングラフト)同様、骨の量が足りずインプラントの固定が困難なケースで行われます。


【非吸収性膜】

骨ができるまでの期間(6ヵ月以上)設置することで確実に骨の再生を期待することができます。非吸収性膜なので手術後6~8ヵ月後撤去します。


【吸収性膜】

GBR用に6カ月以上の吸収期間をうたった吸収性膜も販売されていますが、骨ができる前に吸収することもあり、十分な効果が期待できないこともしばしば経験します。


また、膜が潰れた状態で設置されると骨再生量が少なくなってしまいます。そこで、非吸収性膜に薄いチタンを組み合わせることで、スペースの確保が確実に行えるようにしたものもあります。


また、骨が不足している部分に、膜を用いて骨を作るスペースを確保し、その中に、骨のもとになるもの(自家骨や骨補填材)を詰めて骨の再生を促すこともされています。 CGFを混ぜて使用されることもあります。

2

上の前歯に自家骨を移植してインプラント

■ 歯を失うと骨が次第に溶け薄くなる

上顎前歯を失うと唇側の骨が次第に溶けて、骨の厚みが不足してきます。

このままではインプラントはできません。

そこで、自分の骨を採取し、骨移植(ボーングラフト)とGBR(貼り付ける)を併用して骨を作ります。

 
自家骨移植のリスク

自家骨の方が人工骨よりも成功率が高いですが、骨の採取が必要なのでその分リスクが高まります。そのため人工骨を使うこともあります。

上顎前歯が無くなると骨の厚みが不足した状態になる
上顎前歯が無くなると骨の厚みが不足した状態になる。

上顎前歯が抜歯されるとほっぺた側の骨が溶けて薄くなります。

3

自家骨を採取する部位

自家骨+骨補填剤+CGFを混ぜる

骨を採取する部位は血管や神経が少ない所

① オトガイ部(下顎の前歯の下の部分)

② 下顎枝(下顎骨の親知らずの奥の部分)

③ 腸骨(おへその斜め下にある出っ張った腰骨の部分):大量に骨が必要な場合には全身麻酔下において行います。

④ 脛骨(足の骨) 

自家骨+骨補填剤+CGFを混ぜる

① 粉砕した自家骨あるいは自家骨と骨補填材とを混ぜたものにCGFを入れます。

4

骨移植(ボーングラフト)の術式

バリヤー用の膜
バリヤー用の膜
  • ・バリヤー用の膜(ゴアテックスなどの膜)を適当な形に切ります。
    人工メンブレン(専用の膜)を使う事を狭義の意味でGBRと言います。
自家骨+骨補填剤+CGF
自家骨+骨補填剤+CGF
  • ・前歯の唇側に吸収が起こっている所に、自家骨のブロックを移植し、周囲の隙間に事前に用意した粉砕した自家骨+骨補填剤+CGFを混ぜたものを詰め、人工メンブレンで覆います。骨移植のブロックは、動かないようチタン製のスクリューで固定します。
インプラントの埋入
インプラントの埋入
  • ・骨の移植をして約6ヶ月後位で骨移植した骨と前歯の骨とが一体化します。自家骨を固定したスクリューを除去し、インプラントを埋入します。

骨造成・骨誘導再生法「GBR」のご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

日本口腔インプラント学会専門医・指導医の山崎裕が担当

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜19:30 8:00〜18:00 8:00〜17:30

再生療法関連コンテンツ

血液から作る骨の再生療法「CGF」をサイナスリフトや歯周病に臨床応用

血液から作る骨の再生療法「CGF」をサイナスリフトや歯周病に臨床応用

CGF治療とは、採血した血液を遠心分離機にかけて完全自己血液由来の血小板濃縮フィブリン(タンパク質の接着剤)を作製し、それを骨の無い場所に填入し、骨を誘導再生する治療法のことです。応用例にインプラントのサイナスリフトや歯周病などの骨の再生があります。…

歯周組織再生療法リグロスは歯周病で失った骨を再生!-東京の歯科

歯周組織再生療法リグロスは歯周病で失った骨を再生!-東京の歯科

リグロスは、歯周病の進行で歯槽骨の垂直性骨吸収(破壊)が進んだ骨を再生する歯周組織再生剤です。フラップ手術後、リグロスを骨欠損部位に填入し骨の再生を効果的に促す歯周組織再生療法です。リグロス治療が保険でできるので費用を安く抑えることが可能です。…

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00 ×    
14:30~19:30 ×    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同じ時間で診療。最終受付時間は診療終了時間の30分前。

ブログを見る