伝えたい! 歯の疑問:歯周病

20代、30代、40代、50代と
深さを増す歯周ポケットの平均値

皆様の健康をトータルサポート。

歯周ポケットの深さの平均値は、20代、30代、40代、50代と年齢が上がるにつれ増加傾向が見られます。

歯周ポケットの深さの正常値は3mm 以下ですが、40代になると約半数の人に 4mm以上の歯周ポケットが見られます。

歯周ポケットの深さはプロービングという方法で数値を計測します。

各年代ごとの歯周ポケットの深さの平均値

1

20代、30代、40代、50代の歯周ポケットの平均値

20代、30代、40代、50代の歯周ポケットの平均値
各年代の歯周ポケットの平均値

・20代:4mm未満 71.5%、4mm ~6mm 28.6%、6mm以上 0%

・30代:4mm未満 63.7%、4mm ~6mm 31.9%、6mm以上 4.4%

・40代:4mm未満 55.3%、4mm ~6mm 40.0%、6mm以上 4.8%

・50代:4mm未満 48.0%、4mm ~6mm 41.0%、6mm以上 5.0%

2

年齢が上がるにつれ増加する歯周ポケットの深さ

【歯周病罹患率は年々増加傾向】

近年虫、歯の罹患率は低下していますが、一方で歯周病の罹患率は増加傾向にあります。


年齢に比例する様に歯周ポケットの深さが増大しています。


グラフから20代までは6mm以上の歯周ポケットを保有する人はいませんが、30代になると徐々に増えてきます。40代で4mmから6mmの歯周ポケットの保有者は40.0%、6mm以上の保有者は4.8%となっています。

年代別歯周ポケットの深さ(%)平成28年 厚生労働省 歯科疾患実態調査結果より

年齢(歳) 4mm未満 4mm~6mm 6mm以上 無歯顎
15~19代 93.9 6.1
20~24代 74.3 25.7
25~29代 68.6 31.4
30~34代 66.9 30.2 2.9
35~39代 60.5 33.7 5.8
40~44代 55.1 39.4 5.5
45~49代 55.4 40.6 4.0
50~54代 45.5 44.5 9.5 0.5
55~59代 50.6 37.5 10.3 1.6
60~64代 38.7 43.6 14.3 3.4
65~69代 34.9 42.3 18.2 4.6
70~74代 36.9 40.4 13.2 9.5
75~79代 30.2 40.3 15.1 14.5
80~84代 30.6 35.6 12.2 21.6
85~代 19.1 31.6 12.5 36.8
3

正常な歯周ポケットとは

歯周病で歯茎がペロンとめくれ仮性ポケット
歯周病で歯茎がペロンとめくれ仮性ポケット

写真は歯周病のため歯茎が腫れて、指や歯ブラシなどで触るとペロンとめくれる状態になっています。

歯茎は正常の位置より2mmほど腫れているため、その分だけ歯周ポケットは深くなっています。

正常な歯周ポケットの深さは2mmなので、合計4mmの歯周ポケットが作られています。こういう状態を仮性ポケットと言います。

歯周ポケットって何?

歯周ポケットとは歯と歯茎との間にある歯肉溝という溝のことです。その溝は、歯の全周にわたって存在しています。正常な歯周ポケットは深さが1~2mm です。


時により3mmまでを正常値として許容します。

歯周ポケット内には細菌の集合体である歯垢(プラーク)や歯石がたまりやすく、適切なブラッシングがなされなければ、歯周ポケット底部が炎症により破壊され、次第に深くなっていき、真正ポケットが作られます。


歯茎が腫れ増殖すると、その分歯周ポケットも深くなります。(歯と歯の間の歯肉はぺろんとめくれたような状態になります。)


仮性ポケットって何?

歯槽骨の破壊が起こっていない歯肉炎の状態で歯茎が腫れて盛り上がると歯肉溝が深くなり、歯周ポケットの深さが3mm以上になる事があります。これを仮性ポケットと呼びます。

仮性ポケットであれば適切な歯磨きだけで治ることがあります。

4

仮性ポケットから真正ポケットへ

歯周病の進行とともに仮性ポケットから真正ポケットへ
正常な歯茎 ➡ 歯肉炎(仮性ポケット)➡ 歯周炎(歯周病)(真性ポケット)

正常な歯周ポケットは、約2mm ですが、歯石や歯垢(プラーク)の沈着により歯茎に炎症が起きて仮性ポケットが出来ることがあります。


この場合、歯周ポケットの深さを測定すると4mm くらいあったりします。しかしこの状態では、歯槽骨の破壊は起こっていません。つまり歯肉炎ということが出来ます。


この状態を放置すると次第に歯周ポケットは深くなり歯槽骨の破壊が進みます。この歯周ポケットを真正ポケットといい、歯周病の状態になっていると言えます。

歯周組織検査(プロービング、出血の有無、動揺度)

1

歯周ポケットの深さの検査・プロービング

プロービング-歯周ポケット測定検査
プロービング(歯周ポケット測定)

歯周ポケットの深さ(プロービングデプス)や出血の有無を検査することをプロービングといいます。

この症例では歯周病の治療を行い歯茎の炎症はコントロール出来ていますが、重度歯周病のためかなり歯肉が下がっています。

プローブを歯周ポケットに入れて測定すると部分的に6mmの深い歯周ポケットが残っています。プロービング後に歯周ポケットから僅かの出血が認められます。

深い歯周ポケットは定期的なメンテナンスが必要です。

歯周ポケットのレントゲン写真
同症例のレントゲン写真

レントゲン写真の上からプローブを当てて比較した写真。レントゲンで見ると赤矢印で示した第2小臼歯の手前側から第1大臼歯にかけて骨が著しく溶けているのがわかります。

(骨が溶けているところは黒く見える)

第二小臼歯は青矢印で示した歯根膜腔の拡大も認められ動揺度は2度で、横に動かすと1~2mm動きます。

2

歯周ポケット測定器・歯科用プローブ

歯周ポケット測定器・歯科用プローブ
歯周ポケット測定器

歯科用プローブ

プローブは、3ミリ刻みで数値が分かる目盛りが印記されていて、歯周ポケット(歯肉溝)の深さと出血の有無を測る器具です。針の様な形をしていますが、先端部分は丸くなって痛みが起こりにくい形です。

通常は真直ぐなものを使いますが、大臼歯の根分岐部には湾曲した物を使います。

3

プロービングのやり方

プロービングには1点法・4点法・6点法
3-1

プロービングには1点法・4点法・6点法

歯周ポケットの深さは測る場所によってそれぞれ違います。測定法には1本の歯に対して1ヶ所を測定する1点法、4箇所測定する4点法、厳密に測定する6点法などがあります。

当クリニックでは、イラストの様に6点法のプロービングを採用しています。

3-2

強すぎるプロービング圧に注意

プロービング圧は一般的に25gで、歯科用プローブを歯根に沿わせるように歯周ポケット内に挿入します。

プロービング圧が強すぎると痛みが起こり、患者に不快症状を起こさせるので歯科衛生士は十分に練習を積み熟練が必要となります。

特に歯周病が重度であったり、急性症状を起こしている場合には痛みが起こるリスクが高まります。

3-3

プロービング圧は常に一定に

プロービング測定が下手では、プロービンデプスの数値にバラツキが生じます。正しい診断が出来ないので、プロービング圧は常に一定に保つことが重要です。

4

プロービングによる歯周ポケットからの出血の有無

歯周ポケットからの出血
歯周ポケットからの出血
  • ・少し触れただけで左上6番の歯茎からの出血があります。
  • ・この症例ではプローブをポケットに入れるとかなりの出血が認められます。
正常な歯周ポケット
正常な歯周ポケット
  • ・3ミリ以下の歯周ポケットでは、ほとんどの場合、出血は認められません。
プロービングによる歯周ポケットからの出血
歯周ポケットからの出血
  • ・プロービングにより歯周ポケットからの出血があるケース。
    (出血があるということは、歯周ポケット内に炎症がある証拠です。)
5

歯の動揺度(グラグラ度合い)の測定

ピンセットで歯をつまんで歯のグラグラ度合いをチェック
歯の動揺度をチェック
  • ・ピンセットで歯をつまんで動きをチェックします。歯周病の進行とともに歯の動揺は増す傾向にあります。
  • ・歯は、健康な状態であっても、わずかに動揺します。これを生理的動揺と呼びます。
  • ・歯槽骨と歯根の間には、厚みが50ミクロンの歯根膜という結合組織が介在しており、強い衝撃を上手に受け止めるクッションの役割を果てしています。
歯に架かる様々な力の模式図
歯に架かる様々な力
  • ・歯には様々な力が加わります。それらの力がいろいろな条件の中で歯を弱めるように働くと、歯周病になりやすくなります。
  • ・異常な咬合力によって生じる歯周組織の障害を、咬合性外傷といいます。歯の動揺を増す要因として、この咬合性外傷があります。
歯の動揺を増す要因の模式図
歯の動揺を増す要因
  • ・噛み合わせが悪い。
  • ・歯ぎしりがある。
  • ・残っている歯が少ない。
  • ・奥歯ですりつぶすように噛む人。
  • ・無意識に食いしばる人。

歯の動揺度~Millerの分類

  • ① 0度
    生理的動揺 0.2mm以内
  • ② 1度
    唇舌方向にわずかに動揺 0.2~1mm
  • ③ 2度
    唇舌方向に中等度に動揺  1.0~2.0mm 近遠心方向にわずかに動揺
  • ④ 3度
    唇舌、近遠心方向に動揺 2mm以上 歯軸の方向にも動揺

深い歯周ポケットのご相談は

ふかさわ歯科クリニック院長 歯科医師の深沢一

執筆者 院長 深沢一

お気軽にご相談下さい。
相談・カウンセリング受付中
電話:03-3676-1058

東京都江戸川区、千葉県から来院多数、
都営新宿線篠崎駅から徒歩1分のふかさわ歯科クリニック

診療時間

月〜金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜19:30 8:00〜18:00 8:00〜17:30

歯周ポケット関連コンテンツ

6mm~10mmの深い歯周ポケットをセルフケアで掃除し改善する方法

6mm~10mmの深い歯周ポケットをセルフケアで掃除し改善する方法

歯医者で6mm 以上の深い歯周ポケットを治療し、4mm以下に改善しても、維持するにはセルフケアによる歯周ポケット内の掃除が重要です。歯ブラシは毛先の細いものを選び、バス法やつまようじ法などを習得します。また、ジェットウォッシャーも歯周ポケットの改善に効果的です。…

カテゴリ

ふかさわ歯科
クリニックのご案内

患者様の
「こうしてほしい」を実現します。
ふかさわ歯科クリニックでは、納得いくまでのカウンセリング、安心してお子様を預けられるキッズスペースと保育士、
可能な限り痛くない無痛治療、拡大鏡・セファロ・血液の遠心分離機・拡大鏡・レーザー・ポイックウォーター・画像解析システムなどの
最新機器を利用した総合治療を実施しております。
また、診療室は個室・半個室・防音個室があり、ベビーカーや車いすでも入って頂けるスペースを確保しています。
地域に密着した歯科医院をこれからも目指して行きます。

診療についてのご相談

お電話またはフォームにてご連絡ください。

03−3676−1058
オンライン予約
診療時間
9:00~13:00 ×    
14:30~19:30 ×    
8:00~13:00          
14:00~18:00
14:00~17:30            

※祝祭日も同様の時間で診療しています。概ね最終受付時間は、診療終了時間の30分前です。

ブログを見る