診療メニュー:歯科口腔外科関連

歯医者で麻酔したのに効かなくて痛い!
治療が怖いので対策は?

皆様の健康をトータルサポート。

麻歯医者で麻酔をしたのに効かなくて痛いのは、下の奥歯の虫歯治療、抜髄(神経を抜く)や下の親知らずの抜歯の時に多く見られます。

また、歯周病などで歯茎が腫れた時にも麻酔のかかりが悪くなります。

対策は伝達麻酔や歯根膜麻酔などがあり、歯茎の炎症の周りから徐々に麻酔をかけていきます。

■ 歯医者の虫歯治療で、麻酔をかけたのに歯を削ると痛いのは何故?
■ 麻酔をかけたのに歯の神経を抜く時、激痛が走るのは麻酔がうまく効いていないから?
■ 下の親知らずを抜いた時、麻酔したのに激痛が!麻酔が効いてなかったのでしょうか?

下の奥歯の虫歯で歯を削る時、歯の神経を抜く時、親知らずを抜く時など麻酔をかけてもなかなか効かないで痛いことがありますよね。

ここでは、下の奥歯が麻酔が効かない理由とその対処法について解説します。

目次


歯医者で麻酔したのに痛いのはなぜ?

1

下の奥歯に麻酔が効かない理由

下の奥歯の骨は硬い

歯医者で麻酔をしたのに、虫歯治療で歯を削る時に我慢出来ないほどの痛みが出たり、歯髄炎で歯の神経を取る治療(抜髄)中に激痛が走ったりするのは、ほとんど下の奥歯の治療の時です。


また、下の親知らずを抜く時に痛みが起こったりするのも、下の奥歯周辺の骨に特徴があるからです。


もちろん個人差があるので麻酔の効果がすぐ出る方もいますが、効かない場合には麻酔薬を追加するか歯根膜に直接麻酔の針を挿入するか、下顎孔伝達麻酔(かがくこうでんたつますい)という麻酔を行います。


神経を取る治療(抜髄)で麻酔が効かない場合には、神経に直接麻酔を打つこともあります。この時は一瞬ですが、かなりの痛みを伴います。


歯槽骨の構造

1)皮質骨
歯根を支える歯槽骨の外側は、皮質骨と呼ばれ硬い骨で覆われています。


2)海綿骨
歯槽骨の中心部は海面骨と呼ばれるスポンジの様な柔らかい骨で作られています。

下の第1大臼歯周辺の骨の特徴 皮質骨が硬く厚いため麻酔薬が届きにくい
1)下の奥歯の皮質骨は厚くて硬い

下の第一大臼歯、第二大臼歯、親知らずへの浸潤麻酔はなかなか効きづらいものです。下の奥歯の皮質骨は、全ての歯の中で最も厚く硬いのが特徴です。麻酔をしても、厚くて硬い皮質骨に阻まれて海綿骨まで麻酔薬がなかなか到達しません。


歯を削ったり、神経を取ったりする時に痛みを起こさずに治療出来る条件は、イラストの矢印の場所(神経が歯根の中に入る)に麻酔薬が届き、歯髄の中までしっかり麻酔されている必要があります。

一方、上の歯の歯槽骨の皮質骨は柔らかく薄い上に、海綿骨もスカスカなので一般的に麻酔はよく効きます。


2)下顎骨の骨孔の数が少なく狭い

皮質骨には骨孔と呼ばれる小さな穴が開いています。下の奥歯周辺の皮質骨の骨孔は数が少なく、穴が狭いのが特徴です。

そのため、麻酔薬が骨孔を通って海綿骨の中に入りづらいので麻酔が効きにくいことになります。


比較

治療別麻酔の効きにくさ

神経を取る > 歯を削る > 抜歯をする

抜歯をする時が最も麻酔が効かないと痛みが起こりさそうなのですが、実は神経を取る時が最も痛みが起こり易いです。何故ならば抜歯の時は歯根膜まで麻酔が効いていれ大丈夫だからです。一方、神経を取る場合には歯髄の中までしっかりと薬液が入る必要あるからです。

2

歯周病で急激に歯茎が腫れた時は麻酔が効きにくい

歯周病で急激に歯茎が腫れた時は麻酔が効かない

歯周病の急性発作

重度の歯周病になると急激に歯茎が腫れることがあります。これを歯周病の急性発作、あるいはP急発と言います。

この時、腫れた歯周組織は酸性に傾いています。麻酔液の作用は酸性下では低下し、麻酔の効きが悪くなります。

また、歯茎が腫れた位置に麻酔注射をすると強い痛みが出るので、腫れた部位の周辺から徐々に麻酔をかけていきます。

3

根尖性歯周組織炎で急激に歯茎が腫れた時は麻酔が効きにくい

根尖性歯周組織炎による歯茎の腫れ

根尖性歯周組織炎とは

虫歯が深くなり神経まで到達したC3の虫歯になると神経が死んでしまいます。神経が細菌感染を起こすと歯茎に大きな腫れを作ります。これを根尖性歯周炎による急発います。

腫れた組織の周辺は、炎症が強くなり酸性に傾きます。歯周病で歯茎が腫れたのと同様の理由で麻酔の効きが悪くなります。

麻酔が効かない時の対策

通常、腫れた所を切開して排膿しますが、この時、浸潤麻酔は痛みを伴いがちです。痛み対策は、腫れていない場所に少しずつ麻酔を入れ、周りから攻めるようなイメージです。

歯医者で麻酔が効かない時の対策

1

浸潤麻酔が効かない時の対策は歯根膜麻酔

歯根膜麻酔

歯根膜麻酔とは

下顎大臼歯の麻酔が効きづらい場合、歯根膜に直接注射針を刺して麻酔をかけます。いきなり歯根膜に注射をすれば、飛び上がるほど痛みが出てしまいます。そこで浸潤麻酔により針入部位周辺がしっかりと麻酔された状態で行います。

歯根膜麻酔は、強い力が必要なので電動麻酔器が非常に役に立ちます。また歯根膜内に針先をしっかり入れる為には細い注射針が必要です。

2

歯根膜麻酔が効かない時の対策は下顎孔伝達麻酔

下顎孔伝達麻酔

下顎孔伝達麻酔とは

下の奥歯が麻酔が効きづらい時には下顎神経の根元(下顎孔)に打つ伝達麻酔(下顎孔伝達麻酔)を使うこともあります。

下顎神経は三つある迷走神経の枝の一つで、下顎骨の半分を支配しています。そのため、下顎孔伝達麻酔を行うと下顎の半分が麻痺します。

ただし、下顎神経を傷つけるリスクがあるので、最終的な手段として用います。

3

炎症が強く、組織が酸性に傾いて麻酔が効きにくい時

抗生物質の投与

抗生物質で炎症を抑えてから治療を行う

歯周病のp急発や根尖性歯周組織炎などの症状悪化による歯茎の腫れの場合には、抗生物質を投与し炎症を抑えてから治療を行うことがあります。

炎症が治まることで、組織の酸性度は次第に中性になっていくため麻酔が効きやすくなります。

麻酔が効かない時のご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

日本口腔インプラント学会専門医・指導医の山崎裕が担当

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜19:30 8:00〜18:00 8:00〜17:30

口腔外科関連

歯医者の注射の痛みをゼロに近づける表面麻酔と針なし注射器シリジェット

歯医者の注射の痛みをゼロに近づける表面麻酔と針なし注射器シリジェット

歯医者の麻酔注射は麻酔のかけ方次第で痛くないように行うことが出来ます。浸潤麻酔の前に表面麻酔や針の無いシリジェットを使うことで、針を歯茎の中に差し込む時の痛みや麻酔液の注入圧による痛みを減少することが出来ます。…

歯医者は怖すぎます。恐怖です!痛くない虫歯治療は伝達麻酔、浸潤麻酔がカギ

歯医者は怖すぎます。恐怖です!痛くない虫歯治療は伝達麻酔、浸潤麻酔がカギ

歯科の局所麻酔は浸潤麻酔を主に使いますが、下の奥歯で麻酔がかかりにくい時には下顎孔伝達麻酔を使用します。それぞれの麻酔法で切れるまでの時間は異なります。伝達麻酔の後に痺れたような感覚が残る原因として注射針による神経損傷が考えられます…

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00 ×    
14:30~19:30 ×    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同じ時間で診療。最終受付時間は診療終了時間の30分前。

ブログを見る