診療メニュー:虫歯の治療関連

虫歯のある母親でも赤ちゃんへ
ミュータンス菌を感染させない方法とは

皆様の健康をトータルサポート。

虫歯はミュータンス菌やラクトバチラス菌といった虫歯の原因菌が作り出す酸により歯が脱灰することで起こります。

ミュータンス菌は、接触頻度の高い保護者、主に母親から赤ちゃんへ感染します。ミュータンス菌は、一旦感染させてしまうと口腔内から完全に除去することが困難です。

初めて子供を持った母親にとって、子供が虫歯になることは絶対避けたいものです。母親自身が虫歯になっている場合はなおさらです。

虫歯菌の中の金メダリストであるミュータンス菌はほとんどの場合、お母さんから感染します。

ミュータンス菌を感染させないようにするためのノウハウや感染させてしまった場合の除去法などを整理してみました。

目次


ミュータンス菌は虫歯菌の中の金メダリスト

1

虫歯の原因菌とは

ミュータンス菌の電子顕微鏡写真

虫歯の二大原因菌はミュータンス菌とラクトバチラス菌

虫歯は、口腔内の酸性度合いを示すpH が5.5以下になると作られてきます。口腔内には多くの細菌がいて、食後、食べカスを栄養にして酸を作り出します。

pHが次第に低くなり、5.5以下になってくるとミュータンス菌とラクトバチラス菌以外の細菌は酸を作るのを停止します。

つまり、多くの口腔内細菌は、酸性の環境下では酸を作り出す能力を失いますが、ミュータンス菌とラクトバチラス菌は酸性の環境でも平気で生き延び、更に酸を作り続けることが可能なのです。

そのためミュータンス菌(ストレプトコッカス・ミュータンス;ミュータンス・レンサ球菌)と乳酸桿菌(ラクトバチルス菌:Lactobacillus)が虫歯の原因菌と呼ばれています。

ミュータンス菌はエナメル質のツルツルな面にも砂糖を餌にネバネバの不溶性グルカンをつくり、歯にぴったりくっつくことが出来るので、歯のどこの部位でも容易に虫歯を発生させることが出来るのが特徴です。

一方、ラクトバチラス菌は歯の表面のツルツルした所には生息出来ず、ニュータンス菌によって作られた虫歯のザラザラした部分や大臼歯の溝などに生息します。

2

ミュータンス菌が虫歯を発生させるプロセス

① ミュータンス菌が砂糖を餌とする
① 砂糖を餌とする
  • ・ミュータンス菌は歯面に付着した砂糖を餌とします。
ミュータンス菌は酸を作る
② ミュータンス菌は酸を作る
  • ・ミュータンス菌は代謝産物として酸を作り出します。
pH5.5以下になると虫歯が出来る
③ pH5.5以下になる
  • ・酸によりpH が5.5以下になると歯の脱灰(虫歯)が始まります。

3

ミュータンス菌(虫歯菌)が赤ちゃんへ感染する時期と条件

母親から赤ちゃんへのミュータンス菌の感染はNG
ミュータンス菌が感染する時期

口腔内細菌の中でも最も強力に酸を作り、歯を脱灰(虫歯を作る)する力を持った細菌がミュータンス菌です。ミュータンス菌は生後約10ヶ月~31ヶ月の期間に、子供と接触頻度が高い保護者(主に母親)から感染します。

一旦、ミュータンス菌が強く感染してしまうと、歯磨きをしたくらいでは口の中から完全に除去することは困難です。

ミュータンス菌の表面には螺旋状の突起物があり、それがエナメル質表面にねじ込むように張り付いてしまうのが原因と考えられています。


ミュータンス菌が感染する条件

1. 乳児と頻繁に接触する保護者の口の中に大量のミュータンス菌が存在している場合。

例えば、母親の口の中が虫歯だらけだったり、あるいは多数の虫歯治療を受けているケースでは、母親の口の中に大量のミュータンス菌がいる可能性が極めて高いです。


2. 感染を起こしやすい生後約10ヶ月~31ヶ月の期間に、母親から頻繁に赤ちゃんへの感染の機会がある場合。

口移し、キス、同じ箸やスプーンなどの使用などの感染機会を減少させれば感染を防止ことが出来ます。


3. 生後約10ヶ月~31ヶ月の期間に赤ちゃんが砂糖を含んだ食べ物や飲み物を多く摂取した場合。

砂糖摂取を頻繁に行った赤ちゃんは効率よくミュータンス菌が定着していきます。従って、母親も含め徹底的なシュガーコントロールで感染防止が可能です。

4

ミュータンス菌が大量にいる母親はどうしたら?

母親のミュータンス菌数を減少させる六つの方法

母親の口腔内に大量のミュータンス菌がいる場合、赤ちゃんに効率よく感染していきます。下記の六つの方法で可能な限り母親の口腔内からミュータンス菌を除去することで感染のリスクが低減します。


ミュータンス菌を完全に除去することは不可能

一旦、強く感染してしまったミュータンス菌を口腔内から完全に除去することは不可能です。ただし下記の方法を使えば、その数を減少させることは可能です。

4-1

自宅で自分自身が行う方法

① ポイックウォーターで殺菌
① ポイックウォーターで殺菌
フッ素を使う
② フッ素を使う
③ キシリトールを使う
③ キシリトールを使う

4-2

歯医者で行う方法

① PMTC
① PMTC
  • ・機械的に歯面清掃をすることをPMTCと言います。
    歯面に付着したミュータンス菌のバイオフィルムを破壊します。
② エアフロー
② エアフロー
  • ・アミノ酸の一種であるグリシンを主成分とした微粒子を歯面に吹き付けてミュータンス菌を除去します。
③ 3DSセラピー
③ 3DSセラピー
  • ・クロルヘキシジン(0.2%)配合ジェルをリテナーに注入し、ミュータンス菌を殺菌します。

5

キスでミュータンス菌は感染するの?

大人同士のキスでミュータンス菌の感染は起こるのか?

大人同士のキスでミュータンス菌の感染は?

ミュータンス菌の感染しやすい期間は、生後約10ヶ月~31ヶ月であることが分かっています。

その期間を過ぎるとサンギウス菌の様な善玉菌主体の細菌叢が形成されるため口腔内にミュータンス菌は定着しづらくなると言われています。

従って、大人同士のキスではミュータンス菌の感染は起こりにくいと言えます。とは言え、大量のミュータンス菌を保有している人と頻繁にキスをしても”感染しません”と断言するのは難しいといえます。

同様に歯周病菌はキスで感染するのか? という疑問には

虫歯菌(ミュータンス菌)の感染のご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師 深沢一
お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

虫歯関連コンテンツ

虫歯の原因菌のラクトバチラス菌は常在細菌叢から病原性細菌叢へ変化させる担い手

虫歯の原因菌のラクトバチラス菌は常在細菌叢から病原性細菌叢へ変化させる担い手

ラクトバチラス菌はミュータンス菌と並ぶ虫歯菌の代表です。ラクトバチラス菌はエナメル質の様なツルツルな面には不着できず、ザラザラな面や奥歯の溝、不良補綴物の隙間などで繁殖します。ラクトバチラス菌は感染し口腔内に定着しても、ほぼゼロまで減らすことが可能です。…

患者さんから不評の唾液検査(サリバテスト)! 歯医者はなぜ勧めるの?

患者さんから不評の唾液検査(サリバテスト)! 歯医者はなぜ勧めるの?

唾液検査とは口腔内のミュータンス菌やラクトバチラス菌などの虫歯菌の数を検査する方法です緩衝能・白血球・タンパク質・アンモニアなども合わせて測定し総合的にカリエスリスクを判断します。…

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly