診療メニュー:歯科口腔外科関連

血液から作る歯槽骨の再生療法「CGF」を
サイナスリフトや歯周病に臨床応用

皆様の健康をトータルサポート。

CGF治療とは、採血した血液を遠心分離機にかけて完全自己血液由来の血小板濃縮フィブリン(タンパク質の接着剤)を作製し、それを骨の無い場所に填入し、骨を誘導再生する治療法のことです。

応用例にインプラントのサイナスリフトや歯周病などの骨の再生があります。

骨の再生療法「CGF」

1

CGFとは

CGF(Concentrated Growth Factors)

CGF(Concentrated Growth Factors)治療とは、患者さんから採血した血液を遠心分離機にかけて完全自己血液由来の血小板濃縮フィブリン(言わばタンパク質の接着剤)を作製し、それを骨の無い場所に填入し、骨を誘導再生する治療法のことです。

従来のPRF療法の様に抗凝固剤・トロンビン等の添加物を一切用いないので感染リスクが低減され、安全な方法に改良されたものです。

骨のできる期間

個人差はありますが、骨が出来るまでの期間は約4~6ヶ月です。

2

CGFの作成方法

ステップ1

血液を採取

血液を採取

採血部位をアルコール消毒し、駆血帯を上腕に巻き静脈を明示してからガラス製の採血管二本分を採血します。

ステップ2

遠心分離機にかける

血液を遠心分離機にかける

対角線になるようにガラス管を遠心分離機に挿入します。一本のガラス管だけを入れると不安定な状態になり正常に回転しません。

遠心分離器はCGFを作り出せる適当なスピードで回転する様に設計されています。約15分で血液成分が分離され、CGFが出来ます。

ステップ3

出来上がったCGF

ガラス管の中で出来上がったCGF

ガラス管内の血液が分離され、CGFが作成されます。 上清は血清で、その下のゲルがフィブリンゲル(CGF)です。

最下層が赤血球、白血球、血小板等の血球成分です。

ステップ4

シャーレで人工骨(Bio-Oss)とCGFを混ぜる

シャーレで人工骨(Bio-Oss)とCGFを混ぜる

ガラス管から取り出し、赤血球などの部分をハサミで切り取ります。シャーレに入った手前側のCGFは、血液中の凝固因子が自然に刺激されてフィブリンゲルです。このフィブリンゲルは、成長因子や血小板などを多く含むうえ、添加物を一切用いないため、完全自己血液由来のゲル素材といえます。

シャーレに入った奥側の白い粉状のものは人工骨(Bio-Oss)です。CGFと人工骨を混ぜて使うと臨床成績が良いと感じます。

骨の再生療法「CGF」の臨床応用

1

インプラントのサイナスリフトへの応用

1-1

サイナスリフトとは

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)のパノラマレントゲン写真
上顎洞底までの骨量が少ない時の治療法・サイナスリフト

上パノラマレントゲン写真で、直径5ミリの鉄球を基準にすると、赤丸で示した上顎洞底までの骨の高さが約3ミリしかないことが分ります。

このままではインプラントを埋入することができないので、上顎洞粘膜を持ち上げるサイナスリフトを行い、その空間にCGFと人工骨を混ぜたものを填入し、骨を誘導します。

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)手術前の写真
上パノラマレントゲンの大臼歯相当分の歯槽骨

歯肉の側面を切開し、骨面を露出させ1~3cm程の窓を作ります。

窓からアクセスして上顎洞粘膜を注意深くはがしていき、上顎洞底との間にスペースができたところにCGFと人工骨を混ぜたものを填入します。

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)手術時の写真
サイナスリフト(上顎洞底挙上術)

左写真の歯肉を切開し、骨面を露出させて横長の窓を形成。そこから上顎洞粘膜を挙上し、CGFと人工骨(Bio-Oss)を填入したところです。

今回は、フィクスチャー(インプラント本体)が固定できると判断したので、同時にインプラントの埋入も行っています。



サイナスリフト(上顎洞底挙上術)後

上顎洞に骨が誘導再生される6ヶ月ほどの期間を待って、二次オペを行います。


下は、インプラント本体に上部構造を結合させて治療完了した時のパノラマレントゲン写真です

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)後のパノラマレントゲン写真
2

歯周病への応用

上顎一番の近心に垂直性骨吸収が認められるデンタルエックス線写真
上顎一番の近心に垂直性骨吸収が認められる

上顎1番(中切歯)の近心側に深い歯周ポケット(垂直性骨吸収)が認められます。

上顎一番のフラップ手術(歯周外科)にCGF+人工骨の混合物を応用
フラップ手術(歯周外科)に応用

フラップ手術(歯周外科)実施時に歯肉剥離後、不良肉芽組織を除去し、根面を滑沢した垂直性骨吸収部位にCGF+人工骨の混合を填入したところです。

3

CGFを抜歯した後に出来る穴に入れ、骨の治癒を促進

抜歯をすると歯槽骨は痩せる

抜歯をするとその周辺の歯槽骨は痩せてきます。そのため、その部位をインプラントや取り外し式の入れ歯で治療したくても“十分な骨が無い”という問題が起こったりします。

そこで、CGFを抜歯窩(抜歯した後にできる窪み)に填入し歯槽骨の吸収を防ぎ、骨の増殖を促進させます。

特に、すべての歯を失った総入れ歯のケースでは歯槽骨の吸収が進み、水平になってしまうと、入れ歯の安定性を得る事が極めて困難になってしまいます。

4

費用

CGF+人工骨

5万円(税別)

CGFによる骨の再生療法のご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

日本口腔インプラント学会専門医・指導医の山崎裕が担当

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

再生療法関連

前歯・奥歯のインプラント手術にサイナスリフト、ソケットリフト、骨移植

前歯・奥歯のインプラント手術にサイナスリフト、ソケットリフト、骨移植

上の奥歯を失うと上顎洞が広くなりインプラントを固定する骨量が少なくなります。自家骨や人工骨を入れて骨量を増やす手術がサイナスリフトやソケットリフトです。上の前歯で骨の少ない時は骨移植を行います。下の奥歯では骨を広げる治療を行いインプラントを入れます。…

歯周外科治療のフラップ手術では歯周組織再生は不可能!どうしたら?

歯周外科治療のフラップ手術では歯周組織再生は不可能!どうしたら?

歯周外科治療のフラップ手術は歯肉を切開剥離し不良肉芽組織を除去し歯根面をツルツルにすることです。しかし、フラップ手術では歯根膜や歯槽骨など歯周組織の再生は起こりません。また、重度歯周病には適用出来ません。歯周組織再生には保険適用のリグロスがあります。…

歯周組織再生療法リグロスは歯周病で失った骨を再生!-東京の歯科

歯周組織再生療法リグロスは歯周病で失った骨を再生!-東京の歯科

リグロスは、歯周病の進行で歯槽骨の垂直性骨吸収(破壊)が進んだ骨を再生する歯周組織再生剤です。フラップ手術後、リグロスを骨欠損部位に填入し骨の再生を効果的に促す歯周組織再生療法です。リグロス治療が保険でできるので費用を安く抑えることが可能です。…

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly