診療メニュー:歯科口腔外科関連

初期舌癌と口内炎の見分け方
口腔がん(舌癌・歯肉癌)の原因と生存率

皆様の健康をトータルサポート。

口腔がんは舌癌が最も多く、次いで歯肉癌。初期の舌癌と口内炎との見分け方は舌の側面が白くなったり、赤くなったら要注意。 歯肉癌は歯周病との鑑別が難しく手遅れになることも。
口腔がん患者数や死亡者数・死亡率など近年増加スピードが止まりません。
特筆すべきは、若い女性の口腔がん患者の増加です。

■ 半年前から口内炎の症状があるのに突然ステージ4を宣告された芸能人の堀ちえみさん。リンパ節郭清術と舌の60%を切除する11時間にわたる手術。舌ガンは気づきにくい病気なのでしょうか?

■ 舌の側面がヒリヒリして少し赤くなっていますが、しこりでは有りません。舌がんの検査は特別に口腔外科などで受けないと発見できないものでしょうか?

有名人が口腔癌を告白し、テレビで放送されると心配になりますよね。口腔ガンは、進行すると広範囲に摘出手術が必要で、嚥下や発音などに機能障害が起こります。放射線を使うと唾液腺に障害が起こりやすく、唾液の分泌低下を起こします。

ここでは、口腔癌の中でも最も頻度の高い舌癌、歯肉癌の特徴や初期舌癌と口内炎との症状の違いなどについて解説します。

目次


初期舌癌と口内炎の見分け方

1

初期舌癌と口内炎の症状の違い

舌に出来た口内炎の写真
舌癌との比較

口内炎

左写真は、舌に出来た口内炎です。一般に口内炎と言えば、左写真の様なアフタ性口内炎を指すことが多いです。

アフタ性口内炎は直径2~10mmの楕円形の潰瘍です。

口内炎は、アフタ性口内炎以外に潰瘍性口内炎、壊疽性口内炎、カタル性口内炎の4つに大別されます。

東京医科大学口腔外科学分野の写真を引用しています。

口内炎と初期舌癌の症状比較

口内炎 初期舌癌
痛み 接触痛があり再発を繰り返します。 痛みはほとんど無し、舌を動かした時の違和感程度。
治癒期間 1~2週間程度で自然治癒。歯科医院で処方するステロイド軟膏のケナログ軟膏で1週間以内で治癒。 自然治癒しない。ケナログ軟膏をつけても治癒しない。
しこり 小さなしこりが出来ることがありますが、口内炎の治癒とともに消失します。 癌の周囲にしこり(硬結)が出来、堤防状に隆起することがあります。舌にしこりを感じることがありますが、自然治癒しません。
直径2~10mm 程度の白っぽい潰瘍を作り周囲が赤い。 赤色、白色、赤と白の混在は要注意。
2

初期の舌癌

舌癌が出来る場所は舌の側面

舌癌は、舌の側面に出来ることが最も多く、次いで舌の裏側です。

初期の舌癌-潰瘍型
初期の舌癌-潰瘍型
初期の舌癌-白板型
初期の舌癌-白板型

初期の舌癌-肉芽型
初期の舌癌-肉芽型
初期の舌癌-びらん型
初期の舌癌-びらん型

東京歯科大学の写真を転載しています。


3

1ヶ月に一度のセルフチェック

1ヶ月に一度の口腔癌のセルフチェック
セルフチェック

舌癌

歯磨きの時にひと月に一度でいいので舌全体をチェックしてみて下さい。特に舌の脇に「赤いもの」「白いもの」「潰瘍状のもの」「口内炎の様なもの」が出来ている場合には直ぐに歯医者を受診して下さい。

※ 口内炎の場合には約1週間で自然治癒しますが、もし直らない場合には直ちに受診して下さい。

セルフチェック

歯肉癌

イーの形に口を開き、歯茎が腫れていないかチェックして下さい。歯周病であれば丁寧に歯磨きすれば1週間以内に腫れは取れてきます。1週間以上腫れが引かない時には直ちに歯医者を受診して下さい。

口腔がんの前兆に注意

1

口腔がんの前兆(前がん病変)

