診療メニュー:歯周病関連

【喫煙の影響で歯周病や口腔癌の発症リスクが増大】
禁煙すれば歯茎に改善効果が!

皆様の健康をトータルサポート。

タバコを吸えば吸うほど歯周病は悪化し、口腔癌のリスクが高まります。

喫煙は、歯茎に炎症があっても出血しにくく、歯周病に気づかず重症化させます。

しかし、禁煙で歯周病は徐々に改善します。タバコがやめられない理由はニコチン依存症という病気なので、禁煙外来は保険適用です。

口腔に与える喫煙の悪影響【歯周病と口腔癌】

1

タバコが歯周病を悪化させるメカニズム

タバコの歯周病への影響

喫煙で歯周組織はダメージを受け重度歯周病へ

タバコは1本吸ったからと言ってすぐに人体に悪影響を与えるものではありませんが、1日20本を10年間吸い続けると明らかに何らかの悪影響を与えるものです。

歯科口腔領域においては、喫煙により歯肉の繊維化という変化が起こります。

本来、毛細血管が歯茎の中に沢山入り込み歯周病菌と戦う白血球を供給しています。しかし、歯茎の繊維化が進むと毛細血管は少なくなり、供給される白血球の量も少なくなります。

同時に、タバコの強力な血管収縮作用が十分な量の血液(白血球)を歯周ポケット周囲の炎症部位に供給することを妨げています。

これらの反応は、iQOSなどの電子タバコも同様です。

結果として歯周病菌の活動が活発になり、歯周ポケット周囲に炎症が拡大し、歯周組織が破壊されると考えられています。

また、歯茎の繊維化は、歯周組織に炎症があるにもかかわらず、歯磨きをしたくらいでは出血が起こりにくくなっています。そのため、重度歯周病になるまで自覚症状が出づらく手遅れになるケースが散見されます。


歯周病治療に禁煙は必須

仮に、歯周病の初期と診断され治療(歯石取りルートプレーニングPMTCなど)を進めても、禁煙しなければ歯周治療に対し歯周組織はほとんど反応せず、なかなか改善に向かいません。

従って、歯科医院における歯周病治療では禁煙は必須です。

2

喫煙者と非喫煙者の歯茎の比較

非喫煙者と喫煙者の歯茎の比較
右:喫煙者、左:非喫煙者

左の非喫煙者の歯茎は毛細血管に富み、歯茎の色はピンク色です。

■ 喫煙者の歯茎はメラニン色素沈着で黒ずんでいる

喫煙者の口腔内ではニコチン等の物質によりビタミンCが破壊され、メラニンが合成されて歯肉が黒ずんでいます。

歯肉は繊維化が進み、肥厚しています。こうなると少し歯磨きをしたくらいでは出血しません。

歯面はタールの影響で歯に「ヤニ」が沈着して、歯ブラシではなかなか取りにくい状態になります。

また、喫煙者の口腔がん発生率は非喫煙者の2.9倍、咽頭癌では32.5倍にも達します。


3

禁煙による歯周病の改善効果は?

禁煙による歯周病の改善効果は?

禁煙で歯周病は改善する

禁煙したらすぐに歯周病が改善する訳ではありません。

喫煙本数/ブリクマン指数が高いほど歯周病が改善するまでの期間が長くなります。

ブリクマン指数が400程度の場合、禁煙をしてから歯周病の改善効果が顕著に現れるまでに5年ほどかかります。
※もちろん歯周病の治療を歯科医院で行うという前提です。

禁煙で出血しやすくなる

禁煙後、歯磨きをすると出血が止まらなくなることがあります。これは、禁煙により血流が回復したことを意味しています。しっかりと歯垢(プラーク)を除去すると徐々に出血は治まってきます。

禁煙で歯周病が悪化することはない

タバコをやめると歯茎が下がったり、簡単に出血したりなど「歯周病が悪化したのでは?」と疑問に思う方がいますが、それは間違いです。むしろ歯周病の改善が起こったことで、歯周病の状態が露呈したということが出来ます。

禁煙後の治療で知覚過敏発生

禁煙後の歯周治療で歯茎が引き締まり下がって、歯根露出すると知覚過敏が発生することがあります。

4

ブリクマン指数・BI指数の上昇で口腔癌のリスクが増大

ブリクマン指数・BI指数(喫煙蓄積量)とは

ブリクマン指数(BI指数)とは、一日当たりの平均喫煙量(本数)×喫煙した年数で算出される喫煙指数のことです。


タバコの蓄積本数に比例し、口腔内に悪影響が!

たばこを吸う本数に比例して歯周病、口腔癌、咽頭がん、口臭、ヤニの着色、歯茎へのメラニン色素沈着など様々な問題が発生します。

ブリクマン指数・BI指数が高いほど口腔に悪影響を及ぼす。
■ ブリクマン指数と癌の発生は比例

がんの発生頻度はブリクマン指数に比例すると言われています。

口腔癌・咽頭癌

ブリクマン指数600以上で口腔癌の発生率は約3倍、ブリクマン指数1200以上で喉頭癌の危険性が増大し、咽頭癌の発生率は32.5倍にもなります。


歯周病

喫煙は歯周病の最大のリスク因子です。ブリクマン指数・BI指数の上昇とともに歯周病の進行促進、重症化、再発のしやすさなど様々な弊害が生じます。


口腔乾燥による口臭やヤニ臭

タバコの成分のタールによるヤニ臭やニコチンによる唾液分泌低下で口腔が乾燥し、口腔内細菌を洗い流す自浄作用が低下し、口臭が発生します。


ヤニの着色

タールが歯面に付くことで、歯磨きでは落としにくいヤニの着色が起こります。

禁煙して歯周病や口腔癌のリスクを改善しよう

1

禁煙のメリット

禁煙への1日も早いチャレンジを

禁煙をすれば、歯肉の血流は数日~数週間で改善します。歯肉の黒ずみも時間はかかりますが徐々に本来のピンク色に戻ります。


禁煙は歯周病治療の最も有効な対策の一つです。重度歯周病になった方でも治療効果は徐々に上がってきます。


ヘビースモーカーだった方でも禁煙すると様々な疾患の発症リスクは確実に減少し、健康な人生を送れることでしょう。

2

禁煙で起こる体の様々な変化

禁煙で起こる体の様々な変化、禁煙で健康な体を手に入れよう

禁煙で健康な体を手に入れよう

■ 20分後 手の体温が正常にまで上昇。

■ 8時間後 血液中の酸素が正常値に戻る。

■ 24時間後 心臓発作のリスクが減り始める。

■ 48~72時間後 ニコチンが完全に抜ける。

■ 数日から数週間後 歯肉の血液が正常値に戻る。

■ 二週間~3週間後 肺機能が30%アップし歩行が楽になる。

■ 1年後 血栓症や心臓発作のリスクが半減する。

■ 5年後 肺癌のリスクが半減する。

■ 10年後 口腔ガン、咽頭ガンのリスクが減少する。

3

タバコがなかなかやめられない理由

ニコチンの血中濃度が低下すると離脱症状が出現

脳の神経細胞は細長い繊維状の形で、それぞれの神経細胞が結合する部分で神経伝達物質を放出することによって神経回路が形成されます。


タバコ吸うと数秒で肺から吸収されたニコチンは血流にのって脳に届きます。ニコチンがα4β2ニコチン性アセチルコリン受容体に結合する事で快感をつかさどるドーパミンの大量分泌が起こります。


しかし、ニコチンの血中濃度は約30分で低下し、ドーパミンの枯渇状態が起こります。そのため不快感・イライラ感(離脱状態)を覚えるようになります。 そこでまた、たばこを吸いたくなるというサイクルが作られます。


タバコを吸う習慣が長くなると、通常の神経伝達物質の放出能力が低下しています。タバコをやめることを決意し、ニコチンの供給がなくなると、神経回路は正常に働かず禁断症状が起こるため、なかなかタバコをやめられないというのが理由です。


離脱症状の期間

離脱症状のピークは、タバコを止めてから3日目くらいに来ます。それを乗り越えれば徐々に減少し、1週間くらい経つとかなり楽になります。


しかし、たばこを吸いたいという気持ちはなかなか収まらず、1ヶ月くらい続くと考えたら良いです。 個人差はあるものの、タバコのことを完全に忘れる生活に入れるようになるには最低3ヶ月が必要です。


禁煙のコツ-離脱症状の気持ちの持ち方

「昨日、一日我頑張ってできたのだから」「もう一日、頑張ろう」「もし、ここで一本吸ったら今までの辛い努力が無駄になってしまう」と考えると、長続きします。

ニコチンの血中濃度 ニコチン補給で多幸感、ニコチン切れでイライラ感とストレス

日本循環器学会 あなたにも出来る禁煙ガイドより転載。

4

ニコチン依存症は病気なので保険適用

2016年4月より緩和された健康保険の適用条件

ニコチン依存症は病気です。病気なので保険適応となります。最近では若年者への適用拡大も行われました。


禁煙外来の処方薬

治療法はニコチンガムやニコチンパッチを使用する方法、または禁煙内服薬・バレニクリン(商品名:チャンピックス)を服用する方法などがあります。


後者は心疾患や脳梗塞の既往があるケースに使いますが、効果が現れるのに約1週間かかります。 また喫煙習慣により心理的依存を起こすためカウンセリングも併用されます。

5

近隣の禁煙外来クリニックを探す

日本禁煙学会ホームページを見る

禁煙の専門家(禁煙外来)の全国のリストが掲載されています。

喫煙による歯周病のご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜19:30 8:00〜18:00 8:00〜17:30

喫煙関連コンテンツ

喫煙や受動喫煙の影響で子供や妊婦が受ける健康被害と対策

喫煙や受動喫煙の影響で子供や妊婦が受ける健康被害と対策

タバコに含まれるニコチン・タール・一酸化炭素などの原因物質による健康被害は主流煙より副流煙が有害です。望まない受動喫煙は3次喫煙でも起こります。特にその影響は子供や妊婦の健康被害として深刻です。分煙をしただけでは受動喫煙は防げません。…

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00 ×    
14:30~19:30 ×    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同じ時間で診療。最終受付時間は診療終了時間の30分前。

ブログを見る