診療メニュー:虫歯の治療関連

歯が白濁した初期虫歯は要観察歯[CO]?
虫歯なのに治療が不必要な不思議

皆様の健康をトータルサポート。

虫歯の初期は歯が白濁します。虫歯が進行すると白濁から黄色⇒茶色⇒黒色へと変色します。

初期虫歯をCO(要観察歯)と呼び、削って詰める必要はありません。予防処置でCOは再石灰化し自然治癒するからです。

歯に現れる黒い点の原因は初期虫歯、着色、歯石などです。

歯医者さんに行って歯の表面に黒い点があるのに虫歯ではないと言われた経験がある人も多いと思います。

虫歯の初期では必ずしも歯を削って詰める必要はありません。むしろ歯を削ることで、歯の寿命を短くするリスクがあるのです。

目次


初期虫歯は治療が不必要性な要観察歯[CO]

1

虫歯の要観察歯[CO]とは

「C0」は「シーゼロ」ではなく「シーオー」と読む

「C0」の"C”はcaries(虫歯)の頭文字。

「C0」の"0”はobservation(オブザベーション)の頭文字。


エナメル質の表層のみに脱灰(虫歯)が存在するのを「C0」(シー・オー)あるいは(シー・オブザベーション)といいます。「C0」の"O"は「ゼロ」ではなく、観察を意味するオブザベーションの頭文字です。


従って「C0」は虫歯になってはいるが、今のところ治療の必要がない要観察歯のことです。


虫歯の進行度合いによる分類

CO…エナメル質表層の要観察歯


C1…エナメル質内の虫歯


C2…象牙質まで到達した虫歯


C3…歯髄まで到達した虫歯


C4…歯冠が崩壊し歯根だけになった虫歯

虫歯の進行度合い 初期虫歯CO(要観察歯)の模式図
初期虫歯の「CO」(要観察歯)の模式図

エナメル質の表層のみに脱灰(虫歯)が認められる状態です。

虫歯のCO(要観察歯)大臼歯の溝が茶色に変色した実際の症例
大臼歯の溝が茶色に変色したCOの実際の症例

第1大臼歯の溝の部分に出来た初期虫歯「CO」。エナメル質の表面が僅かに茶色に変色しています。

2

虫歯の進行による歯の色の変化

虫歯の進行により歯の色の変化

ステップ1) 白濁…歯の表面が白濁し白く不透明な色になります。


ステップ2) 着色…虫歯が進行するにつれて白濁⇒黄色⇒茶色⇒黒色へと変化していきます。

虫歯ではない歯の白濁

先天的にエナメル質が白濁している場合があります。これをホワイトスポット、ホワイトバンドと呼びます。

歯の表面が白濁したC0の部分と茶色に変色したC1~C2の部分
歯の表面の白濁した「CO」(要観察歯)

子供の前歯の表面に帯状に白く白濁した所が見られます。これが初期虫歯の「CO」です。

歯の間には茶色に変色したC1~C2の虫歯が認められます。このくらいの小さな虫歯だと痛みは起こっていません。

これは削ってコンポジットレジンで詰めなければいけません。

黄色に変色した初期虫歯「CO」(要観察歯)と茶色に変色したC1
黄色に変色した初期虫歯「CO」(要観察歯)

歯の白濁は次第に黄色に変色します。小臼歯の黄色の部分はCO(要観察歯)と診断され、手前の犬歯の茶色に変色したところはC1と診断され治療が必要です。

3

黒色に変色しても虫歯でない場合も

歯の表面に黒い点が出来た!これは虫歯?

歯の表面に黒い点が出来ると虫歯なのか心配になりますよね。多くの場合、治療の必要の無いことがほとんどです。


【黒い点の三つの原因】


1) 初期虫歯


2) 着色…ブラッシングで取るか、取れない場合には歯医者で機械的に除去するエアフローが有効。


3) 歯石歯石除去(スケーリング)が必要。

黒色に変色した虫歯(C2)
黒色に変色した虫歯(C2)

黒色に変色した虫歯の進行度はC2です。このケースでは、虫歯を削ってコンポジットレジンの充填が必要です。

小臼歯の溝に黒色の点がある写真
歯の溝に黒色に変色した点が!

小臼歯の溝に黒色の点があります。これは単なる着色で初期虫歯(CO)ではありません。当然治療の必要もありません。

4

COは虫歯なのに削って詰める必要がない理由

「C0」の初期虫歯は自然治癒することも可能

一旦虫歯になると、自分では絶対に治せないと思われがちですが、COの段階の場合には自然治癒することも可能です。だから、要観察歯と呼ばれるのです。


「C0」では削って詰め物はしません。しっかりと歯磨き(プラークコントロール)を行い、リカルデントキシリトールフッ素等を使うことで虫歯は自然と治る可能性があるからです。


虫歯の自然治癒を再石灰化といいます。


逆に「C0」の状態で予防処置を何も行わなければC1、C2と徐々に進行し、虫歯を削って詰める治療が必要となります。


虫歯を削って詰めても、その治療は一生持つわけではありません。最も良いのは、歯を削らないことです。


① リカルデントガム
① リカルデントガム
フッ素を使う
② フッ素を使う
③ キシリトールを使う
③ キシリトールを使う

虫歯の要観察歯[CO]のご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

虫歯関連コンテンツ

エナメル質の虫歯(C1)は削って詰めるor削らず自然治癒を待つ?

エナメル質の虫歯(C1)は削って詰めるor削らず自然治癒を待つ?

エナメル質に限局した虫歯をC1と呼びます。エナメル質には知覚神経が通っていないため、自覚症状は起こらず、虫歯を削る時の痛みもありません。C1の虫歯が進行しC2になるまでの期間は様々な要件が関与し個人差があるため一概には言えません。 C1の治療回数は概ね1回です。…

象牙質の虫歯C2は自覚症状なく急速に進行! 治療はCR・インレーで修復

象牙質の虫歯C2は自覚症状なく急速に進行! 治療はCR・インレーで修復

象牙質まで進行したC2の虫歯は無症状ですが、 要観察歯COのように自然治癒は望めません。自覚症状が無いので知らぬ間に進行していることが多く、冷たいものや熱いものが凍み始めたら歯髄炎の一歩手前です。 C2の治療にはインレーやコンポジットレジン充填などで処置します。…

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly