診療メニュー:虫歯の治療関連

母親から赤ちゃんにうつるミュータンス菌
(虫歯菌)を殺菌し減らす方法

皆様の健康をトータルサポート。

虫歯はミュータンス菌やラクトバチラス菌といった虫歯の原因菌が作り出す酸により歯が脱灰することで起こります。

ミュータンス菌は、接触頻度の高い保護者、主に母親から赤ちゃんへ感染します。ミュータンス菌は、一旦感染させてしまうと口腔内から完全に除去することが困難です。

初めて子供を持った母親にとって、子供が虫歯になることは絶対避けたいものです。母親自身が虫歯になっている場合はなおさらですね。

ミュータンス菌(虫歯菌)は、接触頻度の高いお母さんから赤ちゃんへ感染し定着します。

ミュータンス菌の感染防止対策にはミュータンス菌の量を減らしたり、殺菌する方法など様々ありますが、これらを全部実行するのは困難です。

まず、最も簡単で効率のよい方法「キシリトールガムを噛む」ことから始めて下さい。

ここでは、ミュータンス菌(虫歯菌)がお母さんから赤ちゃんへ感染していくメカニズムやその予防法などを解説します。

目次


ミュータンス菌(虫歯菌)がうつるメカニズム

1

虫歯の原因菌・ミュータンス菌とは

ミュータンス菌のイメージ写真

ミュータンス連鎖球菌群

ミュータンス連鎖球菌にはStreptococcus mutansとStreptococcus sobrinusの2種類が存在しています。これを総称してミュータンス菌と呼んでいます。

虫歯は、口腔内の酸性度合いを示すpH が5.5以下になると作られます。口腔内には多くの細菌がいて、食後、食べカスを栄養にして酸を作り出します。

pHが次第に低くなり、5.5以下になってくるとミュータンス菌とラクトバチラス菌以外の細菌は酸を作るのを停止します。

つまり、多くの口腔内細菌は、酸性の環境下では酸を作り出す能力を失いますが、ミュータンス菌とラクトバチラス菌は酸性の環境でも平気で生き延び、更に酸を作り続けることが可能なのです。

そのためミュータンス菌(ストレプトコッカス・ミュータンス;ミュータンス・レンサ球菌)と乳酸桿菌(ラクトバチルス菌:Lactobacillus)が虫歯の原因菌と呼ばれています。

ミュータンス菌の特徴

ミュータンス菌はエナメル質のツルツルな面にも砂糖を餌にネバネバの不溶性グルカンをつくり、歯にぴったりくっつくことが出来るので、歯のどこの部位でも容易に虫歯を発生させることが出来るのが特徴です。

一方、ラクトバチラス菌は歯の表面のツルツルした所には生息出来ず、ニュータンス菌によって作られた虫歯のザラザラした部分や大臼歯の溝などに生息します。

2

ミュータンス菌は母親から赤ちゃんにうつり棲みつく

ミュータンス菌の感染(菌がうつる)⇒定着(菌が棲み着く)⇒虫歯(発症)
2-1

ミュータンス菌はどこから何時うつる?

口腔内細菌の中でも最も強力に酸を作り、歯を脱灰(虫歯を作る)する力を持った細菌がミュータンス菌です。

ミュータンス菌は感染しただけでは虫歯として発症することはなく、口腔内にしっかりと定着することが条件となります。


ミュータンス菌は生後約19ヶ月~31ヶ月の「感染の窓」と言われる期間に、赤ちゃんと接触頻度が高い保護者(主に母親)から感染し定着しやすいと言われています。※1993年 Caufield 他


しかし、近年の研究では、歯が生える生後6ヶ月以前からミュータンス菌が口腔内に定着しているとの報告があります。また、ミュータンス菌の感染は、一生に渡って起こります。

2-2

ミュータンス菌の感染防止はいつからいつまで頑張れば良いの?

【結論】出産前1年から生後2歳半

ミュータンス菌のうつりやすさは家族(主に母親)の口腔内に存在しているミュータンス菌の量に比例します。従って、赤ちゃんが生まれる最低1年前から母親の口腔内のミュータンス菌の数を減らす努力が必要となります。

さらに、赤ちゃんへの感染の時期が遅れれば遅れるほど、その後の虫歯になるリスクが低下するので、母親や家族が頑張る目安は概ね生後2歳半までです。

もちろん、3歳以降でもミュータンス菌の感染は起こりえますが、虫歯になったとしても軽症で済みます。

3

ミュータンス菌(虫歯菌)が無い子供の割合

ミュータンス菌(虫歯菌)が無い子供の割合
3-1

ミュータンス菌がいない子供の割合は4歳で約15%に

生まれたての0歳児の赤ちゃんにはミュータンス菌(虫歯菌)は全く存在していません。

1歳頃になるとミュータンス菌(虫歯菌)を持った子供の割合は約8%くらいになり、2歳児で約52%、3歳児で約72%、4歳児で約85%の子供にミュータンス菌が感染し定着する様になります。

出典 Li, et, al 2005年

3-2

ミュータンス菌を全く持っていない大人はいるのか?

日本人でミュータンス菌を持っていない大人は10%以下と言われています。しかし、臨床的にはもっと少ないのではという印象です。(論文が見当たらないので断定は出来ません。)

ただし、今後、様々なことを駆使してミュータンス菌を持たない大人が増え、10%以上になるとは十分可能であると考えます。

4

ミュータンス菌が虫歯を発生させるプロセス

① ミュータンス菌が砂糖(ショ糖)を餌とする
① 砂糖を餌とする
  • ・ミュータンス菌は歯面に付着した砂糖(ショ糖)を餌とします。
ミュータンス菌は酸を作る
② ミュータンス菌は酸を作る
  • ・ミュータンス菌は代謝産物として酸を作り出します。
pH5.5以下になると虫歯が出来る
③ pH5.5以下になる
  • ・酸によりpH が5.5以下になると歯の脱灰(虫歯)が始まります。

ミュータンス菌(虫歯菌)を殺菌・撲滅する方法

1

感染源の母親のミュータンス菌の量を減らす

感染源の母親のミュータンス菌の量を減らす

多くの大学の研究によると、お母さんの口腔内のミュータンス菌量が少ないほど赤ちゃんへの感染が起こりづらいことが分かっています。

そこで、母親のミュータンス菌量を減らすことが必要になりますが、十分な効果が出るまでに最短でも1年ほどかかります。従って、遅くても出産の1年前から行う必要があります。


ミュータンス菌を殺菌し完全除去することは不可能

ミュータンス菌はバイオフィルムというタンパクの膜で覆われているため、リステリンなどのうがい薬や他の薬剤なので殺菌しようとしても完全除去することはすることは不可能です。また、歯面に付着しているため、抗生物質を服用しても薬理効果はミュータンス菌まで届かないため殺菌出来ません。


また、お酒(アルコール)ではどうかという疑問に対しては、アルコール濃度が低く過ぎるため殺菌は出来ません。


従って、ミュータンス菌の量を減らすという方法が考えられます。口腔内の細菌の数はほぼ一定と考えられています。虫歯菌などの悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすという手法です。家庭で出来る様々な方法で効果が高い順から下記に示します。