前がん病変とは

人間の体の臓器には常に「がん」が発生するリスクがあります。ある臓器に正常な状態とは明らかに異なる癌が発生しやすい細胞が出現すれば、これを「前がん病変」と言います。口腔内では、白板症(はくばんしょう)と紅板症(こうばんしょう)が挙げられます。

また、前がん病変が起こらずいきなり癌が現れることがあるので、口の中に潰瘍やびらんが出来たら速やかに歯科クリニックを受診することをお薦めします。

2

口腔がんの前兆-粘膜が白くなる白板症

白板症の写真
前がん病変

白板症(はくばんしょう)

日本人では白板症が最も発生しやすい場所は歯肉です。次いで舌、頬粘膜の順になっていますが、それ以外の場所でも発生します。

痛みを全く感じない為、本人が自覚する事もなく歯科医院の受診の際に発見されることがほとんどです。

この白斑はこすっても取れることは無く、形態も様々で、少し盛り上がったものや平坦なもの、しわ状のものなどがあります。

男性と女性の比率は男性が約2倍で、50歳台になって発現する頻度が最も高いです。

原因ははっきりと解っていませんが、長期間何らかの物(合わない入れ歯、虫歯などの歯牙の尖った所、不良補綴物)によって刺激された場所に発生することが多く、喫煙者では更に発生リスクが高いことが知られています。

白板症が癌に移行する割合は、日本においては、約6~9%、欧米では、5~17%となっています。

治療法は、外科的切除が最も有力です。白板症は必ずしも癌になるわけではないので、広範囲に渡っている場合には、切除は難しく予後観察ということもあり得ます。

3

口腔がんの前兆-粘膜が赤くなる紅板症

紅板症の写真
前がん病変

紅板症(こうばんしょう)

写真は、上顎口蓋歯肉に発生した紅板症です。境界のはっきりした鮮紅斑が認められた典型的なケースです。

この紅板症は自覚症状を伴うことがほとんどで、熱いものや辛いものがしみるといった刺激痛を伴うのが特徴です。

男女差はほとんど無く、50歳以上で見られるようになります。

細胞の変異の程度は白板症よりもはるかに強く、癌に移行するケースが約40%とかなり高い確率になっています。ただし、紅板症は白板症に比べると、はるかに頻度は低いと言えます。

口腔癌(がん)

1

口腔がんは全癌の約1~2%

口腔がんとは口腔に出来るすべての癌のこと

口の中や唇に出来るすべての癌を口腔がんと呼んでいます。口腔がんの前兆である白板症(はくばんしょう)や紅板症(こうばんしょう)の様な前がん病変から癌に進展するものや前駆症状を伴わず、いきなり癌が発症するものがあります。

口腔がんの発生比率

日本人における口腔がんの発生比率は全癌の約1~2%程度です。

2

口腔がんの発生場所ランキング

1位)舌癌

日本では、舌癌が口腔がん全体の60%。

欧米では、唇や頬粘膜に発生するがんが多く、食生活やたばこなどの生活習慣の違いや人種的な遺伝的要素の違いではないかと考えられています。

2位)歯肉癌

歯肉癌は、歯周病との鑑別が難しく歯周病の治療を続けてもなかなか直らない場合は、歯肉癌を疑う必要があります。

歯肉癌は進行しないと見つけにくい特徴があります。

3位)口腔粘膜癌

4位)口底癌

5位)口峡咽頭癌

6位)唾液腺癌

7位)顎骨癌

3

口腔がんの死亡率は35.5%

男性の口腔がんの死亡率は70%

国立がん研究センターの統計によると、2016年の口腔癌の患者数は21,601人、死亡数は7,675人(死亡数の内訳:女性2,200人、男性5,400人)、死亡率は35.5%(死亡率の内訳:女性28%、男性70%)。


口腔がんは、患者数ばかりでなく、死亡者数、死亡率も男性が女性の約2倍以上と圧倒的に高くなっています。


口腔・咽頭癌の5年相対生存率は男性57.3%、女性66.8%で、女性の方が僅かに男性よりも生存率が高くなっています。また、以前は余りいなかった若い女性の口腔がん患者の増加が目立っています。

4

口腔がんの60%を占める舌癌

舌癌の写真画像
癌が出来る場所

舌癌の90%は舌縁(舌の側面)に出来る

写真の様に舌癌の大部分は舌の側面に出来ます。次いで舌の裏面や舌尖部にも発生します。

初期症状

舌癌の初期には痛みは出ない

舌癌の初期には痛みなどの自覚症状はほとんどありません。

ただし、舌を動かした時(食事中や会話中)などに舌の違和感や弱い疼痛を自覚することもあります。

原因

舌癌の原因は不明

明確な原因は特定されていませんが、前がん病変と呼ばれる白板症や紅板症との関連が指摘されています。

また、歯の尖った場所、虫歯によって出来た鋭利な場所、不適合な入れ歯が慢性的に舌を刺激することが誘因とも考えられています。

生活習慣として過度の飲酒、タバコ、ウイルス感染なども挙げられています。

鹿児島大学大学院医歯学総合研究科顎顔面機能再建学講座の写真を引用しています。

検査

視診・触診

舌癌の検査は視診・触診でほぼ診断出来ます。当院では口腔癌検診行っております。江戸川区の方は無料です。

5

舌癌の進行は猛烈に速い

舌癌は一旦癌化すると急激なスピードで大きくなる!

7月4日時点では白板症の様な前がん病変か口内炎の様にも見える白斑が、僅か24日後には表面が凸凹になり、はっきりと癌であると分るまでに大きくなりました。

その2週間後の8月12日にはさらに大きくなり、3センチほどになっています。

6

舌癌は「様子を見ましょう」が命取り

口腔がんを疑ったら速やかに地域拠点病院へ

口腔粘膜が何らかの原因で癌になるまでには5年~10年とかなり長い時間が必要です。しかし、一旦癌になってしまうと、そのスピードは極めて早いのが特徴です。従って、”様子を見ましょう”ではだめなんです。

日頃から口の中を鏡で見るなりし、口腔粘膜の変化を観察していることも重要です。また、定期的に歯周病や虫歯のメンテナンスを歯科医院で受けていれば、歯科医によって異状を素早く発見出来る可能性が高まります。

7

歯肉癌はステージ4で発見されることが多い

舌癌と歯肉癌の発見時のステージの比較

東京歯科大学の575名の口腔がん患者(舌癌、上下歯肉癌、頬粘膜癌、口底癌、硬口蓋癌、口唇癌)の中から舌癌と歯肉癌を比較したデータ

歯肉癌はステージ4で発見されることが最も多い

舌癌はステージ1で発見されることが多いのに対し、歯肉癌は、ステージ4になって発見されるケースが多いのがグラフから読み取れます。

歯肉癌の発見が遅れる理由

歯肉癌は、歯周病との鑑別が難しく、一般開業医が歯周病と診断して治療を進めても治らないので大学病院に紹介されるケースが多いためです。

8

口腔癌のステージ別5年生存率

口腔癌全体のステージごとの5年生存率

ステージ内容 5年生存率(約)
ステージ1 癌の径2cm以下、リンパ節転移なし 80%
ステージ2 癌の径2~4cm、リンパ節転移なし 67%
ステージ3 癌の径4cm以上、3cm以下のリンパ節転移が一つある 53%
ステージ4 癌が口腔周囲(筋肉、皮膚、上顎洞)に広がる、複数のリンパ節転移がある 39%

※ 舌癌の5年生存率はステージ1:87%、ステージ2:70%、ステージ3:51%、ステージ4:42%

口腔がんのご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

日本口腔インプラント学会専門医・指導医の山崎裕が担当

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜19:30 8:00〜18:00 8:00〜17:30

口腔がん関連コンテンツ

江戸川区の無料口腔癌検診

江戸川区の無料口腔がん検診

江戸川区の委託事業で江戸川区在住の40歳以上の方なら無料で口腔がん検診を2年に1回受診できます。…

癌治療薬・ビスフォスフォネート製剤(bp製剤)による顎骨壊死

癌治療薬・ビスフォスフォネート製剤(bp製剤)による顎骨壊死

癌の骨転移の予防処置として破骨細胞の働きを抑制する骨代謝調整薬としてビスホスホネート系薬剤やデノスマブを使用します。 しかし、同薬の使用後、抜歯や歯周外科などを行った場合、顎骨壊死や顎骨骨髄炎のリスクが高まる。…

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00 ×    
14:30~19:30 ×    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同じ時間で診療。最終受付時間は診療終了時間の30分前。

ブログを見る