伝えたい! 歯の疑問:歯周病

待った!そのキスやばいかも。
キスで歯周病菌が移ること知ってますか?

皆様の健康をトータルサポート。

生まれたての赤ちゃんのお口の中には歯周病菌はいません。歯周病菌は、両親、配偶者や恋人などから感染します。当然、キスすることによっても感染します。歯周病菌を移さないようにするには口腔内を徹底的に清潔に保つことです。…

歯周病菌の感染

1

歯周病菌はキスで移る(感染する)のかという質問

Q1

キスをすると歯周病菌は移るのでしょうか?


私は40代男性です。妻とは10年ほど前に結婚したのですが、当時から妻の口臭が気になっていました。歯医者さんに行くように勧めたのですが、歯医者嫌いの妻は現在に至るまで歯医者に行っていません。


しかし、最近になって歯茎が腫れ痛み出しているようです。最近では口臭もさらにきつくなりドブのような臭いがします。


私も歯医者さんにはここ数年行っていないのですが、歯周病になっているとは思われません。しかし、妻とキスをする事によって歯周病が移るのではないかと不安になるようになってきました。


また、口臭のきつい妻とキスをするのも苦痛になり、あまり夫婦関係も良好とは言えないような状態です。

Q2

歯周病の治療をすれば歯周病は移りにくくなるのでしょうか?


歯周病は移ると聞いたのですが、私の夫は重度の歯周病です。私は現在大丈夫なのですが、このまま夫と生活を続けると歯周病になってしまうか心配です。


歯医者さんで治療受け、歯周病が治れば感染しにくくなるのでしょうか。

2

代表的な歯周病の原因菌の特徴

歯周病菌の感染の特徴

恋人間感染-P.g菌(Porphyromonas gingivalis)

P.g菌は重度歯周病の口腔内に多く生存しています。主に成人になってから恋人同士や夫婦間でのキスなどによって感染するので、水平感染を起こす菌と言えます。

一旦感染してしまうと口腔内から完全に排除することが難しいのが特徴です。

親子間感染-A.a菌(Actinobacillus actinomycetemcomitans)

A.a菌は若年性歯周炎の原因菌と考えられ、比較的若い歯周病患者から検出されるので、親子間の感染が強く疑われます。ただし、日本での頻度は高くありません。

この菌に感染するとは10代、20代の若い年代で発症し、歯周病が短期に重症化するのが特徴です。

妊娠-P.i菌(Prevotella intermedia)

P.i菌は女性ホルモンを餌として生息する歯周病菌で、女性が妊娠すると爆発的に増え、妊娠性歯肉炎を起こします。

3

歯周病菌はキスで移り、口臭の発生も!

歯周病菌はキスで移る(感染する)のか?

歯周病はキスをすることによって移ります。原因は、唾液を介して歯周病菌が感染することによって起こります。


生まれたての赤ちゃんの口の中にはいかなる細菌も存在していません。母親や保護者によって子供の口の中に細菌が感染していきます。例えば、口移し、同じスプーンを使い回すことなどにより感染します。これは、歯周病菌に限らず虫歯菌でもいえることです。


成人になるとキスによって異性から歯周病菌が感染します。 しかし、子供の頃に歯周病が発症することはまれで、歯周病と診断できるレベルになるには、18歳以上の方がほとんどです。


なぜ子供の頃に歯周病は発症しないのでしょうか。 原因になる細菌は、数多く存在し、その中でも特に「P.g菌(Porphyromonas gingivalis)」と呼ばれている細菌が最も危険度が高いとされています。

子供の頃、保護者から感染するのは危険度の低い歯周病菌がほとんどで、成長に伴い、次第に強い感染力のある歯周病菌が感染すると言われています。

また、数多くの歯周病菌によりバイオフィルムという集合体を作っていきます。このバイオフィルムが形成されることによって、強い毒素を作り出します。そして歯周組織を破壊していくことになるんです。


もし、配偶者に危険度の高い歯周病菌が感染している場合には、キスによって感染するリスクも高まります。また、一度キスをしたくらいでは簡単には感染しませんが、その接触する頻度が高ければ高いほど感染するリスクは高まります。

異性などとのキスによりP.g菌が一旦感染すると、なかなか口腔内から排除することが出来ません。そのため、歯周病が発生しやすくなり、同時に口臭も強くなるものと思われます。

4

歯周病菌を移さないようにするには

■ 配偶者や恋人が歯周病(歯槽膿漏)の時

配偶者や恋人には、歯科クリニックで歯石を取るなど歯周病の治療を行ってもらいます。

家においてはプラークコントロールを徹底して実践し、口腔内を清潔に保つ様にします。

また、定期的に歯科医院においてメンテナンス( PMTC/エアーフロー歯石除去)を行うことで歯周病の再発を防ぎます。

そうすれば、配偶者や恋人からのキスによる感染リスクは極めて低下します。

超音波スケーラーで歯石除去

歯周病菌の感染のご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師 深沢一
お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜20:00 8:00〜18:00 8:00〜17:30

歯周病関連コンテンツ

歯周病の原因は感染症と思い込んでいませんか?そんな単純ではないVAN DYKE理論

歯周病の原因は感染症と思い込んでいませんか?そんな単純ではないVAN DYKE理論

歯周病(歯槽膿漏)・歯肉炎の原因は、単なる歯周病菌による感染ではなく歯周組織の細胞環境の問題であり、それを全身的な視点(ストレス、糖質の過剰摂取、ブラキシズム/歯ぎしり、マグネシウムの摂取不足、オメガ3系脂肪酸(αリノレン酸)の摂取不足、カルシウムの過剰摂取)で捉え、それぞれの対処法を詳しく解説。…

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00    
15:00~20:00    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様です

Facebookで更新情報を受け取れます

  • follow us in feedly