第1選択はキシリトールガムです。出来ることから、少しずつ行うことが重要です。

1-1

キシリトールガムを噛む

キシリトールガムを噛む
キシリトールガムは一粒ずつ1日4回以上噛む

キシリトールガムを噛むことはミュータンス菌の量を減らす最も効果が高い方法です。つまり、ミュータンス菌の最大の弱点はキシリトールということが出来ます。

キシリトールガムは1日5~10gを3回以上に分けて噛むことで虫歯菌を減らす効果が期待出来ると考えられています。

キシリトール100%の粒ガムには1.3g のキシリトールが含まれているので、1日に一粒ずつ4回噛むことで目標を達成出来ます。

これよりも少ない場合でも効果が無いわけではありません。

1-2

フッ素入り歯磨き粉でブラッシング

フッ素入り歯磨き粉でブラッシング
フッ素入り歯磨き粉やフッ素洗口液などを使う

フッ化物の水溶液中には抗菌作用を有するフッ素物イオンが発生し、ミュータンス菌の活動が抑制されます。

フッ素が1450ppm配合された歯磨き粉ミラノール顆粒などのフッ素洗口液などの使用が効果的です。

1-3

ポイックウォーターでうがい

ポイックウォーターでうがい
次亜塩素酸水のポイックウォーターでうがい

ポイックウォーターの主成分である次亜塩素酸水の力でミュータンス菌を除菌し、その数を減らします。

in vitroの実験では、細菌に対して高い殺菌力を有していますが、口腔内に使った時に、殺菌効果があるかどうかのエビデンスは分りません。

1-4

母親のショ糖(砂糖)入りおやつは1日1回まで

ショ糖(砂糖)入りのおやつは1日1回まで
お母さんの間食は1日1回まで

ショ糖(砂糖)はミュータンス菌の餌となります。従って、ショ糖(砂糖)入りのおやつを食べるとミュータンス菌の量を減らしにくくなります。

甘いものの間食は、1日2回以下にして下さい。

また、ショ糖(砂糖)を頻回に摂取すると歯の脱灰が起こり、お母さんに虫歯が発生してしまいます。

料理にもショ糖(砂糖)は控えた方が無難です。代わりに、オリゴ糖やハチミツで代用出来ます。

2

ミュータンス菌(虫歯菌)の感染経路を断つ

母親から赤ちゃんへのミュータンス菌(虫歯菌)の感染経路を断つ

簡単ではない感染経路の遮断

箸やスプーンの共有はNG
「箸やスプーンの共有」

ミュータンス菌は、唾液による接触感染のため感染経路を断ってしまえば良いということになります。

妊娠期にミュータンス菌の感染について保健指導を受けますが、これを実行するのはかなり困難です。さすがに噛み与え(口移し)を行う保護者は、少なくなりましたが、「箸やスプーンの共有」については分かっていても出来ないのが現状です。


仲井雪絵らの調査によると、「箸やスプーンの共有」をしていると答えた母親は80%以上に及んでいます。

その他、感染経路として「同じ食べ物の共有」「母親と赤ちゃんのキス」などが挙げられます。


ミュータンス菌がうつらないに越したことはないが、余り神経質になりすぎないことも重要です。赤ちゃんとの接触を完璧に断つことは不可能だからです。

ミュータンス菌の感染は接触頻度や母親の菌量に依存するため他の方法で対処するという柔軟な考え方を持つことも重要です。

3

子供のショ糖(砂糖)摂取制限

簡単ではないショ糖(砂糖)摂取制限

ショ糖(砂糖)の入ったおやつはNG
「ショ糖(砂糖)の入ったおやつ」

ショ糖(砂糖)の入ったジュースや清涼飲料水、クッキー、アメ、ケーキといった食べ物を子供が大量に摂取するとミュータンス菌は効率よく定着します。


しかし、感染経路の遮断と同様、ショ糖(砂糖)の摂取を制限することはかなり困難なようです。

仲井雪絵らの調査によると、80%以上の母親が砂糖(ショ糖)入りの食べ物を与えていると回答したと報告しています。知識はあってもなかなか実践出来ない、或は長期間持続出来ないというのが現状ではないでしょうか。

従って、砂糖(ショ糖)の摂取制限が不可能というのであれば、母親、父親、おじいちゃん、おばあちゃんなど家族全員の口腔内のミュータンス菌(虫歯菌)を減らし、善玉菌優位にするというのも選択肢になります。

