診療メニュー:歯周病関連

ルートプレーニング・ SRPは歯根面をすり減らす
デメリットが!施術には細心の注意が必要

皆様の健康をトータルサポート。

ルートプレーニング・ SRPの目的は歯根表面の歯石を綺麗に掻き取りツルツルな面にすることです。

しかし、回数が増えるとセメント質が徐々に削られ、知覚過敏の誘発などデメリットが高まります。

必要性は低下したもののリグロスを使った歯周組織再生療法では有効です。

ルートプレーニング・ SRPのデメリット

1

ルートプレーニングとスケーリングの違い

ルートプレーニングの目的は根面をツルツルに

ルートプレーニングとは、歯根面に付着した歯石をハンドスケーラーを使い綺麗に掻き取ることを言います。


ハンドスケーラーの先端にはよく切れるように研がれた刃が付いています。その刃によって文字通り、歯根の表面はツルツルに滑沢に磨き上げられます。


この時、歯石だけでは無くセメント質も同時に掻き取られます。


ルートプレーニングは、狭義の意味では超音波スケーラーではなく、ハンドスケーラー(グレーシーキュレットなど)を使って歯石除去することを指しています。



SRPとルートプレーニングの違い

SRPとはスケーリング・ルートプレーニングの略です。つまり、スケーリングとルートプレーニングの両方を含んだ意味になります。


スケーリングは歯石除去の専門用語です。一方、ルートプレーニングは、”歯根面をツルツルに仕上げること”という違いがあります。


臨床的にはルートプレーニングと言えば、スケーリングと根面滑沢化の両方を指して使うことが多いです。

スケーリング・ルートプレーニングの模式図-セメント質も歯石と一緒に剥ぎ取られる
ハンドスケーラー(グレーシーキュレットなどの器具)による歯石除去と歯根面滑沢化

歯周ポケット内にこびりついた黒い歯石をハンドスケーラーなどの器具により除去し、歯根面を滑沢にします。その際、汚染されたセメント質も同時に剥ぎ取られます。

2

ルートプレーニングは歯根面が削り取られる

ハンドスケーラーによるルートプレーニングで起こる歯根面のすり減り
ハンドスケーラーによる歯根面のすり減り

ルートプレーニングにより、削り取られた歯根。

ハンドスケーラー(グレーシーキュレット)によるルートプレーニング

図は、ハンドスケーラーの一種・グレーシーキュレットを使い、ルートプレーニングした後の歯根面の様子です。

ルートプレーニングを数ヶ月に一度定期的に行い回数が増えるごとに、歯根面は徐々に削られ、図の様に削り取られた状態になってしまいます。

また、ルートプレーニングのやりすぎは知覚過敏を誘発するリスクもあります。

3

ルートプレーニングで生きたセメント質が削り取られる

ルートプレーニング(SRP)の問題点

現在、日本において深い歯周ポケット内の歯根面(セメント質)に歯石が付着した場合、そのセメント質は細菌に汚染され、壊死しているものと理解されています。

その為、ルートプレーニング時には歯石除去と同時にセメント質も削り取り、根面を滑沢化するという治療が当たり前の様に行われています。

しかし、スゥエーデンのエイテボリ大学の歯周病科では、セメント質は壊死していないという研究論文を発表しています。エイテボリ大学よると、可能な限りセメント質を残して歯石だけを取ることが推奨されていまます。セメント質を除去してしまうと失われた歯周組織(歯根膜やセメント質、歯槽骨)は、再生しないからです。

そのため、当院ではルートプレーニングを行う際には細心の注意を払っています。むしろ、 必要性が無いと判断されるケースが多いので実施する頻度が下がっています。

特に有益なケースとしてリグロスを使った歯周組織再生療法の場合には積極的にルートプレーニングを行っても差し支えないと考えています。


【歯周治療の変遷】ルートプレーニング・ SRPからデブライドメントへ

近年では、歯周ポケット内に残存しているプラークやバイオフィルムの除去(デブライドメントと言う)が歯周治療の主たる目的と考えられるようになってきています。

また新たに、歯周組織を強化する目的で、高濃度ビタミンC点滴を行うことも有力な方法として用いられるようになっています。

超音波スケーラー「スプラソンP-MAX2」はハンドスケーラーの先端の様な刃はなく、セメント質を傷つける危険性がかなり軽減されています。

また、初期から中等度の歯周ポケットでは歯周ポケット内のデブライドメントに有効なエアフローマスターという器械が使用されるようになりました。

4

歯周ポケットのデブライドメントに適したエアフロー

エアフロー
長所

エアーフローマスター(歯面清掃器)の特徴

エアフローマスターには歯周ポケット内に増殖したバイオフィルム(古い歯垢)やインプラント周囲のメンテナンスに使用するペリオフローハンドピースと歯肉縁上の歯面清掃に使うエアフローハンドピースの2種類があります。

ハンドピースの先端からは、細かい粒子の粉が噴出して、プラークやバイオフィルムを除去します。

ペリオフローノズルは、深さ5 mm以上の歯周ポケットを清掃できるよう設計されています。ただし、以下の条件を満たす歯周ポケットのみに使用可能です。

・根尖から歯槽骨頂までの高さが3mm以上の歯周ポケット
・根尖から歯肉溝底までが3mm以上の歯周ポケット
・歯周病が原因で生じた歯周ポケット

5

ルートプレーニングの痛み

ルートプレーニングでは麻酔を掛ける

深い歯周ポケット内にハンドスケーラーを差し込んでルートプレーニングすると痛みが起こる場合があります。そのような時には前もって麻酔をかけて治療します。

ルートプレーニング時の痛み対策について詳しくは

6

費用

ルートプレーニングは保険適用

自己負担3割の場合の一部負担金は

・前歯1本あたり 180円

・小臼歯1本あたり 190円

・大臼歯1本あたり 220円

保険診療で行うには、この他に歯周組織検査費用、各種指導料、再診療などが加算されます。また、実施に当たってはスケーリングが完了していることが条件となります。

ルートプレーニング・SRPのご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜19:30 8:00〜18:00 8:00〜17:30

ルートプレーニング・SRP関連コンテンツ

【歯石の痛くない取り方】歯医者での歯石除去の頻度や保険の値段

【歯石の痛くない取り方】歯医者での歯石除去の頻度や保険の値段

歯石取りは歯周病を発症させない進行させない効果があります。でも、歯石取りが痛くて辛いというあなたへ。歯茎の中(歯周ポケット)の歯石除去時の痛みには遠慮なく「麻酔をかけて」と歯医者にお願いして下さい。保険で行う歯石除去の値段や頻度について解説。…

保険適用のリグロスとフラップ手術で歯周組織再生療法

保険適用のリグロスとフラップ手術で歯周組織再生療法

リグロスは、歯周病の進行で歯槽骨の破壊が進んだ場所の骨を再生する歯周組織再生剤です。リグロスをフラップ手術後の同部位に填入することで、歯槽骨の再生を促します。保険適用になったことで、治療費を抑えることが可能になりました。…

診療メニュー

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00 ×    
14:30~19:30 ×    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同じ時間で診療。最終受付時間は診療終了時間の30分前。

ブログを見る