診療メニュー:歯科口腔外科関連

大きい歯根嚢胞の日帰り摘出手術と
歯根端切除術の保険適用の費用

皆様の健康をトータルサポート。

歯根に膿の袋が出来る病気を歯根嚢胞と言います。

大きな歯根嚢胞は、歯根嚢胞摘出手術と歯根端切除術を同時に行い、日帰り手術の費用は保険適用です。

歯根嚢胞を放置しても自然治癒しません。急な痛みが起きて歯茎が腫れた時は歯茎を切開し膿を出します。

■ 数年前、奥歯の根管治療をしました。数ヶ月後、柔らかいものでもかめない日が1週間ほど続き、その後症状が消えました。この様な事を数ヶ月に一度繰り返しています。今回は歯茎が大きく腫れて強い痛みが起こっています。これを放置すると抜歯になりますか?

■ 歯根嚢胞を摘出した後に骨を再生させる薬の使用を歯医者に勧められたのですが、保険適用外で高額であるため悩んでいます…

虫歯によって神経を抜く治療を受けると、高い確率で歯根嚢胞が出来てしまいます。

そこで、歯の根っこに膿が溜まる歯根嚢胞は、根管治療が難しい大臼歯に起きやすいこと。急性症状が出た場合には応急処置として切開して膿を出し抗生物質を使うこと。抜歯をせずに歯を残す手術として歯根嚢胞摘出手術と歯根端切除術などについて解説します。

目次


歯根嚢胞の原因は根管治療の失敗

1

歯根嚢胞とは歯根の根元に膿が溜まる病気

歯根嚢胞とは歯の根っこに膿が溜まる病気
歯の根っこに膿が溜まった歯根嚢胞

歯の神経が細菌感染を起こし、歯根の根元に膿が溜まった病気を歯根嚢胞と言います。つまり骨に膿の袋が出来た状態です。


フィステルから膿の臭い

歯茎にフィステルが形成されると、そこから膿が出て臭いがします。

歯根嚢胞は放置しても自然治癒しない

虫歯が進行し、歯の神経が死んでしまった場合に抜髄(根管治療)を行います。根管治療を受けても歯根の中に細菌が残留し、それが歯槽骨の中まで波及し膿の袋を形成するものを歯根嚢胞と言います。

顎骨に発生する嚢胞では歯根嚢胞が最も頻度が高く、根管治療が難しい大臼歯に多く発生します。

歯根嚢胞は慢性疾患で自覚症状なく何年もかけて大きくなります。痛みが起きにくいのは、歯根嚢胞内の膿がフィステルの形成によって歯茎の外にジワジワと出ることで内圧が下がるためです。従って、放置しても自然治癒することはありません。


歯根嚢胞による急性症状の再発

大きさは米粒大から親指の大きさを超える大きなものまで様々です。卵の大きさを超えるほどの大きな歯根嚢胞になると当該歯の抜歯も必要になることもあります。

歯根嚢胞の症状は、あったとしても噛む時の違和感や歯を軽く叩くと少し響く程度です。そのため発見が遅れ、他の疾患で歯医者を受診した時にレントゲン写真で発見される事が多いです。

ストレスや疲労なので体調が急変した時などに急性症状が起こり、歯根嚢胞が再発して強い痛みが起こることがあります。

2

大臼歯に歯根嚢胞が出来やすい理由

湾曲している根管のレントゲン、根管治療は難しい
湾曲根管の根管治療は難しい

大臼歯の根管が湾曲しているとファイルが途中でぶつかって歯根の根元まで入らないことがあります。


急性期の歯根嚢胞はレントゲン写真に写らないことも

歯根嚢胞が成長し大きくなるとレントゲン写真では透過像として黒く写ります。しかし、急性期の歯根嚢胞ではレントゲンに写らないことがあります。

大臼歯の根管治療が難しい解剖学的理由

① 湾曲根管

根管が湾曲しているとファイルが途中でぶつかってしまい根尖まで到達しません。根管治療の成功は根尖までファイルが届いて、感染している歯質を完全に除去出来るかにかかっています。

② 根管が細い

根管が細すぎて最も細いファイルさえも入らないことがあります。

③ 根管数が4本

大臼歯の根管数は3本~4本です。すべての根管の治療が適切に行われないと歯根嚢胞が出来ることがあります。

④ 側枝がある

主要な根管以外に側枝と言って木の枝の様な細い根管が無数に存在しています。側枝にはファイルが入らないため薬によって殺菌します。

⑤ ファイルが入りづらい

奥歯になるほどファイルが挿入しづらくなります。特に、奥側からファイルを挿入しなければならない近心根(口に近い側の根っこ)などは対合歯が邪魔になって挿入を難しくさせています。

3

急性症状には歯茎を切開して膿を出す+抗生物質

歯根嚢胞が急性化したら切開排膿+抗生物質の投与
歯根嚢胞の急性化

切開排膿+抗生物質

虫歯で歯の神経が感染し、歯根嚢胞が出来て歯茎に膿が溜まり大きく腫れる急性症状が起きたら、局所麻酔をかけて歯茎を切開し排膿します。

膨らんだ歯茎を切開し、膿を出すことで強い痛みは引いてきます。同時に痛み止めや抗生物質などの薬を投与します。

切開排膿は、あくまでも一時的な応急処置なので、症状が安定したら根管治療や歯根嚢胞摘出手術、歯根端切除術など歯根嚢胞を治す治療が必要となります。

歯根嚢胞摘出手術と歯根端切除術

1

小さな歯根嚢胞は根管治療で治す

歯根嚢胞は根管治療で治す
根管治療の流れ

根管治療のステップ

ステップ 1
感染した根管壁をファイルという器具で徐々に掻き出していきます。ファイルは最初細いものから使い次第に太いサイズへとステップアップさせます。

根管内を水酸化カルシウム製剤などの薬剤で殺菌し蓋をします。

1週間に1回くらいの間隔で、根管から膿の臭いが無くなるまで根管治療を続けます。治療期間は長いケースだと6ヶ月に及び、治療回数は20回を超えることもあります。

イラストの様に歯根嚢胞からフィステルが形成されていれば、通常は痛みは起こりません。しかし、膿が常時排出されているために臭いが気になるかもしれません。

ステップ 2

根管内が無菌的状態になったらガッタパーチャーなどの薬剤で根管を密閉する根管充填を行います。根管充填がうまくいけば数ヶ月後にレントゲンを撮ると歯根嚢胞が消えていることを確認出来ます。

大臼歯の再根管治療は難しい

一度根管治療を受けた歯の再根管治療は、大臼歯において困難なことが多くはあります。特に湾曲根管では前医によって根管にステップ(段差)が形成されてしまって、ファイルの挿入を困難にしている場合があるからです。

根管が細すぎてファイルが入らず治療されていない根管も同様です。

従って、再根管治療しても治らずに再発してしまうケースが見られます。

2

歯根嚢胞摘出手術+歯根端切除術

大きい歯根嚢胞や再根管治療が不可能な症例に適用

下記レントゲン写真では、赤矢印で示した上顎2番(側切歯)の歯の根元に母指頭大の黒い影が認められます。かなり大きな歯根嚢胞のため、根管治療を再度やっても治らない可能性が考えられます。
※ 小さな歯根嚢胞なら根管治療のみで治療可能です。


また、太く長い金属ポスト(土台)を歯根を傷付けずに除去するのが難しいと考えられたケースです。


局所麻酔での手術時間は約1時間の日帰り手術です。術後の痛みや腫れを防ぐために痛み止めと、抗生物質などの薬を処方します。


手術後の再発は10%以下です。予後不良のケースは歯根自体が虫歯で腐っている場合や歯根に亀裂、破折が起こっている場合などです。


※ 手術の内容は厳密には歯根嚢胞摘出手術と歯根端切除術に分かれますが、手術は両者を同時に行うので深く意識する必要はありません。


手術後の注意点

内出血

手術した歯の近くの頬や唇に赤紫や黄色のあざが出来ることがあります。これは内出血です。1~2週間で自然治癒するので心配ありません。


しびれ感などの違和感

手術部位周辺の歯茎に麻酔にかかったようなしびれ感や違和感が残ることがありますが、徐々に回復します。


歯磨き

手術当日の歯磨きは控えて下さい。翌日から歯磨きをしても構いませんが、手術部位には触れないようにして下さい。1週間後に抜糸をします。その後は通常に歯磨きをして問題ありません。


食事

局所麻酔が切れるのが4~5時間後です。その後食事をしても構いませんが、最初の内は流動食や柔らかいものを食べて下さい。腫れや痛みなどがなければ徐々に普通の食事に戻して下さい。

上顎前歯が原因の大きい歯根嚢胞のレントゲン写真
上顎前歯(2番)が原因の大きい歯根嚢胞

上のレントゲン写真では、親指大のX線透過像(黒く見える)が見られます。これは上顎前歯・2番を原因とする歯根嚢胞です。

現在、フィステルが出来て痛みはありませんが、歯根嚢胞が急性化し炎症が拡大すれば当該歯周辺の歯肉全体が盛り上がるように腫れ上がります。

この歯には人工歯がセットされ、金属製の長い土台が入っているため、根管治療が不可能と判断し、歯根嚢胞摘出手術+歯根端切除術を行ったものです。


歯根嚢胞摘出術+歯根端切除術の術中の写真
歯根嚢胞摘出術の術式

局所麻酔をかけて歯茎を切開剥離して、歯根嚢胞部の骨を露出させます。

歯根嚢胞を鋭匙などで完全に摘出します。


歯根端切除術の術式

感染源である歯根先端部を切除します。切断した歯根先端部から再感染を起こさないように、スーパーボンドで逆根管充填します。

空洞になった骨の部分に人工骨を入れることもあります。

急性症状が出て歯肉全体が大きく腫れて痛みが強い場合には、歯根端切除術前に歯茎を切開して膿を出し、抗生物質や痛み止めの投与を行い症状の安定化を先に行うこともあります。

3

一旦抜歯する意図的再植術

抜歯して歯根嚢胞を摘出

意図的再植術とは歯根嚢胞が出来た歯を一旦抜歯(人工的に完全脱臼させる)して、抜歯窩(抜歯した穴)から器具を挿入し歯根嚢胞を摘出します。歯を抜歯することで、歯根嚢胞の摘出が容易になります。

口腔外で抜歯した歯根の先端部を切除(歯根端切除術)し、切除部をスーパーボンドで封鎖して再植します。

骨の骨折の時に当て木をする様に再植した歯も両隣の歯に暫間固定します。

歯根膜を可能な限り傷付けないようにして抜歯する必要があるため、大臼歯など複数根の歯や1本の歯根であっても曲がっている場合には不向きです。

仮に一旦抜歯し植え戻した歯が生着しなくても、歯根嚢胞は治ります。

※ 意図的再植術は保険適用にはなりません。

4

CGF、人工骨の歯根嚢胞摘出手術+歯根端切除術への応用例

上顎2番の歯根嚢胞を認めるパノラマレントゲン写真
歯肉剥離
歯肉剥離
  • ・十分な視野を得る為に、中切歯から犬歯にかけて歯肉を剥離します。
歯根嚢胞の摘出
歯根嚢胞の摘出
  • ・歯根嚢胞相当分に穴を開け、嚢胞を摘出します。根尖部は切断します。
歯根嚢胞摘出部にCGF+人工骨の混合を填入
CGF+人工骨の混合を填入
  • ・歯根嚢胞摘出部にCGFと人工骨を混合したものを填入します。

5

歯根嚢胞摘出手術+歯根端切除術後の再発

歯根端切除術後の根尖部に再発したX線透過像のあるデンタルレントゲン写真

歯根嚢胞摘出手術+歯根端切除術後レントゲン写真では予後不良のため根尖部にX線透過像を認めます。

歯根嚢胞が再発してフィステルが形成され排膿も認められます。

フィステルからガッタパーチャーポイントを挿入したデンタルレントゲン写真

フィステルからガッタパーチャーポイントを挿入し、撮ったレントゲン写真です。

CGFと人工骨を混合したものを填入し、縫合

歯肉剥離後、骨を開窓して不良肉芽を除去し、CGFと人工骨を混合したものを填入し、縫合します。

根尖部は骨様の構造物に変化したデンタルレントゲン写真

6ヶ月後のレントゲン写真。フィステルは消失し、再発した歯根嚢胞は完全に無くなり症状は安定しました。根尖部は骨様の構造物に変化しています。

6

費用

保険適用

内容 保険点数
歯根嚢胞摘出手術 歯冠大
拇指頭代
鶏卵大
800点
1,350点
2,040点
歯根端切除術 逆根充などの歯根端閉鎖の費用を含む 1,350点
歯茎の切開排膿 歯茎が腫れた時の応急処置として
局所麻酔を行い歯茎を切開して、膿を出します。
230点

※ 歯根嚢胞摘出手術と歯根端切除術は同時に行うので、従たる手術は50%となります。例えば鶏卵大の歯根嚢胞摘出術を行った場合、保険点数は2,040点+歯根端切除術1,350/2点で合計2,715点。従って、3割負担の場合の費用は8,145円となります。

※ 麻酔費用は含まれます。一部負担金は、保険点数の10倍×3円です。

さらに、初診料、再診料、処方箋料、レントゲン撮影料、必要な場合には歯周病の治療、各種指導料、各種検査料などがかかります。

大学病院などに入院期間2泊3日で全身麻酔下での手術費用は、3割負担の一部負担金は8万円ほどになると思われます。 全身麻酔で親知らず4本を同日に一括抜歯する費用を参照して下さい。

※ CGFや人工骨を使った場合には二つの手術共に保険適用にはなりません。

生命保険の手術給付金

歯根嚢胞摘出手術と歯根端切除術を受けた場合、保険会社によって手術給付金が出るところと出ないところがあるようです。

10万円以上が出るような会社もあるようなので自分の加入している保険会社に問い合わせてみてください。

スポンサーリンク

歯根嚢胞摘出手術、歯根端切除術のご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

日本口腔インプラント学会専門医・指導医の山崎裕が担当

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜19:30 8:00〜18:00 8:00〜17:30

歯根嚢胞摘出手術、歯根端切除術関連コンテンツ

虫歯を放置したら歯が欠けて激痛が! C3の虫歯が急性歯髄炎を起こしたかも?

虫歯を放置したら歯が欠けて激痛が! C3の虫歯が急性歯髄炎を起こしたかも?

歯が欠ける原因の多くは虫歯です。 C3の虫歯で歯髄炎が発症し激痛が出ます。歯髄炎の放置で歯の神経が死ぬ歯髄壊疽(歯髄壊死)に至り、一旦痛みが無くなります。その後、細菌の出すガスで内圧が高まり再度痛みが出ます。フィステルの形成で内圧が下がり痛みは消失します…

歯の神経を抜く治療「抜髄」は歯を枯れ木の様に脆くしてしまうのか?

歯の神経を抜く治療「抜髄」は歯を枯れ木の様に脆くしてしまうのか?

虫歯が歯髄まで進行すると神経を抜く治療・抜髄が必要になります。大臼歯は根管が3本以上あり、細く湾曲しているので確実な治療が困難であるばかりか治療後の痛みや違和感が起こりやすいのが特徴です。抜髄後は部分的な詰め物や冠を被せる治療となります…

歯茎の腫れフィステルは自分で針で潰し膿を出しても治らない

歯茎の腫れフィステルは自分で針で潰し膿を出しても治らない

生え変わり時期の子供の乳歯に出来たフィステルの治療は、根管治療が基本です。フィステルを放置すると歯根嚢胞が大きくなり過ぎて抜歯の可能性も。フィステルは市販薬を飲んだり付けても自然治癒しません。また、自分で潰すと感染リスクが増すのでNGです…

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00 ×    
14:30~19:30 ×    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同じ時間で診療。最終受付時間は診療終了時間の30分前。

ブログを見る