4

授乳とミュータンス菌の関係

「母乳を欲しがるたびに与える」「夜間の授乳」

授乳とミュータンス菌の関係
「授乳によるミュータンス菌の定着」

赤ちゃんが「母乳を欲しがるたびに与える」「夜間の授乳」など、おっぱいを頻繁に与えることでミュータンス菌(虫歯菌)の定着が促進されます。

しかし、おっぱいを与えないと泣いてなかなか寝てくれないなど問題があります。

従って、頻繁の授乳は虫歯のリスクがあることは分かっていてもなかなか止められないのが現状でしょう。


授乳は歯並びに重要

一方で、授乳は綺麗な歯並びを作るために極めて重要です。断乳ではなく、卒乳を目指すにしましょう。

また、母乳が出ない時には咀嚼型ニプルの使用も考慮する必要があります。

5

帝王切開か自然分娩

帝王切開か自然分娩で異なるミュータンス菌(虫歯菌)の子供への定着率

帝王切開か自然分娩で異なるミュータンス菌(虫歯菌)の子供への定着率
「帝王切開はミュータンス菌の定着を促進」

自然分娩で生まれた子供より帝王切開で生まれた子供の方がミュータンス菌の定着が11ヶ月程早かったという研究結果の報告があります。

これについては予防することは出来ませんが、帝王切開で生まれ子供はミュータンス菌の定着が起こりやすいのだという視点で見ることが出来、リスク管理に役立ちます。

Li Y,Caufield 2005年

6

歯医者でミュータンス菌を殺菌し減らす方法

① PMTC
① PMTC
  • ・機械的に歯面清掃をすることをPMTCと言います。
    歯面に付着したミュータンス菌のバイオフィルムを破壊します。バイオフィルムを破壊し除去すればキシリトールや3DSの効果も高まるものと考えられます。
② エアフロー
② エアフロー
  • ・アミノ酸の一種であるグリシンを主成分とした微粒子を歯面に吹き付けてミュータンス菌を除去します。
③ 3DSセラピー
③ 3DSセラピー
  • ・クロルヘキシジン(0.2%)配合ジェルをリテナーに注入し、ミュータンス菌を殺菌します。ただし、完全除去することは不可能です

ミュータンス菌(虫歯菌)が付いた食器や歯ブラシを殺菌・消毒

1

消毒・殺菌・滅菌の違い

高圧蒸気滅菌器 消毒・殺菌・滅菌の違い

消毒

細菌の数を人体に影響の無い程度まで死滅・除去すること。薬事法上「医薬品」や「医薬部外品」のみに使用できます。

殺菌

殺菌は菌を殺すことですが、一部の菌を殺しても殺菌といえます。「殺菌」という言葉は薬機法上「医薬品」または「医薬部外品」や、薬用石けんなどの「医薬部外品」などで使用が可能です。

滅菌

細菌やウイルスを100万分の1以下にすることで、器具などが対象になります。歯科医院では高圧滅菌器などがそれにあたります。

2

ミュータンス菌(虫歯菌)を殺菌する温度と時間

ミュータンス菌(虫歯菌)の煮沸消毒 殺菌する温度と時間
ミュータンス菌は60℃のお湯なら30分で殺菌可能

ミュータンス菌は、60℃なら30分、75℃なら15分で低温殺菌できます。

ミュータンス菌以外の口腔内細菌すべてを殺菌するには75度以上で最低20分以上が必要です。

ちなみに、歯科医院で使う高圧蒸気滅菌器オートクレーブは、134℃で10分間の設定になっています。


食器を煮沸消毒するのは現実的ではない

ミュータンス菌の付着した食器や歯ブラシなどを煮沸消毒するには60度に加熱したお湯で30分、75度のお湯なら15分で殺菌出来ますが、食事のたびにこれをするのは現実的ではありません。

それよりも、母親の口腔内のミュータンス菌を減らすことを考えた方が遥かに現実的です。

ここからは私見ですが、食器は台所用の洗剤で洗うだけで十分だと思います。もちろん多少のミュータンス菌は残りますが、おそらく感染はしないでしょう。また、食器洗い機を使えば、もう少し効率よく除去出来るかもしれません。

虫歯菌(ミュータンス菌)のご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

ニュータンス菌(虫歯菌)関連コンテンツ

虫歯の原因菌のラクトバチラス菌は常在細菌叢から病原性細菌叢へ変化させる担い手

虫歯の原因菌のラクトバチラス菌は常在細菌叢から病原性細菌叢へ変化させる担い手

ラクトバチラス菌はミュータンス菌と並ぶ虫歯菌の代表です。ラクトバチラス菌はエナメル質の様なツルツルな面には不着できず、ザラザラな面や奥歯の溝、不良補綴物の隙間などで繁殖します。ラクトバチラス菌は感染し口腔内に定着しても、ほぼゼロまで減らすことが可能です。…

患者さんから不評の唾液検査(サリバテスト)! 歯医者はなぜ勧めるの?

患者さんから不評の唾液検査(サリバテスト)! 歯医者はなぜ勧めるの?

唾液検査とは口腔内のミュータンス菌やラクトバチラス菌などの虫歯菌の数を検査する方法です緩衝能・白血球・タンパク質・アンモニアなども合わせて測定し総合的にカリエスリスクを判断します。…

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly